夫婦関係に平和にかつ環境対応的にラバーフェティシズムを持ち込むには

 ALT-FETISH.comで販売しているアイテムの中でも、私がとりわけ気に入っているアイテム(全部気に入っているから売っているのであるが)が五本指ラバーソックス 0.6ミリ厚 Mサイズ価格(税込):\13,650。ソックスで、足の指がひとつひとつ分かれているものは、普通に売っていますよね。あれはなんで売っているか、ご存じですか。なんでああいうのをおばさんが履いているのか。こたえ:楽だからです。五本指に分かれていないと、足の指はギューッと圧縮されて、窮屈となります。足指間は蒸れて、擦れて、とてもよくありません。五本指に分かれていれば、綿なら通気性もよく、清潔で、なにより楽ちんです。履いてみれば分かりますよ。で、その五本指ソックスのラバー版がこのアイテムというわけです。普通のラバーソックスの何倍も快適です。快適で、それでいて、エロい。私はこのソックスを、上全部寝間着で、それで、片足だけ装着しただけという、途方もなくマヌケで中途半端な姿でさえ、超たちます。そして、ああエロい、なんで、たまらないなどと「恥ずかしい言葉」を口走りながら、その足指をくねくねとうごかしつつ、一本抜けますよ。余裕です。本当に、ラバーアイテムが私たちを性的に魅了する度合いの激しさ、すごいものがあります。普通はそんな、ゴムソックス、それもおばちゃんよろしく五本に分かれているのを片足はいただけで、絶対チンポなんか立たない。でも、たっちゃう。その落差、異様さ、変態さが、クるのです。片足はいただけでもいっちゃうんだから、両脚履いたり、果てはキャットスーツなんか着て、マスクかぶった日にはもう。ラバー早漏状態。
 さて、変態マクラはここまでです。ここのところずっと、少子高齢化社会がホットな話題です。少子高齢化は、日本に限ったことではなく、じつは中国でも進行しているのです(cf『老いゆくアジア』)。もはやこの問題は先進国だけではない、全世界的規模で進む人類の新しい潮流なのです。
 少子高齢化では、じつは「世帯数」というのが増えます。なぜなら、昔は大家族でしたら、ひとつの世帯に大勢が済んでいました。しかし最近では、単身世帯、少数世帯が増えています。このことが、地球規模で進むもう一つの大問題、地球温暖化の問題に大きなマイナスの影響を与えています。世帯が増えれば、水道高熱の消費単位も増えますから、二酸化炭素がより多く排出されてしまうというわけです。
 さて、私たち変態にできる地球温暖化対策を考えたときに、変態同士でパーティーを催し、そこで一箇所に集まって時間を過ごすということが意外に有効です。なぜなら、変態が一箇所に集まれば、そのあいだは、変態の留守世帯は電気を使いませんから。もちろん、会場で使う電気のために二酸化炭素が排出されることはありますが、たくさん集まれば、会場が出す二酸化炭素の量が、変態の各世帯が排出する二酸化炭素の量を下回り、結果として温暖化対策になると思うわけです。
 もうひとつ、パーティーには行かない変態ができる対策があります。今いるパートナー(たいていは、配偶者、つまり「妻」)とあらためてホットな時間を過ごす、という提案をあえてあげたいと思います。ホットといえば、夜の夫婦生活のことです。夫婦生活では、畳一枚分のスペースと布団があればできますから、二酸化炭素は排出されません。電気も消すでしょうし、暖房も途中で切ることになるかも知れません。なにしろ熱い抱擁なので。
 ふつう、私たちラバーフェティシストの「妻」のほとんどは変態ではありません。したがって、妻に性的な満足を与える(もちろん避妊は絶対条件となります)ことをまず最初に済ませてしまいましょう。スウェット上下の下に、ラバーキャットスーツを着て、妻を誘いましょう。ラバーマスクはまだかぶりません。コンドームなどはあらかじめ装着しておきましょう。部屋の電気を消して、スウェット上下を脱ぐタイミングは重要です。キスをしたり、手でしてあげてある程度、妻がよくなってからがいいでしょう。時間にして20分くらいは、十分妻を挿入以外の行為でいやしてあげます。そして、そろそろというときにスウェットの上下を脱ぎます。
