5/3撮影会「REPLICANT LAB」のチケット1日限定優待価格販売

 コスプレイヤー・荊城チカさん主催の撮影会「REPLICANT LAB」(フェティッシュ・テーマ、衣装協力ALT-FETISH.com)が来る5/3に東京・井荻のハウススタジオにて開催されます。
 撮影会詳細URL http://www.pinky-u.net/
(左のメニューの2009/05/03 5月撮影会「フェティッシュ」をクリック)
 ALT-FETISH.comではこのイベントにキャットスーツを数着貸し出しております。貸し出すキャットスーツは、BLACKSTYLE、DEMASK、ALT-FETISH.comオリジナルラバーを予定しております。実際にモデルが着た様子をじかにご覧いただき、また撮影も楽しめるまたとない機会です。
 ALT-FETISH.comでは、ALT-FETISH.comのお客様に限り、先着5名限定でこのイベントの入場券を特別優待価額にて販売します。販売期間はなんと本日4/30限定です。お申し込みはこちらからお早めに!
参加チケットお申し込みページ SPLURGE.jp
http://www.splurge.jp/55_1052.html
 ちなみに、過去に取材したこの撮影会の模様はこちらでご覧いただけます。この取材当時と今回とで、この撮影会イベントに関する場所・モデル・貸出アイテムの同一性は担保されません。
http://www.alt-fetish.com/cnts/repli/index02.htm
【販売要項】
 このイベントは、時間によって1部と2部に分けられております。チケットも、各部ごとにご用意しておりますので、ご都合のよい時間帯の部をお申し込みください。当日までにあまりお日にちがないため、お買い求めの際に次のように制約を設けさせていただいております。お客様にはたいへんご不便をおかけいたしますが、何とぞご理解・ご協力賜りますよう、お願い申し上げます。
◆部をお選びください。第一部(11:00~15:00 受付は10:30)または第二部(17:00~21:00 受付は16:30)。チケットは各部につき一枚必要です。
◆各部ともに、キャットスーツモデルが登場します。誰が着るかはお楽しみに。
◆発売期間は今日いっぱいです。
◆申し込みは先着5名様限定です。
◆お支払い方法は代引のみです。時間指定可。ご購入お手続きの際、他のお支払い方法をお選びいただいても、代引で自動的に発送されますのでくれぐれもご注意ください。
◆代引手数料は無料です。通販システムの都合上、送料と代引手数料が加算されて表示されます。購入確認のメールでもすべて加算して表示されます。実際のご請求時は、送料・代引手数料ともに無料となりチケットの代金のみとなりますので、ご了承くださいませ。
◆チケットのお受け取りが万が一間に合わなくても、お名前のリストを主催者へ渡しますので、当日入り口で「お申し込み者氏名」をALT-FETISH.com申し込み分としておっしゃってくださいませ。
◆お申し込み後のキャンセル・変更は出来ません。
◆当日会場までの旅費・交通費等はチケット代金に含まれません。会場までは各自実費負担のうえ直接おいでくださいませ。
【お問い合わせ】
以下のSPLURGE.jpお客様用お問い合わせフォームよりお願いします。
https://ssl.splurge.jp/support1.cgi
【編集後記】今日告知、今日いっぱいというありえなさ。ごめんなさい。ちなみにですが、今発売中のDVDのうち、10と12の宣伝動画がスナイパーさんのご協力により、見られるようになりました。
http://sniper.jp/008sniper/0082avinfo/010dvdaltfetish_featuring_mai.php
http://sniper.jp/008sniper/0082avinfo/012dvdaltfetish_featuring.php
みんな、見てね!
【註釈】キャットスーツとは?
