追悼特集──月刊雑誌SMスナイパー休刊

 1970年代半ばに創刊され、30年以上にわたって日本の「緊縛」界をリードしてきた貴重な紙媒体月刊「SMスナイパー」が今月発売の2009年1月号で休刊します。
 この雑誌と同じく、やはり70年代半ば(ちょい前)に生まれた私にとり、この雑誌とはいったい何だったのでしょうか。振り返ります。
 物心ついてから、よく野原で遊んでいると、雨に濡れてガビガビになったエロ本を目にするようになります。普通のエロ本が落ちていても、次第になんだまたかといちいち関心を払うことも少なくなります。ところが、あるとき、半べそをかきながら縄で縛られたり、ローソクを垂らされて苦悶の表情を浮かべる女性の写真が載っているエロ本の残骸を道ばたで発見します。そのエロ本こそ、SMスナイパーだったのです。拾い上げページを繰れば、次々強烈なはじめてのビジュアル。うんこまみれ。縛られたりたたかれてあざができたり。信じられない恐るべき世界でした。
 私のフェチを形成するのは、残念ながらそういう強烈を極めるSM雑誌ではありませんでして、街を闊歩するブーツ姿の「イケイケギャル」とか、革ツナギを着たライダーたちです。SMスナイパーなんて全然興味なく、「いやー世の中には奇妙な性癖を持った大人たちがいるんだなー、怖っ」くらいなものでした。
 大学に入って、四谷のアズロと出会い、SPAのボディコン特集に出会うなどして、自分のフェチが黒光りのビチビチ、ラバーフェチであるという既定のレールが見えてきました。超零細弱小版元の編集者になり、フェティッシュをテーマとするムック本の編集に携わることになったとき、「SMスナイパー」は「大手」の版元のうらやましい職場となりました。もちろん大手というのは私の勤め先とくらべて大手という意味です。当時はサブカル界では著名な書き手の永江朗さんや、ラバーフェチの論考でおなじみ北原童夢さんに執筆を依頼したりもしました。手元の最終号を見ると、これらのふたりの偉大な書き手は、なんとSMスナイパーによって発掘された、育てられたみたいなことが書いてありましたので、やはりあらためてこの出版業界ではこの雑誌は一定の地位を築き役割を果たしてきたのだと痛感しました。当時でさえ相変わらずSMにうわ、痛そう、うわ、うんこ、怖いっ──程度の感受性の持ち主だった私は、まだまだダメですね。
 こんなダメな私はとうてい気がつきませんでしたがこの雑誌は「エロ」「SM」だけにとらわれず、サブカルチャーやアート作品にも造詣の深い歴代編集長の「仕事」が伝統として息づいていました。これらの仕事を評価し、支えたのは他でもなく読者です。読者が買うことで、いわば一号一号がギャラリーであり見本市だったこの雑誌のビジネスを支えてきました。
 読者とSMスナイパーの蜜月関係はしかし、長くは続きませんでした。
 1990年代半ば頃、SMスナイパーと同じ大きさのA5版の平綴じという体裁による「別冊宝島」ブームがサブカル系出版社のあいだでブームになりましたが、数年でしぼみました。それと引き換えにやってきたのが巨大なインターネットの波だったのです。すべてのコンテンツは一斉にネットへ流出。サブカルコンテンツを求める読者もまた、ネットに流れ、紙媒体の世界にほとんどいなくなってしまいました。少なくとも、紙媒体で定時刊行するほどのマネーは回らなくなってしまったのです。サブカルコンテンツの一カテゴリーであったこの雑誌も、何とか今日まで踏ん張っては来ましたが、ついに終わります。
 最終号で永江さんが触れていましたがやはり紙媒体には紙媒体の価値があると思います。皆さんにはラバーフェチの話を期待されているのに申し訳ないのですが、私は紙フェチであり、本フェチであり、DTPおたくでもあるのでもう少しお付き合いください。
 東北大学教授で医学博士の川島隆太先生によると、パソコンのモニターでものを読むのと、本や紙に書いてあるものを読むときとでは、脳の働きはまったく違います。前者はまったくあとに残らず、ほとんど脳は働いていないのです。ですから、紙媒体で情報を吸収するのは、人にとってはじつはたいへん有意義で効率的なことなのです。ネットがバーッとやってきたから、何でもネットで読めばいいというのはダメなのです。これはと思う情報は、やはり紙で読むべきなのです。でないと、その情報とともにあなたは生きていないことになる。私は、フェチが人生であり、フェチこそ生きることです。ですから、フェチなことは本当は紙に書かれたもの、紙に印刷された写真を堪能したいのです。実際、半月に一回程度届くMARQUISとへヴィーラバーマガジンの最新号を、インクの匂いとともに読むときは、ネットで大量の無料画像を見ているときとはまったく違う満足感が味わえます。毎日数時間、モニタの前で過ごす私がこういうワケです。
