新たな性対象の発見

 先日ひょんなことから「くれいちろう」という漫画家の『黒淫』という単行本を買いました。この作品の詳細はまずはこちら。
http://stack-style.org/2008-05-08-07.html
 要するに褐色の肌(小麦色の日焼け肌)をしたギャルの痴女プレイをテーマとするエロ漫画です。オタクの男の子を、ギャルがこれでもかこれでもかと犯し倒します。「テメーもう逝ったのかよ」という男言葉で男を恫喝し、男のチンポを上の口と下の口でむさぼり尽くすギャルの描写に、秒速で勃起。
 皆さんご存じの通り、出来損ない男の私は、黒くてケバイ女いわゆるage嬢(昔でいうところの「コギャル」)が大好きです。人は、自分にないものを求めるわけですが、私は色白で少なくともギャルのような奔放な下品さを持ち合わせていません。そこで私は色黒の下品なギャル、セックスにどん欲な動物のようなギャルがたまらなくツボ落ちしてしまいます。結局、黒くてツヤのあるキャットスーツにこだわるのも、それが、ギャルの日焼け肌がエロくツヤ光りしている様に似ているからだと思います。キャットスーツを着て、シリコンバストを入れ、ラバーマスクをかぶってギャルウィッグをかぶり、ageメークを施すのはまさに自分のギャル化、ギャルへの変身を成就するため。もはやギャルに生まれ変わりたいわけですが、果たせないところを、こうして即物的な手段で一時的に叶えるのです。なぜそこで射精に到るかがまた不思議なんですがね。
 日本におけるギャルの地位はこれまでもこれからも、たとえば三浦展あたりがいう職業分類でいうところの一流大卒女に較べて低いままでしょうが、私のなかではギャルの地位は限りなく高いんです。
 で、冒頭のくれいちろうのようなギャル作家、彼は褐色フェチを公言していますが、そうしたジャンルがエロ漫画で登場したのは、私のようなのが一定数いるということだと思います。みなさんはどうでしょうか? ラバーフェチと思っていたら実際、じつはギャルフェチガングロ茶髪のコギャルフェチでもあるのではないでしょうか。

ALT-FETISH東京ショールームへ高3男子来る!!

 先般(http://alt-fetish.cocolog-nifty.com/fj/2009/08/3-e558.html)ご案内の通り、ALT-FETISHへアクセスしてくるボンデージファン、ラバーキャットスーツマニアは低年齢化しています。男女問わず低年齢化していますが、先日、予約のうえおいでいただいたお客様は、東京から遠路数百キロ離れた某地方の県からおいでになった高校三年生の男子(就職活動中)でした。
 市川が質問への了承を得て根掘り葉掘り訊いてみたところ、彼はエヴァンゲリオンのプラグスーツなどのビジュアルに影響を受け、ラバーキャットスーツに強いフェティシズムを抱くようになりました。帰りに、ガイナックスの本社を案内したのはいうまでもありません(ショールームから徒歩50秒のところで終夜営業w)。私が、女性ライダーの「革ツナギ」だとか、ウルトラマンとか、ガンダムとかに発情したのとは様変わりです。
 エヴァンゲリオンを見た人すべてがしかしラバーキャットスーツマニアになるわけではないので、さらにどうしてあなたはそこまでラバーに惹かれるようになったか訊いたのですが、確信となるような答えは得られませんでした。彼は普段から、PCでネットを見ますが、これは彼のクラス(というか世代)では少数派のようです(たいていネットは携帯で見られている)。ネットであれこれ検索しているうちに、さまざまな(ラバーキャットスーツを含む)フェティッシュな画像を見るに付け、次第に若い彼のうちにやみがたいフェティシズムが育ったのだと考えるのがまあ妥当な線でしょう。
 スリムで運動もしなかった彼は、ALT-FETISHオリジナルラバーキャットスーツのSサイズを少し伸ばし気味にきつめに着ることができ、大満足の様子でした(単に着ただけで、お買い求めにはなっておりませんがもちろんそれはかまいません)。
 そのあと、バキュームベッドを体験されました。入ってみて、しばらくしてもぞもぞ身体を上下左右に動かします。見ていて、その動く様子がかなりエロいなと感じました。彼はいま、目も見えないし、身体も自由に動かせない。魚みたいにもぞもぞ動いていて、まさに物のようになっています。しかし、なんでもぞもぞ動くんだろうと、不思議に思っていたら、「もう少しきつくならないですか。緩いです」と一言。出てきたあとも、「思ったよりもきつくならなくて、身体が動いてしまった」と残念そうです。
