マーキススタイル、ヘヴィーラバーマガジン、デマスクカタログ発売

 (新雑誌発売の詳細は本文一番最後に掲載しています) ラバーフェティシズムという限られた趣味志向、ジャンル、カルチャー、性欲求のひとつのカテゴリー、それをなんと呼ぶにしても、その世界のなかでもっとも成功した賢人のひとりを挙げるとすれば、それはドイツのピーター・W・ツェルニヒをおいて他にいないでしょう。そう、ALT-FETISH.comが日本の販売代理店を務めている、あの出版社MARQUISの社主であり、写真家であり、編集者であり、デザイナーであり、映像作家であり、作家です(全部自称で、しかもラバーフェチ関連だけですが)。私市川哲也は、彼の作品の想像力にはいささか疑問符をもっていますが、少なくともその卓越したビジネスセンスと実行力は本物だと思っています。MARQUIS No.39の巻頭言で明らかにされていますが、今年(2006年)、彼は自分の名前を冠したサイトを立ち上げました。http://www.peterwczernich.com/です。
 このサイトの目的は私が拝察するに、彼が所有するスタジオ、モデルネットワーク、ヘアメークや膨大なラバーコスチュームコレクションといった資産の稼働率を上げ、収益を高めるためにほかなりません。しかも彼の「趣味」である写真撮影も実益になるのです。
「自分のエロティックな妄想で生計を立てながら、私はこの20年というもの、フェティッシュシーンで活躍してきました。ドイツ版SKIN TWO、、MARQUIS、HEAVYRUBBERといった雑誌の編集者として。ホワイト・ルーム、ラバーディシプリン、フェティッシュアカデミーといったビデオ監督として。MARQUISファッションのファッションデザイナーとして。marquis.de、heavyrubber.comといったウェブサイト管理人として。フェティッシュ小説の作家として。ボールビザール、アートビザール、MARQUISナイトといったイベントのオーガナイザーとして。そして、まずもって究極的には、写真家として。
 そうはいっても私は最初から写真家としての教育を受けてきたわけではありません。フェティッシュモデルとして十分通用するパートナーがいれば、いつでもフェティッシュフォトを撮影する機会に恵まれ、写真の腕も上達します。しかし私(妻がフェティッシュモデルのビアンカだというのはさておき)は広告業界のディレクターというキャリアスタートでしたから、写真を勉強する機会はありませんでした。
 私は当初自分の頭の中にあるイメージを、カメラマンに託しました。しかし必ずしもうまくいきませんでした。十年にわたり、私は300人のモデルを使って30万回シャッターを押しました。そしてついにカメラマンとしての、フェティッシュフォトグラファーとしてのノウハウを自分なりに習得するに至ったのです。私の作品を詳しく見たいのなら、MARQUISやヘビーラバーのサイトをチェックしてみてください」
 なるほど、ものすごい数のオン・ザ・ジョブ・トレーニングで写真術を習得したと強調しています。彼の写真の数々は、雑誌MARQUISや、HEAVY RUBBER MAGAZINEでたくさん観ることができます。しかしながら、私に言わせると、ピーターの写真には今ひとつ「エロさ」が伝わってこないと思っていますが、これは仏に唾棄するような発言でしたね(笑)。
 実際彼はどのようにしてこの地位を築いたのでしょうか? バイオグラフィーをpeterwczernich.comから見てみましょう。
20.09.1953: Born in Northern Germany
北ドイツに生まれる
1975-79: – Study of Visual Communication in Wuppertal
ビジュアルコミュニケーションを学ぶ
1982-84: – Art designer in advertising agency in New York
ニューヨークの広告代理店でアートデザイナーとして働く
1985: Starts own agency for industrial design
工業デザインの代理店を設立
1986 in London: First contacts with the new fetish scene (Ectomorph, Skin Two)
ロンドンでエクトモルフやスキンツーといった新しいフェティッシュシーンとはじめて出会う
1987-89: Publishes 7 issues of the “German Skin Two”. The magazine was so successful, that the agency was given up
ドイツ版スキン・ツーを出版。雑誌の成功を機に代理店をたたむ。
