無職犯罪者の急増とAV評

 警視庁の調べによると、20~30代の無職の人による犯罪がここ5年ほど、急増している。無職だから犯罪を起こすということでは決してないのだが、社会構造のなかで、顕著に増加するこうした犯罪の属性が何らかの問題を顕在化していることは間違いない。ITディバイドといって、中卒(10%台)~大学院卒(100%)まで、学歴とインターネット使用経験は強い相関関係にある。低学歴な人はこの素晴らしく便利で効率的な機器を使用することが出来ていないのである。パソコンを使えず、ネットも見られないというのは気の毒だし、ますます彼らを不利な状況へと追い込む気がする。
 ここ10年あまりで急速に進む先進各国のグローバル化のなかで、従来国内の雇用を吸収していた産業が相次いで海外へ移転した。企業は従業員に高い専門知識や能力と長時間労働を求め、その引き替えになんとか国際社会で生き残れる競争力を維持してきている。そうした企業中心の考え方、人間への理不尽な負荷がこんにちの若年失業者の増大の一因になっていることは間違いない。
 こうした社会構造の変化から所得格差、希望格差が広がることは、私たちにも必ず跳ね返ってくる。フェチ、変態、そういうのは平和で豊かな社会でないと楽しめないサブカルチャーだ。もちろん金持ちの一部が楽しめればいいという意見もあろうが(そのほうが発展するかもしれない)、より身近に、たくさんの人が楽しめないとマズイ。それに犯罪が増加したりしたらお楽しみの時間だって危険に怯えながらしなければならず、それでは元も子もない。
 ここで突然話題が変わる。タイトルにあるとおりAV評を一席。
 買ったのはDMMのFETISHQUEEN 松嶋まりなというタイトル。ラバーフェチの松嶋がラバープレイに興じるとある。パッケージやプレビューを見た時点ですでに疑問だったがつい買ってしまった。結果、見事にはずれ。日本のAVにラバーフェチを求めた私が間違いだった。みなさんは買わないようにご注意を。
 こういう失敗をしても、自分がラバービデオを作るモティベーション、肥やしになるから決して無駄じゃない。いいんだ。
Alt-fetish.com
info@alt-fetish.com
市川哲也

「無職犯罪者の急増とAV評」への3件のフィードバック

  1. 昨日ドラッグに溺れた子供達って内容のTV放送を見、今市川さんのプロ具を見てやはり最近の10代から30前半までの人生破綻が目に余る状況だと確信しましたよ。。今一度他人の為に成る仕事って言う基本を見つめなおす事が大事ですよね・゚・(ノД`)ヽ(゚Д゚ )そうしないとフェチも只の自己満足になってしまう危機をはらんでいますよね・・

  2. 後半のに反応します。
    AVというかラバーフェチにとってはやはりMARQUISのがいいと思うけども、もっとハードなのも見たくなる。。。
    ご存知かもしれませんが。他のに比べてラバーがたくさん出ています。
    「69コカンズ (原題:slick – GONE IN 69 SECONDS)」
    「続69コカンズ (原題: slick 2 – THE FIRST AND FURIOUS)」
    それにしても[FETISH QUEEN]ってのどこがフェチなんでしょうね。こだわりが無いし。すぐ脱いじゃうし。。

  3. マスクん様 フェチ=究極の自己満足かもしれませんがそこへ何らかの社会性をもってくるところが「妙」というか、カルチャーですよね。
    R様 69コカンズ観ました観ました。確かにラバーでズボズボやっているという点では条件はクリアしているんですが、なんでしょう、どうも抜けないというか……。日本のAVには失望し続けてますがいいんです、自分が作ればいいんだというパワーはしっかりといただいてますから。

コメントは停止中です。