 なるほど、指とかもビチーッィと完全に動かなくなるのを想像していたようです。しかしながら、実際にはラバーは伸びますし、フレームもない簡易なバキュームベッドなのでこればかりは仕方ありません。高校生のせっかくの理想を打ち砕いてしまったようで、私は大いに落胆しました。バキュームベッドを一緒に買ったALT-FETISHの別のディレクター氏が言っていた言葉を思い出しました。それは、逆止弁もなければ、気密ファスナーでもフレームもないこんなバキュームベッドは論外だということです。
 ショールームに来た感想としては、「東小金井駅」を初めて降りたが、地元の地方の駅よりも寂れていて驚いた。また、駅からショールームへの道は真っ暗で人通りもなく、とても怖かった(事件に巻き込まれるんじゃないかと思った)そうです。彼と一緒に帰り道歩いてみたのですが、おっしゃるとおり、意外に閑散としていてしかも街灯もなく、怖かったのにあらためて驚きました(生まれ育った町だし、小さい頃から幾度となく、昼夜問わず通った道だから私は慣れてしまっていた)。えーと、いうまでもないですが、安全です。ひったくりはもちろ、拉致のような事件もまったく起こりません。治安はいいと思います(そういった防犯情報は、地元行政から情報が入ってきます)。
 皆さん、そういうわけで、東小金井という駅は安全ですから大丈夫ですよ! ただ、心理的にはかなり下がります。ひどく寂れていて、テンションも下がるので十分気をつけてくださいね。ただ、ガイナックスとか、スタジオジブリとか、世界的な企業が軒を連ねるすごいエリアだということは間違いないので、一見の価値ありです。ネット時代だから、リアルな場所よりもネット上でのロケーションのほうが重要という信念があるからこういうところでやっているわけです。その辺の理念をご理解賜りますよう。
 他に、今日おいでの男子高校生君の発言としては、ラバーフェチの知り合いはまったくいないので寂しいとか、ALT-FETISHの問題点は認知されていないこと、だとか貴重なご意見をいただきまして感謝申し上げました。認知の問題については、イベントや、池袋のクラゲさんにショップ名刺をおいていただくなど、地道にお金をかけない方法で取り組んでまいる所存です。
 冒頭も書きましたが、このきわめてマニアックな、一見するとマチュアな(成熟した)趣味性癖であるラバーフェチのカテゴリーに、非常に若い人が入ってきています。これは私にとってかなり驚きですが、最近読んでいるメディアリテラシー関連書籍の影響からか、やはりメディアの力が相当大きいなと思っているこの頃です。とりわけインターネットメディアの、思春期の児童に与える性的刷り込みのパワーはすごいです。昔(私が十代だった1980年代)なら、エロ本が「原っぱ」にガビガビの状態で落ちていたり、ドキドキして町の本屋で買ったりしてちょっと違うなーと思いながらも見ていました。それがいまでは見たい画像のキーワードをググるだけで、ストライクゾーンあるいはそれ以上の想像もしていなかったような自分的にエロい画像がいくらで見られます。そうしたなかで、キャットスーツを着ないと興奮しないような妙な性癖が身につくのだと思います。
 最後に、地方から出てきた高校生からみて、ALT-FETISHの市川という人物ですが、実物をこうして目にしてみてどうかと(いささか自意識過剰気味な質問ですが)訊いたところ、(私のような普通のオッサンがよれよれのカジュアルウェアで出てきたのが)「むしろよかった」とのことでした(何だったらよくなかったのかは不明)。
 そういえば私が彼の立場、つまり、ラバーフェチの素人として、この世界で長く活動している人と会うという立場だったことがありました。1996年に、アズロの山崎慎二氏に、編集者として初めて面会したときのことです。フェチの領域では重鎮だった山崎氏はどんな人なんだろうと思って、それはそれは緊張して拝謁したわけです。それで拍子抜けしたのは、彼が、現れたときに、体調が悪かったのでしょうか?マスク(普通のガーゼマスク)をしていたことです。しかも私と話すのに、マスクが邪魔だったのか、マスクを少し下にずらしてあごに引っかけ、口を出して話していました。場所は高級ホテルでしたし、彼は外車に乗って現れたのですが、一番印象に残ったのはあごに引っかけた彼の白いマスクでした。
