ペニスにシース、アナルにネクサスグライド!

 さて、きょうは世にも珍しいフェティッシュアイテム、ツールのご案内です。ALT-FETISH.comはこの円安時代にあって、ユーロ圏からものを仕入れて在庫しています。在庫が増えることは、非常にリスクをともないます。小売業の効率は在庫が少なければ少ないほどよいのです。しかし、私たちは、ビジネスというフォーマットを事業継続性の観点から使っているだけで、実態は完全にフェティシストです。在庫が増えようがどうしようが知ったこっちゃない、そうじゃなく、商品にフェティッシュな力があるのかどうなのか。それがまず重要です。フェティシストとして、今回もまた、たまらないその魅力に負け、常備在庫品を増やしてしまいました。今回増やしたのは前立腺マッサージ具の「ネクサスグライド」と、「シース」「チューブ付きシース」「タルカムパウダー」です。
 前立腺(Gスポット)ファンの方はもうすでにご体験済みのことかと存じますし、世には廉価に類似品が出回っておりますから、あえてALT-FETISH.comが販売することもないのです。しかしラバーフェティシズムにまつわるあらゆる商品を販売したい私どもとしては、中も、外も、ということなのです。外はもちろん、ラバーコスチュームです。そして中。それがこのネクサスグライドです。中、つまり肛門内にこのフェティッシュツールを挿入されている情況、この情況自体が猛烈にフェティッシュです。
 さらに興奮することに、シースsheath、これはペニスにかぶせる薄さ0.4ミリの厚手の立体成形コンドームと思っていただいて間違いありませんが、これがすごい。付けたときの見た目、「ああこういうフェティシズムがあったんだ」となにかの起源を見つけたかのような驚きです。私たちのブーツ好きを、一部の学者はブーツの形態に私たちがペニスを見るからだと分析するのですが、このシースを自分自身に装着すると合点がいきます。ただのわたしのフニャチンも、これを付ければ電通もかなわない究極の性の訴求力を手に入れることが出来ました。
 チューブ付きと、チューブなしのふたつがあるのが悩みの種です。とりあえず両方とも販売しますが、注文がどちらかに偏ることがあれば、片方はやめようと思います。私自身、好きなのはチューブなしです。ひとりでするにしても、相手とするにしても扱いやすいです。チューブ付きのは、自分でさらにチューブを継ぎ足して相手に飲ませるとか、どちらかといえばより上級な方向けといった位置づけになるでしょう。
 ネクサスグライドにしても、このシースにしても、日常生活上、必要かといえば決してそうではありません。しかし、ものとしてある以上は発明されたわけです。必要は発明の母、といいます。これらのアイテムにも、私たちだけが知る必要な場合というのがあるはずです。それは、お客様、豊かな文化的・知的背景を備えている素晴らしいお客様ご自身でお考え下さい。
市川哲也
ALT-FETISH.com
http://www.alt-fetish.com/
info@alt-fetish.com
当コンテンツの一部または全部を引用または転載するときは「(C)ALT-FETISH.com」と最後に付記していただければ幸いです。また、今後の友好のためにもご一報いただければとてもうれしいです。

