「学問・資格」カテゴリーアーカイブ

夢の好循環

 私の愛読紙は、朝日新聞ではなく、日経流通新聞である。ここ5年近く取っている。わたしは、「遺体に10箇所の刺し傷」などという記事よりも「スターバックス過去最高益」という記事のほうがよっぽど読んでいて楽しいのだ。
 もちろん、朝日新聞には社会面以外にも経済面とか政治面とか、左派論調のチェックに欠かせないソースではある。護憲で一貫していて安心して読める。経済ネタが社説に出ていた。原油高でインフレ懸念が台頭。利上げするから注意しろという。インフレに備えて世界が利上げに向かって動き出しているらしい。
 さて本論だが、その日経流通に出ていた記事。
 最近は、女優・モデル兼写真家というのが登場しているという。一言でいうと、とびっきりかわいい、美しい、若い女性が、自らカメラを持って被写体を追うという。そこで撮れた写真が素晴らしいらしい。宮崎(崎の左側の大は立)あおい、KIKI、東野翠れんがその代表選手。基本的には撮りたいものを撮るという彼女たちだが、写真好きの若い女性たちのあいだで支持を得ている。
 しかし私に言わせると、つまらん風景など撮っていないで、セルフボンデージポートレートでも撮ったらどうなんだと思う。なんといっても美しくスタイルもいいんだから、ボンデージだって決して汚れにはならんだろう。なんてったって、この私だって撮ってるくらいなんだから。まあ興味ないんでしょうな。
 さて、彼女たちはどうして写真を撮るのか。それが今日のポイントである。
 彼女が写真を撮るには何か理由があるのではないだろうか? 表現したいという目標があるのではないだろうか。あるいはなりたい自分のイメージに写真を撮るという行動が分かちがたく結びついているのかもしれない。普通、モデルや女優といえば、それ自体が夢であり目標だった。しかし彼女たちは違う。すでにモデルや女優といった、夢を現実のものとしていながら、さらなる夢の実現のために写真を撮るという行動を選択し、実践している。
 夢の好循環という言葉がある。夢があれば、それをかなえるための当面の目標ができる。目標ができれば、目標を実現するための計画ができる。計画が立てられると、あとは行動が起こる。行動が起これば、成果が出てくる。成果が出てくれば、自信がつく。自信がつくともっと大きな夢を、いだける。どうだろう。人間の行動において、夢はじつは大変重要なファクターなのだ。夢はマズローの欲求の最終段階の自己実現と同じである。文明の最先端、先進国で暮らしている私たちにとって、あらかた欲求はかなえられてきた。しかし、この自己実現欲求だけは、どんなに文明が進展しようが、無限に湧き起こってくるもののはずだ。
 夢を持つことが、まずはすべての行動の出発点である。ただし、夢があまりにも荒唐無稽だったり違法性をおびている場合は要注意だ。夢にもある程度の社会性が求められる。
ヤフオク出品中です。ご入札をお待ちしております。
市川哲也
Alt-fetish.com
info@alt-fetish.com

