東京ショールーム補足

 イタリアに、サンマリノ共和国という独立国家があります。まわりは全部イタリアですが、人口三万人くらいの小さな丘の上の町全体が、1つの国家を形成しているのです。13世紀くらいからあるというのだから驚きです。
 サンマリノ共和国は、他国を侵略して領土を広げようとしたことがない。そこが、他の国家からの侵略を免れ、独立し続けることができた要因だとされています。第二次世界大戦中は、逃れてきた戦争難民を数ヶ月間養いました。人口の十倍の難民が押し寄せたのに、彼らは自分たちの分け前を与え、難民の生命と安全を担保したのです。サンマリノ共和国は、平和第一主義です。日本と同じ長寿大国でもあります。
 サンマリノ共和国のことをあれこれ見ていて、ALT-FETISH.comも同じだなと思いました。
 このアダルト関連市場の中で、競合他社に商圏を荒らされることはほとんどありません。それはALT-FETISH.comが、黒のラバーキャットスーツ以外に商材を広げようとしないからだと思います。たとえば全身タイツとか、透明ラバーとか、他の隣接商材には一切関心がありません。さらにいうと、平和主義、これは私が熱心に(別に特定政党とか宗教に属していないにもかかわらず)憲法九条の堅持・平和主義を貫いているからです。平和主義は商売上の競争を避ける姿勢に出てきますが、これはお客様にとり好都合だと思います。なぜなら、競争のためのコスト(店の投資や商材を増やすための在庫投資、広告投資)は必ず、商品価額に上乗せされるからです。
 というわけで、東京のサンマリノ共和国よろしく、ALT-FETISH.comショールームの補足を。
http://www.alt-fetish.com/service/shop/index.htm
 少しずつ認知され、ポツポツと予約が入っています。このあいだおいでいただいたお客様は、地方在住の方で、仕事の出張で東京に投宿している方でした。これは想定外でした。想定していたのは、近所の人です。ところが、実際問題として、当ALT-FETISH.comの顧客リストのうち、近隣市の方は1パーセントくらいしかいません(小金井市・武蔵野市・三鷹市・西東京市・国分寺市)。そんな少数派がそもそも来るという想定が合理性を欠いていたのです。
 このショールームの最大の売りは、キャットスーツが試着できるという点です。もちろん在庫があれば他のラバーアイテムも、チンチンに直接つけるようなものを除いては原則として試着していただきたいと考えております。室内が割と狭いのでなかなか、店員たる私とふたりきりのところ「着たいんですが」と言い出しにくいと思います。ですからこちらが積極的に、試着を奨めております。そうするとたいてい着ていただけます(買う買わないはもちろん別ですし、買わない方もいらっしゃいます)。当施設の目的が、キャットスーツの試着である以上、おいでいただいたのなら着ないと意味がない、くらいに思っていただきたいです。着ていただけただけで私はたいへんうれしく思います。
 このショールームは、いわばラバーフェティシストのための「サンマリノ共和国」「公共財」「インフラ」だと思っていただきたいのです。
 ブログを読んでいる方の中には、普段の日常生活の中で、ラバーのコスチュームを買いそろえ、実際に着て愉しむなんてことがあり得ない方も多いと思います。ご家庭の事情などです。そうした方は、ここで一度でもいいからキャットスーツに袖を通してみて下さい。その体験を一度すれば、かなり違うと思います。別に買わなくても私は全然かまいません。キャットスーツの良さを知っていると思われる方に、実際に体験してもらうことが私のマニアとしての喜びなのです。たくさんの試着可能アイテムは、販売のきっかけではなく、話のきっかけ低度なものです。DEMASKのキャットスーツと全頭ラバーマスクをかぶせたマネキンも、MARQUISのDVDが見られるようにしてあるのもです。
 シンプルなこちらの意図が少しでも伝わればうれしいです。
 まあ、オープンしたてですから、今週とか来週に何も来ることはないと、たしかに思います。ある程度継続してやっているのかどうかを見極め、評判が入ってから来ればいいと思います。私が、学生時代にはじめてアズロに行く時に、どれだけ勇気と決断が必要だったかを今思い出しているところです。暗闇にボーッと浮かぶ廃アパートに出来たあやしげな店など、私だったら行かないでしょう(ちなみに、エントランスの階段は照明を設置してメチャメチャ明るくしました!)。ただし、東京都のどこかにそういう変な場所があるというのだけでも、皆さんにとっては励みになりませんか? 私は新卒でつまらないメーカーに就職した日々、心の支えはアズロの存在でした。別に店に行かなくても、四谷のあのひなびた商店街の一角にアズロがあるという思いでだいぶ励みになったものです。