エイズ時代に強く勧めたい最強コンドーム

 エイズに限らず、若者の性の低年齢化により、性病に罹患している人が増えています。性病の予防は適切な知識とコンドームです。ALT-FETISH.comは多くの同性愛ユーザーを抱えているものと私は推測しています。同性愛者間のほうが異性愛者よりもエイズ罹患率は高いのです。企業としてのALT-FETISH.comが帯びる社会的使命として、私は強く、コンドームの使用を訴えたいと考えています。
 近年、BLACKSTYLEの「Sheath」(訳すとコンドーム)の注文が増えています。
http://www.blackstyle.de/lshop,showrub,1163866162-8485,e,1163866173-8493,kondome_und_gleitgels.hodenpraeser,,,,.htm
(URL途中の改行を削除してからブラウザに貼り付けてください)
 このURLではBLACKSTYLEが販売するSheathがご覧になれます。コンドームというと日本では薄さを競い、つけている感じがしないことをめざすようですが、Sheathは必ずしもそうではありません。それなりの厚みのあるラバーでしっかりと睾丸と陰茎を覆います。これだけ覆ってしまえば、肛門だろうと感染した膣であろうと恐れることはありません。ただし、「生」でするときのような気持ちのよい陰茎表皮からの刺激は一切期待できません。実際、次のURLに示されるSheath付きブリーフ(2006年11月現在7560円税込、ご希望の方はメールにてお問い合わせ下さい)を着用して妻としてみましたが、妻こそよかったようですが、入れた当初、私はチンポに麻酔を打ったのかと思うほどなにも感じませんでした。
http://www.blackstyle.de/cgi-bin/shop/lshop.cgi
 ただ、Sheathの内側に大量のローションをつけていましたから、しばらく腰を前後に動かしているうちにSheath内で陰茎が動くとラバーとローションがまるで膣のような刺激を構成して、結局気持ちよくなっていくことが出来ました。Sheath内にたくさんローションを入れておかないと、そもそもチンポを装着すること自体できません。
 ただ、ローションをつけると、これはみなさんに強調したいのですが、本当に気持ちよいのです。これは未体験のよさですよ。ビジュアル面ではもちろん、見ただけで興奮するブラックラバーの妖しい光がおしゃれです。ただラバピカは塗ってはいけません。ローションを塗ってください。なにしろラバピカは粘膜への使用は厳禁ですから。
 ラバーはペニスの形を立体成形しています。表側はツルツルですが、裏側はややザラざらしたマットな仕上がりです。このざらざらした感じにローションが相まって、あたかも膣のようなじつに気持ちよい空間になるのです。もちろん正確に膣と同じということは申しませんが、種々売られているオナニー用の疑似ヴァギナにも匹敵するよさといえましょう。
 性感染予防や、オナニーマシン的気持ちよさというメリットがあるこのSheathですが、睾丸の納め方にはちょっとしたコツが必要です。ペニスと睾丸を入れる口が比較的狭いので、勃起した状態のペニスを入れたあとに睾丸をSheathへねじ込むのに苦労します。方法としては、睾丸とSheath両方に大量のローションをつけ、Sheathの口をペニスと睾丸周囲に密着させて空いた手でムニュームニューと玉そのものをうまく指でコントロールしながらSheathへ追い込みます。または、勃起前に先に睾丸だけをSheathに入れて、入れ口の上の方のあいたところへフニャチンをねじ込みます。このへんはみなさん、表現の自由、そして人格権といったものが憲法で保障されていますから、どうぞご随意に工夫してみてください。ただし、入らないことをもって製品の瑕疵とみなされないよう、ご理解とご協力をお願いします。
 こうしたSheathは先進各国でも性感染症リスクが増大の一途をたどっているこんにち、ALT-FETISH.comのようなサイトで取り扱われることに一定の意義があるものと思われますがみなさんいかがでしょうか? 全身キャットスーツでかためて、肝心の性器部はこのシース付きブリーフをはきませば、まさに最強のセックスマシーンというわけです。
 薄いコンドームすらつけない、「生」愛好家の読者に最後に一言申し上げたいことがあります。エイズウイルスの大きさは、1ミリの1万分の1です。エイズウイルスひとつをサッカーボールにたとえると、人間の身体は地球に匹敵します。サッカーボール一個が、地球を倒すわけです。そう考えると、このエイズウイルスから身を守るのに、「生」は言うに及ばず、薄っぺらなコンドームですら、不安を覚えることはありませんか? 覚えますよね。肛門性交や不特定多数者間の性交をするなら、全身を厚さ0.6ミリ(シース付きブリーフは0.4ミリ、BLACKSTYLE公称)のゴムで完ぺきに覆ってください。見る人が見れば腰を抜かすほどの異形、ビザールな、変態な格好です。しかしそういう極端な格好をしなければもはや、セーフセックスは成り立ちません───人類を危機に陥れるウイルスの脅威は、そこまできてしまっているということです。
市川哲也
ALT-FETISH.com
http://www.alt-fetish.com/
info@alt-fetish.com
当コンテンツの一部または全部を引用または転載するときは「(C)ALT-FETISH.com」と最後に付記していただければ幸いです。また、今後の友好のためにもご一報いただければとてもうれしいです。