1989-94: Under the new name , the magazine now comes out in two languages (German and English). 23 issues were produced, the print run going up to 50,000 copies
ドイツ版スキン・ツーはとして、リニューアル。ドイツ版、英語版を刊行。23号まで出版。部数は5万部に及ぶ。
1989 and 1990: The two BALL BIZARRE parties were the biggest fetish events at the time. In Germany, there was no organised fetish scene then, and even in London, parties were still relatively small. The BALL BIZARRE opened the flood gates…
ふたつのボールビザール(フェティッシュパーティ)がこのころ全盛となる。ドイツではそれまでこうしたイベントはなかった。ロンドンでも依然として小規模イベントにとどまっていた。しかしこのイベント以後、シーンが大きく変わる
1994: MARQUIS was born, after the old company and magazine had been lost. It is the most successful fetish magazine today, and the only one published in three languages (German, English, Russian)
それまでの雑誌と会社をたたんで雑誌MARQUISを刊行。今日、もっとも成功している世界的フェティッシュマガジンになる。3カ国語で刊行されているフェティッシュ雑誌というのは世界でMARQUISのみ。
1997: Publication of two new magazines. TERMINATRIX is a bizarre comic and art magazine, while HEAVYRUBBER was created for advanced and dedicated rubberists. The latter has become almost as successful as MARQUIS, while the other has remained a labour of love
一歩進んだラバリストのためにHEAVYRUBBERを刊行。同年刊行したフェティッシュコミック誌は一号で終了したのに対し、HEAVYRUBBERはMARQUISと同じくらい成功した。
1996: First photo book BIZARRE BEAUTY (ISBN 3-934237-05-3)
最初の写真集ビザールビューティーを出版。
2000: The ART BIZARRE is the biggest celebration of fetish glamour ever. More than 3,000 visitors come to see bizarre fashion shows and exhibits of fetish art
2004: First comprehensive solo exhibition at the Hamburg Erotic Art Museum
2004: Publication of second photo book MEGADOLLS (Edition Reuss)
2006: In Fall: New book “101 FETISHES” (Hylas Publishing, New York)
個展開催、写真集の出版など
 アイディアは移動距離に比例するとは、マルチクリエーターの高城剛さんの言葉ですが、それを地でいくような彼の人生です。最近はドイツに建てた自分のフェティッシュ御殿におこもりのようですが、でも寒い時期はアメリカのロスとかによく行きます。
 ピーターの写真サイトが想定する顧客は次の3者となります。ピーターのもっている服や最新のエロティックスタジオを借りて、ピーターに写真を撮ってもらいたい素人。SM女王様やモデルのプロモーション撮影、そしてマスメディアの広告部門です。マスメディアの広告部門には、フェティッシュなイメージを使った商品のプロモーションなどを提案します。さすが、広告出身、抜け目ないですね。
 私はこのサイトのビジネスセンスに舌を巻きましたが、表向き、彼はあくまで「写真家」です。彼はこのサイトで、カメラマンとしてのアイデンティティを確立しようとしています。その意図は何でしょうか。ビジネスマンであると同時に結局写真好きなのでしょう。しかも自分の頭の中にある膨大なエロイメージを、何とかかたちにしたい、そういう欲求でうずうずしているのです。もっている設備や衣装とうまく整合性がとれてビジネスにもなるフェティッシュ専門写真スタジオこそ彼の究極の夢なのでしょう。年取ってきて(今年54歳)、写真撮るのがいちばんラクだから残ったというのもあるかもしれませんが……。