 金曜日に来たお客様は、住所からグーグルストリートビューで建物を事前に調べておいでになったから、恐怖感はあまりなかったといいます。建物はたしかに夜は恐いので(正直私も恐い)、照明をガンガンにつけて明るくしました。お客様からいわれた言葉は「頑張って下さい」。私も本業は別にあります(普通のサラリーマンです)から、これは副業です。副業ですからそんなに儲けなくてもいいですし、少しでも仲間が増えれば楽しい、それでやっています。その辺のところを斟酌いただければ、もっとたくさんの方においでいただけるものと確信します。
※展示在庫リスト=すいませんが今あまり在庫がありません。BLACKSTYLE、MARQUISとも、9月中旬以降の入荷が予定されておりそれからのほうがいいかもしれません。
http://www.alt-fetish.com/service/shop/zaiko.htm
【お願い】
インフルエンザが流行しております。また、商品はデリケートなものですので、入室したらすぐに、手を備え付けの石けんでよく洗ってくださいますよう、ご協力を願いします。
ラバーフェティシストのための2つのサイト
2001年創業。信頼のラバーコンテンツサイト| ALT-FETISH.com |
http://www.alt-fetish.com/
ラバー販売に特化した高機能ECサイト| SPLURGE.jp |
http://www.splurge.jp/
東京都小金井市ショールーム| Refuge de Marquis |
http://www.alt-fetish.com/service/shop/index.htm
ALT-FETISH.comならびにSPLURGE.jpはファティーグ合資会社FATIGUE,Inc.が運営しております。

ラバーフェチの高校3年生との往復書簡

【はじめに】
ALT-FETISH.comでは、オリジナルデジタル写真集シリーズとして、女性のラバーキャットスーツ姿の写真集を執拗に発表しています。すでにタイトルは8作目を数え、いまもしばしばモデル志願者の女性たちからメールが寄せられています。今回ご紹介するのは、そうしたモデル志望者のなかでももっとも若い、異例中の異例ともいえる地方在住の高校3年生の自称「変態」女子からの応募メールです。皆様には公開できませんが、彼女の写真を何枚も見て確認しています。彼女は、かわいい(美人)です! マジで。これマジですよ。見た目はまったく普通の、制服着た女子高校生なのです。この子がまあ、ラバー着て悶絶したいという欲望をうずかせていると聞いただけで、私なんかもう……。この仕事の役得といえば役得です(本当に得になったかどうかは、どうか本文を最後まで読んでください!)
【2008.10.13 メール来る】
市川哲也様
はじめまして。
HN=かほる と申します。
前からコスプレとかSMとかに興味がありました。SMといえば裸にされて
縛られたり、吊されたり、ローソクをたらされたりするとゆーイメージ
がありましたが、そーゆーのはわたしの趣味に合わないよーな気がしま
すし、いまのところやってみたいとも思いません。
そんな思いで、ネットサーフィンしていたら、ALT -FETISH.comのサイトに
たどり着きました。
実際に着けた経験はありませんが…
きゃっ(>__<) (市川)キャットスーツはもとより、ラバーマスクもかぶっていただくことになりますが大丈夫ですか? 結構清純というか、スポーティーな?イメージですね。なぜ、ビザールな(=変態の)コスチュームを着たいのか、教えてください。 理由は簡単・・・ わたしは変態だから(^o^) 自分で言うのも何ですが・・・ 周りからは清純派だと思われています。でも、本当は前に書いたみたく、コス プレとかSMとかに興味があるのですよ。 でも、キャットスーツって、そんなに変態なのかなぁ? カッコいいと思っちゃうんですけど・・・ そー思っちゃうわたしって、やっぱし変態(>_年齢は?
18歳です。
(市川)あと、オナニーとかカメラの前でできますか? ラバーマスクをかぶったま>まですので、顔はでません。
(。^。)コケ!
弱ったなぁ
「やります」とゆーお約束はできません…
(市川)一度お会いして打ち合わせしたいんですがよろしいですか。衣装合わせがありますので。
衣装合わせですか(^^ゞ
メチャ萌えますねェ
でも、上で書いたよーに実現するのは来年になってからです。
それでもよろしいでしょうか?
じゃーん・・・逆質問で~す。
撮影に使用したあとのキャットスーツですけど・・・
わたしの気に入ったものがあれば・・・
正規料金よりお安く分けていただけませんか??
