忘れちゃ困る長期的問題を思い出すツール、ブログ

 先日WBSを見ていたが、いよいよ今年の秋冬にかけて、ゼロ金利が解除されるようだ。当該番組に出演していた元財務官と元日銀副総裁が言っていた。金利が上がると国債の金利が2%になり外貨預金の意味はなくなる、定期預金も1.5%などになる、その代わり借金しているサラリーマン世帯にはマイナスの影響が出る。
 政府としては次期政権においてなんとしてでもインチキ天下りシステムやジャブジャブ公共事業を維持したいので、増税をかましたい。そのためには金利を上げるなどすれば景気に水がブッかかったり、サラリーマンの武装蜂起が起こったりしそうなので、金利は上げてほしくないと思っている。もちろん政治家がなんといおうと日銀は金利を上げるときは上げる。日銀はあまりサラリーマンのことは考えていないからだ。借金の金利が上がっても、定期預金の金利はそれほどには上がらないにもかかわらず、定期の金利も上がるから平気だとかいう。
 この結果、サラリーマン、特に借入金がある人たちは今年末から以降、かなり厳しい状況に追いやられるのは間違いない。金利上昇、増税、そしてさらにいうと社会保障給付のカットなども追い打ちをかける。
 こうした中で家計を防衛する方法はひとつしかない。支出と借入を減らす、である。つまり子供を産まない。あと借入金は3年間は生活維持レベルの貯蓄できたら以降はできるだけ前倒しで返済する。
 過激なのがお好みの方は今すぐ会社を辞めて自営業者になることだ。もちろん収入は激減するので非課税世帯となることができる。非課税世帯はNHK受信料と国民年金と国民健康保険料(とあと年齢によっては介護保険料)以外は払わなくて済む。もちろん、税金も払いようがないので、自分の稼ぎの一部がジャブジャブ公共事業やうまい汁吸ってる政治家、インチキ天下り官僚天国へと流れずに済み、まさに心穏やか清貧の境地に至ることができる。注意して欲しいのは、ニートやアルバイトだとダメだということだ。ニートは親が間接的にやられるし、アルバイトは源泉徴収されて結局やられる。
 朝日新聞の2/17の天声人語。読むと心が荒んでくる。一言でいうと、ここ数年、天下り官僚のために、国家予算くらいの莫大な金が税金から流用されたということである。しかも合法に。私がもしサラリーマンだったらものすごい腹が立って、怒ったと思う。まあ思うことは東大卒とかの官僚や政治家がなんとまあウマイことしていることよと、彼らの狡猾ぶりにため息が出てくる。
 サラリーマンは日々の仕事に忙殺され、子供すら産めない。ましてや国の施策に厳しい監視の目を向けて何らかのアクションを起こすことなど望むべくもない。そういう時代が長く続いた結果、官僚や政治家にいいように搾り取られるだけの気の毒な「民」にすっかり転落した。もっとも、課税増や社会保障減はすぐにどうのという問題ではない。恐ろしいのが、じわじわと、そして確実に家計に響いてくるところだ。
 金利アップ、増税に限らず、短期的に一国民がどうこうすべきことはないのだが、長期では確実にやばいことになっている問題というのは数多い。ところが長期の視点というのは二酸化炭素排出量の問題もそうだが、なにかと忘れてしまいがちだ。新聞やブログはこうした忘れがちだが非常に重要な長期的問題を、しばしば思い出させてくれる働きをもっているのではないか?
 細かい話だが、中小企業を経営する同族会社の役員の給与所得控除の額を、その法人の課税所得にみなすなんていう「案」(ただし給与の額に下限あり)が昨年末発表された「与党税制改正大綱」に盛り込まれた。こういうのってなかなか気がつかない問題だ。
 また、ZilさんからTokyo Perveのイベントのお知らせメールが届いたので、さっそくALT-FETISH.comの更新情報欄に掲示させていただいた。決して忘れることのできない重要イベント。今週土曜日だ。都合が合う人は、ぜひ、出かけてみよう。
※オークション出品中
市川哲也
ALT-FETISH.com
info@alt-fetish.com