 それで、偶然でしょうか? 今日、私はすこし風邪をひいていたので、マスクをしていました。男子高校生君としゃべるときに邪魔なので、マスクをあごに引っかけて。なんと、山崎氏と同じじゃないですか。はたして彼にも私のマスクが印象に残ったのでしょうか? ただ私が、山崎氏と違うのは、乗って現れたのが外車じゃなくてママチャリ(子乗せシート付き)、都心の高級ホテルではなく郊外の廃墟のようなアパートだという点です。なんだか、「失われた10年」を象徴していますよね……。
 では最後に、高校生くんから後日届いたお礼のメールを紹介して終わりたいと思います。
「ラバーを着るという普通ではできない体験をさせていただきました。
ピッチリと体を包む感覚は、なんとも言いがたい気持ち良さでした。
次回訪れるときは、バキュームベッドで指一本動かせないようにギチギチに拘束してください^^
ありがとうございました」
 ──それは無理です。お力になれず申し訳ない。

値段誤表記についてのお知らせとお詫び

▼オリジナルキャットスーツ(非ラバー製)値段誤表記についてのお知らせとお詫び
▼ショールームでバキュームベッドワークショップ
□□‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
□◆オリジナルキャットスーツ(非ラバー製)値段誤表記についてのお知らせとお詫び
□□‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 先日、ALT-FETISH.comオリジナルキャットスーツ(名称をメンズキャットスーツに変更、ポリウレタンコーティングナイロン=エナメルふうの素材のもの)について、価格を誤ってご案内いたしておりました。正しい価格は24,990円です。訂正して謹んでお詫び申し上げます。
 また、商品名のもこれまでの「キャットスーツ」から、「メンズキャットスーツ」に改めました。もっぱらこの商品は男性向けとしてご案内しているため、誤解のないようにいたしました。
 そもそも通販サイトとしてのALT-FETISH.comを支えてきたのはまぎれもなくこの商品であり、私たちにとって最も大切なアイテムです。この価格について誤るというのはたいへんよろしくなく、深く反省しております。衷心よりお詫び申し上げます。
 この商品は、昨今ちまたにあふれる廉価なキャットスーツに較べ、比類ない優れた素材と縫製で作られたまさに逸品です。しかも日本製です。セクシーな女性のプロポーションを堪能できるキャットスーツを、男性のあなたでも着られるようにした点で画期的です(ALT-FETISH.comは男性用のみを販売)。黒くて光沢感のあるトータルエンクロージャーを愛する男性の皆様に奉仕する、私どもALT-FETISH.comのまさにキングオブグッズです。なんといっても、ラバーの上からこれからの季節、寒いですから、着ることで、保温にもなるし、より強い拘束感が得られます。ALT-FETISH.comのメンズキャットスーツ(非ラバー製)、今後も皆様の懐具合に応じて、ぜひともご購入の検討に上げていただけますことを心よりお願い申し上げます。
▽サイズの選び方や素材について詳しくご案内しております
http://www.alt-fetish.com/costume/size/catsize.htm
□□‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
□◆ショールームでバキュームベッドワークショップ
□□‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 一人でも多くのラバーファンの方に、ラバーキャットスーツの感動体験をしていただきたいとの昔年の思いからはじめた、ALT-FETISH.com東京ショールーム。
http://www.alt-fetish.com/service/shop/index.htm
 週に一名くらい、おいでいただいておりますが、そうしたなか、先週バキュームベッドフォーラムを開催いたしました。バキュームベッドフォーラムは、バキュームベッド体験希望者に集まってもらい、実際にバキュームベッド体験をしていただいて、感想を述べあうという趣旨のものです。そのリポートをお送りします。
 まず、募集の仕方ですが、2~3日前からmixiにて行いました。主催が私ではないので、私名義のアカウントでの募集ではありませんでした。バキュームベッドの映像を撮りたいので体験エキストラ募集、無報酬ということで、希望者が5人ほど名乗りを上げました。当日夜、そのうちの3名の方においでいただきました。
