孤独を作るマシーン、キャットスーツ

 今日、ヤフオクに久しぶりに出品したDEMASKのキャットスーツ。
http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f82586358
 その名も、TORPEDO TIT (Inflatable) TV CATSUIT Zipped Back thro’Crotch(訳すると、「(空気を入れてふくらませることが出来る)魚雷のような超巨乳を有する服装倒錯者向けキャットスーツ、股経由のバックファスナー」は、孤独を作る装置、Isolate machineです。キャットスーツをめぐる体験は、じつはとても孤独です。ラバーキャットスーツを着る趣味をひとに話して共感を得られる機会はほとんどありません。たいてい、自分ひとりの胸の内にひた隠す孤独な趣味です。従って、着るときはもちろんひとりきり。キャットスーツと自分の身体だけの世界にこもります。孤独というのは、一方で、隔絶という意味も持ちます。まず外部というのが想定されます。外部とは、家族、会社組織、学校、友人知人はもちろん、今自分がいる空間からの遮断も意味します。なぜならキャットスーツは身体に強く密着して皮膚呼吸を奪い、外部空間へのアクセスを厳しく停止するボンデージコスチュームだからです。社会的外部と、身体的外部の両方から自分を隔絶した状態にすること。その状態を物理的・身体的に実現する装置こそ、このキャットスーツなのです。
 このキャットスーツはさらに驚くべき隔絶の機能を有します。それは、商品名にある「TV(トランスヴェスタイト)」、性転換とか服装倒錯という意味のこの言葉です。キャットスーツを着て鏡を見れば明らかですが、それはもはや自分ではありません。自分を形作るあらゆるシグナルは、一切失われ、黒いゴムをまとった有機物がそこにあるばかり。誰だこれは、自分はどこへ行ったのか? 外部との隔絶と同時に、自分の内部、自己意識からも隔絶され、誠の孤独を創出することが出来るのです。
 この孤独、ひとりになる時間は、たいへんに貴重な時間です。それは、考える時間であり、自分の本質を探る思索の旅に出る機会です。普段の日常生活のなかでは、こうした時間はとうてい持ち得ません。そう考えるとかなり贅沢で高尚な趣味のようですが、キャットスーツを着る体験はもっともその通りなのです。
 私自身、社会のなかで与えられた役割をこなすことに必死で疲弊するばかりの毎日ですが、キャットスーツを着て孤独に帰るひとときがあることを支えに、一日一日を生きている次第です。
 このヤフーオークションのために、この商品を着た私の写真を公開しましたが、見るとクラクラしてきます。これは私なのだろうか?と。こんなものすごい格好があり得るのだろうかと。
http://www.alt-fetish.com/cnts/gallery/demaskcatsuits/index.htm
 みなさんいかがですか。キャットスーツを着て、孤独になる時間、ひとりになる時間を作ってみませんか。貴重な発見がきっとあるはずです。
 なお、入札にあたっては、サイズを十分ご確認下さい。身長178cm以上の方、体重が68kg以上の方は着られません。また、写真にあるような、マスク、グローブ、ベルト、シースパンツ、ヘルメット等は一切付属いたしません。中古品で返品不可です。
http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f82586358
【フェティッシュジャーナル】[ラバーフェティシストのためのメルマガ・ブログ]
文・市川哲也

ショールームにてSALOカスタムサイズオーダー承ります

 25項目。SALOのラバーキャットスーツサイズオーダーの採寸箇所数です。
 今日はSALOのキャットスーツをサイズオーダーされるお客様の採寸を行いました。SALOは2004年にALT-FETISH.comと文化服装学院出身の服飾デザイナー、渋谷氏とともに立ち上げたラバーコスチューム専業ブランドです。現在はALT-FETISH.comから独立し、日本では唯一?のラバーアイテムの修復サービスも行うなど、日本を代表するラバーブランドに成長しています(http://www.salo.jp)。
 ALT-FETISH.comのショールームではSALOのサイズオーダーを注文できます。採寸を私が行います。じつは、本当に上質で、身体にぴったりするラバーキャットスーツは、服飾工学に裏打ちされたプロの採寸が不可欠です。
 今日採寸したお客様の感想です。