ラバーコスチュームセルフポートレート

 というわけで、また撮影してみた(2段目の左から3番目と4番目が昨日撮った写真)。今回のポイントは、前回アドバイスをいただいたとおり、セルフシャッター機能を使っての撮影であるということ。ただし、リモコン式のため、まずリモコンでシャッターを押してから、リモコンを写真に写らないところへ放り投げ、そしてポーズを撮るという、ラッキィ池田※の踊り並みに早い技が必要となる(※10年前くらいにちょっと話題になった振り付け師)。
 シャッターが下りると、履き慣れないハイヒールの千鳥足でよたよたとカメラのところへ歩いていき、画像を確認する。同居の者に「ヒールを履いて歩いている」ということが音で悟られないよう、つま先立ちで歩くので相当体力を消耗する。床がタイル張りなので音がすごいのだ。画像を確認して、違うなーと思ってまた撮影場所へ千鳥歩行で移動し、放り投げられたリモコンを拾い、シャッターを押す。シャッターを拾って、ボタンを押すのも、このゴッツイグローブである。一度で拾えないし、シャッターの反応も悪い。カメラの方にリモコンを突き出して、エイッエイッと押す姿ほど間抜けなものはない。リモコンの効きが悪いとやたらテレビに近づけてボタンを押すジジイと変わらない。かなり萎えながらもキュキュッと素早くポーズを取る。
 今回2点を公開したが、ここで気をつけていただきたいのは、この2枚のために、40回近く、上記の動作を繰り返したということだ。近くに水を用意して脱水にならないように気をつけた。なんでも汗をかくのは身体にはたいへん良いらしく、撮影のあとはスポーツをしたあとに類似する爽やかな爽快感に満たされた。
 ありがとうございます。
※オークション出品中
市川哲也
ALT-FETISH.com
info@alt-fetish.com

ラバーフェチセルフポートレートでの黄金律

 昨日の私の恥ずかしいセルフポートレート奮闘記にコメントお寄せいただき、ありがとうございます。
 コメントに、セルフシャッターを使えばいいじゃんというご提案がありましたのでそれについて。私が愛用しているデジタルカメラは、すでに生産終了しているNIKONのD70。これは、リモコンシャッターに加え、リモコンとセルフシャッターが組み合わさった機能がある。つまりリモコンをポチッと押して、その数秒後に(もちろんそのあいだにクネッとポーズをとるわけであるが……)シャッターが降りる。
 ていうか、じゃ、それで撮ればいいじゃんという話なのだが、リモコンシャッターを押してから、シャッターが降りるその「間」ももどかしい、それくらいの極限状態なのがラバーセルフポートレートの「現場」だ。
 しかしみなさんからの熱いアドバイスに応え、もう一度、この素晴らしい機能を使って挑戦してみたい。何しろ、リモコンシャッターだと手がクニュッて変に曲がってて、まるでこれでは運動神経のない子供がサッカーボールを蹴ろうとして手が不随意に曲がってしまったかのようで情けない。全体の中のわずかな面積である「手」ひとつとっても、全体にこれほど影響するというところがまた写真の深いところ、おもしろいところ。MARQUISなどの雑誌を見ると、よく分かるが、美女+ラバーだけではいい写真にならない。モデルのちょっとしたポーズ、身体の向き、首や手などの関節の角度が相乗的な効果を発揮してはじめて写真は魅力的になる。残念ながらその黄金律はまだ私は見つかっていない。今度にご期待を。
 以下はぜんぜんフェチとは関係ない話題(読みたくない人はどうぞさようなら)。
 少子高齢化の問題で、フランスの出生率が先進国では例を見ないほど上がっているという。ひとりの女性が2人、3人とどんどん赤ちゃんを産んでいる。おかげで合計特殊出生率が1.69(たぶん)になった(日本は1.28?)。2人の個体が3人以上子供を産まないとその集団は増えない。その点、3人の子持ちの私はこの人類の維持発展に寄与していることは言える(地球に寄与しているかどうかは別として)。しかし、3人も子供を抱えた上で、まともな「家庭」をマネジメントしようとすると、もちろん家庭マネジメントにおいての究極の目標は「サステナビリティ」なんだけれども、大人ひとりでは人手不足になる、というのが実感だ。この日本では。
 驚くべきことに、フランスでは、女性が「出産か、育児か」という、日本ではおなじみのこの問題に悩まされることはあり得ないらしい。整備された保育園、理解ある企業や地域社会が、子供を産んだ女性が仕事を辞めないでも済むように、充実した育児の受け皿の役割を果たしている。日本企業ではまだまだ、競争のためには家庭は二の次といった企業の環境だし、借金に苦しむ自治体にサポートを期待するのはとうにあきらめている。弟が某大手投資銀行のジョブに参加した感想で度肝を抜かれたのは、ある社員は朝6時に出社し、深夜0時に退社、しかも土日出勤も当たり前ではたらいているという。そういうところへもってきて、妻がどうの、子供がどうのとか言い出せるんだろうか。まずあり得ない。どうも日本の社会は、先進国としてはB級の味気ないしょぼさをともなっているようにみえる。GNPが世界で2番目というのがそもそも異常なんだと思う。もっともおかげさまでいろいろいい面もありますが。床屋談義として盛り上がるとか……。このブログみたいに……。論じてみて面白い問題である少子高齢化はここらでそろそろ、誰かが本気で取り組むべきだと思う。
※オークション出品中
市川哲也
ALT-FETISH.com
info@alt-fetish.com

