ひみつ?!のラバーキャットスーツ撮影会

今日の話題
[ 1 ]6.21マスカレードイベントレポート
[ 2 ]ミストレスマイと濃密なひととき過ごさない?
[後記]アンテナ敏感にしとこう
[ 1 ]6.21マスカレードイベントレポート
6月21日深夜、渋谷のトランプルームで行われたフェティッシュ・モデル・エージェント「マスカレイド表参道」さんほか主催のイベント「『Salon Cocotte 』+ INCOGNITO XIV ~黒薔薇の鏡宴」へ参加してきました。イベントのフライヤー、このブログやミクシーでひっそりと、タイムテーブルの一角に「フェティッシュ撮影会 協力ALT-FETISH.com」と書いたので、どのくらいのお目当ての人が来るのか楽しみにしていました。フタを開けてみると、このイベントに、ラバーキャットスーツを撮影しようとやってきてくれた人というのはいませんでした。これはやはり、いま世界規模で進む原油高騰、不景気、インフレ、この影響ではないかと密かに危惧しながら、3人の「キャット」たちをファインダーに収めてきた次第です。3人は主催者マスカレード氏の呼びかけに応じてくれたこころざしある女性たちです。意外にもそれぞれよく似合い、彼女たちのキュートなスーツ姿を一人堪能できた幸運に感謝しました。
写真付きのこの記事はこちらでご覧ください。
写真キャプション1
MIYU。犬猫が大好きな、優しい性格の子でした。キャットスーツを着て、似合いますか、私でいいんですかと自信なさげでしたが、ばっちりじゃないですか。
写真キャプション2
マスカレードさんの参考出品のマスクをつけて。ゴージャスです。場所は雑居ビルの階段の踊り場でチープですが……。
写真キャプション3
ネックに下げているのも、マスカレードさんの参考出品物。
写真キャプション4
キャットスーツはちなみに、SALOのものです。
写真キャプション5
モデルさんはサチヨさん。セクシーダイナマイトボディーです。
写真キャプション6
ブーツは私物。キャットスーツは、ALT-FETISH.comオリジナルショルダーファスナーキャットスーツ0.4ミリMサイズです。
写真キャプション7
かっこいい、あまりに。
写真キャプション8
このショルダーファスナーキャットスーツは、薄手ですから、ご覧のようなヴァンプ系女性でもピッタリ、ラインが出て、最高です。
写真キャプション9
私は好きです、彼女みたいな強そうな、なんかすごい大きなバイクが似合いそうな女性が。
写真キャプション10
モデルさんは、ノエルさんに変わりました。お召しは、ご存じ、ALT-FETISH.comオリジナルキャットスーツ。こちらはポリウレタンコーティングナイロン素材です。ナイロン地に、薄い光沢膜を貼り付けてあります。ソックス状になっているため、足裏はこの撮影後、見事に剥がれました。
写真キャプション11
この日のイベント会場一番乗りで、13時に会場入り。ちなみに撮影時刻は0時を回っています。お疲れ!
写真キャプション12
光沢はラバピカを塗らなくても出ます。裏地はサラサラ。快適な着心地です。なお、本人談「体が軽くなった感じ」。あらゆる方向から圧がかかっているからでしょうか。
写真キャプション13
ふたり絡んでくれました。さすが、モデル経験が豊富なお二人だけはありますね。
写真キャプション14
動き、思わず引き込まれますね。シャッターを押すどころではありません。
写真キャプション15
あのーふたりは、たぶん今日初対面だと思います。
写真キャプション16
ありがとうございました。
[ 2 ]ミストレスマイと濃密なひととき過ごさない?
大好評発売中の、市川哲也撮り下ろしオリジナルデジタル写真集シリーズ最新刊「キャットスーツガールマイ」(このタイトルはSEO対策でこうなっているだけで、他意はありません)。学生時代の後輩で、プロのお世辞ストが「個人的に超ツボなんですけど!綺麗すぎる!天性のS顔!」とマイさんファンに瞬速で挙手してました。まあ彼に限らず、過去最高の売れ行きをみれば多くのマイファンが誕生したことと思います。ところで、彼女のキャットスーツをなんと、このたびナマで見る機会が、レギュラーで登場します。彼女、新宿・歌舞伎町フェティッシュ・ミックス・バー’Pink crystal’で一日店長を毎週木曜日することになったそうです。詳しくは、当該ウェブサイトBlack Crystalをご覧ください。
[後記]ここのところ、イベント「INCOGNIT」の主催者マスカレードさんと急速に取引が活発になっております。彼は私の知る限りでは、もっともユニークな人のひとりです。彼のポイント、というか、偉いところは、たくさんの資源を、惜しみなく社会の「クリエイティブなインセンティブ」へと喜捨していることでしょう。資源とは、彼の健康、資産、人脈です。彼の活動からリターンを得るために必要なこと。それはアンテナを敏感にすることでしょうか。というか、前回のブログで、うちがINCOGNITOへキャットスーツを供出して、撮影会をやるって申し上げたのに、熱心にシャッター切っていたラバーキャットスーツフェチはなぜ私一人。今回のイベントの収穫、[ 1 ]でも紹介したとおり、めちゃかわいいキャットスーツニストを3人もシュートできたのに。皆さんもったいなかったですね。もっとしっかり読んでくださいよ。もっとも、いったい誰が、終電もなくなる夜の時間に雨の渋谷に行くかっちゅーことですが。ちなみに今週末は、あれですよ、トーチャーガーデンです。
市川哲也/ALT-FETISH.com
ALT-FETISH.comはラバーキャットスーツ、ラバーマスク、ラバーグローブなどのコスチュームや、ラバー関連の海外書籍・雑誌を販売するラバーフェティシストのためのオンラインセレクトショップです。
ALT-FETISH.com
http://www.alt-fetish.com/
info@alt-fetish.com
(C)ALT-FETISH.com