「今日はありがとうございましたm(_ _)m あんなに詳細にサイズを測るとは思いもしませんでした。25項目ものサイズを測る姿勢は本当にフィットするものを、また良いものを提供
しようという本気の姿勢を感じました。良いキャットスーツを着てもらいたいという気持ちが伝わってきましたよ」
 もちろんやらせじゃないですよ。私が今日、20分程度かけて、綿密にこのお客様を採寸しました。採寸はスポーツみたいです。指先を細かく動かして正確にメジャーを当てながら、かがんだり、背伸びしたり、下から見たり上から見たり角度を変えるためにねじったり。これほど体を動かす、日常のアクティビティーって他にありません。ラバーも着ていない私の体から汗がボタボタ。
 私は採寸をするために、またラバースーツという服飾製品を扱うリテーラーとしての純粋な使命感と帰来の好奇心から、武蔵小金井にある洋裁教室に1ヶ月通ったことがあります。そこで私が学んだのは、体にピッタリの服を作るために、私たち人類には、蓄積されたノウハウがある、科学がある、ということでした。平面の、二次元の布を、どう切って組み立てると、三次元の人体にフィットするようになるのか。それはまるでパズルです。ただそのパズルを作るのに、きちんとルールがあるのです。「型紙」は、真っ白い紙に、そのルールに基づいて、製図していくのです。Tシャツひとつとっても、袖まわりや襟ぐりなど、難しいラインがたくさんあります。アパレルは成熟産業だし、売っている安い服の成り立ちなどには思いも寄らなかった私にとって、このパターン(型紙)を作るプロセスには本当に感心しました。
 ところで、パターンの元になる数字は採寸で得るのですが、採寸もまた、素人では不正確になることもよく分かりました。私がこの教室に通って、採寸をマスターできたのは、お客様にとってもじつに幸運なことだと思います(たぶんラバーキャットスーツを売る業者で、採寸を勉強している人というのはそういないと思う)。
 ところで、そうした型紙のノウハウをもってしても、ラバーキャットスーツを体にピッタリに作るのは至難の業です。というのも、型紙のノウハウはあくまで、ゆとりのある服についてのものだからです。ですから、洋裁教室に一ヶ月程度通った私は、ラバーキャットスーツの型紙を作れるようにはもちろんなりませんでした。一方で、SALOは、数年かけてラバーキャットスーツという、伸びる素材で、人間の体のラインにピッタリフィットするパターンを作る技術を確立しました。
 私はSALOというブランドを、渋谷氏という希有なデザイナーとともに立ち上げたのですが、彼は独立してしまいました。ですので私は今は一販売者としてお客様を採寸する役回りになっています。しかしそれはまったく気になりません。ブランドが上で、販売者が下とかいう問題ではないのです。お客様に、本当に満足いただける最高の1着を作るための役割分担が、たまたまそうなっているだけです。私は今日、お客様を採寸できて、SALOのこの姿勢に共感してもらって本当によかったと、渋谷氏と喜んでいます。
 お客様はALT-FETISH.comのショールームで、安心して私に採寸をお任せ下さい。そして、ピッタリとした着心地のよいスーツで評判のSALOのオーダーメードラバースーツをご注文下さい。
 SALOのラバーキャットスーツは最高の品質です。最高のフィット感を作り出すために、研究されています。ただし、お客様が自分でこの25カ所を採寸するのはかなりの難作業ですし、また不正確が生じるリスクもあります。それだけに、自分で採寸したりせず、わざわざ洋裁学校まで通い、経済性度外視でショールームまで構えてお待ちしている超資本主義野郎、この不肖、市川に、何卒お任せください。なお、値段はALT-FETISH.comでもSALOでも同じですので、採寸をしてもらえる分、ALT-FETISH.comで買うほうがお得だと思います。
 また、一度採寸してSALOの服を作ると、お客様の型紙が保存されます。以後は、サイズオーダー料金はかからなくなりますので、色を変えて作ったりと、楽しめます。
SALOウェブサイト(商品の写真、料金など。なお、ALT-FETISH.comショールーム取扱価格は、SALOウェブサイト掲示価格と同じです)
http://www.salo.jp
ALT-FETISH.com東京ショールーム
http://www.alt-fetish.com/service/shop/index.htm
ご予約はメールbooking@alt-fetish.comまで。
【フェティッシュジャーナル】[ラバーフェティシストのためのメルマガ・ブログ]
文・市川哲也

考察特集・戦う女のフェティッシュエロティシズム!