 彼の写真では「抜けない」という指摘はカスタマーから多々聞きます。でもそれは彼の経歴をみればあたりまえです。美術系スクール→広告宣伝会社→自分の会社設立とあることからも明らかですが、エロが彼の主舞台ではありません。グエンメディアみたいに小器用に徹することは出来ませんし、そうする意義も彼のなかには見いだせません。彼のフェティシズムはあくまでもアートです。娘もいますし……。もちろん、生活と膨大な設備投資を維持するために、やむを得ずアダルトな映像作品を作るには作るのですが、やはり徹し切れていなくて、どこか上品で「作品」ぽさがあり、抜ききれません。
 さて、このような抜ける、抜けないの言説は、アーティストとして、フェティシズム、とりわけラバーフェティシズムの地位を、世界のカルチャーシーンのなかで向上させようとがんばっているピーターの名誉を著しく汚すもので、そろそろ慎んだほうがいいですね。
 彼のその、ミッションを踏まえることなく、MARQUIS作品に触れたとしても、その解釈は限定的なものにとどまるでしょう。ピーターという天才的フェティシストが精魂込めて作り出す珠玉の作品から私たちは、ラバーフェティシズムにとりつかれた男の崇高な理想をまず読み取る必要があるのです。
 そう考えると、MARQUIS作品(ピーターが撮影した写真に限らず)というのはズリネタ消耗品では決してありません。鑑賞に値する作品であり、すべてのラバーフェティシストが享有すべき、まさに世界遺産ともいうべき価値あるものなのです。
 最近新聞で、医者と哲学者が死に際について対談していましたが、死に際、あきらめがつく人とつかない人がいるそうです。人が敷いたレールの上を走ってきただけの人はあきらめはつきません。でも、趣味があって、たとえば山登りが好きでよく山登りをしてきた人は、たくさん山にも登れたし、まあいいかと死に向かえるということです。
 そういう点では、ピーターは絶対大往生でしょう。あれだけ好き放題ですから。もちろん、一生懸命、お金を払ってフェティッシュなものを買い集め、観て、着て、楽しんでいるみなさんだって同じです。大往生は約束されたも同然です。しあわせですね。
 さて、本日よりお待たせしました、みなさんお待ちかねの話題の新雑誌、マーキススタイル発売開始しました。この雑誌はもちろん「抜く」ことを目的としている方には一切役に立ちません。ですから、純粋にこのヨーロッパ発のキンキーなファッションに関心のある方にお薦めします。ほとんどのブランドのURLが掲載されていますから、英語ご堪能ならば直接お買い求めいただくことも可能です。また、オジリナリティあふれる独自のSMプレイでアイデンティティを確立したいとお考えの女性、パーティーで誰よりも目立ちたいとお考えの女性、男性に強くお勧めします。
 また、今日からデマスクの総合カタログも発売をはじめました。このカタログはすごい、一見写真集のようですが、すべての写真に型番と品名が書いてあります(すべての商品が掲載されているわけではありません)。PDFでプライスリストと全アイテムリストをサイトに挙げてありますから、カタログを見るときは必ずご参照ください。デマスク商品はある程度英語が分かる方、半年の納期を待てる忍耐力ある方、複雑で意味不明な英単語で構成される膨大な量のオプションから自分好みのものを選び取れる頭脳をお持ちの方にのみオススメします。
 
【本日から発売】デマスクビザールラバーコレクションカタログヘヴィー・ラバー・マガジン No.20マーキス No39marquisstyle No. 01
市川哲也
ALT-FETISH.com
http://www.alt-fetish.com/
info@alt-fetish.com
当コンテンツの一部または全部を引用または転載するときは「(C)ALT-FETISH.com」と最後に付記していただければ幸いです。また、今後の友好のためにもご一報いただければとてもうれしいです。

決して埋まらない溝───ラバー人と非ラバー人

 NHK総合では、「一期一会」という番組を最近放映しています。ヤンキーと司法試験をめざす大学生、ヤンママと独身大学院生など、境遇が違う同性・同世代のふたりを会わせて三日間にわたってやりとりを記録する異色ドキュメンタリー番組です。
