トップページのイメージを変えました

 ALT-FETISH.comはこのほど、トップページ本文いちばん上の写真を更改しました。ここはいちばん目立つ部分で、これまではマップリンクする英文のゴシック体で各ストアの表示があったところです。ここを、最新の撮影技術を結集して制作したラバーキャットスーツ姿のモデル4名によるフォトコラージュとし、その下に各ストアへの入り口になるリンクを表示しています。
 モデルが身につけているラバースーツは、光を美しく反射していて、フェティシストのツボである光沢感があますことなく表現されています。そして関節部分にできるラバーの細かなシワも美しく波打っています。
 もっぱら私、市川哲也が撮影したものです。自画自賛になってしまうのですが、日本のラバーキャットスーツフォトにおいてこれほど効果的なビジュアルはほかに知りません。
 MARQUISに掲載される巨匠ピーターの写真でさえ私を満足させるものでは必ずしもありませんでした。私の頭の中にある、真に美しいラバーキャットスーツ、それをいかにして具現化するか。研究は数年に及びました。その過程は、ALT-FETISH.comの拙い、これまでのギャラリーフォトの数々に見ることができることでしょう。
 そして、昨年の秋についに究極の答えが出たのです。いってしまえば簡単なことです。巨大なバンク(ストロボの光を四角い平面に反射させるデフューザーの一種で、ヨドバシカメラのでかいところで入手可能)を使って撮ればよいのです。もっともどう使うか、これはせっかくの作品の神秘性が薄れてしまうので、開陳を控えたいと思います。
 とにかく、今回の新しいトップページの写真の数々にピンときたあなたは、間違いなくラバーフェティシストです。逆にいえば、何とも思わないのならば、残念ですがALT-FETISH.comはなんのお役にも立てないでしょう。今回新しくしたトップイメージは、いわば、踏み絵のような役割も果たしているのです。
 あなたは、ラバーフェティシストですか?
市川哲也
ALT-FETISH.com
http://www.alt-fetish.com/
info@alt-fetish.com
当コンテンツの一部または全部を引用または転載するときは「(C)ALT-FETISH.com」と最後に付記していただければ幸いです。また、今後の友好のためにもご一報いただければとてもうれしいです。