ラバースーツで新しい自分、新しい快感

 キャシャーン、ひどい映画だった。しかしフェチ的にはかすり程度だったけどきた。全身を革のようなボディスーツで決めたキャシャーンらが戦うシーンは萌える。あれで表面がテカテカツヤありだったらかなりいいなけれども。俳優がはめていたのはラバーのグローブだと思われる。縫い目とかがなかったから。
 今日はひさびさにラバースーツ、ブーツ、マスク、コルセットとフル装備になってみた。着ている途中で声が出てしまうほど興奮。マスクで歪んだ顔はまるで別人(目が女みたいに見えるという私の得意技が発揮)。キャットスーツ着てすぐペニスのおさまる場所にローションをたっぷり塗って、それで上からいじくる「技」で興奮をうまく維持コントロールしながら、最後まで(マスク装着まで)持って行った。今日は一番興奮したのは革製のガントレット(手首から肘の手前までの長さの巻い着ける布)を着けるとき。どういうわけかこのアイテムが妙にきた。キャシャーン観たあとだろうか。ガントレットで「人造人間」に変身するかのような、そういうプロセスをリアルに感じることができた。鋲うちしてあって、強そうにみえるところがたまらない。これでアナルとかほじくられると思うとたまらない(まあやりませんが)。
 その「強そうな」手でラバースーツの上からペニスをいじる様子がまた視覚、触覚両方最高にクる。ヤバイ、何度もいきそうになるが今日は写真を撮るために最後まで踏ん張らねばならない。ライティングとかバック紙など設置の苦労が水の泡になってしまう。
 すべてを装着し終えて、いざ撮影しようとしたら、リモコンシャッターが見あたらない。出た。これだ。毎度、そう。ここぞというときに超くだらない物でしかも必要不可欠なものが消える。今日はリモコンシャッターときた。探しているうちに大量の汗が出て息苦しくなってくる。興奮のるつぼから単なる有酸素運動をしているオッサンへ「下げ」。ズボンのポケットにあったのを見つけて取り出し、何枚か撮影。脱がれたズボンのポケットの中身を探すことほどペニスにとって打撃になる行為はないと今日発見。すっかり苦痛の方が快感を上回ってしまい、あそこは梅干しのようになってしまた。
 今日は、普段はくことがなかったソックスをはいてブーツを履いてみた。ソックスを履けば、見ようによっては黒いもも引きみたいにみえる足が、トータルエンクロージャーのクールなスーツに一気に化ける。まさに画竜点睛である。想定外のメリットも。大量の汗がブーツに流れ出ない。ブーツも痛くない。汗が出るにしたがってタプタプする感じが気持ちよい。終わったあとも汗で床を汚すことなくシャワールームに移動できる。これからは、ソックスはマストアイテムだ(足先が出るラバースーツの場合)。
 あと、ホームセンターで先日買ってきて今回初登板のハロゲンライトもグッドだった。ラバピカが塗られたラバースーツを下から照らすとピカピカテカテカ、すごいよくエロティックに光ってクールだ。それに、これは関係ないが結構あたたかい(火災・火傷に注意)。
 そんなんで撮った写真はたくさんインクジェットプリンターで写真用紙に印刷して、注文してくれた人に差し上げます(ほかの写真かもしれない、付いていないこともあります)。こちら(Fetish Image Archivesの2段目右端)にも掲載。ちなみにブーツはペナンギャランで買ったモノで、編み上げなんだけれどもヒモの留め具のラインが4つも付いていて2列の編み上げラインができる。視覚効果が高く締め上げ感も良い。そして真ん中にファスナーが着いていて、脱ぎ履きも楽ちんという優れたアイテム。もっともすぐに飽きてオークションにまた廉価で出すんだろうけれども。
 というわけでまとめると、
・早漏には脱いだズボンのポケットの中身を探るのが奏功
・ハロゲンランプはムード出しに好適
・ラバーソックスは何かと重宝
・着続けていると疲労が快感を凌駕するので短時間で済ます
 そんなところです。
※オークション出品中
市川哲也
ALT-FETISH.com
info@alt-fetish.com

