ラバーとリンクされるものが嫌い

 ラバーとリンクされるものが嫌い。たとえば、スカトロ、SM、縛り、そういうの。
 フェティッシュイベントへ行こう行こうと思いながらも、気が重いのは、イベントのショーなどで必ずそういうのが出てくるからだ。
 ラバーへのフェティシズムがどうしてそっちの方向へ行ってしまうのか、いってしまわねばならぬのか、それが私にはどうしても分からない。どうしてラバーフェチだけじゃダメなのか。コンテンツ不足か(笑)?
 もちろん程度の問題だし、趣味の世界だから十人十色だと思っているが、私の好きなラバーがリンクするのがなぜスカトロだったり、痛いSMだったりするのか。たとえばミニクーパーじゃダメなのか? それとか、ラバーを着た、「これからの日本1格差社会」などをテーマとするカンファレンスではダメなのか? ラバーを着るとどうしてすぐそっちへ行っちゃうのかねえ。
 イヤいいんですよもちろん、私だって、ラバーを着たらすぐチ○ポに手がいってしまうんだから。そこへ「どうしてラバーを着てすぐオナニーへいってしまうのか、それはカナシイしイヤだ」とかつっこまれても困ってしまう。そこに私の欲求があるから突き進むだけなんだから。
 ということは、ラバーを着て件の行為に走る人もそういう欲求が抑えがたくあり、爆発してしまうからなのだろうか。だとすると、同じラバー好きでも、さらに細分化されてくるし、Alt-fetish.comはそういう痛いSMとかは興味がない、そういうことは私としては明白にしておきたい。それでサイトへ人が来なくなったってイイしそのほうがいい。
 私としてはイベントとかもやってみたいのだけれども、来場者はそういうことを求めてくる人もいるかも知れない。しかし私はそんな人たちのためのイベントはやりたくない(なぜならすでにほかにいくらでもあるから)。それにそんな人たちに来られても、不満で終わるに違いない。
 ラバーフェチはラバーを着るまで、そこまで、そういう節度あるイベントをやりたい。ちょうど、イッキをしない、タバコも吸わない、そんな飲み会のような……。
Text by Tetsuya Ichikawa
Alt-fetish.com
info@alt-fetish.com

「ラバーとリンクされるものが嫌い」への3件のフィードバック

  1. ラバー趣味はどこまでいっても、所詮SMのおまけだと思います。ソフトオンデマンドがアプローズのビデオを取り扱わなくなった時僕は凄くガッカリしました。でも、それが現実だと思います。

  2. 初めまして。
    僕はそのラバフェチでもありSM好きでもある
    一人です。
    性欲同士なだけに繋がり易いんでしょうね~。
    ラバー姿で学識話するのもそれはそれでアンバランスさが面白そうではありますが(笑)

  3. SM……そもそも私はやったことがないんです(恥)。
    ビデオなどを観ていてもやりたいとか思いません。でもラバーフェチなんです。私も将来はSMの魅力に開眼しないとも限りません。そうなったらラバーなんて添え物、そういうふうに思うのかも知れません。人間ですからいろいろ変わるでしょう。そういう将来の、自分に起こるかも知れない変化が怖い、そういうこともあります。

コメントは停止中です。