「女性ライダー」カテゴリーアーカイブ

.shop特典動画ラバーガールズライダーのガチオナニー

2018年5月からスタートしたALT-FETISH.shopですが、相変わらず品切ればかりでお客様にたいへんなご辛抱をお願いすることとなり、深くお詫び申し上げます。
それまでYahoo!店でご利用いただいていたのですが4月に突如Yahoo!から強制退店させられまして(自業自得なんですけどね)、会員登録をしていただいたお客様にはお手数をおかけし、重ねてお詫び申し上げます。
ALT-FETISH.shop店は自分でシステムをセットアップしただけに、愛着がありまして、今後はずっとこれで行く考えでおります。今月末(すでに末ですが)にはシースなどが発送されて、7月上旬には入荷すると思いますので引き続きお待ちいただけますようお願い申し上げます。
ところで、この間の混乱のお詫び、そして会員登録のお礼に、現在会員登録した方がログイン後に最初に開くマイページにおきまして、無料で「オナニーするラバーフェチのガールズライダー」動画をご覧いただけるページをご案内中です。
6分程度の短い作品ですが、私が撮り下ろして編集したものでオリジナルです。作品のテーマは、ラバーフェチの若い女性が自分のラバー姿に興奮してオナニーを我慢できずにラバーマスターベーションをやりまくって、何度もイッてしまうというものです。途中で、ヘルメットの中のサンバイザーを下ろしたり、吊りの状態で電マでいくなど、フェチのツボを押さえた秀作です。あえぎ声がかわいくてそれなりに雰囲気ある作品になっていますので、ご覧いただいた感想をお寄せいただけると自作の動機につながり喜びます。
マイページは、ALT-FETISH.shopに会員登録した方がログインすると最初に表示されます。「マイページ/ご注文履歴」のうえに「会員特典動画はこちら」というテキストリンクを貼ってありますので、そこから動画掲載ページに遷移して下さい。掲載ページは本家alt-fetish.comドメイン直下になります。

さて、近年、ラバーフェチは世界中で増え続けています。そもそもラバーフェチになるにはそういう格好をした性的対象の写真や動画をたびたび見ることが必要ですが、SNS等によるラバーフェチを喚起するイメージビジュアルの世界的な拡散により、フェチになる機会が爆発的に増えているのです。
昔は?昔というのは1990年代の終わりまでの話ですけど、ラバーフェチの欲求を満たすのにはたいへんな金銭的・物理的苦労を伴うものでした。象徴的なのは、たとえばMARQUISやHEAVY RUBBER FETISH MAGAZINEを買うのに、四谷(のちに青山)のアズロという店(現在はありません)に行きます。そこにはOPP袋に詰められて中が見えないかの雑誌たちが陳列されていますから、中を見るためには一冊一冊、店のレジに持って行って、スタッフに見せて下さいとお願いしなければならなかったのです。街にはおろか、ネットにも、ビジュアルは一切ありませんでしたので、その苦労する価値はありました。今はどうでしょう。スマホでいつでもタダでいくらでも見られますから。人がフェチになるのは、ものすごい簡単になったわけです。
さて、そうした需要急増の影響で弊社の契約生産工場では製造が恒常的に遅延しております。そのため、納期は今年3月までは1ヶ月程度だったところ、4月以降は2ヶ月半くらいに延びています。ひとつだけ申し上げられることは、早く頼めば早く届くということです。それでも2ヶ月3ヶ月かかるので、これは私としてもたいへん心苦しく、こうした動画をアップするに至ったわけです。
もちろんいくらでもこの手の動画はあるといえばありますけれども、実はそれは正確ではありません。本当に私のフェチにどストライクな動画は、正直皆無なんです。それは今でも。私にとってのラバーフェチ動画は、この動画であり、そしてほかのオリジナルラバーガールシリーズのものです。つまり私が監督して撮影したものだけです。したがって、あなた様が私のこの動画を見て、本当に求めていたものかどうかはわかりません。そしてたぶん違うと思います。微妙に違うはずです。人間の指紋や光彩、そして腸の中の細菌の構成が、ひとりひとり違うように、遺伝子が子孫を残すために必要とするダイバーシティのメカニズムにより、フェチの傾向もまたひとりひとりかならず違うはずです。おそらくお気づきの方は多いでしょうけど、これからは、人の数だけ、フェチ動画は作られていくと思います。