大人のたしなみ、ラバーとアナル

 大のオトナ(IT系企業の会社員や開業医など、いずれも20台後半~30代前半)が「ショコラ」(高級なチョコレート、フランスのパティシエなどが作る)にはまっているという。ショコラバーなる空間で一粒数百円するショコラとワインなんぞを飲んでみたり、雑誌編集長やショコラ職人による講演(セミナー)にいってみたり。セミナーでは、実際に男たちがショコラを食べてみたりするという。うぷぷ。
 そういうのを見ていて、あー、ALT-FETISH.comもそういう、実習をやりたいなーとつくづく思う。それってすごい面白くない?
 ラバープレイをオトナ(それも、金がありそうな若手の、やり手の高額所得者層)の人たちに向けてレクチャーする。ラバーを着てアナルを刺激する方法とかを、実際にやってみたりして。全員スーツ姿の、仕事帰りの参加者を前に、市川哲也がまずラバーを着て実演。それで、実習とか言って、ハイ、隣の人とペアになって、みたいな。ペアになってもらって、ラバースーツを着せ合って、アナルに指を入れてみましょうって。すごい世界だよそれ。あくまでまじめな講習という。
───完全にフィクションの世界だな。実際にはできないから、また写真を撮ってます。ラバーの光沢や、質感がかっこよく写るようにがんばりたいと思います。それにしてもどうしてラバーを着ると肛門がむずむずしてくるんだろう。もちろん何かを入れて欲しいいっていうことで、肛門の欲望が、ラバーによって点火する。これはふしぎ。みなさんとこの不思議を共有しているのが幸せです。
市川哲也
変態のための無料恋愛相談・変態のためのフィナンシャルライフプランニング受け付けます
ALT-FETISH.com
info@alt-fetish.com

ラバー傷んでませんか?