 12/9から発売の、ALT-FETISH.comオリジナルDVDラバーガールシリーズ第4弾「ラバーファイターのマスターベーション」。
http://www.alt-fetish.com/movie/1892/1892.htm
 不肖、市川哲也、私事で恐縮ではございますが、戦う女、それもマジで戦う女にめっぽう弱いんです。それが本作の制作意図です。戦う女ともうしましても、いわゆる営業的SM女王様とか、女子プロレスラーではありません。その理由は以下に述べます。
 私が戦う女にチンポを立てるようになったのはもちろん、戦隊ヒーローものです。女性戦士が必ずひとり混じってますよね。ピンクレンジャーとか。あれが敵にバーンとはね飛ばされて、ヘルメットやブーツが汚れたりするのがたまりません。うめきながら起き上がってまた構えるとかもいいですね。
 戦う女、ヒロインに性的対象物としての要件が備わるのはどんなときでしょう。
私が萌に萌えたアニメ、「ダーティーペア」を例にとって考えてみましょう。
 ダーティーペアは白いブーツにホットパンツという超エロいフェティッシュな格好をしたふたりの女が主人公です。彼女たちは番組冒頭では、颯爽と、はつらつとして、かっこよく、現れます。ガンなんか構えちゃったりして。強そうです。そのポーズにおけるブーツがまず抜ける。そして、物語が進むにつれて、敵に、逆勢に立たされます。うめいたり、苦しそうな悲鳴を上げたりするシーンとなります。問題は、そうしたシーンにおける彼女たちのコスチュームです。ブーツにホットパンツといったユニフォームは、彼女たちの強さを象徴していました。しかし、弱ってうめいている場面でも、相変わらずそのコスチュームを着たままの彼女たちがいます。しかも強さの象徴だったコスチュームは汚れて、着ている本人は強いどころか息も絶え絶えとなっています。そのギャップ、つまりコスチュームの象徴する強さと、着ている人間の弱さの格差にこそ、エロティシズムの源泉が生じるのではないでしょうか。
 ダーティーペア以外で戦う女といえば、うる星やつらのラムちゃん。一話だけラムちゃんがチャイナドレスふうの服を着て、メチャメチャ強くなる薬を飲んで、変な怪物と戦うという話があります。あれのテレビ放映版が、平野文さんの声の魅力が偉大すぎて、かなり衝撃でした。そして、なんといっても、バットマンのキャットウーマンですね。口封じのためにビルから突き落とされるが、運良く一命を取りとめた彼女は、ネコの神秘的なパワーと感応し、キャットウーマンとなって復讐を誓います(参考 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)。戦う覚悟、敵を倒すために何でもやるその悲壮感すら漂う思いの強さが、エロい服をまとったときの気迫として伝わってきます。それが、なんともエロい。
 近年ではエヴァンエリオンのプラグスーツもまた、そうしたギャップを生じせしめ、多くのフェティシストを作っている気がします。ショールームに来たある高校生がラバーに目覚めたきっかけは、綾波レイのプラグスーツだと証言しています。アニメではプラグスーツを着たままボロボロになった綾波レイのシーンがあります。強さの象徴である宇宙服を着ている中身の生身の人間は弱っている。このギャップです。中身の人間の弱り具合が、そこはかとなく付いているスーツ表面の汚れや傷から象徴的に伝わってくるその伝わり方もいいですね。コミケのコスプレイヤーがいくら、カメラに向かってニコッと笑ったところで、なんにもピンと来ないのは、そのエロさの生まれるギャップがまるでないからです。
 私は、同時に女ライダーフェチでもあります(過去最高に抜けたライダースーツ姿の女性の画像はhttp://www.alt-fetish.com/cnts/flickr/index.htm ──うーん、ALT-FETISH.comにはなんとすばらしいコンテンツが埋もれているんだろう……自画自賛)。ライダーが革のスーツを着る理由を考えてみてください。傷つきやすく、弱い体を、ごついスーツで守るためですよね。というか、もっと本質的な部分では、強さを志向している本人の意志があります。強くありたい、強さを身につけたい、その意図が、ライダースーツという外装によって表に出ちゃっているわけです。そこが、エロい。自分も、弱い(体育が出来ず、けんかなど論外)人間だから、強くなりたい気持ちがずっとありました(今はありません)。思春期に、強くなりたいという鬱屈とした思いを抱えていたことが、強い女へと私の性欲が向けられる、じつにシンプルな理由です。私の性欲が、強い女に向かう。強い女を、探す。探す手がかりが、ライダースーツや、ヒロインのコスチュームです。それらを着ている女は強いからです(ちなみに、スーツを着て強くなりたいという意志を持つ状況にエロさが宿る条件としては、その女性が魅力的であることも重要ですがこれは蛇足かも知れません)。
 私の場合、結局、ライダースーツや、凡百と出ては消えるヒロインキャラクターのコスチュームが、ティピカルなある記号に収斂しました。その記号はひとつの服の素材とデザインで成り立っています。素材は、ラバー。デザインは、キャットスーツ。ラバーキャットスーツです。
 本作、「ラバーファイターのマスターベーション」は性欲の対象の象徴であるラバーキャットスーツを着た強い女が、自身の性欲発露のこれまた象徴的な作為である「オナニー」をブッかましている、そういう動画なのです。
ラバーファイターのマスターベーション DVD 38分
http://www.alt-fetish.com/movie/1892/1892.htm
 価格は定価4500円(店頭・他店ネット販売価格)のところ、ALT-FETISH.com(SPLURGE.jp)でお買い上げいただくと3000円。1500円もお得です。銀行振込、お届け日時指定なしで送料無料。銀行振込も、ジャパンネットバンク、SBIネット銀行、ゆうちょ銀行は、口座保有者は振込手数料がかかりません。なおネットでどうしてもうちで買えない方はリアル店舗で、3店舗だけ卸していますので、自分で見つけてくださいね!