 ここで、夫の異形にはじめて妻は気が付くわけですが、あなたが思っている以上に、じつは妻は気になりません。いやーここでそれじゃ、ドン引きになるのでは、と危惧するかも知れませんが、すでに妻は早くウェルカムの状態です。夫がどんな格好をしていようと、ペニスさえ機能していればなんでもいいのです。
 自分だけキャットスーツを着ていてもいまいちピンと来ない。相手も着てほしいと思うかも知れませんがこれは難易度がかなり高いでしょう。こればっかりは本当に御願いに次ぐ御願いをするほかはありません。
 キャットスーツはよくても、ラバーマスクはダメだという妻が多いと思います。顔がラバーマスクで覆われていることへの抵抗感は、キャットスーツへのそれとは比較にならないほど大きいものです。注意しましょう。さらに、ラバーの匂いが苦手という女性もいますので気をつけましょう。ラバーを着て欲しいと心底願ういう女性はめったにいません。ですから、ラバースーツを着てプレイするときは、普段の10倍、いや100倍、1000倍は妻に奉仕してはじめて納得してもらえるでしょう。また、毎回スーツを着ることはオススメできません。3回に1回くらいにしないと相手もうんざりしてしまうでしょう。
 いかがでしょうか。ラバースーツを使って夫婦生活を営むことによる、あなたもできる身近な温暖化対策を紹介しました。素敵ですよね。ぜひご家庭で今夜、お試し下さい。ただし、私はなんの責任もとりませんのであらかじめご了承下さい。それで夫婦関係が決定的な打撃を受けてしまっても知りません。温暖化対策どころじゃないですね。
 私は、ラバーフェチ未亡人がいるのではないかと危惧しているんです。ラバー未亡人とは、すなわち、夫がラバーオナニーばかりにハマリ、妻から見ると実際は夫は死んだも同然になってしまっているような夫婦の奥さんです。地球環境を考えるALT-FETISH.comはそうした残念な夫婦関係を歓迎できません。
 普通のカップルにおいて、あるいは夫婦間において、彼氏(夫)が変態、それもラバーフェティシスト(通常ははじめて聞く言葉で意味不明だろう)だということがあきらかになった場合、想像を絶する衝撃が女性を襲うこととなります。私が今日強調したいのは、そうは申しましても、結局、意外に女性は、変態を受け入れるということです。夫婦や恋人を取り結ぶ社会的絆の強固さは、ラバーフェチといった些細な嗜好性程度ではそう簡単には揺るがないと私は思うのです。ただ、もちろん、相手の女性には一定程度のカルチュラルな寛容さが備わっていなければなりません。その判断は、日頃の、性や変態を離れた領域で、その対象の女性がどういう言動やふるまいをしているのか、よく観察すればおのずと分かると思います。
※DEMASK、MARQUIS商品をお待ちいただいているお客様へ
【入荷状況のご連絡】
ALT-FETISH.comへDEMASKやMARQUISの品切れ品の入荷をお待ちいただいているお客様におかれましては、たいへん長らくお待たせしてしまい、まずは心よりお詫び申し上げます。
DEMASKをご注文いただいているお客様で、今回のご連絡の対象となるのは、2007年9月から2008年1月のあいだにご注文が確定しているお客様です。品切れ状態になっているものの入荷をお待ちいただいている方も含めます。弊社では昨年のうちに発注をすませておりますがメーカー側である商品の金具部分に不具合が生じた関係上、その発注分すべての商品の注文執行がDEMASKで保留状態になっております。しかしながら、来週、発送できるとの連絡を本日DEMASKから得ました。今月末から来月初め頃にはお客様のお手元にお届けできる見通しです。DEMASKは最低発注単位がある点、また、製造が異様に遅い点がありますことから、納期は半年程度見ていただいております。ご理解・ご了承賜りますと幸いです。