実物を見たことがないもので・・・
変わるかもしれませんが・・・
今のところ・・・
「カッコいい!」と思ってるのは・・・
——
SALO社のレディース用バックファスナータイプ
ALT-FETISH.comで売ってるフルボディーハーネス、スレーブカラー、
リストベルト、アンクルベルト、編み上げタイプのマスク黒1.2ミリ厚、
エクストラヴァバガンザ 20/37
——
の組み合わせです。
コルセット&ストッキングもいいんですが、わたしのイメージではハーネスと
両立しません。
どーですか? わたしのコーディネートは?? 趣味悪いですか???
ただ、全部、正規料金で揃えるとしたら、予算オーバーしちゃうのです。
どーか、できるだけお安く・・・
お願いします
【その後】
彼女は途方もない田舎に住むひとりの女子高生です(現在は大学生と思われる)。住んでいるところは地方ですが、こうしてインターネットで自分の嗜好に合うメディアを見つけてコミュニケーションしてくる、積極的な18歳ということです。ALT-FETISH.comをはじめて8年が過ぎ、このようにまったく見ず知らずの、それも若い人にも影響を与えられるほどになったと思うと感慨無量です。ITがそれだけ浸透したということで、時代の変化を感じてしまいます。
驚くのは、18歳なのにすでに相当の変態として完成しているという点です。彼女の写真を見る限り、まったく普通の、どこにでもいるかわいい高校生なのです。なのにこうした文章を書いてくる。私は何度も、「ネカマなんじゃないか」「いたずらだろう」とつっこみを入れました。しかし次々と信用するに足る反証を挙げてきます。とりわけ信ずるに値する情報として、2009年の春、彼女は東京に進学のために引っ越してくるということです。何でも、(おそらくは進学校と思われる)通っている高校の推薦枠を得たため、大学へは面接のみで入れる、その面接のために年内に上京する、その際に衣装合わせとか、ほしいアイテムの試着をしたいと言ってきたのです。
 それに、そもそも「じゃーん・・・逆質問で~す。」とか「(。^。)コケ!」とか、大人の作為ではあり得ない表現でしょう。
 というわけで、非常に興奮する若いラバーフェティッシュガールの登場。清純でかわいらしい風貌。18歳で、地方の進学校出身、大学には推薦で合格。晴れて東京進出なのに、ラバーフェチ。私は、今年春、彼女からのメールを毎日毎日待ち焦がれていました。
 ところが……。
 「やっぱり恐くなったので、今回の話はなかったことにしてください」
 ガーン!!
 ようやく彼女からメールが来て喜んで読んでみたら、こうですよ。はあ。現実はそういうもの。要は、いかに数をこなすかです。ぼくたちの人生は、村上春樹もいっているように、「文化的雪かき」そのものなんですから。雪かきをやめたら、どうなるかって? そりゃつぶれちゃいますよ。
 ちなみに、こういうティーンネージャーの変態の女子は結構いるものと見え、その後、ちらほらメールが来ます。たいていは質問してきて、それで答えてそれっきりとなりますが。もっとも、オナニーできるかなんて訊いたら引かれるのは当たり前ですね。

▼東京都小金井市にALT-FETISHショールーム開設

     ◆◆◆ フェティッシュジャーナル No.631 2009年8月24日 ◆◆◆
             ALT-FETISH.com 編集・発行
◇フェティッシュジャーナルは、ラバーフェティッシュピープルのみなさまに、
 フェティシズムの考え方、フェティッシュ情報、実践の勘所、ALT-FETISH.comの
 新商品や新記事の紹介をします。記事全文はNiftyのココログに掲載します。
           http://alt-fetish.cocolog-nifty.com/
                  ◆目次◆
▼携帯・カード決済に対応&値下げ
▼東京都小金井市にALT-FETISHショールーム開設
□◆携帯・カード決済に対応
 このたび、ALT-FETISH.comのショッピングカート機能を担ってきたSPLURGE.jpが、ようやく携帯からの閲覧・受注に完全対応いたしました。携帯ユーザ様向けの販売ページのURLは、
http://www.splurge.jp/m/
 販売サイトのURLの最後に/mをつけてください。これで、どこにいてもALT-FETISH.comの商品について、すべて在庫確認や注文ができる。まさに夢のような世の中となりました。じつは、先月まで、携帯ユーザ様向けに、別ドメインでGMOメークショップというASPを使っていましたがもうやめます(割高にしていたため、携帯ユーザ様から完全にそっぽを向かれました&管理も死ぬほど煩雑)。これまでの失礼に携帯ユーザ様には心からお詫び申し上げます。