ハイソサエティなフェティッシュパーティ&撮影会

今日の話題
[ 1 ]仮面舞踏会INCOGNITO LXXへ衣装協力
[ 2 ]新商品グロスケアのおはなし
[後記]もたない
[ 1 ]仮面舞踏会INCOGNITO LXXにALT-FETISH.comが衣装協力
フェティッシュ・モデル・エージェント「マスカレイド表参道」さんのイベント「INCOGNITO LXX」に先日協力したのですがその記事がSMスナイパーのウェブに掲載されています
 マスカレイド表参道さんは比較的リーズナブルな料金で、かなり濃い内容のイベントを手がけています。来る6/21には、渋谷のトランプルームで「仮面」と「球体関節人形」を主題に、10周年記念パーティ企画第二弾Salon Cocotteを開催します。ALT-FETISH.comはこのイベントへ衣装を貸出(もちろんキャットスーツを予定)し、撮影会のうちラバーテーマのものをビジュアル監修協力させていただくことになりました。お客様で、キャットスーツ姿のモデルを観たい、撮影したい!という方がいらっしゃったら、ぜひ、お運びくださいませ(イベント入場料5000円)。当日はALT-FETISH.comはブース出店し、雑誌とか、小物も販売する予定でおります。
[ 2 ]新商品グロスケアのおはなし
ラバーを着ても、ツヤがなければまったく魅力が出ません。ツヤこそ、ラバーの美の根源です。ALT-FETISH.comでは、つや出しとして定番のラバピカをずっと扱ってきました。ラバピカは、いまも今後もずっと、つや出しのためのナンバーワンアイテムであることは変わりません。ただ、ラバピカでは保管の際のケアには使えません。そこで、保管の際にラバーをケアし、長持ちさせるための優れもの新商品「グロスケア」を発売いたしました。ぜひ、新製品「グロスケア」をお引き立ていただければ幸いです。
なお、ALT-FETISH.comが立ち上げたラバーファッションブランドSALO(現在は独自運営)では、新サービスとして、キャットスーツにこのグロスケアを塗り込んで納品することにしたそうです。
[後記]もたない
年のせいでしょうか。ラバーを着て、何とも興奮する持続時間が年々短くなっている気がしています。悲しいのは、あれこれアイテムを身につけていくうちに体が大量に発汗して体力を消耗、トータルエンクロージャーにあれこれボンデージアイテムを装着完了時点で、すっかりぐったりしてしまっていることです。汗をかくのはいいんですが、かきすぎると疲れてしまいます。皆さんもこれからの季節、脱水には十分注意しましょうね。
 さて、ALT-FETISH.comでは現在、ECサイト機能を完全リニューアルを行うため、別ドメインで工事を進めています。2001年6月サイトオープン以来、はじめての大幅リニューアルとなります。新サイトではこれまでALT-FETISH.comから徹底的に冷遇されてきた携帯電話にも対応。IDとパスワードを入れるだけでお買い物が出来るようになります。サイトリニューアル中でもALT-FETISH.comで従来どおりお買い物ができます。リニューアル後はしばらく両方でお買い物が出来るようにしますから、ご注文が出来ない事態というのは想定してございません。ラバーコスチュームサプライヤーとして。あるいはフェティッシュアート、カルチャー創造のいち・担い手として、今後もALT-FETISH.comは皆様からのあたたかいご支援とご協力をお願い申し上げます。
市川哲也/ALT-FETISH.com
ALT-FETISH.comはラバーキャットスーツ、ラバーマスク、ラバーグローブなどのコスチュームや、ラバー関連の海外書籍・雑誌を販売するラバーフェティシストのためのオンラインセレクトショップです。
ALT-FETISH.com
http://www.alt-fetish.com/
info@alt-fetish.com
(C)ALT-FETISH.com