(1)スタイル
キャットスーツは、全身の身体のラインがぴったり出るように着る、いわば全身タイツのような衣装のことです。トップスとボトムス一体型で、フロントにファスナーが付いています。色は黒で、素材はラバーやポリウレタンコーティングナイロンといった表面に光沢のあるものが主流です。
(2)意義
この服を着ることにより、人は、身体の線を自覚し、また拘束感をも味わいます。過ごしやすさや快適性への配慮から、日常の服はゆったりとしていて、身体とのあいだに空気の層が取られていることが多いのに対し、キャットスーツは身体に密着します。日常では体験できない「着衣体験」が、非日常性を演出し、興奮を来します。
(3)魅力
若い女性が着ると最高度の魅力が出せます。もちろん、旬を過ぎたタレントや歌手が底上げのために着ることもあります。安室奈美恵や浜崎あゆみがその例です。90年代にマドンナが着て話題になりました。非日常性と女性の美しさを際だたせるため、映画にも頻繁に使われてきました。
(4)性
裸で行うのに較べ、キャットスーツを着たセックスは魅力に富んだものとなります。専用のスーツには股だけを開けられるファスナーが付いています。清潔なキャットスーツに、ゴム、グローブ、ソックス、シースを装着すれば、衛生的で安全なセックスが出来ます。
(5)写真
芸術的なインスピレーションを刺激するもっとも本源的なもの。それが身体です。身体はつねに芸術の最も重要なテーマであり続けています。キャットスーツはその身体のフォルムを強調し芸術性とエロスをあふれさせます。キャットスーツモデルをデジタルカメラで撮影する行為は、成熟した大人に許された、創造への欲求を満たす自己実現活動のひとつです。
(6)第2の皮膚
全身に密着して着るラバーキャットスーツの場合は、服というよりももはや身体の器官の一部のように感じられます。第2の皮膚というキーワードはラバーキャットスーツを象徴的に表しています。身体の一部でありながら、人工的に追加された機能でもあります。まさにサイボーグです。第2の皮膚をまとって「変態」したキャットスーツ装着者は、自意識の変質から逃れることは出来ません。
(7)課題
一様でない人の体型へ工業製品であるキャットスーツをぴったり合わせることの困難さがキャットスーツを巡る最大の問題点です。また、ラバーは通気性がなく、汗疹等の皮膚の疾患や、汗が冷えたときの不快感はときとして性的興奮を打ち消すほどです。着る際の身体的・環境的コンディションには細心の注意が求められます。
【フェティッシュジャーナル No.625】ラバーフェティシストのためのメルマガ・ブログ
文・市川哲也
ラバーフェティシストのための2つのサイト
2001年創業。信頼のラバーコンテンツサイト| ALT-FETISH.com |
http://www.alt-fetish.com/
ラバー販売に特化した高機能ECサイト| SPLURGE.jp |
http://www.splurge.jp/
ALT-FETISH.comならびにSPLURGE.jpはファティーグ合資会社FATIGUE,Inc.が運営しております。

2009新年度リリースDVD3作のみどころ

 昨年末に販売サイトをスピンアウトしてからというもの、今ひとつ売り上げ的に盛り上がらない事態に戸惑いを覚える今日この頃。皆さんはいかがお過ごしでしょうか。昨年秋に米国からはじまった世界金融危機と不況は、2010年も引き続き、当面私たちは「退屈で質素な低成長の時代」を生きることになるということです。そうしたなかで、この退屈で陳腐な日常を何とか生き延びるために、ALT-FETISHはラバーフェティシストの皆様へ自分の元来持っている変態的素質を刺激してキラキラ輝くひとときを今回もまたお届けできることを、誇らしく、喜ばしく思っております。
 ただし、ラバーフェティシズムと一口に言っても、最近ではいろいろと細かく趣向が分かれています。無限に、といってもいいでしょう。いくら細かくなっても、ALT-FETISHが対象とする領域は変わりません。なぜなら、ALT-FETHSIは市川という一個人のが恣意的に選んだ狭い対象領域に投影される現代社会の有り様を表現することだけを目的にしているからです。私が選んだ対象領域=黒いラバーキャットスーツ、ブーツ、グローブ、マスク、ヘルメットなどに関心が及ばない人は、そもそもALT-FETISHの読者たり得ないということです。残念ながら、うちの変態商品でよろこんでもらえる人は本当に限られた人ということになります。