 このたびの携帯対応サイトは、価格面においてPCユーザ様と差異なく商品をお買い求めいただけます。これまでのご不便をかさねてお詫び申し上げます。
 カード決済については、大手企業の情報漏れの事故が相次いでおります。ALT-FETISH.comは安全面からクロネコ@ペイメント(お客様がヤマト運輸のサーバに入って決済手続をするため、ALT-FETISH.comに情報が漏れず安全)に一本化しています。一時期カード決済で使っていたGMOとかイプシロンといった新興企業にカード情報が漏れれば、どんなことになるか分かりません。クロネコ@ペイメントはご注文と同時の決済ができず不便で、なおかつ手数料もかかりますが何卒ご理解とご協力をお願いします。
 昨今、ラバーキャットスーツでググれば多くのコンペティターがいることが分かります。そうしたなかで、ALT-FETISH.comはどこ様よりもお値段を安く、そして、黒いラバーキャットスーツに徹底的にこだわっています。これまでもそうですし、これからもです。くことで、皆様のお役に立ちたいと考えております。
 私たちにとって、最近の円高はまぎれもなく追い風です。先日、輸入全商品の価格を一律値下げいたしました。これを機会にぜひお求めくださいませ。
 品切の場合は、二ヶ月程度お待ちいただくことがございますが、あらかじめご承知おきください。
 なお、ポリウレタンコーティングナイロン製のALT-FETISH.comオリジナルキャットスーツも、発売開始以来ずっと変わらなかったお値段を大胆に値下げさせていただいております。この商品はいわゆる「エナメル」と言い慣わされている商品で、ラバー製ではございません。しかしラバーと同じような光沢が得られ、肌に接する部分はサラッとした伸縮ナイロン素材で、着心地は優れています。
 この手の商品についての豆知識をまとめてありますので、ご参考までに。
http://www.alt-fetish.com/cnts/cshikaku/index.htm
「安いPVCキャットスーツにご注意を!」
□◆東京都小金井市にALT-FETISHショールーム開設
 ALT-FETISH.com(ファティーグ合資会社)は、東京都西部在住のお客様向けにショールームを開設いたしました。
http://www.alt-fetish.com/service/shop/index.htm
 毎週金曜日夜の営業です。ぜひ、ご来訪をお待ちしております。
 なお、セキュリティの都合上、予約制を敷いております。はなはだお手数ではございますが、メール(booking@alt-fetish.com)あてにご予約をお願いしております。もし予約なく来られた場合は誰も店員がいないこともありますので、必ずご来訪予約をお願いします。
 ショールームでご覧いただけるのは、ALT-FETISH.com在庫品となります。本日現在の在庫を、このページにてご案内しております。
http://www.alt-fetish.com/service/shop/zaiko.htm
 こちらのリストにおきまして、0は在庫がないことを意味します。試着用のキャットスーツ以外は、ショールームへ来ても実物はご覧になれませんのでご注意ください。また、おいでになる日までに、このリストよりもさらに在庫が減る場合がございます。どうしても見たい商品がある場合は、ご予約時にその商品名と品番をご連絡くださいませ。お取り置きをさせていただきます(購入の義務はございません)。
 ショールームの名前は、フランス語でRefuge de Marqsui(レフュージュ・ド・マーキス)といいます。意味は、侯爵の隠れ家。そう、ここは秘めたる趣味を持った、選ばれし者が人知れず集まる、秘密の隠れ家です。ここだけでしか味わえない特別な体験と、同好の士とのコミュニケーションは、あなたの人生のよい滋養となるでしょう。
※ショールームの場所含め、詳細はすべて以下のページでご確認くださいませ。
http://www.alt-fetish.com/service/shop/index.htm
※今日からご注文いただいた首都圏在住の方へ、地図付きのフライヤーを商品と同梱しております。
【お願い】
インフルエンザが流行しております。また、商品はデリケートなものですので、入室したらすぐに、手を備え付けの石けんでよく洗ってくださいますよう、ご協力を願いします。
ラバーフェティシスト専業企業ファティーグ合資会社のドメイン
◆2001年創業。信頼のラバーコンテンツサイト| ALT-FETISH.com |
http://www.alt-fetish.com/
◆ラバー販売に特化した高機能ECサイト| SPLURGE.jp |
http://www.splurge.jp/
◆携帯電話からのご利用は
http://www.splurge.jp/m/
Copyright(C) 2009,ファティーグ合資会社 掲載記事の無断転載を禁じます。