 それに、紙媒体は本という物理的な空間の占有によって、私たちの人生に付加価値をもたらすと思います。私の家には4千冊の書籍(SMスナイパーではない)があります。これらを見て、たいていの来客は私に一目置かざるを得ません。大量の本があるだけで、人から偉く見られるのですから、これほど愉快なことはありません。これがたとえば、大量の自作パソコンだったり、ゲーム機だったりしたらどうでしょうか。本と同じように尊敬を集めることはできないと思います。
 MARQUISの社長ピーターの妻ビアンカも言っていますが、この出版不況の中で紙媒体にこだわるのは、同業者間で頭ひとつ飛び出させることができる(箔を付けられる)からです。ですから、SMスナイパーという「定期紙媒体」がSMというカテゴリーのなかで今回一冊失われてしまったのは、SM業界の威信あるいは、サブカル業界の発展にとってはマイナスなことで残念といわざるを得ません。
 話を最終号に戻します。普通最終号ではあまりそのことに触れないでサラッと終わることが多いのですが、さすがSMスナイパーは違いました。数十ページにも及ぶ関係者のアンケートや、回顧録などを非常に小さな字で大量に載っけているのです。これこそまさにサブカル誌の姿です。一号一号がまさにお祭りであり、イベントだったのです。これに関わる関係者、編集者やライター、モデル、カメラマンたちは、皆、この雑誌に出て何かが変わる、何かが始まると期待してしまうものなのです(私も大学時代にサブカル関係の書籍のライターをしてプロフィールが載せられたりして、人生が変わったと喜んだ思い出があります)。ところが、実際は何も変わりません。SMスナイパーの膨大な総括記事は、このお祭りの後始末として、関係者の言いしれぬ期待感を収めるために必要でした。
 しかしじつはこのお祭り、しっかりとネットへ──ウェブスナイパーへと引き継がれています。このウェブ媒体は、プロの書き手が真剣に書いた驚くべきコンテンツの宝庫です。これが、MovableType(XOOPSだったかな)という廉価なウェブアプリケーションにより提供され、誰でも無料で愉しむことができます。ウェブスナイパーをやっているのは、たったひとりの野心的で非常に優秀な編集者です。一度しか会ったことはありませんが、彼はまさにプロでした。
 ラバーキャットスーツをギチギチに着て愉しむ皆さんは、私と同様、SMスナイパーなんて買って読んだことはないと思います。今の時代は、本で読んで自分の変態性欲を妄想のままにしておくことがむしろ困難なほどに、いろいろなことを体験・実践できるようになりました。何でもネットで、非常に安いコストで、簡便で容易に、たとえばパートナーを見つけ、物を買い、実際に愉しむことができます。ネットがもたらした、体験することの敷居の低さです。
 さて、この歴史的な最終号の表紙とグラビアにおいて衣装で使われたコルセットは、編集者の求めに応じ、ALT-FETISH.comが無償でお貸し出ししたDEMASKのトラディショナルコルセットでした。少年時代、道ばたに落ちていたSMスナイパーを恐がり、アズロでフェチに目覚め、社会人として一時はその雑誌の職場をうらやんだこともあった私でした。いま、この雑誌の贈呈本のグラビアに印刷された「ALT-FETISH.com」の文字を見て、私の人生をなま温かく振り返った次第です。
※告知
ALT-FETISH.comオリジナルDVD写真集シリーズでなんと驚愕の100枚を売り上げた美人ミストレス「マイ女王様」がストリップ劇場の通称「ハマ劇」にてSMショーを行います。キャットスーツを身につけ、M男をブリーズコントロールや緊縛で調教。ぜひご都合の許す方はお運びください。日時:12/3(水)一回目 12:00-15:15 二回目 15:20-18:40 三回目 18:45-22:00 各回、4番目の出演で、35分程度 場所:ストリップ浜劇 横浜市中区宮川町3-91 tel:045-242-7751
【後記】SMは風俗か?