最近のオナニー報告:日々ラバー着てのオナニーを究める小生ですが、このところアナル開発ばかりです。開発といっても、どんどん太いものを入れるとかそういうことではなくて、入れるものはたいてい指とか、あとはアナルプラグです。アナルプラグはここで売っているものです。
https://alt-fetish.shop/products/detail/90
意外にいいのが、ドラッグストアで売っているワセリン。裂れ痔にならないで済みます。もちろん、痔を悪化させないためには他にも、日中運動する(座りっぱなしにならない)、お通じを健全にする、長時間息まないなどいろいろ他にもありますが、それは各自で。
アナルに入れたり出したりすると本当に気持ちいいですし、入れっぱなしで自転車に乗るのもやばいです。キます。ただ、この境地に至るまでに、相当の年月を必要としましたことは申し添えます。
アナルに入れる際に、ローションだけだと乾いてしまいますから、ワセリンが必要です。いつまでも楽しめます。角度を変えると意外にすんなり入ることが分かりました。あと、このアナルプラグは持ち手が平らになっていますから、平らの部分を椅子などに押し当てて腰を上下すると、騎乗位ができます。騎乗位に最近はまってます。
あと、アナルが気持ちいいからといって、じゃあじつはゲイだったのかというとまったくそんなことはありません。男性には一切惹かれません。アナル開発は、ちょうどツボを押して気持ちいいのと同じようなのに性的興奮が加わったようなものと思えばいいと思います。この快感は、ラバーでトータルエンクロージャーじゃないと引き出すことができません。ラバーを着だしてからはじめて、ああこういうのもいいんだなと気がつくわけです。もちろん素っ裸じゃやれません。
ワセリンだけではなく、もちろんローションも使います。ローションは、ドラッグストアにいっぱい売っていますけれども、ALT-FETISH.shopでも買えます。少し割高にはなりますが、ドラッグストアで買える環境がない方はご利用下さい。
https://alt-fetish.shop/products/detail/93

樒さんのロムできました

オルタのラバー部で、記念すべき第一号、樒さんのロムできました。この人は、今年初めだったかな?私がフェチフェスでお声がけしたところ、たいへんラバーに関心を持ってくれました。

樒(しきみ)さんは、何しろプロポーションがいい。おしりとか、形がいいんです。それで、身長も高く、女に犯されたいという欲求が強い私としてはぜひともラバーを着てもらいたいという思いで、声をかけた次第です。

樒(しきみ)さんのロム作りました

それで、ほんの先週ですが、スタジオにおいでいただき、だいたいが自撮りで、数百枚撮っていらっしゃいました。ほとんどの時間、私は所用がありスタジオに入られなかったんですが、カメラとパソコンの使い方を説明したら、もう汗だくになって、8時間以上、一人で格闘していました。

オルタの部室では今回赤いカーテンをご用意。赤に黒が映えますね! この写真は私が撮影。

今回のロムには、だからいつもはある「撮影:市川哲也」が入っていません。自撮りなんで。

あとこの方、北見えりに続き、自腹でキャットスーツお買い求めくださいました。

北見えりみたいに気合い入れて仕事するんかなーと思ったんですがそうでもなく、ファンの方のリクエストがあったから

これは樒さんの自撮り。手前に小物を配置して、何枚も何枚も撮ってはモニタを確認しの繰り返し。涙ぐましい努力の結晶。

という。樒さんのファンのみなさま、ありがとうございます!これからも、彼女を応援して参りたいと思います。

このページではいくつか彼女の写真を載せましたが、いずれも販売ロムに収録されています。買ってあげてほしいです!

