ドイツのラバーフェチ、北ドイツ・ゴム一体化計画協会

 知人が最近、某「ニャンニャン倶楽部」誌(いつの号か不明)のラバーフェチについてのコピーを送ってくれました。日本人ライターが「北ドイツ・ゴム一体化計画協会」なる組織の会長にラバーフェチについてインタビューする記事でした。
 それによると、当該協会員は「ただゴムが好きなだけではなく、皮膚そのものだと思っているから、ゴムに触れているときが至福の瞬間なんだ。我々はゴムと一体化しているからね。女性の肌とは比べものにならない。
 協会のメンバー数は500人くらい。個人差が大きいのでこれがラバーフェチだとひと言では言えないが、共通しているのは「女性の身体を必要としない」ってこと。もちろん射精には至るが、性的興奮や満足は、女性のあそこには存在しないと断言できるものがほとんど。女性と普通のセックスを楽しんでいるメンバーは多くないんじゃないかな」
 私はこれを読んで、ALT-FETISH.comのショールーム(現在はafstore、http://afstore.blogspot.com/)に来るお客さんとのやりとりを思い出さずにはいられませんでした。
 なにしろ筆者自身がまさにラバーフェチ。私に限らず、ラバーフェチにとって女性とのセックスは「社会的性」、いわばジェンダー役割であり、本当に私に備わった変態性的欲求とは無関係。ラバーフェチの本能はもっぱらラバーにしか向かわないのです。
 私がお客さんの多くに質問するのは、「風俗を利用した経験はあるのか」です。あけすけな質問に、意外にもほとんどのお客さんが気さくにこたえてくれます。ありがたいことです。答えはほぼ100%、ノーです。そう、私も風俗体験なし。なにしろラバースーツ1着あれば他にどんなオカズも不要ですよね。
 北ドイツ・ゴム一体化計画協会会長氏の話に戻りましょう。私が度肝を抜かれたのは、あまりにもこの会長のフェチ度が重症だってこと。第二次大戦中の防空壕で経験した糞尿臭や他人の排泄音がきっかけだっていうんですからかないません。「防空壕にしろ泥だらけにしろ、本当はそんな境遇から早く逃げ出したい。でも現実として逃れられない。なぜこんな目に遭うんだと恨み、自分を哀れんで悲嘆し、誰も助けてくれないと絶望し時間を過ごすしかない。そうすると、辛さから逃れようと意識が現実から離れようとする。そんなときに、現実へと引き戻してくれる人間らしい感覚が、汗や体臭、口臭といった臭いなんだ。通常なら嫌な悪臭でも、「まだ生きている」っていう実感が湧いてくるんだよ。
 そんなつらい状況から逃れたい一心で変身願望が現れ、それをいまも持ち続けている」
 いやーすごい。この会長は防空壕で、トイレもへったくれもないところで、見ず知らずの女性とかがすぐ横でおしっこやうんちをするのを目撃したりしてるわけです。まさに極限状況。それで変身願望が現れてくると。
 たしかに私自身もちょっと過去に極限状態に陥ったことはありました(戦争などには遠くおよばないが)。それで変身願望みたいなものには共感できます。
 ラバーを着るというのは皮膚、普段は白っぽい皮膚が、形はそのままで、真っ黒のつやつやになるのですから、これはもうとんでもない有り様です。すごい変身が出来てしまう。自分の身体なのに、いったい何だこのつやつやの黒光りは、となる。そうして、このツヤ黒光りがだんだんペニスに思えてきて、しかも巨大なペニスにペニスが生えている。この変態状況の中で、自分ではない別の人格が興奮しているという「設定」が心の中に湧いてくるとかなり興奮します。ラバー着て興奮しているのが自分ではなく、自分以外のファンタジーの存在、私の場合はラバーフェチの女(現実には存在しない)に、人格を憑依させます。私はそのときに消し去られて、ラバーを着たラバーフェチの変態女がよがっているような感じになるのです。そのときは、私は本当に自由、自由どころか空気のように、そう、ちょうど「風になって」しまったかんじです。
