S&MスナイパーがALT-FETISH市川哲也を取材

 ラバーキャットスーツを中心とする服装倒錯系のマニアは、伝統的なSMカテゴリーのなかではごく少数です。したがってこの雑誌を私は買ったこともなければ、読んだこともほとんどありませんでした。しかしながらS&Mスナイパーといえば日本のSMカルチャーを代表する媒体です。そこから取材を受けたことはまずは光栄なことだと感謝しなければなりません。
★このコンテンツは、ALT-FETISH.comサイト内の「コンタクトアーカイブス」より写真付き全文をご覧いただけます。
 S&Mスナイパーのなかで私が写真を提供したそのページ、たしかに他のページからやや浮いています……。そのページはS&Mスナイパー 2008年4月号 P189 SNIPER FORUMの扉の写真ページです。モノクロです。期間限定発売の荊城チカさんの写真集CD-ROM(撮影・市川哲也、発売・ALT-FETISH.com)からの一枚です。チカさんも、この雑誌に掲載されることを喜んでくれました、ありがとう……。
 このページに写真を供出するにあたり、市川哲也は、ラバーキャットスーツ専門カメラマンとして取材を受けました。その模様はウェブサイトWEBスナイパー SM情報ポータル ワイレア出版に詳しいですので、ぜひご笑覧賜りますと幸いです。顔出しは、私の顔を知りうる人の「プレミア感」維持のために今回見送りました。
 日本のSMカルチャーは、世界でも独自の発展を遂げていると考えています。縄で縛る。ボンデージファッションを着用する女王様。鞭。ローソク。そこには、欠くことのできないフォーマット(型)が存在するように思います。この型というのが、非常に重要で、私たちがラバーフェティシストになったのも、世に存在するさまざまなビジュアルの中から、一定の「型」を繰り返し見てきたことの結果なのです。それはたとえば、ヒーローヒロインもののアニメや特撮のコスチュームや、ライダースーツ、母親のブーツ、そしてSM女王様のファッションなどです。型は、メディアの作り手が、その表現物に込めたいコンセプトを、具現化する具体的なストーリーのなかで採用するコスチュームとキャラクターの言動の組み合わせのことです。型があったからこそ、私たちは強くて繰り返しの刺激にさらされて、フェティシストとなったのです。
 私の大好きな型、それは、私も相手もラバーキャットスーツをスタイリッシュに着こなして(滑稽であってはならない)、普通に性的な、身体の交歓を愉しむというものでしょう。ですから、その型はSM雑誌には一切出てきやしないのですが、しかしこの雑誌には私たちが依拠する型の片鱗、それもルーツに近いような重要な幾ばくかが、精霊のように静かに宿っているのです。
 取材にやってきた、スナイパーの編集者、ハル吉氏は、てっきり大学受験生がそのまま大きくなったような、そんな雰囲気のまじめな男性でした。編集者としてのキャリアは短かったのですが、MARQUISとか、私が昔作っていたインディーズ雑誌FATIGUEに異様に興味を示してくれ、2冊とも買ってくれたのが印象的でした。編集や雑誌作りに情熱を燃やす、まじめで優秀な編集者がまだこうしているという、それはもちろん、当たり前といってはそうですが、ひさびさに「実物」を前にすると新鮮な感動に包まれたものです。饒舌にしゃべった私のインタビュー記事、ちょこっと校正段階で私が加筆修正はしましたものの、立派なコンテンツになったものと自負します。このページが掲載された2月最後の日、ハル吉氏はスナイパー編集部を去りました。これもまた、流動性の激しい編集業界では驚くことではありません。
 なお、「写真家」市川哲也がラバーキャットスーツ姿の貴方の写真を撮り下ろします。ご興味ある方は写真添付の上、「市川哲也モデル志望」と件名に必ず明記の上、メールで応募下さい。件名が違う場合、フィルタリング処理によりメールが届かない場合があります。メール宛先 info@alt-fetish.com
市川哲也/ALT-FETISH.com
ALT-FETISH.comはラバーキャットスーツ、ラバーマスク、ラバーグローブなどのコスチュームや、ラバー関連の海外書籍・雑誌を販売するラバーフェティシストのためのオンラインセレクトショップです。
ALT-FETISH.com
http://www.alt-fetish.com/
info@alt-fetish.com
(C)ALT-FETISH.com