 最初の方は20代後半サラリーマン氏、男性です。2番目は20代女性、3番目は40代(推定)男性です。
 三人とも粛々と裸になり(下着は着けてます)、順番に体験します。一人5~8分くらいの「滞在」時間です。
 三人とも、出た後でかなり喜んでいました。「よかったです」「最高です」と非常に前向きな感想が聞かれました。全員初体験です。外で見ていると、吸引されるにつれて、中に入っている人の体のかたちがリアルに浮き上がってくる様子を見られます。とりわけ女性の乳房や男性器が印象的です。というか、忘れられません。相当エロい。
 今後も折に触れて、バキュームベッドフォーラムを開催していきたいと思っております。
【フェティッシュジャーナル】[ラバーフェティシストのためのメルマガ・ブログ]
文・市川哲也
—————————————————————————
ラバーフェティシスト専業企業ファティーグ合資会社のドメイン
◆2001年創業。信頼のラバーコンテンツサイト| ALT-FETISH.com |
http://www.alt-fetish.com/
◆ラバー販売に特化した高機能ECサイト| SPLURGE.jp |
http://www.splurge.jp/
◆携帯電話からのご利用
http://www.splurge.jp/m/
◆ショールーム
http://www.alt-fetish.com/service/shop/index.htm
—————————————————————————
Copyright(C) 2009,ファティーグ合資会社 掲載記事の無断転載を禁じます。
—————————————————————————

新作DVD「RUBBERGIRL02真性ラバーボンデージSM狂いの女」を発売!

 DVDシリーズ第2弾は、前作のAVと異なり、男性がこれを見て「抜く」ことを目的に作っておりません。つまり前作のようなオナニーシーンとか、女性器に何かを入れるシーン、女性器を触るシーンは一切写っていません。ほとんどの人にとっては、抜けない作品となります。モデルさんの、本作品へのご提案に基づいて、構成を考え、作成しました。
 基本的に、本作は、SMよりとなっております。ボンデージSMがテーマです。ラバーを愛する女性がひとりで、セルフボンデージにふけるとどうなるのか。ラバーを介したSMプレイはどういう感じか。それがうまく表現されています。
 ただ、ストレートにSMかというとそうでもありません。とりわけ、前半と後半に5~10分にわたり、モデルがベッドの上で「アーンアーン」といいながらのたうち回るシーンがあります。女性器に触っているわけでもないモデルが、なぜよがっているのか、理解に苦しみます。ここで解説しますが、ラバーの密着感、拘束感をモデルなりに感受して、興奮しているのです。男優にペニバンをしごかれてアーンアーンというシーンもあります。ペニバンを触られたって感じないはずなのに、何で興奮するのかと訊かれれば、そこは1つ想像力でお願いしますと申し上げる他はありません。
 では、以下、商品詳細ページから引用します。
商品の特徴
 当シリーズのモデルは100%、志願者で、こちらからお願いしたり事務所のモデルを使うことはありません。そのため、毎回、素で(ガチで)ユニークな人々が応募してきますが、今度のEugenie(ユージェニー、自称)も相当変わっています。ラバーを着たことはないのですが、普通のセックスにはまったく興味がなく、彼氏とも普段からハードなスパンキングや首締めプレイを楽しんでいます。
 このタイトルでは、女優のいわゆるオナニーシーンはありません。その代わり、ラバースーツに取り憑かれて、「ヒーンヒーン、アーンアーン」とヒステリックに叫び続け、身体をねじりながらベットの上でのたうつ見たことのない変態様態をご覧いただけます。監督・市川も、ビデオカメラ越しにかなり動揺しました。いったいこの人どうなってるんだろうと──。
ストーリー
◎ひとり暮らしの変態女、ユージェニーは、大学院に通う日本人女性で、24歳。彼女んちにALT-FETISH.comから(笑)ラバーグッズが届き、箱を開けるところから始まります。おもむろに箱を開けて、一点一点はいっているものを確かめる女。ベッドの上にキャットスーツを並べて、コルセットやグローブ、ソックスなどをコーディネートしていく。