ラバーデトックスオナニーで身も心もスッキリする

 今年のブーツの流行、若い子たちの足元は今ひとつなところだと思いませんか? 乗馬風とか、割とストレートなフォルムのものとかが流行っているようで、なんだかブカブカしていて、びっちりしていないのです。非常に残念な、今年のブーツの流行です。ただ、いわゆる定番ということで、びっちびちのレザーのロングブーツをきめている人もなかにはいるのです。しかしそうした人たちは年齢層がやや高めな、そんな今日この頃。久々にブログ「フェティッシュジャーナル」ならびにメルマガ「フェティッシュヴォイス」を書いている市川哲也です。今週末の行政書士の試験準備のため、ちょっと滞っていましてたいへん申し訳なく反省しています。行政書士、今年も多分ダメでしょうが、まあこれは趣味みたいなもので、メインはあくまでALT-FETISH.comであり、ライフスタイルとしてのラバーフェティシズムの伝導です。今日も日頃から溜まっているものをこの媒体にてスッキリと放出させていただきたいと思います。お付き合い下さい。
 ラバーキャットスーツに寸分なく身体を包んでするオナニー。果てたあと、しばらく立てないほどですが、ほどなくして頭がスッキリしていることが分かります。身も心もリラックスできるのは、なぜなんでしょうか?
 じつは、近年、ラバーキャットスーツオナニーの効果が科学的に明らかになってきています。まず、ラバーという通気性ゼロの素材で肌を密閉して運動することによる発汗作用。大量の汗とともに身体の老廃物が排出され、新陳代謝が促されます。スポーツをしたあとのような爽快なすっきり感をもたらすのは、まずもってこの発汗作用が重要です。
 そして、オナニーは当然勃起をともないますが、勃起するには副交感神経が活発になる必要があります。副交感神経が活発になるということは、リラックス状態にあるということです。全身をラバースーツに包めば、ピカピカ黒光りするボディラインを見て、視覚的にまず興奮します。同時に、ピチピチと肌を締め付けるラバーの感触やラバーの淫靡な匂いに激しく興奮します。自分だけのビザールな世界にすっかりリラックスして我を忘れ、日頃の日常の緊張からすっかり解き放たれることができるのです。一度オナニーをすれば、一晩寝たくらいのリラックス効果が得られるのではないでしょうか?
 そして、極めつけは肛門から前立腺を刺激する「ネクサスグライド」です。ネクサスグライドは、BLACKSTYLEが売り出したいわゆるエネマグラのオリジナル版です。まもなくALT-FETISH.comでも販売をはじめようかと準備中の商品です。機能は前立腺を刺激するための器具という点でエネマグラと変わりません。前立腺という臓器自体はまだよく分かっていない部分も多いらしいのですが、前立腺マッサージ器具でゆっくりとマッサージすると、激しいオルガスムが訪れます(個人差があり、不快感だけで終わることもあります)。前立腺刺激はもともと病気治療のためでした。衛生にさえ注意すれば、身体に悪いということはありません。ドライオルガスムという、女性の絶頂に似た快感は、病気治療のために行った前立腺マッサージの副産物なのです。
 私も先日試しました。キャットスーツを着て、股間以外はラバーで全部覆います。肛門にネクサスグライドが入っている様子を鏡で見るだけでも興奮しますが、肛門に力を入れると足が不随意にガクガク震えるほどの、なんというか、刺激が訪れます。それが快感かどうかは微妙なところですが、その後、射精のときはヤバかったです。通常の十倍の快感が津波のように押し寄せ、陳腐な表現ですが終わったあとは足に力が入らず立ち上がることもままならなくなりました。
 というわけで、デトックス、オナニー、前立腺刺激───。これらを贅沢にも一度に味わえるのは、我らがラバーフェティシストの特権といえます。これに、ヨーガなどを組み合わせればさらに快感は増すかもしれません。私たちラバーフェティシストは、究極の快感享受の有資格者といっても過言ではないでしょう。
 しばらく更新しなかったので、ひいきのお客様からご心配をいただきました。ありがとうございます。最近は猫も杓子もブログ、メルマガと、私自身この媒体にかなり幻滅しているんです。ネタ不足も相まってすっかりご無沙汰でした。しかし、それでもラバーフェチとしては語りたいこと、語り続けなければならないことたくさんあるんです。chikaさんみたいに、読むと必ずラバーを着たくなるような媒体、あってもいいですよね。これからは、Youtubeみたいなのにも投稿したいです。結構見つかりますよ、latex、catsuitとか入れると。MARQUIS、ヘヴィーラバーマガジン、号数を重ねるごとに売れ行きが落ちています。当たり前ですよね。これだけタダで楽しめる媒体が出てきている以上。紙に刷るなんてのは前近代的とさえいえる、すごい世の中ですよ。
 さて、なんとなくですます調にしようと思いましたので、当面ですます調でいくつもりです。今後ともALT-FETISH.com、フェティッシュヴォイス、フェティッシュジャーナル、市川哲也がんばりますので、ご愛顧のほどお願い申し上げます。
★お知らせ
超薄型ラテックスグローブを発売中。
http://www.alt-fetish.com/costume/1487/1487.htm
サイズは、女性用のS、男性用のM、手の大きな人用のLを揃えています。BLACKSTYLEの新商品で、ALT-FETISH.comとしても今後常備アイテムにしていきますから、ぜひお試しください。15ペアも入ったお得な逸品です。ラバピカやパウダーなしで、スルッと装着できてとても便利です。
市川哲也
ALT-FETISH.com
http://www.alt-fetish.com/
info@alt-fetish.com
当コンテンツの一部または全部を引用または転載するときは「(C)ALT-FETISH.com」と最後に付記していただければ幸いです。また、今後の友好のためにもご一報いただければとてもうれしいです。