 私はこの番組にはなんの意味もない、少なくとも出演者にとっては、そう思います。もちろん視聴者は面白いと思ってみるから番組としては意義がありますが……。「ヤンキー」「一流大学生」こうしたレッテルで十把一絡げに話すことに対する鋭いツッコミがあるのは承知しています。人は昨日突然ヤンキーだの、一流大学生だのになったのではなく、それまでの十数年あるいは二十年以上の長い人生の経緯があってはじめて、そうなったのです。ただいえるのは、対立しがちなふたつのカテゴリーに属する人のあいだの長い時間をかけて深く掘られた溝は決して埋まることがありません。
 きょうの放送では、小学校時代に2年間、学級崩壊のなかいじめられた経験を持つ一橋大学の大学生が、たまたまそこにいた元小学校教諭に非行少年の動機を訊いたところ「荒れていた教室にあなたも2年間居て、その人たちの気持ちが分からなかったのなら、今だって分かるはずがない」と一喝され、挙げ句の果てに帰れとまでいわれます。この元小学校教諭(オッサン)は、彼女がいじめられた過去を持つことを一切知らなかったのでこう言うのもやむを得ません。それにいかにもエリート面したこの一流大学生に虫が好かなかったのでしょう。まあこういうことは珍しいことではありません。
 ただ、面白いのは、みずから番組に応募したこの学生が、この一件をもってロケを中止し、帰りたいと泣き出したことです。理由は「先生(元教諭のこと)がいやだから」。
 それに対し、「元ヤンキー」は「みんなが関わっている番組だし、自分で応募したんだから、帰るなんて許されないはず。(番組に関わっている)人の気持ちを考えて」と説諭します。これに学生が応えてロケは続行され無事放映されました。
 この番組を見ていて、私はコミュニケーションについて思いを深めます。コミュニケーションとはなにか。人はなぜコミュニケーションをするのか。そして、ある人が、なぜ、その人とコミュニケーションすることを好むのか(あるいは好まないのか)。
 ラバーフェティシストはどうなんでしょうか? 私はラバーフェティシストのみなさんとコミュニケーションしたいとすごく思います。渇望して居るんです。本当です。それも、クラブイベントとかでじゃなく、昼間、酒とか飲まずに、たとえばスターバックスとかファミレスで話したいと思っています。しかも私服で(会社勤めの人はスーツでもいいでしょう)。なぜそう思うかというと、まともに生きられる人生はだれでもじつはたいへんにわずかです(地球50億年の歴史にくらべて)。今30歳の人ならこの手の話題で盛り上がれるのはせいぜいあと20~30年間。時間的な限界もさることながら、出会える可能性の少なさもまた焦燥感を煽ります。そもそもすべてのラバーフェティシストが、同好の士とコミュニケーションをとりたいなんて思っているはずもないんです。私みたいにね。私は、こんなALT-FETISH.comみたいなサイトに登場こそしていますが、男性ラバーフェティシストと実際に会ったことはここ8年くらいありません(女性はなんこさんに会いましたが……)。ロビンソンクルーソーのようなものです。ラバーフェティシスト絶対数が少ないうえに、会いたいとなるともっと対象者が減ってしまいます。
 そう考えるととても寂しいですね。
 私の弟は、ストレス発散のために夜遊びをしたり、酒を飲んだりタバコを吸ったりします。まったく普通人のストレス解消法です。その弟に、「酒もタバコも身体に悪い。ラバーを着てオナニーしてごらん、スッキリするよ」って言ってみたのですが、「そもそもラバー着てオナニーという発想にならないし、百歩譲ってそうなったとしても時間と手間を考えるとやろうという気も起こらない。ごめん」とぴしゃり。最後の「ごめん」が互いの溝の深さを決定的にしました。
 冒頭で紹介した番組一期一会ではヤンキーと難関国立大生が対面して話しますが、互いの境遇の違いに「ヘエー」と浅く感心して終わるだけというのがパターンです。非ラバー人の弟とのオナニー談義も同じ感じでした。
 末筆ではございますが私もみなさんのご賢察どおり、ヤンキーに、中三のときに、ボコボコにされた過去を持っている人間です。その経験が今の私つまり恐るべきビザールゴム人間に至らしめる、強い変身願望(欲求)を醸成したことは想像に難くありません。外見の分離にとどまっててよかった、これが内面の分裂を来せば、完全に病気となっていたに違いありません。
お知らせ 今は商品が少なくご迷惑をおかけしています。年末年始も休むつもりはありません。年内から年始にかけ、大量にあれこれ入荷する予定ですのでお楽しみに。
市川哲也
ALT-FETISH.com
http://www.alt-fetish.com/
info@alt-fetish.com
当コンテンツの一部または全部を引用または転載するときは「(C)ALT-FETISH.com」と最後に付記していただければ幸いです。また、今後の友好のためにもご一報いただければとてもうれしいです。

シース品切れのお詫び

 ユーロがかつてなく高い今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか? 
