「イベント参加」カテゴリーアーカイブ

1/29フェチフェス出店で思ったこと

日本橋の綿商会館で1/29(日)に行われたフェチフェス。今回は新宿二丁目のStudio Incognitoさんのブースに居候させていただき、参加してきました。

告知もしないのに、何名かお客様と会話ができて本当によかったです。告知すべきなんでしょうけど、行くかどうかは直前にならないとわからないので、申し訳ありません。

当日は、以下のような3つのポスターを掲示して皆さんにアピールしました。結構一生懸命作ったので、ブログに再掲してクリエイティブ供養とします。

まずはじめは、こちら。ラバピカとウォッシュ&シャインを何本か展示即売したんですがさっぱり売れず。私がこういうものを持って行って安く売るとは一言も告知していないんで仕方ないですね。

ラバピカ、ウォッシュ&シャイン。ALT-FETISH.com
かわいい北見えりさんがモデル。おなじみのコピー「まだ○○で消耗してるの?」

次がこちら。おもしろいコピーで自己満足です。ぐんにゃり安倍政権の第四の矢。一個売れました。Yahoo!店では取り扱いがなく、alt-fetish.jp店でのみの取り扱いです。在庫があります。

ペニスエクステンダー。ALT-FETISH.com
ローションを内側に塗ってつけるとたいへん気持ちよいオナホール。何度も洗って使える。

あと、最近は市川は、プレタポルテのメンズではなく、レディースをあえて着ると言うことにはまっています。レディースの方がヒップラインやウエストがくびれてきれいに見える気がします。レディースサイズはメンズ適合サイズの1つ上のサイズを着ます。メンズSがピッタリの人はレディースのMです。

ラバーキャットスーツプレタポルテレディース alt-fetish.com
レディースをあえて男が着る(要やせ形)。TV(トランスヴェスタイト)の方向けのコーデ。

あとは既刊ロムを多少安く販売。会場ではじめてALT-FETISH.comを知った人は喜んで買っていきました。私もうれしかったです。

こうしたイベントでは、ロムを買ったら数分撮影させてもらえる撮影チケット付きのサービスをモデルさんがやってます。私も、当日の私のブースの横にたまたま、フェティッシュなマスクを装着している女性モデルがいたので、撮影券を買って撮影させてもらいました。樒琉衣(しきみ・るい)さん。話してみるとラバーをぜひ着てみたいと興味を示してくれました。昔みたいにショールーム兼スタジオがあればいいんですが、今はもうスタジオがないのでなかなか難しいですけど、ラバーが好きだといってくれたのはうれしかったです。

モデル・樒琉衣 撮影・市川哲也
樒琉衣さん。このマスクは「私物」だそうで。かっこいい! モデル・樒琉衣 撮影・市川哲也

フェチフェスは一言でいうと、「あったかいイベント」。世界がポストトゥルースで再魔術化するなかで、こうしたダイバーシティーの宝庫のような空間はとても貴重でホットです。

アメリカのトランプ大統領は、非常に保守的な白人の支持を得て当選、多様性を尊重し、LGBTの権利の伸張を広くうながした前政権の反動なのでしょう、差別を助長し、弱者に厳しい政策が喧伝されています。

フェチフェスのようなイベント、トランプ大統領のアメリカだったらどうでしょうか。怖い、改造ハーレーの髭のおっさんたちが大挙、押しかけてつぶされていたに違いありません。

ここが日本でよかった、本当にそう思える、善きイベントでした。

ニコ生もすなる会議といふものをALT-FETISH.comもしてみむとしてするなり

5月から、5千円以上お買い上げのお客様またはラバー製品をお買い上げのお客様に、今は活動休止中の貴重な赤根京氏が表紙の、クールな「ALT-FETISH.com zine」というフリーペーパーを商品と同梱しています。

一ページ分まるまる、ラバー製品の取扱説明を掲載。つまり、従来同梱していた「ラバー製品の取扱説明書」を兼ねています。従来のものは紙ペラ一枚で、およそ読む気もしない素っ気ないものでしたから、少しでも牛耳を集めたい(何しろ死ぬぞ、気をつけろって書いてある)のでフリーペーパーの体裁にしたんです。

それで、刊行から3ヶ月もたち、新しい号を作成しようと、先日8/30にチの夜、東小金井駅最寄りの公共スペースにて編集会議を開催しました。

取材用のパソコンや、撮影ができる簡易スタジオも用意して待っていたのですが、結局一名もおいでになりませんでした。

悲しいので、会場の寒すぎる様子を掲載しておきましょう。是非、次回、来て下さい。無料です(支払いもありません)。

第一回 ALT-FETISH.com zine編集会議会場写真

何日も前から会場を予約し、使用料を支払い(900円)、車を借りてストロボ機材などを運搬し(1620円)、バックペーパーに至ってはヨドバシカメラにわざわざ買いに行った(34000円)にもかかわらず、来場者ゼロ。

たしかに、告知は午後8時の開始のおよそ6時間ほど前でしたからね。しかもこの日、夕方まで台風の影響で豪雨(そのさなかに私は吉祥寺のヨドバシに買いに行ったんだが)。

このように、4万円弱のコスト、大の大人一人の労働時間が、一ミリも成就することなく終わりました。

ふーんだ!!

もっとも、私、今日、撮影のため夜新宿に出かけて、また東小金井に帰ってきたんですが、何この中央線の帰宅ラッシュの鬼混雑は?

これじゃ誰も来ないのも道理だな、と思ったよ! こんなのに乗って、わざわざ夜、東小金井まで来る人なんてどうなのかと。普通いないっしょ。しかしそれでもショールーム時代はよく来たよのう。4年で100人以上来たからのう。

というわけで、懲りずにまた、来月やるかもしれないから、今度こそ来てほしい。もちろん、来たらラバーを着たり、撮影したりできまっせ。話も聞くよ。ラバーを最近着てないなーと言う方、ラバピカとパウダーを用意しておくから、是非是非、来て下さい!

マジで、一人でも「行く!」という方がいたら、もうその方のために日程を合わせる覚悟です。

こういう子は絶対に来ないんだがな。今度うちで手がけるロムのモデルせりなちゃん。
こういう子は絶対に来ないんだがな。今度うちで手がけるロムのモデルせりなちゃん。