トーチャーガーデンで僕と握手

今日の話題
[ 1 ]トーチャーガーデンで僕と握手
[ 2 ]デジタル写真集シリーズ最新作がWebスナイパーで紹介
[ 1 ]トーチャーガーデンで僕と握手
 6/28はトーチャーガーデンが下記の通り開催されます。
TORTURE GARDEN JAPAN vol.12 2008.6.28 @ NO NAME 場所詳細
 22:00 open 5,000yen / 1 Drink です。パフォーマンスやDJ、ドレスコードについては、公式ウェブサイトをご覧ください。ALT-FETISH.comもプレスで参加させていただけるよう申請を出しております。ぜひ、私、ラバーフェティッシュカメラマン(自称)の市川と、当日握手しましょう。私のコスチュームは今のところラバーキャットスーツです。フィッティングルーム(更衣室)がないとのことなので、私は近くにホテルを予約しました。そこで、サロの渋谷くん(ALT-FETISH.comが以前立ち上げた国内でも珍しいラバーウエアブランドのデザイナーでいまはサロとして独立しています、彼と私は仲がいいんです)と、メークの女の子と大変身をして、徒歩3分の「公道」をラバーで羞恥行軍、会場へと乗り込むつもりです。フェティッシュ系イベントとしては国内最大級のトーチャーガーデンですが、敷居の高さもまた格別だと思います。特に妻子有りの「父ちゃん」には。でも父ちゃんには特にこうしたイベントに参加してもらいたいと思っております。英気を養うのにもってこいです。
[ 2 ]デジタル写真集シリーズ最新作がWebスナイパーで紹介
 いま発売中のALT-FETISH.comオリジナルデジタル写真集004 ラバーキャットスーツガール マイの早川マイさんはWebスナイパーで連載を持っていたライターさんでもあります。彼女がこの作品のレビューを、Webスナイパーに書いてくれましたので皆さんにご紹介します。
http://sniper.jp/008sniper/0084review/altfetish004.php
 ラバーキャットスーツを着てくれるALT-FETISH.comのモデルの中でも、早川さんはたいへん希少です。早川さんは、キャットスーツが好きだということを次のように書いています。
「そもそも私はキャットスーツが大好きなんです。というか、もともとタイトなシルエットの服が好きでした。なぜかと申しますと、食べ過ぎることができないからです。食べ過ぎないで済むということは吐かないで済むということで、緊張感と安心感と達成感の境界線上にある奇妙な感覚がじつに快感なのです。さらに、そういう状態にある自分自身を視覚的にも確認できる。その最たるものを提供してくれるのがキャットスーツなんです」
 彼女は以前摂食障害を患ったことがあります。詳しくは自伝的コラム「腐った遺伝子」をお読みいただきたいと思いますが、キャットスーツが大好きで、しかもこれだけの美貌をお持ちの方で、しかも事務所に入っていたり風俗店に勤めていたりしていない方というのがたぶん、本当に少ないでしょう。さらに、彼女がキャットスーツモデルとして突出しているのが、次のような一文に象徴される、高い文章表現能力です。
「キャットスーツというコスチュームの中には、拒否(素材で体をすべて覆い尽くすことによる)と誘惑(体のラインを余すところなく見せつけることによる)という本来なら相反するふたつのものが同時に存在しており、それが自分の心情を代弁してくれているような気がするのです。言葉のイメージだけで遊ぶとするならば、それはいわば、絶対零度下の誘惑とでも言いましょうか(もちろん「聖闘士星矢」の例のやつから取りました)。あ、もちろん「攻殻機動隊」の草薙素子がかっこいいからとか、そういう理由もあるのですが」
 ラバーキャットスーツモデルの志望者は、早川さん以後、現れていません。無理もないでしょう。いま、モデルをしたがるような女性の多くが、「短期、高収入、即払い」を仕事の絶対条件としています。判で押したような彼女たちのこの「志望動機」が変わる見込みは当分ないでしょう。ALT-FETISH.comのラバーキャットスーツモデルは、支払いが、撮影日の数ヶ月後、しかも、歩合でいくらになるか分からない。こんな悪条件で、ラバーキャットスーツに興味のない人が応募してくるはずもありません。だからといってALT-FETISH.comが、短期高収入即時払いにするかというとどうでしょう微妙ですね。
 そうした世の女性たちにくらべると早川さんの、モデル「適正」は際だっております。早川さんには今後も続編をぜひお願いしたいと思っています。
市川哲也/ALT-FETISH.com
ALT-FETISH.comはラバーキャットスーツ、ラバーマスク、ラバーグローブなどのコスチュームや、ラバー関連の海外書籍・雑誌を販売するラバーフェティシストのためのオンラインセレクトショップです。
ALT-FETISH.com
http://www.alt-fetish.com/
info@alt-fetish.com
(C)ALT-FETISH.com