一番最後の写真なんていいですよね。部室のボロアパートの、昭和の便所も、樒マジックでほらこの通りおしゃれなインディペンデント系洋雑誌の表紙にも通用しそうな写真に。

樒さん。ニューロックリアクターのブーツがお似合い。フルボディ・ハーネス(BLACKSTYLE)も見事に着こなす
ニューロックのブーツがこれほど似合う女性も珍しい。最高。樒自撮り。
Dazed & Confusedとかにありそうなショット。樒さんの自撮り(!) この人素性はナゾですが才能は間違いない。

 

市川哲也ラバー男の娘

痛い、閲覧注意。ラバーで抜いている全国の皆様に、不肖市川哲也のラバー男の娘を。私が皆様のために日々、働いているんです。

ALT-FETISH.com,女装メーク,ラバーマスク,ラバーキャットスーツ,男の娘
あそびにおいでよ!
ヘルメットかぶっただけで大興奮。汗かいてもうセカンドスキンの中はびっちょびちょ
ヘルメットかぶっただけで大興奮。汗かいてもうセカンドスキンの中はびっちょびちょ
このマスクはリビデックス。売ってないんだけどアイホールかわいい&突っ張りで「整形」効果高し!!
このマスクはリビデックス。売ってないんだけどアイホールかわいい&突っ張りで「整形」効果高し!!

最近のスマホは立派。ちょっとメークして。画像はいじってなくてこれだよ。十分ヌけるっしょ?!

ALT-FETISH.comのフェチは強い女、男を犯す女

160814-1

『痴女の誕生』で「男性を犯す、強い女の子になりたい」「強い女性に犯されているかわいい男の子になりたい」と妄想していたのはAV監督の二村ヒトシ氏。私、不肖市川の性癖も、基本は二村さんとまったく同じだ。

発情して自分の性欲を抑えきれなくなった女にめちゃくちゃに犯されてしまいたいのである。同時に、その女には自分自身も投影されている。自分で自分を犯すオナニー構造になっている。

ただ私の場合は、こんな、ネット上に見つかる女でなければ駄目である。格好がこれに限られるという点で、私は二村氏とは一段階病気が進んだ変態と言えよう。

強くて活発な、筋肉質でエロい女
強くて活発な、筋肉質でエロい女

これらの画像を見れば明らかなように、フェミニンな要素はまったくない。本来は、こうした格好をするのは男である。これらに欲情して自分を投影するのは、私自身、幼少期から思春期まで、自己肯定感のかけらもないひ弱なもやし人間だったことと関係している。

私はゲイではないらしく、対象はあくまで女性だ、したがって、強さをラバーという衣装で象徴的に外部に向かって主張する女に一番興奮するのである。

ヘルメットをかぶると、性別は体型からしかわからない
ヘルメットをかぶると、性別は体型からしかわからない

メカの要素も重要だ。メカが醸し出す光沢感がエロいのは、これもまた、自分にはない要素(強さ)があるからである。しかも、色白の自分は、黒光りに弱い。他の色(赤とか白)はそれほどぴんとこない。小学校や中学校の夏休み明け、同級生が真っ黒に日焼けして、プールなどで黒光りしている様に激しく劣等感を感じたが死ぬまでフェチという症状にとりつかれることとなった。夏の日焼けしたガキのイメージが、今やラバースーツに身を固めた痴女フェチになった。

私が撮影で追求するイメージも一貫して、強い女、ヘルメットをかぶってバイクでどこへでも男を求めて駆けていく活動的なヤリマン、ギャルのイメージだ。

たまたま、本日8/14をもってグラビア活動を引退した赤根京さまをモデル撮りした際も、そういうモチーフで撮影したのがこれらの作品である。

赤根京,ラバーキャットスーツ,ヘルメット
「ラバーが似合う女になりたい」
ヘルメットを持たせて、ぐっとこちらをにらむ。
ヘルメットを持たせて、ぐっとこちらをにらむ。

このモデルの「売り」である白い肌に豊満なバスト。ALT-FETISH.comのテーマではないのです。

危険な状況の中、なにかを見つけたかのよう
危険な状況の中、なにかを見つけたかのよう

世の中の男とはまったく違う、二村ヒトシっぽいスタンスの私のフェティシズム。ご理解いただけただろうか?