 本作の女優(美女!)は初登場です。20代前半の、都内有名私立大学へ通う現役四年生です。手首を動かすスピードはシリーズ最速で、まるでゲームのコントローラーを「連打」しているようです。まさにローター名人。ちなみに4回の絶頂シーンのうち最後の撮影で使っているバナナのかたちのローターは「私物」です。
【フェティッシュジャーナル】[ラバーフェティシストのためのメルマガ・ブログ]
文・市川哲也
—————————————————————————
ラバーフェティシスト専業企業ファティーグ合資会社のドメイン
◆2001年創業。信頼のラバーコンテンツサイト| ALT-FETISH.com |
http://www.alt-fetish.com/
◆ラバー販売に特化した高機能ECサイト| SPLURGE.jp |
http://www.splurge.jp/
◆携帯電話からのご利用
http://www.splurge.jp/m/
◆ショールーム 東京都小金井市
http://www.alt-fetish.com/service/shop/index.htm

NUDE N’ RUDEにラバーコスチュームの衣装協力

 2009年12月5日21時45分。JR東日本中央線東小金井駅北口に立つ駅員と私のやりとりです。
私「すいません、高尾から東京へ直通の最終上り電車はもう行っちゃいましたか」
駅員「はい、もう出ました」
 1889年4月11日の甲武鉄道新宿立川間開業以来、120年間、「地べた」を走ってきた中央線上り電車。最後の東京行きが走り去った(ことを私が知った)瞬間です。中央線沿線で生まれ育ち、高校、大学、そして会社と中央線を使って生活してきました。私にとって、中央線はまさに、日常そのものでした。今日は、その中央線上り電車が高架に切り替わる工事のハイライトのひとつ、上り地上走行の最後の日だったのです。
 今日、駅や、(「開かずの踏切」として全国的に有名となった武蔵小金井の)踏切には、中央線ラストランを撮影しようと待ち構えるカメラマンたちであふれていました。彼らも私も、何を求めているかといえば、それは「非日常」ということ、「最後の」、つまり日常が歴史に変わるその瞬間に感じるカタルシス体験に他なりません。
 私はマイケル・ジャクソンや、ウォルト・ディズニーといった、エンタテインメント界の超大御所が必ずいう言葉を胸に刻んでいます。それは、「観客は、非日常を求めてやってくる」ALT-FETISH.comのショールームも、まさに建物からして非日常そのものです。そして、今日たまたま中央線のラストランという非日常体験をしたわけですが、その中央線に東小金井で乗車し、上ること二十数分、高円寺駅があります。高円寺駅から徒歩数分のところに、私たちと同じように、日常に、クソみたいなこの日常に退屈しきったある若い美女が開いた店「NUDE N’ RUDE」があります。今日はその美女の話です。
 中央線ユーザー以外はまったく面白くない前置き終わり。
 さて、ALT-FETISH.comの市場ではラバーの生地の輸入代行、ラバー専用接着剤やクリーナー、ラバーの品質保持剤の需要は根強くあります。ファッション関係者やファッション業界をめざす学生さんとのお付き合いの歴史もあります。たとえば2005年には、志願してきた文化服装学園卒業の服飾デザイナー渋谷氏と共同でオリジナルラバーキャットスーツの開発を行い、製品化。渋谷氏はその後独立してSALO(http://www.salo.jp/)という日本でも有数のオリジナルラバー服飾ブランドに育っています。
 ALT-FETISHほど、ラバーを研究し尽くし、ラバーにとってもっともよい製品を、日本で最も安く奉仕する「持続可能性の高い」業者はまれでしょう。ALT-FETISH.comにとり、ユニークでオリジナリティあふれるファッションのテキスタイルとしてラバーを選んだ服飾デザイン系学生が、生地を求めに問い合わせてくることは日常、ありふれたことです。
 そうしたなかで、先日、文化服装学院のOG、ririaさんが宣材撮影のためにキャットスーツを貸してほしいとオファーしてきました。ririaさんはなんと20歳で高円寺に、友人とふたりの共同出資で、セレクトショップNUDE N’ RUDE(http://ameblo.jp/nude-n-rude)をオープンさせた行動する才女です。
