「コスプレ」カテゴリーアーカイブ

樒さんのロムできました

オルタのラバー部で、記念すべき第一号、樒さんのロムできました。この人は、今年初めだったかな?私がフェチフェスでお声がけしたところ、たいへんラバーに関心を持ってくれました。

樒(しきみ)さんは、何しろプロポーションがいい。おしりとか、形がいいんです。それで、身長も高く、女に犯されたいという欲求が強い私としてはぜひともラバーを着てもらいたいという思いで、声をかけた次第です。

樒(しきみ)さんのロム作りました

それで、ほんの先週ですが、スタジオにおいでいただき、だいたいが自撮りで、数百枚撮っていらっしゃいました。ほとんどの時間、私は所用がありスタジオに入られなかったんですが、カメラとパソコンの使い方を説明したら、もう汗だくになって、8時間以上、一人で格闘していました。

オルタの部室では今回赤いカーテンをご用意。赤に黒が映えますね! この写真は私が撮影。

今回のロムには、だからいつもはある「撮影:市川哲也」が入っていません。自撮りなんで。

あとこの方、北見えりに続き、自腹でキャットスーツお買い求めくださいました。

北見えりみたいに気合い入れて仕事するんかなーと思ったんですがそうでもなく、ファンの方のリクエストがあったから

これは樒さんの自撮り。手前に小物を配置して、何枚も何枚も撮ってはモニタを確認しの繰り返し。涙ぐましい努力の結晶。

という。樒さんのファンのみなさま、ありがとうございます!これからも、彼女を応援して参りたいと思います。

このページではいくつか彼女の写真を載せましたが、いずれも販売ロムに収録されています。買ってあげてほしいです!

一番最後の写真なんていいですよね。部室のボロアパートの、昭和の便所も、樒マジックでほらこの通りおしゃれなインディペンデント系洋雑誌の表紙にも通用しそうな写真に。

樒さん。ニューロックリアクターのブーツがお似合い。フルボディ・ハーネス(BLACKSTYLE)も見事に着こなす
ニューロックのブーツがこれほど似合う女性も珍しい。最高。樒自撮り。
Dazed & Confusedとかにありそうなショット。樒さんの自撮り(!) この人素性はナゾですが才能は間違いない。

 

写真募集「ラバー活動」する女性のみなさま

このブログに投稿していただいたモデルさんの写真です。最近、ラバー活動と称して、一般女性がデパートメントHなどのイベントや、ラバーをフューチャーしたバーに出かけて楽しむライフスタイルが広がっています。

正直言ってそうした方向けの衣装はALT-FETISH.comは取り扱いがありません(もっぱら男性向けであり女性向けは黒のラバーキャットスーツやグローブに限られるため)。池袋のクラゲさんに行ってオーダーされたり、英語がわかれば海外の有名ラバーブランドに直接オーダーしたり。

その一部始終をツイッターなどで公開してフォロワーを増やしたりしたらきっと楽しいですよね。

汗がびしょびしょになるし、着心地はある種のフェティシズムがない場合単に最悪で体への負担も決して少なくないラバーコスチューム。これを好んで着るということは、女性にもフェチが増えていることの証拠だと思っています。

私のこのブログに、投稿いただければ、ALT-FETISH.comの閲覧者に訴求できますのでフォロワー数を増やすことができるでしょう。掲載希望の方はメールフェースブックツイッターのダイレクトメッセージで、お気軽に画像をお送り下さい。メールの場合は写真投稿市川哲也宛と件名に記載して下さい。

今回は以前特集したモデルさんからいただいた写真を新規に掲載します。このくらいのクォリティであればいいと思います。ただ、写真の魅力は、きちんとしたスタジオで撮っていなくても、いろいろな方法や見せ方で工夫できます。

具体的には、

  • バスト、二の腕やうなじなど、ラバー以外で男性に多いフェティシズムに訴求するような画像
  • 茶髪や美しくメイクしたラバーマスク顔など、素材を引き立てるメイクをきちんとする
  • サイズがぴったり合っていて、しっかり光沢もあるラバー表面の様子、特に胸、ヒップやももなどを大胆にトリミングする

などが考えられます。スマホではいろいろ加工もできますが、スノーで盛りすぎたりはNGです。フォトショで自然にプロポーションをつまんだり膨らませたりはありだと思います。

インスタでフォロワー数急上昇中のラバー活動モデルCanny Rabbit
インスタでフォロワー数急上昇中のラバー活動モデルCanny Rabbit
インスタでフォロワー数急上昇中のラバー活動モデルCanny Rabbit

 

ラバーフォトをグッと魅力的にする三角形の秘密

まずこの写真を見てください。

150916

北見エリさん、ラバースーツを着てポーズ決めてます。むっちり感が、看過できない妖艶なオーラを醸し出していますよね。

しかしこの写真には秘密があります。それが、「ラバーフォトを魅力的にする秘密の三角形」です。

三角形なくして、魅力的な女体の写真はあり得ません。ではどこに隠されているのでしょうか?種明かしをしましょう。

150916-2

いかがですか?