 

バイクにまたがる女=痴女?

私のようなM傾向の強いラバーフェチにとって、痴女に騎乗位でまたがられる状況は理想です。

バイクになりたいし、バイクにまたがる痴女にもなりたい。ラバースーツに身をかためたバイク乗りでラバーフェチの痴女と自分の境界はあいまいで、ボーダーレス症候群です。

ネットで見つけた、見ただけでビンビンにうずいてしまうスーツがあります。これ。

151229biker0

それで、似たようなものを作らせたんですが、リブの部分のふくらみがあまりなく、しかも体型はのっぺりした男性なのでイマイチピンと来ませんでした。

151229biker4 151229biker3 151229biker2 151229biker1

なかなか難しいですな。

ガールズバイカーでラバーフェチの女性の手記

女性ライダーっているところにはいるモンですね。まずは次の動画をご覧下さい。どっか地方のカフェなんですが、やたら女性のライダーが来るらしく、しかもなぜか動画がたくさんアップされています。本当に市井の女性ライダー、バイク好きの女性たちですが、なんかリアルで私は非常に興奮しました。かっこよすぎる!! こういうふうに、リアルなバイカーが今でもいるんですよ。

で、私はこれに触発されて、今回創作した作品を紹介しましょう。ALT-FETISH.comのギャラリーページに本日アップした、ガールズバイカーでラバーフェチの女性から手記が届いたという旨のコンテンツ。ヘルメットもバイクもごつくてかっこよいリアル女性バイカーの動画にスッカリ感化されて、あー出会いたい、ラバーフェチだったらどんなにいいか。妄想が尽きることがないです。でも、どこ、この田舎は? しかも、たまたまカフェに来ただけだから出会えるはずもないし、いわんやラバーフェチのワケがありません。うーんつらい! 理想とするラバーフェチの女性がいないんだったら自分がなってしまえというのがメッセージです。

もちろんこの手記はフィクションですが、Rubber’s Finestのおなじみラバー総入れ歯(くち全部付き)と、ヘルメット、シリコンバストが入るラバースーツさえあれば、誰でもこのような理想のラバーフェチ女になることが出来るのです。いやはやすごい時代だ。

「手記を寄せてきた女性読者」(笑)が指摘しているとおり、女のラバーフェチは非常に数が少ないのです。しかし、ゼロではないです。ただ、私たち一般のラバーフェチ男性が、ラバーフェチ女性に会うことはきわめて困難です。だったら、自分が対象に化けて、鏡を見れば自分の部屋にもう、恋い焦がれてきた女性のラバーフェチがいるという状況になれるのです。しかも、好きなポーズをとってくれます(自分だから)し、好きなところを触ってくれます。また、アナルプラグや、ボンデージの圧迫感をどのように感じて興奮しているか、まるで自分事のように感じることが出来るのです(当たり前ですね、自分なんだから)。

もう、外部に、他人に、異性に、ラバーフェチを求めるのはすぐにやめたらどうでしょう。短い人生なんだから、手っ取り早く、錯覚でも何でもいいから好きなラバープレイの相手に自らがなることによって手に入れて、一日でも多く、ラバープレイを楽しもうではありませんか。

ALT-FETISH.comのギャラリー掲載写真の半分の大きさで以下に転載しておきます。

150331RFmaskバイカー5 150331RFmaskバイカー1 150331RFmaskバイカー2 150331RFmaskバイカー3 150331RFmaskバイカー4