法律的な見地からいえば、風俗とはいえないかもしれません。法では、風俗というと、「裸体の」「性欲を刺激せしめる」そういう言葉で規定されています。しかしSMは必ずしも裸体ではないというか、裸体のワケがないし、刺激されるのは性欲ではないからです。ただ、新宿の有名SMクラブラシオラが摘発されましたが、それは風俗営業を無届けでやっていたからだという容疑です。SM行為は風俗じゃないと言い張ることは当局には無効なようです。SMはそういうわけでまあ結局目立つと風俗というふうにされ、おとなしくしていればお目こぼししてもらえる、そんなグレーゾーンな業態といえなくもないですね。では、このラバーフェチプレイはどうなのでしょうか。バキュームベッド。ブリーズコントロール。ラバー女装。法がこれらを風俗とみなすのには、あと百年かかかりそうです。
市川哲也/ALT-FETISH.com
ALT-FETISH.comはラバーキャットスーツ、ラバーマスク、ラバーグローブなどのコスチュームや、ラバー関連の海外書籍・雑誌を販売するラバーフェティシストのためのオンラインセレクトショップです。
ALT-FETISH.com
http://www.alt-fetish.com/
info@alt-fetish.com
(C)ALT-FETISH.com

TokyoPerveリポート──強い訴求力を持つ外観の問題

今日の話題
[ 1 ]TokyoPerveリポート
[ 2 ]MARQUISのフェティシストアンケート抄訳
[後記]アメリカ新大統領誕生
[ 1 ]TokyoPerveリポート
 広告手法のひとつに「ティザー広告」というのがあります。ティザー広告は、たとえばDMなら、封筒に印象的な写真や、意味深な言葉を載せて受取者の関心を引きつけ、中身を開封させるとか、マス媒体なら、価格や具体的な商品名を伏せ、何か斬新な映像や断片的な情報のみを流して話題を喚起し、一定の時期に一斉にその広告で販売したい商品やサービスの詳細を流すというような手口です。
 この広告手法の狙いは、ティザー、つまりみるとヨダレが出てくるような「そそられ感」を演出して、消費者の意識を引き寄せることです。背景には、従来のように、商品やサービスの価格や詳細をいきなりダイレクトに訴求しても、食傷の消費者を引きつけることができなくなっているこの消費社会の成熟飽和状況があります。
「本来、商業広告とは、広告主がある商品やサービスについて、顧客が購入したり利用したりすることを促すために作成・流布させるものであるため、当然に、その商品やサービスについての名称や価格、性能、効能等を明記・明示し顧客に説明することとなる。しかし、類似の商品やサービスが他にあり、また商業広告が多く作成・流布されている中では、通常の広告では顧客の注意を引かないために、より派手な色彩、デザイン、音楽等の表現を用いて工夫を凝らすことになる。その発展として「本来あるべきものがない」表現は一見して奇異な印象を残すため、顧客の注意を引きやすい。そうして顧客の「いったいこれは何であろう?」という興味を喚起したうえで、ある日付以降に全てを明らかにしたり、ある操作(例えば封筒を開封、インターネットサイトでの会員登録、等)を行わせて、広告で伝えるべき要素を明らかにする。このように顧客はじらされることにより意識が能動的にその広告に向けられているために、広告の効果が大きくなると考えられている。」(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「ティザー広告」)