この三角形があるおかげで、ヒップの膨張や腰のくびれが強調されるんですね。もちろんこれらはエロさに欠かせない要素。さて次は皆さんの番です。エリさん がツイッターでラバーフォト撮影会関心のある方を募っています。ぜひお問い合わせください。

ALT-FETISH.comの写真集ROM制作サービス

コスプレイヤーの皆さんに朗報です。
もしあなたが、ラバー製のコスチューム、とりわけ黒いラバーキャットスーツに関心があるのでしたら、わたしたちはあなたのクリエーションのお役に立てます。
ALT-FETISH.comは、2013年末から今年にかけて、有名なコスプレイヤーのクリエーションのお手伝いをさせていただきました。
ALT-FETISH.comの仕事は、ラバー製の衣装を用意すること(もちろんサイズがピッタリの物であることは当然です)、即売会で周辺のライバルたちの作品を一歩も二歩も引き離す卓越したジャケットデザイン、そして購入者が環境を問わず快適に写真を閲覧できるDVDマスターの制作と複製です。
もしあなたが、ALT-FETISH.comのショールームでマスターから販売用DVDのデュプリケート作業をする余裕があれば、ALT-FETISH.comはその分の値段を下げた金額を提示することが可能です。労働力を提供していただくことにより、原価を下がりますから、販売数量増や、利益率の向上が見込まれます。
ALT-FETISH.comは、あなたのために作ったラバースーツを、作品撮りが終了したら自社の豊富な販売チャネルのひとつで処分します。そうやって投資を回収しますので、いつでも最新のラバースーツを、一切モデルが負担することなく着用して作品を作ることが可能です。
撮影にあたっては、自社スタジオや、二十年のキャリアを持つカメラマンを無料でご利用いただけます。また、普段の個人撮影のカメラマン様から、著作権を譲渡いただくことにより、このDVDに収録して写真点数を増やして下さい。ALT-FETISH.comは著作権譲渡を承諾いただく書面も無償でご用意いたします。
2014年末のイベント(コスホリやコミケといった同人誌等展示即売会)で、ALT-FETISH.comがサポートしたモデルたちは、わずか2時間ほどで数十枚の写真集ROMを完売しました。
ラバーに何となく興味がある、着てみたい、といったあいまいな期待。その期待さえあれば、ALT-FETISH.comは喜んで歓迎します。ぜひ、東小金井のALT-FETISH.comショールームにお越し下さい。数ヶ月後、あなたにもたらされるのは、自分でも驚くほどの変身した自分と、ラバーモデルの活動を続けるのに十分な金銭的見返りです。
肖像権ビジネスは、メディア製造原価が有史以来最低に落ち込んだためにほとんどすべての美しい女性にとって、参入障壁はほぼないと言っていい状態となっています。ITにちょっと詳しいヒトなら自分でやればいいのです。しかし、はばかりながら申し上げなければならないのは、いくらそうだとはいえ、それでも自分で何から何までやるのは難しい、ということです。ITの進展ほどには、人類の知能や動機行動力が伸びたとは、残念ながら言えません。
つまり、ほとんどのモデル志望者にとって、展示即売会で小銭が稼げることは何となく知っている。でも、いったいいつまでに何をしたらいいのでしょう? イベント当日から逆算して今日、明日、今週、今月、自分をどうマネジメントしたらいいのかが分からない。スケジュール帳は外部から頼まれる、短期の、都度払いの仕事であっという間に埋まってしまう。そして──気がついたらもう明日、イベント当日だった。なのに売る物がないどうしよう。これは悲しい。たくさんきれいな写真を撮ってきたはずなのに、何も売る物がないなんて。ファンだって悲しいし、あなた自身も自尊心を傷つけることになるでしょう。
悲しいですよね。ALT-FETISH.comはあなたにそんな気持ちを味わってほしくありません。自分の写真集ロムを作るのは、販売当日から逆算して無理なく組み立てた予定上に配列された、いくつかのそれほど困難ではないタスクを淡々とこなすだけでいいんです。そのタスクの一つ一つのお膳立て、環境設定、リマインドを、ALT-FETISH.comが引き受けます。ALT-FETISH.comがあなたのロム作りを支援するイメージは、あなたの背中をそっと押し続けるそんな役回りだと思っていただければうれしいです。

※本サービスエントリーの条件:年齢30歳までのモデル経験のある女性に限ります。

社会学オタクもはまる北見えり

北見えりが止まらない。本当にかわいい。
北見えりが止まらない。本当にかわいい。
これも北見えり。撮影:市川哲也(ALT-FETISH.com)
これも北見えり。撮影:市川哲也(ALT-FETISH.com)

秋葉原にはギリギリ風俗ではない、微妙なラインのJKサービスがあるらしいです。そこには、家庭の経済的事情で自分で学費を稼がなければ学校に行けない高校生や、家に居場所を失って彷徨する未成年が、「おじさん」と「散歩」をしたりしてお金をもらいます。店は単にそういうサービスとしておじさんとJKをつなげるだけです。おじさんは、個別にJKと交渉して、たとえばちょっとした性的サービスを受ける代わりに数千円を直接払います。東京新聞で読みました。