MARQUISをご注文いただいているお客様で、今回のご連絡の対象となるのは、2008年1月から2008年3月のあいだにご注文が確定しているお客様です。品切れ状態になっているものの入荷をお待ちいただいている方も含めます。MARQUISは一ヶ月前に商品を発送しています。発送小口のうち、1個は昨日入荷済みですが、ほとんどのお待ちいただいている商品が入ったもう1個が入ってきません。今週中に入ってこない場合は再度MARQUISに問い合わせますので、もうしばらくお待ちください。なお、DVD商品で、本体(DVDメディア本体)のみを先にお送りすることが可能です(パッケージは付属しません)。本体のみ先行発送をご希望の方はその旨ご連絡ください。本体のみ先行発送時、ご注文執行とさせていただきます。弊社は、版権を、商品のパッケージ単位で買っております。本体のみ先行発送オプションをお選びいただいたお客様には、パッケージが入荷次第、パッケージのみ後日お届けとなります。このオプションはご要望により、パッケージの放棄をご指定できます。局留め等の事情でパッケージが要らないお客様はその旨ご連絡ください。こちらでパッケージを処分いたします。
市川哲也/ALT-FETISH.com
ALT-FETISH.comはラバーキャットスーツ、ラバーマスク、ラバーグローブなどのコスチュームや、ラバー関連の海外書籍・雑誌を販売するラバーフェティシストのためのオンラインセレクトショップです。
ALT-FETISH.com
http://www.alt-fetish.com/
info@alt-fetish.com
(C)ALT-FETISH.com

ビザールコミック『お元気クリニック』乾はるか特集

本コンテンツの画像付き記事はPCより、以下URLでご覧ください
http://www.alt-fetish.com/cnts/inuiharuka/index.htm
●ビザールコミックの巨匠乾はるかとは?
 乾はるか先生をご存じの方いらっしゃいますか。先生を知るラバーフェティシストにとって、乾先生の描いた『お元気クリニック』のラバーフェチの話は、強烈な刷り込み体験となり、フェティッシュライフを決定づけるまさしく現代の教典となっています。
 『お元気クリニック』はコミックとして全部で9巻が刊行されています。1巻の初版は昭和62年10月15日。この巻は、版を重ね、手元の私の所蔵は24版です(平成7年7月20日)。昭和62年は1987年で、今(執筆時点)から20年前ということになります。
 今から20年前といえば、もちろん地球ができて50億年。人類が登場して1万年。そうした数字からみれば、本当についさっきと同然ですけれども、私が思春期真っ盛りのときにこれほどラバーフェティシズムについての考察が重ねられていたというのは驚き以外のなにものでもありません。ラバーフェチはもちろんのこと、レザーフェチ、エナメルフェチ、ブーツフェチ、革フェチなど私たちのカテゴリーのすべてが網羅されています。漫画のストーリーは、「お元気クリニック」というクリニックに、様々な性的悩みをかかえた珍患者がやってきて、ドクターとナースがあれこれ治療を施すというもの。インポの男性にはラバースーツを着せてセックスさせたり、革フェチにはナースが全身革キャットスーツを着てプレイしたりと、妄想百花繚乱です。
●『お元気クリニック』研究
具体的にどのようにビザールなのか。乾ワールドのすばらしいフェティッシュワールドを、代表作『お元気クリニック』からいくつか紹介してみましょう。作品紹介のために図版を使う許諾を、ALT-FETISH.comでは先生本人から得ています。
vol.1 カルテ.13「エキサイティング・ラバーズ!!」やってきた美女は、毛皮の下に全身ラバーキャットスーツをまとっています。「全身を覆うラバーの感触ったら、たまんなーい」ラバーフェチを「RUBBERつまりゴムの匂いや感触に感じてしまう異常性欲」と定義。「水に濡れたゴムはその光沢を増し、フェティシストの肉体をいっそうきわだたせる。これにより興奮するのは、ラバーフェチが自己愛(ナルシシズム)の一種だから」
vol.3 カルテ.46「人妻は露出狂!!」扉ページのイラストも非常に魅力的。このカットは、レザーのボディスーツと思われる。乾先生はラバーは粉を吹いているというイメージが強く、光沢感の描写はレザーやエナメルにおいてむしろ最高位に発揮される。