やっぱり紙に書くと成功する

 心構えは形がないから忘れるけれども、行動は形として記憶に残り、忘れない。私がじつは密かに愛読するサクセスなにわの田中さんのメルマガ「成功への道しるべ」には毎号ハッとさせられる意義深いフレーズが書かれている。素晴らしいことを当たり前にするのではなく当たり前のことを素晴らしくこなすとか、ちょっとの違いが大きな違いを生むとか、そういう、まあ人類史のプロセスで蓄積されてきた叡智にちょっとしたエピソードを付けて短くまとめて配信している(無料)。
 私が一番気になるのはやはりなんといっても、夢や目標を紙に書くということだ。もちろん田中さんはそうすることを薦めている。田中さんだけではなく多くの人生啓発本でも目標を紙に書くというのは基本中の基本「技術」だろう。
 私は2004年の5月から行政書士の試験勉強をはじめてその月の10月に受験したが失敗。翌年、つまり2005年に再起をかけたがまったく勉強できずに受験すらせず。そうこうしているうちに試験科目まで変わってしまった(興味ある人はこちら)。行政書士試験の失敗の原因は、せっかく紙に書いた「目標」をも見せず本棚につっこんだままにしたからだと思う。ちなみに行政書士試験はけっこう難しい試験の割には受かってもそんなに仕事はないといわれている(まあ士稼業は一部超難関をのぞいては全部そうだけれども。まあ受験は趣味みたいなもの)。
 さて、試験合格という目標を紙に書いたのはいいけれども、ある時からそれが怖くて見ることから逃げるようになった。かなえられない目標を書いた紙を見るのは何となくイヤな気分になるものだ。おかげさまで試験には受かっていない。その紙も「2005年10月絶対合格」などと書いてあって、日付が古いままで非常につらいシロモノとなった。
 このイヤな気分はこの紙の「のろい」ではなかろうか(笑)。
 もう一つ、外国為替証拠金取引でも奇妙な体験をした。紙(実際はエクセルのシート)に、ある程度のスパンを持って、長期チャートから自分なりに決めた買い場とロスカットを書いておき、その通りにした取引はうまくいった。しかし、短期チャートを見ながら手に汗握る狼狽売りの繰り返しではすべて失敗。いくらで売り買いしたかも分からないほどの情けない、感情的な取引である。
 ずいぶん前に紙に書く成功法をバカにしたようなブログを私は書いた。しかし、短期間で紙に書くことの威力をこういうふうに何度も体験したいまとなると、それは取り消さざるを得ない。紙に書いたら最後、それを見続けて忘れず、小さな成功体験を地道に積み重ねていくことで確実にある一定の成果を上げられる───これは間違いない。この方法であるならば、当初かなり無理だと思うような大事業でも、きっとうまくできる。紙に書くという最初の一歩は、それだけ重いものになるだろうが、あとはできるだけ細かく刻んでこなしていけば、惰性で何とかなるはずだ。
 さて日々の仕事では私はマイクロソフトのアウトルックを愛用している。とりわけこのソフトの「仕事」が優れている気がする。もうこの「仕事」機能を使い始めて数年たつが、これまでに「終了」した仕事をたまに眺めて満悦するのである。もっともこの仕事にはあまり大きな目標は書かない。毎月一定の時期に繰り返される決まり切った仕事とか(定期的な仕事という非常に便利な機能がある)、細かくこれ以上は刻めないくらいに小さくしたタスクを書くようにしている。たったひとりで仕事をしている私にとって、アウトルックは上司であり、秘書であり、コーチである。
 成功体験はアルコール依存と同じだと、田中さんは書いていた。一度美酒を味わってしまうと二度とやめられない。成功体験の素晴らしい高揚感もまた、美酒と同じように、やめられない。
chikaさん、即レスありがとうございます! 読んでいてくれているんですね。うれしいです。
市川哲也
Alt-fetish.com
info@alt-fetish.com

ドラゴン桜「勝手にあきらめてしまう人生」

 TBSで放映され今日最終回を迎えたドラゴン桜で冒頭とてもよい台詞が聞かれた。元暴走族の弁護士という設定の教師が、東大受験の前日、生徒に向かってこういう。
「東大に受かってえばり腐るやつがいる。相手が東大だと分かるととたんに卑屈になるヤツがいる。みんなゲスだ。どうしてそういうヤツばかりなのか分かるか? それはみんなが勝手に東大を難関だと祭り上げ、最初から勝手にあきらめてしまっているからだ。自分なんてどうせダメだ、うけたってうかりっこないと思いこんじまっている。受けようとする前にあきらめてしまうんだ。そうやってコンプレックスの殻に閉じこもった狭苦しい人生を送るほかなくなってるんだ」───たしかこんなようなことをいっていた。
 私はこういう受験ネタというか、受験ならではの根拠なき励ましがすごく好き。なんだか生きようっていう気分が盛り上がるでしょ?
 それにしても、この「最初からあきらめている人たち」「無理だと思いこむ人たち」ってホント多いと思う(もちろん自分を含めて、ハイハイ)。今年は行政書士の試験を「勝手にあきらめちまっ」たし……。あきらめたほうが、やめたほうが、チャレンジしないほうが、チャレンジするよりも断然ラク。そこがポイント。人間ラクなほうに流れるから。でもそうやって流されていくと気が付くとすっごくきつい、選択肢のない、制約だらけの長い人生に填り込む。パートタイムジョブ。リストラ。少ない年金。勝手に変えられてしまう憲法。低賃金。声を出させられる研修。「バカな」上司。痛勤電車。こういうのはぜーんぶ、若いときにどんどん、勝手にあきらめた人たちの末路以外の何ものでもない。
 実際まわりにいるあきらめていない人たちを見ると、こういうのとは無縁の人生をそれぞれでどんどん楽しんでいる。
 どんなことでもあきらめないでやってみよう、より困難な道を選ぼうというのはこのドラマからあらためて教えられた大切な人生訓。
元予備校オタク市川哲也
Alt-fetish.com
info@alt-fetish.com