 傷んだラバーの補修にピッタリの商品をご用意しました。
価格も安い! ご主人様のコスチュームの傷みが気になるすべての奥さまに朗報。これは助かりますね。
ラバー補修キット 1050円(送料別)
 塗って乾かして叩くだけ。ラバーの接着アラ簡単。2月なのにほっこりあったか。ALT-FETISH.comからのお知らせでした。
市川哲也
ALT-FETISH.com
info@alt-fetish.com

何となくホットなサイト

いやー今年もNTVでナウシカの放映が終わった(毎年やってるのか?!)。あまりに素晴らしくて、当時中学生だった私は録音テープに最後だけ録音して何度も聴いたものだ。あれから四十ね……違う、20年、いまもってなお最後の、ナウシカがオームの暴走を止めて生き返ってエンディングの数分だけ見ている、進歩のない私。昨年はジブリ美術館に行って、宮崎監督の絵コンテもみてきたがそれはそれで別の意味で感動した。たったひとりの天才とその他大勢の凡庸な努力によって成し遂げられた作品。
 さて本題。別にこれという理由はないのだけれども、自分的には熱いサイトというのがある。長期にわたってそのサイトを眺めることはないのだけれども、何日間か、長いときな数週間にわたって、たびたびチェックする。そのうちのひとつがこのサイト。橋本大也さんの情報考学。
 ネットやってる私ら25~34歳くらいまでの非オタクの若い男というのは読んでる本がだいたい似てくるね。この人が挙げている本、結構持っていたりして。あと三色ボールペンは今日はじめて知って、すぐ近くの文房具屋へは知って買ってきた。最近、昔LECで買った「2004年行政書士合格口座」というのをまた聴いて勉強をはじめたからそれに役立てようと。
 さて、私たちALT-FETISH.comのクライアントがラバーを着るのは、何かほかのもの、生まれ持って現在生きているこの自分の性を別のものに変えることにより、つかの間の解放を得るためにほかならない。ラバーは身体を覆うだけだが、最近インターネットの普及で一気に身近になった「フィーメールマスク」が、変身をさらに劇的なものに変えようとしている。
 70ドルでフィーメールマスクを売っているMYGOGOSHOPというのがある。
 顧客からの要望があってこのサイトへ注文してみたが1週間経ってもなんのリアクションもない。結構作り的に信憑性が高かったので注文したのだががっかりだ。ところでこのサイトが閲覧者に訴えるメッセージを日本語に訳してみた。
「あなたは超セクシーで、パワフルで、自信に満ち、美しく、グラマーで肉感的で、エロティックで、女性らしく、理想的な女性がどんなかを感じてみたいから私たちのサイトにやってきたことでしょう。たくさんの普通のカップルがロマンティックに過ごしたいし、いろんな方法で二人の関係をより濃くしてみたいと願ってここにやってきて、そのとおりうまくやっています。もちろん、このサイトに来る人たちの多くは次ような人たちでもあります。すなわち、性転換者、トランスジェンダー、服装倒錯者、モデル、俳優、コールガール、成人向け映画の俳優、シーメールたちです。彼ら(彼女ら)は、もっと魅力的なルックスを手に入れたいと望んで、やってきます。あなたがどんな趣味志向の持ち主であれ、私たちはあなたを歓迎します。あなたが望む特別な外観を私たちはすべて知っているし、それを獲得するお手伝いをすることができます。スタイリッシュにメークアップされたリアルなフィーメールマスクのラインナップが私たちが最初に提案したい商品です。私たちのラテックスフィーメールマスクは柔らかく、耐久性のあるラテックスでできています。」
 化けるのにフィーメールマスクは手っ取り早いのかもしれないが、もっと手っ取り早いのはなんといってもメークだ。メークとラバーというストレートなフェティッシュサイトがこちら。写真がタダで見られる。化けの皮が剥がれたらどんなかと思うとちょっと怖い気がする。
※キャットスーツオークション出品中
市川哲也
ALT-FETISH.com
info@alt-fetish.com