vol.4 カルテ.55「レザー・コンプレックス!!」革フェチの話ももちろんカバー。50万円もする特注のレザーキャットスーツを、ナースのルコ(クリニックのナース)に着せようとしていた御毛栗(クリニックの院長で、主人公)。「毎年冬が近づくにつれ、女性たちはピチッとした牛革のパンツやスカートに身を包みだします。動くために変化していくあのヌメッとしたイヤラシイ光沢が体の線を強調するのです。あれはもはや、衣服ではありません!!第二の皮膚です!!」スーツを着たルコをみたレザーフェチの患者は言う。「映画「あの胸にもう一度」のマリアンヌ・フェイスフルのように美しい……」「あの映画にでてきた黒革のライダースーツのようにこの下には何もつけてないのよ」
治療のため、ルコは御毛栗の命により、患者に抱かれる。もちろんキャットスーツを着たまま。グローブ、ブーツもつけたままである。「ほーら、ボディスーツを脱がずにSEXできるようになっているの!!」
vol.7 目次イラスト 全身をレザーのライダースーツで覆ったルコ。ヘルメットを持っているところもかなりくる。ちなみに反対側の「禁断のセンターライン!?」の足ではなく、レザースーツ姿のルコにピンとくるのがALT-FETISH.comとしては「正解」
vol.7 カルテ.98「今日のマグロはお元気かい!?」インポの治療に来た患者にラバーキャットスーツを着せて「治療」。ルコはラバーディルドー付きのラバーキャットスーツ姿でインポ患者に奉仕させる。「あああん、それにしてもこのゴムのなめらかな肌触り。そしてこの甘美な匂い……。ラバーSEXってなんてイヤラシイんでしょう」
vol.8 カルテ.106「オナニーマンのSM入門」妻の体に飽きてオナニーばかりしている患者がやってくる。「ふたりの距離を埋められれば治療可能だ、ルコくん、集中治療用のラバースーツを!」セックスレス夫婦にラバーキャットスーツを着せる御毛栗。「一人ずつくちゅくちゅしこしこしててもつまらんじゃろうが。ラバーコスチュームは一人で着るより二人で着るほうが気持ちがいいんじゃ」ペタ、リチュ、ペタ、ペクチュ「イヤラシイ音をたてながら体をこすり合うんじゃ」
vol.9 カルテ.125「究極のビザールファッション!?」ルコの母親はファッションデザイナー。単なるビザールファッションだとインパクトに欠けると、御毛栗に知恵を拝借にくる。御毛栗とひらめいたのは、エイズをふせぐために、全身コンドームというアイディア。それにしてもそのストーリーにこのイラスト。必要かどうかではなく、描きたいから描く、あふれ出る才能、妄想、ビザールクリエイター乾先生の真骨頂がここにある。
vol.9 カルテ.126「宇宙戦艦ハイヒール・ブーツ!?」扉絵ひとつとっても保存版にしたくなる、力の入った作品。SFや潜水服系のビザールからもヒントを得て、乾テイストにスタイリッシュに仕上げている。
(C)乾はるか Haruka Inui/エアインテーク
 以上みてきた読者諸兄にはお気づきのことでしょう。ギャグマンガのジャンルで、これほどまでにマニアックなビザールテイストを作品に盛り込み続けた、ただ一人の日本の漫画家。それが乾はるか先生だということを。初版から20年という歳月を経た今もなお、先生が漫画を通じて伝えてくれたメッセージ、ビザールのすばらしさは、私たちの胸を打ちます。
●乾はるか先生最新情報
 コミケで、ラバーフェチのRub武蔵野君が一生懸命、レザーやラバーコスチュームの描写がうまいサークルを発掘し、甲斐甲斐しく報告してくれていましたが、この乾先生の右に出る作家はいまだ出ていないのが現状です。私たちとぴったり合致する妄想の方向性、そしてその妄想の表現力。この二つが乾先生のなかで奇跡的な合一を果たしていいるのです。