 前作はおとなしかったし、やや間が開きましたがその分、非日常性のイリュージョンが希少性を獲得してますますもって滋養に満ちたものとなるのです。
 さて、4/1同時発売のDVD3タイトルを、順番に解説していきたいと思います。
010[DVD] ALT-FETISH featuring Mai & Labi(動画2本収録)
http://www.alt-fetish.com/book/1839/1839.htm
 このタイトルは、シリーズ最高売り上げを記録したMaiさんの2作目です。やはりこれだけ売り上げた人となれば、二作目三作目となっていくのは当然です。ただ、今回、やや、市川趣味とは外れた内容すなわち、縄縛り、スパンキング、バキュームベッドというSMカテゴリーのプレイが動画に多く収録されているのが問題です。ここでは、もちろん素直に「ラバーSM」と喧伝するべきところなのですが、これまでの私の言動、そして、ALT-FETISHの思想になじみのある読者諸兄からすると、やや唐突なのは否めません。つまり日和ったのではないかと言うことです。注意していただきたいのは、この作品が他のSMビデオやラバー作品とは完全に異なる次元の付加価値を持っていると言うことです。それは、完璧な着こなしであり、洗練された出演者の質の高さです。奴隷役のLabi少年(もちろん成人男性です)も脇役ながら奮闘しています。Maiさんのテクニカルでミステリアスな(?)バキュームベッドプレイもぜひやってもらいたいとつい引き込まれます。
 このDVDには、動画が2本収録されています。ひとつめが上述したとおりSMなら、ふたつ目はもっと驚くべき内容です。なんとラバースーツに身を固めた男ふたりによるラバープレイの模様が収められているのです。私たちは妄想として、ラバーを着た女の人とあれこれやるというのはもちろんあるわけですが、相手が男というのはどうなんでしょうか。普通はあり得ません。しかし、男とはいえ、chikaさんだって男なんです。chikaさんのような超美形の方なら、ラバーを着られたら、もう性別なんて吹っ飛んでしまいませんか。これが世に言うラバーによる性別超越という現象です。ラバー女装子という言葉もありますが、今回は違います。女装していません。女装どころか、もう男なのか女なのか、まったく分からない謎の変態生き物になってしまったのです。そういうふたりが、何をするかといえば、互いの突起物を口でしたり、手でしたり、あるいは凹凸にはめあわせたりとAVでみられるプレイの一通りをしてみているのです。この2作目は実験的意味合いもありました。つまり、ラバーという装置が、人間の性的動機付け足りうるのかどうかです。もしラバーがそうした機能を持っていないのなら、じゃあどんな機能を持っているのでしょうか。着たふたりが、自然に性的所作に及んだのは、この実験が成功したことを物語ります。もしトランプし出したり、メシ食い出したり、プロレスを始めたのなら、ラバーの性的機能に赤信号が灯ることになります。そうした意味で収録前は緊張感に包まれたのですが、無事に組んずほぐれつやってくれたおかげで、ある意味安心しました。
011[DVD] ALT-FETISH featuring J’zK (動画はありません)
http://www.alt-fetish.com/book/1840/1840.htm
 このタイトルは、写真だけということで、原点に帰ったような感じです。動画なしでもこの有名人のラバー姿の訴求力は圧倒的です。これまでALT-FETISHと取引のなかった女性ファンが大挙して買い求めています。市川がイベント取材中に、茶漬けこTJ’zKは「ぜひモデルをしたい」と話しかけてきました。彼は、ラバースーツを着ることで、自分の身体の魅力が数倍になることを瞬時に見抜きました。このように、ALT-FETISHのDVDシリーズは、作品として残したいというモデルの方の出演希望にもよろこんで応えます(もちろん審査はあります)。090のユーリはまさにその典型です。ちなみにこの写真集ものの売れ行きは通常30を超えることはありません。非常に高額なコスチュームを、専門のスタジオで撮影していながら、わずか売れ行き30でも赤字にならないのは、モデルさんが歩合制報酬を受け入れてくれること、ボランティアで参加してくれるカメラマンさんがいることをはじめ、少なくとも確かにいるお客様のおかげです。
012[DVD] ALT-FETISH featuring わかみほ(シリーズ最長・最エロの本格AV仕様の動画収録)