ラバーキャットスーツガールシリーズにロケ作品登場

 「ラバーキャットスーツガール専門写真家」市川哲也がこのほど撮り下ろした、おなじみ写真集CD-ROMの第3弾「ラバーキャットスーツガール チカ」(モデル:荊城チカ、撮影:市川哲也)が本日より販売開始です。発売期間は例によって3ヶ月です。お早めにどうぞ。なぜこの期間を設けているかというと、モデルの方への締め支払いを迅速に行うことがモデルへのサービスになると思うからです。現在、非常に数は限られますが、1作目~3作目までを、今年8月に開催されるコミックマーケット74に出品しようかと準備中です。それ以外は、販売期間以外の発売は行いませんのでぜひご検討下さい。コミケはなんでも、入場に1時間とか2時間並んでやっと入れるみたいなある種のホロコーストのような状況なので、おうちにいながらにして買えるこの機会をおすすめします。
 さて先日、ついにあの、S&Mスナイパー編集部の編集者が取材にやってきてくれました。真意は分かりませんが、Rub武蔵野君との対談で私がこういったのを見たから、かもしれません。「昔の僕みたいに、フェティッシュ読本みたいなサブカルムック(雑誌形態の単行本)を作る若者が出てきてもいいとは思うけど、ALT-FETISHへの取材申し込みなんて一切ないからね。ただの流通業者の一つと思われてたら結構寒いな」
 そうです、一般人のあいだではまったく知られていないがしかしサブカル系編集者のあいだで知らぬ者のいない本『世紀末フェティッシュ読本』(1997年 オークラ出版刊)を編集したのは私なんです。そして、自分でフェティッシュ媒体を作ろうと実行した、雑誌ファティーグの刊行。こうした私のメディア的取り組みが評価されてはじめて、マーキスのピーターとも懇意になった次第です。
 上からものを申すようでたいへん失礼しました。
 さて、S&Mスナイパー編集部の編集者は私にあれこれ質問しました。フェチになった由来やら。大学を出てからの経歴やらALT-FETISH.comに至る道筋とか。逆取材として、私はここのところ非常に気になっていたことを訊くことにしました。まずひとつは、「出会いやコミュニケーションの場としての媒体の役割」についてです。Rub武蔵野君との対談でも、出会えるツールのようなものを開発しようみたいなことを話題にしました。しかし、実際のところどうなのか。何となく、私は、男の登録者ばかり増え、女がまったく集まらず、有形無実となり終わる予感はありました。そこでやる前のリサーチとして、S&Mスナイパーには、そういう出会いを求める読者からのお便りはどのくらいあるのかを訊いたのです。答えはほとんどないとのことでした。まあ予想通りですよ。だからやめようと思いますから。ALT-FETISH.comも、そういう出会い目的の登録サービスみたいなのは。そういうのにリソースを下手にかけると本業が疎かになりかねませんしね。
 あともう一点、訊きたかったのは、「本当に変態的な行為で、マジで興奮する女性はいるのか」ということです。こたえ「ほとんどいません。みんな仕事でやってます」。現実とはそういうもの。女性こそ、もっとも現実的なイキモノではありませんか。ラバーを着て、本当に性的に興奮してしまう女性というのは本当に少ないであろうという仮説が、着実に立証されようとしています(寒)。
 というわけで、今回もまた、「現実の仕事」としてチカちゃんが取り組んでくれましたALT-FETISH.comオリジナル写真集CD-ROM003ラバーキャットスーツガール チカ。もちろん私も、巨大なバンクストロボとカメラと衣装を、ミニバンに詰め込んで、「多摩西部」より日曜日の六本木めざして出動しました。Rub武蔵野君も一緒です。まさにプロです、やってることは。ぜひ、みなさんお買い求め下さい。作風なのですが、私はチカちゃんにしても、前作の成瀬嬢にしても、彼女らは普段はあまりしないような、ギャル系メークをお願いしています。それは私がそういう、ケバイ女性が大好きだからにほかなりません。そしてもちろんそれにビカビカにストロボを当ててラバーの光沢を引き出すのです。茶髪で、イケイケ(90年代)な、そして最新の流行を取り入れた完ぺきで濃いメーク。私はそういう「過剰さ」にひかれます。
 話は変わりますが、オルタのサイトについてスナイパー編集者から、サムネール画像が小さいとのクレームをいただきましたので、marquis style 02フェティッシュアカデミー4は大きなサムネールを見られるように変更しました。販売ページの下の方のサムネールのどれかひとつをクリックすれば、ページがめくれるようになっています。FA4なんて、300くらいサムネールありますから、もうそれを見るだけでおなかいっぱいになります。marquis style 02もほぼ全ページの掲載です。
 「ラバーキャットスーツガール チカ」(モデル:荊城チカ、撮影:市川哲也)のサムネールはさすがに、200枚を超える全ファイルこそ掲載していませんがボチボチ掲載しました。販売ページの下の方のサムネールのどれかひとつをクリックすれば、ページがめくれるようになっています。皆様のご賞味をお待ちしております。
市川哲也/ALT-FETISH.com
ALT-FETISH.comはラバーキャットスーツ、ラバーマスク、ラバーグローブなどのコスチュームや、ラバー関連の海外書籍・雑誌を販売するラバーフェティシストのためのオンラインセレクトショップです。
ALT-FETISH.com
http://www.alt-fetish.com/
info@alt-fetish.com
(C)ALT-FETISH.com