これで、いきなりこのブログで日本はおかしいと思います、とかはいわない。もちろん、JK、きわめて少数で例外的な貧困の事例を、針小棒大に報じて新聞のネタにするメディアを鵜呑みにするほどバカではありません。早稲田でマスメディア論を受講したこの私です。まあ、楽勝科目だったんですが。

ただ言いたいのは、オッサン、じいさんばあさんがあまりにのさばっていて、社会保障の給付を高齢世代が寡占しすぎている、そのバランスの悪さは、悪い影響を若者に与えている。これは間違いない事実だと思います。

えと、この全然関係ない前振りですが、北見えりのこの魔術に非常に深いところまで私はやられた模様でして。画像を選んではギャラリーにアップしてっていうのを暇があればやってます。こんなモデルは今までいませんでした。

こういう若い人がラバーを着てくれるっていうその一点だけでももう私は、かなり満足です。

それで、この北見えりというのは、今の世の中、つまり格差、LGBTQ、エネルギー問題、ヲタク、少子化、あらゆる事象に進化論的に適応する非常に器用なキャラ設定となっておりまして。右も左もなく、着々と世の中をサーバイブしていくまさにリアル。

かわいい子にはラバーを着せろ

コスプレイヤー・北見えりがラバーを着てくれました。彼女の初々しい、まさに二十歳のきめ細かやかなボディに密着するラバーの美しさ、いや、彼女の美しさを、ぜひALT-FETISH.comのギャラリーでお楽しみ下さい。

モデル:北見えり、撮影:市川哲也(ALT-FETISH.com)、衣装協力:マーキスジャパン様
モデル:北見えり、撮影:市川哲也(ALT-FETISH.com)、衣装協力:マーキスジャパン様

かわいい子にはラバーを着せるに限ります。いやこれは、ALT-FETISH.comの私の今後の人生を賭ける使命にしたいと思いました。

黒髪、メガネっ娘×Rubber Black

新しい美を見つけた気がします。黒髪でメガねっ娘にRubber Blackという。ALT-FETISH.comのギャラリーの北見えり特集に、また画像を追加しました。

kitami10

北見えりはインディーズのクリエーターとして完全に自分の名義でやっている。事務所もなければ、チームでもない。孤高でありながら、毎週末、撮影会で予定がびっしり埋まっている。

非常によくしゃべる人です。撮影中、こんなことがありました。こちらがあまりカメラを撮るのを得意としていないと知るや、いろいろなポーズを取り始めて、こんなのはどうか、こんな角度は、とか、もっと低い位置から、なんて、構図をアドバイスしてくれるんです。

撮影していて、ものすごい楽しかった。年齢は関係ないし、私のように元もと外人のビッチなポルノ好きで、黒髪メガネに一切興味がない人間でも、すばらしい写真をたくさン撮って、充実感いっぱいでした。そしてその日の夜中に、「楽しかったです」というメッセージも。

北見えり、二十歳。これからが楽しみです。

 

北見えりラバースーツコスプレ第一弾

北見えりさんがALT-FETISH.comでラバーガールに大変身。今後、彼女とのコラボで大量に作品をリリースしていく予定です!!

こんなかわいい二十歳の子がラバーを着てくれました。ラバーのにおいをクンクン嗅いで、いいにおいっていいながら(市川感涙)。なんでも、においフェチだそうです。

皆さん、ぜひぜひ、ALT-FETISH.comと一緒に北見エリさんを応援していこうではありませんか!!!!

もうちょっと大きい画像はALT-FETISH.comのギャラリーにアップしておりますぜ。

kitami7 kitami5 kitami2 kitami1 kitami3
kitami9

kitami4 kitami8

千葉の高速道路にバットマンライダー

この夏、ラバーフェチの注目を集めるニュースがネット上に出ました。なんと、高速道路にバットマンのコスプレを着たライダーが現れたというのです。写真はこちら。

バットマンのコスプレライダー
日本の高速道路を疾走するバットマン。高速道路インフラは今や世界に輸出されている(関係ないだろ)。

夏休みに行楽地へ向かう子供も多く目にしたと思います。ラバーフェチに開眼するきっかけになったに違いありません。

バットマンというと、この男性は物語設定上、大金持ちの独身で、老執事と暮らします。妻帯せずに社会悪を私刑してまわる、超かっこいいゲイの夜回りおじさんなのです。ゲイかどうかは分かりませんが、もちろん。しかし、ゲイと解釈するのが私の立場です。

コスプレというと、次のような画像もTumblrで見つけました。こういうものを目にする機会が、一生物のラバーフェチを涵養するんですね。

誰がアップしたのかは分かりません。Tumblrから。
誰がアップしたのかは分かりません。Tumblrから。
ナマダさんのコスプレ。身体にぴったり張りついたラバーが妖しい光沢を帯びて目を引きます。
ナマダさんのコスプレ。身体にぴったり張りついたラバーが妖しい光沢を帯びて目を引きます。