 乾先生の今年の活動には目を見張るものがあります。まず、SMコンテンツメーカーの老舗「北川プロ」から、乾先生原作・監督作品が2本リリースされました。『黒エナメルの女王』と、『黒エナメルの女王VS黒パンストの女王』です。これら2作品には、現役のミストレスが、黒光りするキャットスーツを着て出演しています。ストーリーや、ミストレスの振る舞いは、私たちキャットスーツフェチがまさに、長い間妄想をはぐくんできたいやらしさに満ちあふれたすばらしいものです。2作品とも、辰神麗子さんが、「自前」のキャットスーツ(ALT-FETISH.comで販売しているポリウレタンコーティングナイロン素材のキャットスーツ)を着たまま、奴隷にムチを振り下ろしたり、股間をまさぐりながらセルフボンデージで興奮したりするシーンがあります。後者には、山咲美花さんとのレズの絡みもあり、もちろんキャットスーツを着たまま、ペニパンをつけて、かなり興奮します。キャットスーツを着たままエロティックに体を動かしたり、レズシーンがあるのも、いうまでもなく乾先生が監督した作品だからです。このキャットスーツの物語設定における位置づけ、描写は、乾先生をおいてほかのいかなる監督も不可能でしょう。この2作品のために、先生は漫画と同じクォリティの絵コンテを入念に準しました。現場の俳優、カメラマン、スタッフは、この精巧かつ詳細に描かれた絵コンテを忠実に再現することに集中できました。すべての関係者が、プロフェッショナルとして自らの持つ才能を最大限に発揮できたのです。
 ちなみに、『黒エナメルの女王』と、『黒エナメルの女王VS黒パンストの女王』の絵コンテはエフエックスという出版社から出ている『女豹のイブ』(乾はるか著)にすべて収録されています。ALT-FETISH.comでは現在、北川プロのDVD『黒エナメルの女王』『黒エナメルの女王VS黒パンストの女王』、そしてこの2作品の絵コンテ完全収録のエフエックスのコミック『女豹のイブ』を特別に皆様にご提供する予定です。
 さらに今年、乾先生の『お元気クリニック』愛蔵版がエフエックスから出版される予定です。秋田書店の初版が入手困難になった今、すべてのラバーフェティシストの「テキスト」として、この愛蔵版が必携となるのはいうまでもありません。ALT-FETISH.comでは、いち早くこの愛蔵版が出版された暁には、サイトでの取り扱いを始められるよう、現在版元エフエックスと交渉しています。ご期待ください。
【乾先生関連出版物販売情報】
各タイトルリンク先のページより、ALT-FETISH.comの通常在庫品としてお買い求めになれます。なお、ALT-FETISH.comでのお買い物は、別途送料が900円かかります。
『黒エナメルの女王』DVD 7,140円(税抜本体価格6,800円)
『黒エナメルの女王VS黒パンストの女王』DVD 8,820円(税抜本体価格8,400円)
『女豹のイブ(1)』コミック単行本 2,100円(税抜本体価格2,000円)
【SMに興味がなかった私】私はもとよりSMとは直接関係なく、ラバーキャットスーツが大好きでした。ラバーフェティシストを自認するみなさんも、自分で着たり、人に着せたり。着たその格好で、何をするかももちろん人それぞれ、好みもあることでしょう。なかにはSMをする人もいるかもしれませんが、SMカテゴリーはそれ自体、強い力を持つ独立した排他的キラーコンテンツなので、ラバーはほとんどのSM愛好家にとって必ずしもマストではありません(むしろ、SMは好きだがラバーは知らないケースも多いと拝察されます)。ラバーフェティシストの私は、別段SMにはさほど関心がありませんでした。ところがどうしたことでしょうか。この北川プロの乾作品を見て、キャットスーツを着たまま、キャットスーツ姿のミストレスに鞭打たれる自分を想像し、たまらなく興奮を来しました。キャットスーツ姿の女性がムチを振り下ろす所作には、SM好きかどうかは別にして、普遍的な美しさがあります。ウルトラマンやハリウッド映画、ブーツ美女をみて、私が幼少期に重度のラバーフェチになったきっかけを作った刷り込み体験と同じ事態が、この北川プロの作品によって起こりました。乾先生の作品には、いうまでもなく「物語」があります。この物語によって醸し出される力、伝わってくるもの、それこそフェティッシュそのものといって良いでしょう。
市川哲也/ALT-FETISH.com
ALT-FETISH.comはラバーキャットスーツ、ラバーマスク、ラバーグローブなどのコスチュームや、ラバー関連の海外書籍・雑誌を販売するラバーフェティシストのためのオンラインセレクトショップです。
ALT-FETISH.com
http://www.alt-fetish.com/
info@alt-fetish.com
(C)ALT-FETISH.com