http://www.alt-fetish.com/book/1841/1841.htm
 シリーズ中、もっとも顕著にエロい、直球勝負のAVの登場です。男優が出てきて云々というのこそ、ありませんが、指や電マで何度もオナるわかみほ嬢。プロなので、スタッフの前でどんどん着替え、下着など一切なしでいきなりラバーキャットスーツを装着しました。これにはカメラマンも、私も度肝を抜かれました。その後の撮影内容も、風俗慣れしていない私はアンビリーバブルの連続でした。カメラマン氏も「これまで撮ったなかで最高だ」とうわごとのように繰り返すばかり。本当に前代未聞の映像作品となりました。写真集というよりも完全にAVです。収録動画は50分弱です。
 フェティッシュ空間の創造者、不詳、監督市川が、プロ経験もあるボランティアカメラマン氏の力を得ながら押さえた、本作品のポイントは次の通りです。実際成功しているか、お客様の目で確かめてください。
 本作・わかみほの設定は、ラバースーツを着た変態オナニーガールです。ラバーキャットスーツを中心に、ラバーマスクやヘルメットなど頭部かぶり物のバリエーションならびに、指で直接刺激か、上から電マを当てるかのバリエーションで、数パターンのオナニーシーンを収録しています。キャットスーツ、グローブ、デマスクのコルセット、ガントレット、そしてラバーズファイネストの最上級ラバーマスク、サイズのあったフルフェースヘルメット、サイハイレザーブーツ。衣装代の総額はもちろん20万円を超えます。これほど高額なコスチュームを着たままの状態による、AV女優のオナニーシーンの動画は、日本では間違いなくはじめてです。
 電マは筆者も試しましたが、これが驚くほど気持ちいいです。私は男ですから、ペニスシースつきラバーパンツにキャットスーツを着た状態で、亀頭に上からそっと当てたのですが、しごくまでもなく達してしまって驚きました。ですので、わかみほも間違いなくこれは本当に感じていると思います。電マの振動は、股間のファスナーに伝わって、それがジリジリと音を立てる様子も臨場感を引き立てます。
 本作では、デマスクのシングルインレット(現在長期品切れ中につきご迷惑をおかけしております)ガスマスクに、ドンキで買ったスノーボード用のゴーグルをコーディネートしてみました。このミラーシールド加工のゴーグルにより、近未来の雰囲気と、あとエアフォースパイロットのような雰囲気がうまく出て、ある種の「緊迫感」の演出に役立っています。結局このような「重装備」がなぜ必要かといえば、「死」を意識させるからです。死=エロスです。なぜならご存じの通り、遺伝子を後生に残すというミッションが死に直面したとにもっともスイッチが入るからです。ですので、死ぬほどの危険にも耐えうるほどの重装備感がエロスにつながるのです。この重装備のなか、口から伸びたホースで股間をしごいたり、股ファスナーを開けて指を突っ込んで指でオナニーをします。この場面では、本シリーズのなかではじめてモザイク処理が行われました。もごもごとマスクの後ろで声を出しています。
 本作には、関係者から著名な建築家がデザインしたユニークなマネキンオブジェ「グリザベラ」(簿価20万、時価3万円相当?)が出演しています。黒くて、上部が女性をモチーフにした形状の細長いオブジェはご覧いただければ分かります。このオブジェのポールの部分を使って、わかみほは見事にポールダンスを展開します。恍惚とした表情で、全身を使ってオブジェと一体になるわかみほの映像は、彼女の本職(のひとつ)がストリップダンサーであることの証左でもあります。このシーンは飛ばさずに堪能した方がいいでしょう。このような美しい女性が、ヘルメットをかぶったりマスクをかぶったりしているんだとあとでいっそう興奮の素材となります。
 中盤で、さる志の高いお客様の無償貸与協力により、本格フルフェースヘルメットのテーマコントとオナニーシーンも収録しています。本作で使われたお客様貸与のヘルメットは、Araiの白と、黒のフルフェースヘルメットです。このお客様は元々はALT-FETISHのお客様でしたが、数作品前からALT-FETISHのこのDVDシリーズでフルフェースヘルメットが多く登場することに気がついて、わざわざお持ちのコレクションを貸し出す申し出をしてくれたのです。もちろん不肖・市川も、このラバーフェチの源流に、女性のライダー(昔多くいた革つなぎのライダー)があることから、ぜひとお願いしました。ヘルメットを使ったシーンにおいて、このお客様が考えられた筋書きのショートコントを収録しました。コントでは、わかみほはラバーキャットスーツこそ着ているものの、フルフェースヘルメットフェチの彼氏からヘルメットをかぶるように頼まれた恋人ないし友達の設定です。ヘルメットをかぶるように言われたわかみほは、重い、きついといいながらも、次第に普段とは違う自分の変な「うずき」に我慢ができなくなります。電マを手に取り、メットをかぶった自分を鏡に写しながら立ったままオナニーを始めます。そしていすに座り、本格的にヘルメット姿でオナニーするのです。