 さて、私はローション、いわゆる日本のローションに不満を覚えていました。なぜなら乾くからです。たとえば最近売り出したネクサスグライドをアナルにはめ込むとき。しばらくすると肛門内でピリッピリッとした痛みが走ることがあります。きっとこれは、ローションが部分的に乾いて、肛門内の粘膜へのアタリをきつくしているのではないか、と推測するのです。
 そんなときに、BLACKSTYLEで、ウルトラグライドを発見しました。さっそく試しに仕入れてみました。見た感じは昔小学校時代に使っていたヤマト糊のように、白いゼリー状の、ぷるぷるしたものなのですが、触るとよく皮膚になじんで、すべりがよくなります。この商品に記載されている特徴を列記してみましょう。
・very effective たいへん効果的
・colourless, odourless, free of oil, fat and perfume 無色、無臭で、油成分、油脂分、香りなし
・soft and not drying out ソフトで、乾かない
・in combination with water or fluids more slippery 水や液体と混ぜればさらにすべりがよくなる
・does not drip, does not smear, does not paste ポタポタ垂れない、汚さない、糊みたいにくっつかない
・kind to skin and mucous membrane, dematologically tested 肌、細胞膜、粘膜に優しく、何とか的に検証済み(dematologicallyは意味不明)
・removable with water 水で洗い流せる
・rubber- and condom compatible ラバーにもコンドームにも相性がいい
・for use with any erotic toy どんな大人のおもちゃにも好適
・pH-neutral and water-soluble 中性かつ、水溶性
・no medical product 非医薬品
 薬事申請していないため、ALT-FETISH.comで販売することができませんが、私が個人的に買って試すのなら問題ありません。青汁飲み忘れて切れ痔になったきょう、痔の坐薬「ボラギノール」にこのウルトラグライドを塗りたくり、肛門に挿入してみることにしました。ボラギノールは、肛門に挿入するときにいつも痛かったのですが、このウルトラグライドを塗ればすべりがよくなってスルッと入るのではないか、と謀りました。別に謀る、悪事をたくらむとか、だますという意味の謀るを使わなくてもいいんですけれど、自室にこもって肛門に入れ込んだときに前立腺が押されてつい歓喜の声が出てしまいました。これについて善意の家族(父ちゃんがこんな変態チックなことをしているとはつゆ知らぬ妻子)が存在している以上、悪事と呼ばずして何を悪事と呼ぶのでしょうか?
 そんなわけで、結論から言うとまったく痛みを覚えることなく、麗しい快感とともにこの痔の坐薬を入れることに成功したのです。ウルトラグライドは素晴らしいと思いました。その後、風呂場で指に塗ってさらに試しました。指は驚くほどスムースに肛門に吸い込まれました。ウルトラグライドの無限の可能性を感じました。
 素晴らしい商品ですが、なにぶん皮膚に塗るものが目的の商品ですから、薬事申請して行政から販売許可を得ないといけません。しかしこのハードルはもはや高くないことは読者諸兄ならご存じです。と申しますのも、この11月に私は行政書士の試験に2度目の挑戦を果たし、足切りはクリアしたのです。合格こそできなかった(自己採点)のですが、1度目の受験(2004)にくらべれば大きな前進です。来年はおそらく受かりそうな気配です。オナニーを断ち、夢精に苦しみながらも過ごした秋の受験の追い込みシーズン。また来年も同じように頑張れれば(その保証はどこにもありませんが)、この試験に受かり、さっそく自分で薬事申請をしてみたいと考えている次第です(自分で薬事申請するのに行政書士資格はいらない)。
 さて、きょうはお詫びということで、みなさんからたくさんの注文を受けているにもかかわらず品切れでお届けできなくなっているシースについてです。ALT-FETISH.comは毎度そうです。なにか新しい商品を出すと最初は品薄になります。しかしその後は切れないようになります。なにしろユーロ。高すぎです。
 お待ちいただいているあいだに、大先輩からお寄せいただいている素晴らしいサイトを2箇所ご紹介させていただきましょう。
 http://www.maisondes.ch/Pages/Auswahl.html
 http://www.devilangels.net/index.php?section=gallery&id=28
 ギャラリーを見るのは無料です。海外のミストレス、あるいはSMクラブのサイトなようです。
 先週末に、TOKYO PERVE開催されました。取引先様のところで、前回パーティーのスナップ写真を拝見する機会に恵まれましたが、参加者たちの素晴らしさに息をのみました。本当にファッショナブルになっています。もはや変態、ビザールというよりも、最先端のファッションの先導者、そういっても過言ではありません。ビザールの最先端で活躍する(?)彼女たちが素晴らしくなったことにわたしは、この日本でもMARQUIS STYLEが産声を上げたかの国ドイツと同様、ハイファッションとしてのラバーコスチュームの黎明を見た思いです。
★お知らせ
超薄型ラテックスグローブあらため、メディカルグローブを発売中。
単に名前を変えただけです。
http://www.alt-fetish.com/costume/1487/1487.htm
サイズは、女性用のS、男性用のM、手の大きな人用のLを揃えています。BLACKSTYLEの新商品で、ALT-FETISH.comとしても今後常備アイテムにしていきますから、ぜひお試しください。15ペアも入ったお得な逸品です。ラバピカやパウダーなしで、スルッと装着できてとても便利です。
市川哲也
ALT-FETISH.com
http://www.alt-fetish.com/
info@alt-fetish.com
当コンテンツの一部または全部を引用または転載するときは「(C)ALT-FETISH.com」と最後に付記していただければ幸いです。また、今後の友好のためにもご一報いただければとてもうれしいです。