ALT-FETISH.com市川哲也×お客様対談

 このたび、一名のお客様がALT-FETISH.comのモニター調査(市川哲也との対談形式)に協力してくれました。
 今日は、ALT-FETISH.com事業の効率運営と顧客サービス向上に資するべく、モニターになってくれたお客様と市川哲也のやりとりをご報告いたします。モニターのお客様は男性で、年齢は二十代前半、都内の私立大学に通う大学生です。ラバー歴は小学校時代に水泳の先生(女性)が着ていたスイミングスーツが水に濡れているのを見てやらます。その後SM雑誌(96年くらいのビザールマガジンや乾はるかのマンガなど幅広い)などでラバーフェチカテゴリーに到達、最近はALT-FETISH.comオリジナルキャットスーツをもっぱら着てひとりでしていることが多い、そんな人です。好みのビザールイメージは私、市川哲也と同じで、完全ラバースーツずくめの美女ふたりのハードレズプレイです。
マークの凡例 ○……モニターの質問、意見 ■……弊社の見解
ALT-FETISH.comをはじめて見つけたときは、これからなにかがはじまるぞというワクワク感があったがいまは盛り上がりに欠ける
■はじめた当初は確かに自社オリジナル刊行物の企画やモデル撮り下ろしなど考えていました。最近ではなんこさんとのコラボがあります。ご指摘のとおり、数が少ない現状、コンテンツの拡充は長く、課題となっております。少数精鋭の経営のために、通常48時間以内に発送になっているものや海外の取り寄せ品を、とにかくもれなくミスなく、可能な限りスピードをもって届けることだけでもなかなかむずかしく、コンテンツの充実に手が回りません。
○MARQUIS作品だと抜けないのだが。
■弊社ではMARQUIS作品をズリネタとして販売しているのではありません。一応フェティッシュアートとしてみなさんにご紹介しているのです。
○トウキョウパーブやトーチャーガーデンジャパンさんと組んで何かやればいいのでは?
■そのとおりですが収益モデルがそれぞれに確立しておりますから「なにかやれば」というような部分ではなかなか見えてきません。ただし、スポンサードシップやチケットの販売代行といった点で協力したいとは思っています。私どもも多忙で少人数なので都心にでる機会がほとんどなく、ビジネス関係を結べていないのは反省点です。
○秋葉原や上野あるいは、ネット上のファイル交換サービスではMARQUIS作品も多くはないが散見される。放置するのか?
■確かにそうしたことはあるでしょう。しかしながら影響は軽微だと思われます。というのも、海賊市場にはなんでもあるといわれていますがMARQUISのようにファックシーンが少なくて抜きにくいものはじつはあまりありません。あったとしても人気がないので海賊版はいずれ淘汰されるでしょう。また、海賊版といえども、ALT-FETISH.com本体のようにすべての作品を合法的に品揃えするのは不可能です。
○映像はYouTubeやファイル交換サービスで、コスチュームや小物類は、海外サイトとの直接取引で、どんどんALT-FETISH.comの存在意義が減っている気がする。今後付加価値をどう付けていくのか?
ALT-FETISH.comの存在意義が失われているという認識は今のところさほど感じていません。そもそもALT-FETISH.comの付加価値というのは、英語が分からなくても、クレジットカードを海外のサイトに打ち込まなくても、ささっとマニアックなヨーロッパ製のラバーグッズがすぐ届くという利便性にあります。今後の付加価値としては、リアル店舗展開や、さらなる納期の短縮(=在庫を増やす)などが考えられます。
○店がそれほど必要とは思えない。サイトで(発注を)完結したい。
■そうですか。お客様それぞれでしょう。店舗はサイト構築と同様、投資の選択肢のひとつです。販売チャネルが増える分売上も増えますが、その結果経費率上昇や在庫回転数の悪化を招いてしまうと、事業リスクが増大します。お客様の利便性、事業継続性、場所など総合的に判断してよさそうであれば検討をします。
○商品と一緒に同梱されている納品書のイラストや、まれに入ってくるおまけのビザールピンナップフォトは、同居人に見つかるとたいへんなことになるからやめて欲しい。「紙のゴミ」は「資源ゴミ」としてほかと分別して出すことになっており、処分に困る。
■おっしゃるとおりです。そうしたお客様のご事情について、思い至らず申し訳ございません。喜んでもらえると思ってやっているつもりでしたが……。今後は備考欄に「納品領収書、ビザール写真不要」などと不要と明記していただければ入れないことにいたします。
───やりとりは以上になります。今回モニターになってくれたお客様からいただいたご意見、ご質問はどれもあらかた予想していたものではあます。しかし実際生身の人間の話した言葉として聞きますと、たいへん重みを感じます。私たちがALT-FETISH.comを2002年にはじめたときは100円だったユーロが今や160円に迫る勢いですし、雑誌やDVDといったメディア作品の売上はインターネットの台頭により減っている傾向にあることは否定できません。こうした逆風のなかでどのような独自性を付けていくか、これは毎日私たちが必死に考えていることです。もちろん、最も重要なことは、ラバリストにとっては必需品となっているラバーアイテムの数々を、速く正確に(そしてなるべく安く)お届けすること、そしてこの単純で地道な「作業」をひたすら愚直に続けることであるのはいうまでもありません。
 今後とも、ALT-FETISH.comへのご指導・ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。
【BLACKSTYLEから入荷しました】
ラバーロングストッキング 黒 Mサイズ 0.35mm厚ラバーフルボディハーネス Mサイズラバー表面ツヤ出しリキッド「スベリ王ラバピカ」ロシアンガスマスク M(2)サイズロシアンガスマスク L(3)サイズロシアンガスマスク用チューブソックス 黒 Mサイズ 0.35mm厚ラバーブリーフ 黒 XSサイズ 0.35mm厚シース(挿入口がフラップ状) 黒チューブ付きシース(挿入口がフラップ状) 黒メディカルグローブ 黒 Mサイズ 15ペア入りネクサスグライド-前立腺と会陰刺激によるドライオーガズムの探求
※シースをお待ちいただいているお客様へ
順次発送いたします。今週中にはお届け、またはご連絡いたします。
市川哲也
ALT-FETISH.com
http://www.alt-fetish.com/
info@alt-fetish.com
当コンテンツの一部または全部を引用または転載するときは「(C)ALT-FETISH.com」と最後に付記していただければ幸いです。また、今後の友好のためにもご一報いただければとてもうれしいです。