◎念入りにラバピカを塗り、ラバースーツに足を通し、グローブをはめていく。足にラバースーツを入れていく様子、手にグローブをつける様子は、特に念入りに撮影したが、これは、手足をペニスに見立てる狙いがある。ラバースーツはペニスの皮というわけ。
◎今回着たコスチュームはBLACKSTYLEのレディースキャットスーツをベースに、DEMASKのトラディショナルコルセット、リストグローブ、ネックベルト、Rubber’s Finestの全頭ラバーマスク、リストベルト、五本指ソックス、そして彼女持参のペニバンである。Rubber’s Finestの全頭ラバーマスクは、バックの編み上げのヒモを抜いて、代わりに1ミリのワイヤーを通して編み上げ、最後の両端の端を首の下にまわして南京錠で結んでいる。ひとりでは取り外せないセルフボンデージのイメージを演出した。
◎ベッドの上でラバースーツのセルフボンデージプレイ。足や腕の関節を折り曲げてできる溝に指を突っ込んで、ペニスが女性器に入っていく様子を妄想するユージェニー。ちなみに、絵コンテはユージェニーのアイディアである。
ベッドの上で次第にラバーが身体を拘束する感触に興奮を来たし、ペニスバンドのペニスをしごいたりしながらのたうち回り出す。終始、「ヒーンヒーン」と奇妙な叫びを上げている。
◎口から大量のヨダレを吐きだしてそれをペニスやラバーの内側に塗り込む。グローブを外すとドバーッと汗がほとばしり出て、射精を表現。
◎マスター(主人)役の彼が「友情出演」。がっつりラバースーツを着込んで、スキンヘッドがよく似合う。「打たれたい」ということで、ひたすらスパンキング。ぶ厚い革のグローブが女の大臀部(おしり)に当たる度に、低い音がし、「アー」と女の悲鳴が響く。
◎馬乗りになったマスターに首を絞められたり、顔面平手打ちを食らう。「ウググ、イタイー、あーあー、ヒーンヒーン」と叫ぶ女。
◎乞うたフェラチオを許され、ディープスロート。マスターはシース付きラバーブリーフを装着し、勃起している。迫力満点のリアルフェラシーン。しかし、最後まで至る前に、女は引き離され、手足のベルトに南京錠をかけられててしまう。マスターは去り、放置される女。ふたたび女のイタコ状態の悶絶が始まる。
──主演のEugenieさんは映像に関心が深く、熱心にストーリーを考えて下さいました。この場を借りて深く御礼申し上げます。冒頭でも申し上げましたが、SMをテーマにしていますが、なかなか難しい作品です。SMファンは生ぬるいと思うかもしれませんし、SMが好きじゃない(私のような)人にはまったく抜きどころのない作品となります。作品中、手足のベルトに南京錠をかけて動きを拘束するなどしましたが、ボンデージの緊縛感を表現するのに役に立っていましたかね。ちょっと分かりづらいですね。こちらが意図したことで、たいへん伝わりづらい状況になっているシーンは他にもあります。たとえば、女優が肘や足の膝の関節のシワに指を突っ込んでいるシーンです。あれは、女性器にペニスが挿入される状況をイメージしています。また、手袋を脱いで、水がばっと出てくるのは、射精をイメージしています。おわかりいただけますか?
 本作は、女性が見て共感してもらえたら、という願いも込めて作りました。女性はラバーを楽しむのに、必ずしも女性器を刺激しなくてもいいということです。そこを女優のEugenieさんが、とにかく熱演してくれました。
 まあこうしたことを観察しながら、この作品を楽しんでいただければ、制作者としては幸いです。
DVD RUBBER GIRL02 真正ラバーボンデージSM狂いの女 定価3500円のところ、発売開始4ヶ月間、SPLURGE.jpでお買い上げいただいた場合に限り3000円です。送料は、無料です(代引のときは代引手数料370円はかかります)。時間指定した時は、送料はかかります。商品詳細ページ
http://www.alt-fetish.com/movie/1870/1870.htm
ラバーフェティシストのための2つのサイト
2001年創業。信頼のラバーコンテンツサイト| ALT-FETISH.com |
http://www.alt-fetish.com/
ラバー販売に特化した高機能ECサイト| SPLURGE.jp |
http://www.splurge.jp/
東京都小金井市ショールーム| Refuge de Marquis |
http://www.alt-fetish.com/service/shop/index.htm
ALT-FETISH.comならびにSPLURGE.jpはファティーグ合資会社FATIGUE,Inc.が運営しております。