 防空壕の極限状態で、糞尿臭などに「生きている」という実感を得る契機を見いだした会長でしたが、平和な現代社会でも、とてつもなくシステム化されて個人個人の生の領域は細分化・専門化される一方です。非常に狭く部品化された個々の生が実感をとてつもなく変なもの=ラバーに見いだすのは、ありだと思います。というか、そこが変でインパクトをもっていないと、変身、変態のエネルギー不足になります。
 だから、皆さんは最初はグローブだけはめて、すごいな、やばいなこれはと。気がつく。ついにはおそるおそるキャットスーツを買い、そしてどんどんはまっていくんです、私みたいに。
 先日話変わりますが、産まれて2度目にして、バキュームベッドにトライしました。ラテクサのもので、中に穴の開いたパイプを通して、パイプの一端が外に出ており、そこに掃除機を当てるとシューッと人間真空パックが出来ます。ショールームの取材にスナイパーイブというSM雑誌がくるってんでその準備でやってみた次第です。
 掃除機の操作などはダマコ。で、感想ですが、恥ずかしながら、途中でギブアップしました。何が怖いって、細っちいラバーのチューブをくわえてそこから息をしますが、ふとした拍子にそのパイプが外れたり、塞がってしまったら死にます。それをまず頭で分かった上で慎重にラバー袋に入り込みます。ファスナーを閉めてもらって、いざ掃除機で吸引。勢いよくベッド内の空気が失われていきます。身体にぴったりとラバーが張りつきだしたそのとき。わずかな空気が外に吸い出される音が耳元でシューッと大きな音を出し始めたのです。これで私はパニックに。アーストップストップだめだめと絶叫して「救出」されました。
 本当に怖かった。これまで何人もの人のバキュームベッド体験を手伝ってきたんですが、こんなに怖い物とは知りませんでした。皆さんごめんなさいというか、すごいですねーっ! よくこわくないですね! ちなみに、afstoreはレイアウト変更をして、バキュームベッド体験も出来る広さが出来たんですが、あいにく営業が2月下旬までお休みです(予約や通販は通常どおり)。
 afstoreのブログに営業情報を掲載しました。ぜひご確認ください。繰り返しますが、いつものネットの通販はまったく平常どおりです。店だけ休むということですので誤解なきよう。
※おしらせ
本日12/25(日)は店はお休みします。
※値下げ案内
キャットスーツ値下げしています。品切品の場合フロントファスナーに変更しても待ち時間は同じですから、初心者の方は薄手で着やすいフロントファスナーをお勧めします。先日、ダマコが試作したショルダーファスナーを着るのにえらい手間取った。昔はするっと着られたが、もうからだが固くなってきて腕のファスナーを上げられないんです。カナし。ただ着にくいからこそ、高い装着感が得られるというマゾ欲求はショルダーファスナーのほうがいいですね。
 ALT-FETISH.comオリジナルラバーキャットスーツ
【フェティッシュジャーナル】[ラバーフェティシストのためのメルマガ・ブログ]
文・市川哲也
—————————————————————————
ラバーのツヤと拘束感を愛するすべての人へ──ALT-FETISH.com
◆2001年創業。信頼のラバーコンテンツサイト| ALT-FETISH.com |
http://www.alt-fetish.com/
◆ブログ「フェティッシュジャーナル」
http://alt-fetish.cocolog-nifty.com/
◆動画サイト| QUEERSUIT.com |
http://www.queersuit.com/
◆ラバー販売に特化した高機能ECサイト| ALT-FETISH.jp |
http://www.alt-fetish.jp/
◆携帯電話からのご利用
http://www.alt-fetish.jp/m/
◆リアル店舗afstore 東京都小金井市
http://afstore.blogspot.com/
◆ツィッター
http://twitter.com/ALTFETISH
◆mixi
ニックネームはALT-FETISH IDは17789314
◆USTREAM中継および録画
http://www.ustream.tv/channel/alt-fetish-com