学生の試験シーズン終わる

 大学で前期試験が先週あらかた終わった。
 文系で、それも大学の試験なんてちょっと要領をつかめばなんとかこなせると思っている人が多いかも知れないが、当人たちにしてみるとこれは相当ウツな行事だ。私は文学部で、実学系学部よりもはるかに試験は楽だった。それでも、卒業して10年近くたついまもってなお、試験要綱が張り出される掲示板の前で真っ青になっている自分の夢を見るのである。
 理系や実学系学部の学生の試験対策は模解、教科書、問題集を使って、理解、暗記、問題演習を繰り返す。試験用紙の多くは2~3行の短い問題と、あとはB4タテ一枚に7ミリおきに横罫が引いてあるシンプルなものだ。これにガリガリと回答をボールペンで記入していくのである(鉛筆はダメ)。
 回答すべき文字数は千字を超え、一夜漬けや生半可な付け焼き刃では歯が立たない。終わってこそ、「要領でこなす」などとうそぶけるかも知れないが、試験シーズン中は本当に身骨削る苦労がのしかかるのである。
 私は泣きながら勉強する彼女(実学系学部の学生だった)をみて驚いた。そして率直にこう思った。学生が大学で、こんなに勉強しなければならないなんて、なんて理不尽なんだろうと。大学で学生が勉強するのは当たり前というのが筋だが、私は理不尽だと思ったのである。まあこれは実際に大学にはいって通ってみないことには分かってもらえないだろうが。
 興味のないことを、「単位」のために、脳味噌がバリバリ音を立てるほど勉強しなければならない、それが理不尽だと思った次第だ。教授の趣味的な、狭い、本当に役に立たないようなマニアックなことを。その教授の趣味ぶり、狭さ、専門性が吐き気を催させるのだ。
 そして、今週、同居している歳の離れた弟が、10年前の私たちのように泣きながら勉強している。内線電話を通じて聞こえるその声のトーンは、深刻なうつ病にかかっているかのように重く暗い。
 やりたくないことをやらないと次に進めない、という点では、これはある意味社会に出る訓練の一貫だったのかも知れない。
楽勝科目の常連だった市川哲也
Alt-fetish.com
info@alt-fetish.com

体調が悪い

 体調が悪くて死にそうです。滅多に乗らない電車に乗ったり、医院に行ったりしたあとにきたから、誰かからうつった風邪でしょう。どうして自分でもこんなに風邪ばかりひくのか分かりません。悔しいやら、悲しいやら、情けないやら。熱はないのだけど喉が痛い、だるい、痰、咳が出る、頭が痛い。医者からもらった抗生剤やPLを飲み続けているけどあまりよくなりません。
 みなさんも体調には十分気を付けてください。私も「あのときに手洗いとうがいをしておけば」と思う場面があり悔やまれるところです。
Text by Tetsuya Ichikawa
Alt-fetish.com