 2008年11月1日(土)深夜、六本木で開催されたTokyoPerveに、ALT-FETISH.comはプレススタッフとして光栄にも取材を許されました。今回、取材にうかがった不肖、市川はTokyoPerveを取材してみてまずこのキーワード「ティザー」が思い浮かびました。というのも、厳格なドレスコード(服装審査)を経て入場を許されたゲストたちの服装や雰囲気、ふるまいが、まさにティザーに満ちていたからです。
 もちろん、前世紀初頭に「グレート・ギャッツビー」で描かれているようにパーティーという営み自体がティザーそのもの、ティザーの象徴でもあります。ギャッツビーは、恋慕する女性の気を何とか惹きつけようと、毎晩のように自宅の豪邸で豪奢なパーティーを繰り広げるのです。
 ギャッツビーのパーティーをティザー広告とするならば、その目的はものを販売することではなく、好きな女性の気を引くことという個人的な性愛の成就が目的でした。ところで、同じパーティーでも現代日本の東京で繰り広げられたTokyoPerve(以下、TP)では、やはり同じくティザー的な「そそる感」に満ちあふれているわけですが、その目的はなんなのでしょうか。これだけの空間を準備してたのしむ場を盛り上げる主催者の「目的」。そして夜を徹して決して快適とはいえないファッションに身を包み、踊る参加者の「目的」。いや、目的などないし、そのパーティー自体がそもそも目的そのものだとする解釈はもちろん可能だし、それでいいと思うのですが、そうすると過剰な「ティザー」が未消化のまま私のなかに残されてしまいます。ですから、この場を借りて考えることにします。
(以下詳細はこちらのページをご覧ください、ただし長いので。最後のほうに写真をアップしました)http://www.alt-fetish.com/cnts/media/081101tp/index.htm
※取材では、ALT-FETISH.comオリジナルデジタル写真集007[DVD] ALT-FETISH featuring sionのSionちゃんに取材アシスト&ライターをお願いしました。キャットスーツを着ていることから来る「疲労」でカメラを構える気力を失いつつある私を何度も励ましてくれたのは他でもない彼女です。彼女の感想文も同時に掲載しておりますので、ぜひお読みくださいませ。
[ 2 ]MARQUISのフェティシストアンケート抄訳
 MARQUIS最新号の44号巻頭記事で編集長のピーター・W・チェルニヒがユニークなアンケート調査の結果を報告しています。MARQUISのウェブサイトや雑誌の読者を対象にしたフェティシストの素顔とでもいうべきアンケートです。
 75パーセントが大学卒業と高学歴で、30代と40代で7割を超えています。広告を少なくして記事ページを増やせという意見や、記事についてはもっとハードコアなセックスを見せろとか、他の同類フェティシストの実態をリポートしろなどの意見が寄せられています。MARQUISのバックナンバーで一番人気のあったのは、No.32のビアンカ・ビショップがカバーを飾った号。読者は10年以上の年季の入ったフェティシストが半数以上。ラバーフェチであることをカミングアウト派と、絶対秘密派は半々くらい。モデルが古いという意見に対しては、フレッシュな新人をもとむと呼びかけ。サイト(www.marquis.de)が使いにくいという意見に対してはオンラインサイトの改善にはたいへんな時間と手間がかかると言い訳しつつも、今年の前半にリニューアルしたと。ただし、見てみれば分かるがありがちなペイパービューのサイトであるようです。2008年の夏以降のサブプライムショック、秋の世界金融恐慌により、著しく売り上げを落としているとピーターの妻は最近のメールのやりとりで私に愚痴りました。「でもまあ、私たち家族が何とか食える、バカンスにもいける、それくらいの収入は確保されている」とのことで何よりですね(苦笑)。