 NUDE N’ RUDEというショップ自体は一見すればALT-FETISHとはまったく無関係です。一見どころか何度みても関係は薄そうです。しかし、私がririaさんに協力しようと決意したのは、ririaさんの次の一言が決め手となりました。「高校時代、市川さんのブログ「フェティッシュジャーナル」を熟読していました」 ここにもひとり、私の戯言を読んでいてくれる若い女子がいたんだと、これはもううれしい限りです。ブログもメルマガも書いても書いても暖簾に腕押しでモティベーションの維持がむずかしいものですが、こうして「読んでます」と言ってくれる人がいれば、続けられます。継続は力になりますが、その継続のための力をくれたririaさんに協力しないわけにはいきません。
 すでに、ショップのイメージ撮影のためにラバーコスチュームを貸し出しいたしました。撮影の模様はririaさんのブログのこの投稿に詳しいので読んでみてください(http://ameblo.jp/nude-n-rude/entry-10394255793.html)。ちょっと最初だけ引用しますね。
「私ririaは、17歳辺りの頃からフェティッシュという観念にあらゆる個人的な葛藤や想いを託してきました。特にラバー素材にはとても強い観念を抱いておりまして、全ての美をそこに見出してきました。(ラバーに対する個人的な観念は書くと長くなってしまうので、今回の記事では短縮しまた機会があれば書こうと思います。)その様な理由から、NUDE N’ RUDEを通して新しいフェティッシュシーンを開拓したいという想いを日々募らせていました。そこで同じくラバーというものに強い観念を抱きラバー製品等を販売しておられるALT-FETISH(http://www.alt-fetish.com/ )の市川さんとお話させて頂きましたところ、ラバーの魅力にもっとたくさんの方に気づいてもらう為にまずはシンプルなキャットスーツを様々な方に着用してもらいたいという考えで、今回キャットスーツを着用して私自らモデルとして独自のイメージ撮影に昨日挑みました」 できあがってくる作品はもちろん皆様にもご覧いただけますので、楽しみに。今後は、女性向けのラバーコスチュームを彼女が作ってNUDE N’ RUDEで売り出せるよう、バックアップしていきたいと思っています。現在、弊社ALT-FETISH.comのオリジナルラバーキャットスーツをはじめとし、池袋のクラゲさん、渋谷氏のSALOなど、ラバーの服を商業ベースで作っている「センスのある」(←ここ、強調)ブランド・ショップは日本では数が限られますが、ririaさんのNUDE N’ RUDEが真にユニークでオリジナリティのある「かわいさ」を求めるたくさんの女性たちに支持される店になるよう願っています。
 末筆ではございますがこのririaさんはちょっとブログ(http://ameblo.jp/nude-n-rude)など書いていることを読んだり、実際会って話したりするにつけ、かなり太宰治っぽいです(文体も妙に硬い、意図的なもの?!)。いやーホント、ririaさんが2009.11.26のブログでこう書いているのを読んでどうですかみなさん。
(毎日超忙しく過労死寸前のところでやってる言及のあと)「しかし、私は商売で稼ぎたい訳でもなく、趣味で店をやっている訳でもない(好きな事ではあるが)。ただ面白い事がやりたいだけ。新しい事がやりたい。つまらないから。何もかもが。本当に。口が悪いですが、全て退屈すぎてクソだから、生きる気力もなくなる毎日。だから変えたい。それだけなんです」──お願いだから変えてください。中央線も変わりました。ちなみにこの投稿の前日、彼女は借りたキャットスーツやらグローブやらを洗って発送するという、期日までに返却しろとうるさい私こと市川のせい的なクソ面倒くさい仕事があり、それでこの心境になったのだとしたら合掌。
 さて、最後まで読んでくれた皆さんに朗報。この彼女の撮影で撮れた取れたて新鮮の画像が早速送られてきました。ギャラリーページへアップしましたから、どうぞお楽しみ下さい。
http://www.alt-fetish.com/cnts/gallery/nude-n-rude/index.htm
【フェティッシュジャーナル ラバーフェティシストのためのメルマガ・ブログ】
文・市川哲也