モティベーションを上げる仕事術「逃避法」

 私は基本的にはこんな格好をしてボーっと過ごしたり、変なことに没頭していたい。
 ところが実際は勤労と納税の義務を遂行するためにあれこれやらなければならないことに時間を使う必要がある。
 仕事とか。家事とか。細かい手続きとか。郵送しなければならない書類の作成および投函とか。ボケ防止のために励む資格取得試験対策の暗記作業とか。
 でもやる気が起こらなくて困ることがある。時間がどんどん過ぎていくが、成果出ず、義務果たせず、「留保」な時が過ぎていく。
 そんなときの強引なワザを今日はみなさんにご紹介したいと思う。みなさんもやる気が起こらないときはあるはずだ。取りかかれば早い、やればできるんだけれど、ああそれは判っているんだけど、最初のイッ挙手が、どうしてもでない、そういうやらねばならないことの不作為に、どう対処するか。
 不作為(やるべきこととかやると期待されていることやら、動作一般を、しないこと)の特効薬はモティベーションの向上である。モティベーション、すなわちやる気が出れば、不作為は一掃できる。
 やる気を出す画期的な方法、それは、私が名付けるところの、「逃避法」だ!
 よく、やるべきことがある人は、やるべきリストを紙に書き出して優先順位を付けて重要度の高いものからやってみろという。また、非常に長期にわたる大プロジェクトのような仕事に最初に取りかかるときは、そのプロジェクトの巨大さのあまりやる気が起こらないものだが、プロジェクトを可能な限り細かい仕事に分けてこなせばできるという。
 しかし私の提唱する逃避法ではそんな面倒くさい複雑なプロセスは不要だ。
 逃避法は、学生時代に試験前に、部屋の整理や掃除が、試験前になると異様にはかどることに注目して編み出された。
 試験勉強(ジョブA)がイヤだから、掃除整頓(ジョブB)に逃避してしまう、そういう人は少なくないはず。もちろん、掃除ではなくマンガ(とかゲーム)に逃避した人もいるかも知れないが、漫画(ゲーム)が身近にあったことが残念でしたという感じである。
 試験前の掃除はなんだか後ろめたい。ところが勉強も掃除も、じつはやらねばならないことであることに変わりはない。やればそれなりの成果が得られる。だったら、やればいいじゃん。そのほうが精神安定上健康だし、掃除をしてリフレッシュすれば試験勉強だってはかどる。親だってきれいに部屋を掃除しているのを不快には思わないだろう。
 社会人の仕事に応用する逃避法は、試験勉強をたとえば数日後のプレゼンの資料作成、掃除を交通費の明細書書きといった感じにする。で、どうするかというと、プレゼン準備をしていて、飽きたら精算書書き、そしてまた飽きたらプレゼン準備と、次々に、相互のジョブへ逃避する。
 こうした伝統的な「仕事術」とはちょっと違う私の提案する「逃避法」とは、優先順位は振らず、やるべきことをいくつも並行して持って、あれをやったかと思えばこれをやる、みたいにあらゆるやるべきことを同列に扱い、サッサッと飽きるにしたがって、別のやるべきことに取りかかる方法である。飽きたら別のことに取りかかるところが、「優先順位法」とか、「細分法」と違う。何しろ、一度Aという仕事に取りかかっても、終わろうが終わるまいがBという別の仕事に取りかかってしまうんだからもう、端から見ると私は、無秩序で、アホで、落ち着きのない、他動性衝動のような、教室内をうろつく小学生のような、そういう感じである。
 このやり方のいいところは、「やる気」がつねにリフレッシュされて持続する点だ。
 ただ注意しないといけないのは、逃避先にレジャーとか娯楽、単なる休憩を入れるとダメと言うこと。そういうのを入れると、生産的逃避の連鎖が崩れ、二度と生産性の高いジョブへ戻れなくなる。そんなの逃避にならないと思っちゃうから。
 生産的逃避先は、自分でも多少は楽しめたり、あるいは意義のあることを、できるだけたくさん用意する。用意するというのは、ちょこっとずつ取りかかっておくという意味。プレゼン作成なら、パソコンを立ち上げてワードを立ち上げてファイル名を付けてとりあえず保存する。白紙でいいから。英語の勉強なら教材を開いておく。幸い、世の中には仕事上でも、また仕事に役立つ勉強のネタでも、あらゆる「逃避先」であふれかえっている。
 ボッーッとしたら何も終わらないけれども、何でもいいから、ちょっとずつかじっていけばいつかは終わる、そういうようなもんです。もう一個、注意して欲しいが、緊張感があまりない方法なので、ミスが起こりやすい。これは注意したほうがいい。もっとも、ミスが起こってもいいからとにかくこなす拙速主義が必要なジョブもあるだろうから、必要に応じて。
 私のような、集中力の欠けた人にまさにふさわしい、そういうやり方のご紹介であった。
Text by Tetsuya Ichikawa
Alt-fetish.com

記憶力

試験対策のための暗記力、記憶力は重要である。普通15歳が記憶力のピークといわれている。これを過ぎるとあとは記憶力は衰えるだけのようだ。
しかし対象に興味関心を抱いたり、何度も訓練することにより、この記憶力の衰えはある程度カバーできる。
たとえば今日筆者が覚えなければならなかったのは(ここから先はうろ覚えなので違っているかも)国連の組織。総会。安全保障理事会。経済社会理事会。事務局。信託統治理事会。国際司法裁判所。そして経済社会理事会がその働きを調整する専門機関である国際通貨基金(IMF)、国際復興開発銀行(IBRD)、世界保健機構(WHO)、国連教育科学文化機構(UNECEF)あーあとなんかあった、わすれた。
あと総会が作ったのが国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、国際児童基金(UNESCO?)、国連パレスチナ難民救済事業機構(UNWRA?)、国際刑事裁判所(ICC)。
こういうのを、講義を聴いて、チェックペンでテキストを塗りたくって、テキストを読んで、チェックシートで隠して、ブツブツ言ったり書いたりして覚えて、という作業をして覚えた。
なんでこんなことを覚えているのかはそれは行政書士試験対策なんだけれども、このようにうろ覚えでも一度は「覚える」これが訓練だ。
いま非常にうろ覚えでも、2度目になるとあーそうだったーとなり、3回間違えればもう気も狂わんばかりの悔しさとなる。少なくとも3度目は理解度は1回目よりは進んでいるだろう。
やはり勉強はそれに従事する時間も(効率はもちろんのこと)重要な要素に違いない。なぜならこうした訓練はやらなければまったく意味がないからである。
やるには時間が必要だ。それ以上にモティベーションが……。
Text by Tetsuya Ichikawa
Alt-fetish.com