 日本のフェティシストのことを皆さん知りたいですか? 特にラバーフェティシストは服も高価だし、着て愉しむには時間と場所が必要です。ローンを背負い、長時間残業に苦しむ日本の「パパ」にはとうてい難しい趣味の世界です。
 前項のパーティーイベントに参加して思いましたが、日本のラバーフェティシストは人生をこのラバーに捧げてしまっている「高コミットメント層」と、あとは時間と金に多少余裕のある「高所得者層」というおもに2つの層によって支えられている気がします。高コミットメント層の方は就労や家族が、ラバー趣味に費やすエネルギーを奪わないよう、一定の割り切りラインをもうけてやりくりしているのではないでしょうか。
 ピーターのアンケートには、自分と同じ趣味志向を持つ人たちがどんな人たちなのか知りたいという、供給側のマーケットリサーチ的な意味合いがあるのはもちろんですが、この業界にいま起きている「沈滞」的なムードを何とか打破したいという気持ちもきっとあると思います。ピーターたちは、ウェブを使ったり、DVDの新作を出しても、以前ほどの売れ行きは見込めなくなったといいますから、何とかこのカルチャーの裾野を広げ、新しいファン層を開拓しなければという危機感を持っています。そしてその危機感は日本の私どもも非常に共感せざるを得ない状況があります。今回の金融危機の十月の売れ行きは対前年比で3割減と厳しいものでした。
 ピーターのフェティッシュアンケートの声には、「モデルが古い」というものがありました。同じモデルを使い続けるのは本当に難しいです。なぜなら、コスチュームのバリエーションが非常に狭いからです。ラバーをなるべくたくさんの「前回とは違う」人に着せる、とにかく人を変える、これがフェティッシュメディアに課せられた重要なテーマです。
 というわけで、MARQUIS No.44HEAVY RUBBER FETISH MAGAZINE No.24を本日より発売開始しております。発売が遅くなったことをこの場を借りてお詫び申し上げます。
[後記]アメリカ新大統領誕生
アメリカで初めての黒人大統領が誕生しました。いわゆる新自由主義者たちは、この選挙戦の一年前から、サブプライムローンというインチキテロ商品で自ら自滅してゆきました。もちろん世界中に大迷惑をばらまいた元凶たるブッシュが、ある意味オバマ当選に追い風になったことはあるでしょう。しかし、そうはいっても直前までは私は心配でした。4年前に意味不明の事態でブッシュが再選したインチキな国だから、何が起こるか分からないと思っていたのです。心配は杞憂に終わり、見事当選を果たしました。リンカーンの有名な一説の引用「人民の、人民による、人民の為の政治」とか、民主主義の勝利とか。私は本当によかったと思わずオバマ氏の当選演説に涙腺がゆるむのを禁じ得ませんでした。オバマ大統領が訴える「CHANGE」のはじまりに、今、世界中が本当に感動しています。新自由主義が終わり、資本主義の暴走はまもなく止められることでしょう。社会福祉、教育投資、富の再配分、必要なら規制をいとわない、速くてスリムな政府がこの日本でも求められています。
市川哲也/ALT-FETISH.com
ALT-FETISH.comはラバーキャットスーツ、ラバーマスク、ラバーグローブなどのコスチュームや、ラバー関連の海外書籍・雑誌を販売するラバーフェティシストのためのオンラインセレクトショップです。
ALT-FETISH.com
http://www.alt-fetish.com/
info@alt-fetish.com
(C)ALT-FETISH.com