 ヘルメットのサイズは、弊社の常備品(黒いやつ)と違い、女性用のサイズというか、要するにでかすぎないのです。ぴったりサイズのヘルメットが醸し出すエロティシズムの発見もまた、このお客様によってもたらされました。皆さん感謝しましょう。
 以上で3作品の能書きは終わります。これだけの内容で、三枚買っても1万円行きません。これはマニアもののDVDでもかなり異例なことだと思います。
 ALT-FETISHに物言う人の中には、動画とかサムネール、長文の内容説明だけでお腹がいっぱいになる、見せすぎだという指摘があります。私は、それはもちろん、もうけるためにはもっともな指摘だと承知しています。しかしながら、売り上げ以上に大事なことがあります。それは、ラバーフェティッシュな動画や静止画がこのALT-FETISHで日々、生み出され続けていることを一人でも多くの人に知ってもらうことです。フェチじゃないひとが、ALT-FETISHのラバー動画、静止画を見て、ラバーフェチに感染してもらえたら本望なのです。実際問題、ここ1年くらいのあいだに、平成生まれの若いティーンエイジャーから、ALT-FETISHでラバーフェチを知ったという感想が届くようになりました。その中には、モデルをやりたいという、信じられないほど若くて無垢できれいな女子も含まれていました(残念ながら破談になりましたが…やっぱり怖いからだと)。一作一作の経済的利益よりも、ラバーフェチという大きな思想を広く蔓延させることを重視するからこその大量無料見せ、長文解説です。ちなみに値上げしたのには、出演者増(010)と、さすがにプロ女優にいくら何でも一枚数百円じゃあ、という配慮から(012)です。ご理解くださいませ。
【編集後記】この作品は、都内のインディーズビデオ店でも売りたいと思いますが、「ここに置いたらいい」と思う店があったら教えてもらえませんか? 中野、秋葉原あたりに何店かあることは知っていますが、具体的な店名が分かりません。ご協力をよろしくお願いします。動画をユーチューブと、ニコニコ動画にアップしましたがすぐに削除されました。たくさんのサムネールは写真集の静止画のものですので、動画のイメージは今のところお見せできない状態です。
 この作品を出した4/1以降、続々と、これまでにはなかったようなスペックのモデル志願者からメールが届くようになりました。やはり継続は力なりということで、もう12作も出して、すっかり定着・信頼を得てきたと思っております。カメラマン・スタジオ・コスチューム、メーク、パッケージング、販売経費等の、モデル報酬以外の経費を徹底的に削減。浮いた分は販売価格を安くすることと、モデル報酬に充てるこのビジネスモデルも次第に理解されてきているものと受け止めています。買っていただいた皆さんの応援があってこそのことです。今後も、皆さんが買っていただければ、さらにモデルも呼び込むことができ、皆さんも高水準のモデルを楽しめるようになるというこの好循環を続けられるよう、ぜひともご支持賜りたく存じます。
 最後になりますが、昨年末、デマスクの商品をご注文いただいた数名のお客様におかれましては、この場を借りてあらためて深くお詫び申し上げます。デマスク宛オーダーが昨年末、規定数量に達するまでに異例の長い時間がかかったこと、製造過程でデマスクでトラブルが生じたことのふたつの不幸が重なり、納期が半年に至るケースが生じてしまいました。かさねてお詫び申し上げます。
【フェティッシュジャーナル No.624】ラバーフェティシストのためのメルマガ・ブログ
文・市川哲也
ラバーフェティシストのための2つのサイト
2001年創業。信頼のラバーコンテンツサイト| ALT-FETISH.com |
http://www.alt-fetish.com/
ラバー販売に特化した高機能ECサイト| SPLURGE.jp |
http://www.splurge.jp/
ALT-FETISH.comならびにSPLURGE.jpはファティーグ合資会社FATIGUE,Inc.が運営しております。