読書術

 ゆっくり読む。というのが昔からの知恵らしい。筆者も、このタイプの読み方が好きである。ジトーッとゆっくりゆっくり読むのである。もっともゆっくり読んでいると、下らないところはパッパッと飛ばせるので、結果としては早く読むことになる。しかしほとんどの場合そんな下らない本はそもそも買わないので、一冊の本を読むのに1ヶ月とかかかることもある。
 また複数の本を同時に読んでいる。いまは3冊くらいの本を読み進めている。これは以前会社勤めしていた頃はなかった慣習だ。以前、読書するのは通勤電車の中のみだった。いまは家で仕事をしているから、あらゆる機会、場所が突発的に読書の場になる。本が置いてあるところが、読書の場所なので、デスク、ベッド、トイレ、この3カ所にそれぞれある本が同時並行的に読まれる(そして遅々として進まない)。
 あふれる本をどうするか。筆者の知人は情け容赦なく捨てる。そして、辞書やデータ集などのリファレンス性の高いものだけ残すって。しかし、そういうのは最近ではネットが充実しているから、いよいよ残す本は少なくなっていると言っていた。
 筆者は本を捨てることができない。もちろんある程度時間が経った雑誌やどうでもいいバカな本、仕事で必要だったやむを得ず買った本は捨てるけれど。
 そして捨てる基準は、追ってあるページの多さ。筆者は重要だと思う表現が書いてあるページの端を折ることにしている。まあまあ重要な場合は下の端を、非常に重要な場合は上の端を折る。このように、折られたカ所が少ない本は捨てる。
 後日再読するとき、めじるしとして使おうと思って折るわけである。しかしあらかたの読者がこの結論を容易に賢察するとおり、こうした営みをここ10年続けていて、何十冊も本はあるんだけれど、わざわざ引っ張り出して折ってあるところを確認したり参照したことは2~3回しかない。
 ところで、ブログ。コメントによく書いてくれる「鼻」さんのものは、友人だから必ず読むけれども、他人のブログはどうしても読む時間がとれない。でも読みたい。
 そうか、PCをトイレに置けばいいんだ。

LECの行政書士資格講座説明会に行ってきた

昨日、渋谷の渋東シネタワー13階にあるLEC、東京リーガルマインドの行政書士講座のガイダンスにいってみた。
AFPに合格した筆者が次に狙う資格はCFP。しかしそれとは別に、行政書士も取ろうと思っている。会社設立やら、内容証明やら、著作権関係の登記やら契約やら、これまでの短い(?)サラリーマン人生で経験してきた仕事の多くが、行政書士の仕事に関連するものばかりであったから。CFPとの相性も顧客を中小企業の社長などにターゲットを絞ることで適度に発揮されると思う。
ガイダンスでは合格した人2名が出席していた。ひとりは社労士の男性。なんとたった半年の勉強期間で合格した。この人はLECの講義がある日はその二時間半の講義に出席したあと家に帰って飯食べて風呂なども入ったあと、夜10時から夜中の2時までの4時間、勉強したという。
土曜日は7時間くらいみっちりやる。そして日曜日は家族サービスで昼間は家族と過ごし、夜10時からまた深夜2時まで勉強。これを半年やって受かったという。いやはや立派である。子供もいて、仕事も抱えながら、これだけの勉強をこなして合格するというのは本当に素晴らしいことだと思った。
直前期は、自宅のある駅と自宅のあいだの喫茶店に入り浸って、家には帰らなかったという。家に帰るとどうしても勉強時間を確保できないことも多かったから。
チェックペンでテキストやらサブノートやらの暗記すべきキーワードを塗りたくって、緑のシートで隠して覚えたとか、過去問は5回繰り返したなど、勉強法の王道を突き進んで合格した彼。くじけそうになったとき、モティベーションを維持する方法を訊かれて、「この資格を取るために新しい仕事の境地を開ける。またそれまでやってきた勉強を無駄にしたくないからがんばった」「勉強を習慣にしてしまう。当初決めたスケジュール、計画を淡々とこなすだけ」
合格者の生の声に非常に筆者にはポジティブなパワーをもらった気がした。