ラバーフェティシストの倫理学

 今日は自分がエロい格好をして皆さんに売りたいラバーパンツを撮影しました。もちろん、撮影中は勃起が重要ですが、寒さ、カメラ操作、テンションの下がる撮影現場の風景などのせいで、今ひとつしょんぼり。しかし皆さんにとってはあとで詳しく書きますが、平日の真っ昼間に、こうやって大の大人がラバー着てカメラのリモコンシャッターを操作しながら自分撮りしているのって、ちょっと愉快だと思いませんか。
 最近、一緒にフェチのビジネスをしていた知人が、大資本の労働に巻き込まれて、一切こっちの方に時間を割けなくなってしまいました。彼はブラックで名高い某業種の「名ばかり○○」だったのですが一日18時間とか働かされて逝ってしまいました(死んだ意味ではない)。
 そもそも私たちのカテゴリー、つまり非日常なラバースーツを着て、非日常なオナニーやセックスを楽しもうというラバーフェティッシュの諸活動は、余暇、気晴らし、そういったものとみなされがちです。そして、ちょっとしたことでこういう気晴らしは出来なくなってしまいがちです。たとえば彼の事例のように、生活の糧を売る仕事があまりに忙しく不安定ならば、気晴らしをする余裕は出てきません。あるいは家族や自分が病気になったらどうでしょうか。とてもじゃないがラバーなど引っ張り出そうという心境にならないでしょう。
 でもそれでいいのでしょうか?何が気晴らしで、何がメインなのか? たしかにこれまでは仕事がメインで、趣味や家庭生活が気晴らし、リラックスして生産性を回復するサブの役割とされてきました。
 しかし、最近では資本(企業)が従業員の時間を限界まで搾取するようになっています。従業員は、企業の一員でいるために、自分の時間の殆どすべてを資本に献上しなければなりません。そうして初めて、従業員は僅かな給料をもらい、食って寝る場所の維持がどうやらできるのです。企業は、従業員の福利厚生は形ばかりの最低限は整えるでしょう。しかし、従業員の真の生き甲斐や気晴らしについて目配りをする倫理を決して持ち合わせてはいません。
 資本はそういう従業員が、ラバーの楽しみをしたり、コミュニティでボランティア活動をしたり、家族とゆったりと時間を過ごしたりすることを決して許しません。(もちろん、大企業正社員や公務員は、そういう時間を許されている。でもそういう人はどんどん数が減っている)ですので、自分でラバーフェティシストとしての倫理を守り、育てなければならないのです。
 メインがメインだけになり、メインを支えるサブも侵食してきている。だからこれからは、私はサブをメインと捉えなおし、サブをメインと同等の地位へ回復させなければ、人は豊かに生きられないと思います。つまり、サービス残業のせいで疲れてラバーを着られなくなったら、そのラバリストはもはや彼の人生を生きているとは言えないのです。サービス残業をさせる企業の部品になってしまった、いわばモノ化してしまった状態です。
 たとえば『ローカリズム原論』(内山節・著)という本には人は本来いろんな関係性の中に生きている。例えば趣味、家族、地域との関係性。もちろん、企業との関係性(就労)。でも、企業は、多様な関係性を資本の理屈で打ち壊し、企業との関係性だけにしばろうとする。この本はそう述べ、資本の論理に人間の倫理が回収される現代の事態へ警鐘を鳴らしています。
 資本は、ずるいし、時間が経てば、これから、どんどん資本の縛り付けは激しくなっていくでしょう。確かに労働法制は昔よりは充実しているけれども、東大教授の本田由紀が告発しているように、正社員は長時間労働、非正規社員は低賃金と身分の不安定に沈み、両極ともに人生がモノ化しているのです。
 私はラバーを自分で着て、自分で写真を撮って全部一人でやっているけれども、この活動は資本からは自由です。この活動を続けることがみなさんにとって励みになると思う、と信じて、続けてやっています。
 先月に入店した新しい店員、サホ(http://www.alt-fetish.com/cnts/gallery/120319saxolotl/index.htm)の存在もまた、みなさんの励みになるのではないでしょうか。サホはまだティーンネイジャーで、将来のために手に職をつけようと勉強中です。時給よりも高い交通費をかけて遠くからやって来ますが、相変わらず、客ゼロの日もあるのです。この人をモデルに、近い将来、撮影会をしてみたいと思っています。検討中の販売価額は50分一万円程度。資格要件はレンズ交換式一眼レフカメラまたはハイエンドコンデジをお持ちの方に限ります。撮影画像は必ずベストスリーショットを提出いただきます。もし、この撮影会にご関心がある場合は、メールで予めご一報ください。サービスリリース時に優先的にご案内できます。
 話がずれました。昨日、いくつかの現品処分品をヤフオクに出品しました(ヤフーにログインした上でご覧くださいhttp://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/show/auctions?userID=fatigue99&u=fatigue99)。出品したキャットスーツについてですが、これはALT-FETISH.comオリジナルラバーキャットスーツを作る工場とは別の会社に発注したものです。ところが生地が今ひとつ硬いようです。何というか、伸びが悪い。ですから、やや着にくい。ラバぴかやパウダーをよく塗らないと皮膚をまったく滑りません。ただ生地自体はしっかりしています。なお中国製で、においがややきついです。
 ラバーマスクも出品しました。これは目と口がファスナー状になったものです。こんなマスクをかぶらされて攻めたり攻められたりしたら楽しいでしょうね。本当にないんで、そういうのが。私の場合。
 DEMASKのボンデージトップも出品しています。これは、デザインに惹かれて買ってはみたものの、あまりの使いにくさにお蔵入りになりました。ボタンが超固い。油でもさせば柔らかくなるんでしょうか?
 新品で買うより安いし、まああまりたくさんの人が入札をするとも思えないので、ご関心のある方は指し値を入れておいてはいかがでしょう。
※ラバープラグスーツを発売しました。http://www.alt-fetish.com/costume/costume.htm#plug
※BLACKSTYLE欠品だったもの、あらかた入荷しました。
【フェティッシュジャーナル】[ラバーフェティシストのためのメルマガ・ブログ]
文・市川哲也
—————————————————————————
ラバーのツヤと拘束感を愛するすべての人へ──ALT-FETISH.com
◆2001年創業。信頼のラバーコンテンツサイト| ALT-FETISH.com |
http://www.alt-fetish.com/
◆ブログ「フェティッシュジャーナル」
http://alt-fetish.cocolog-nifty.com/
◆ラバー販売に特化した高機能ECサイト| ALT-FETISH.jp |
http://www.alt-fetish.jp/
◆携帯電話からのご利用
http://www.alt-fetish.jp/m/
◆リアル店舗afstore 東京都小金井市
http://afstore.blogspot.com/
◆ツィッター
http://twitter.com/ALTFETISH
◆mixi
ニックネームはALT-FETISH IDは17789314
◆USTREAM中継および録画
http://www.ustream.tv/channel/alt-fetish-com
◎ALT-FETISHは規約により高速インターネット回線につながったPCをお持ちでメール
やインターネット閲覧をできる環境をお持ちであることがご利用条件です。ただし
afstoreにおいでになりたい方はご連絡いただければ地図付きのショップ名刺を郵送
いたします。
◎ALT-FETISH.comと他社の違い
1.マジでラバーフェチの市川が満足するものしか売らない、ラバーフェティッシュ
経験の質の高さ、これを裏付ける10年の実績
2.競合他社が手を出しにくい、回転の悪い海外雑誌や高額ラバーマスクを豊富に品
揃え(出血も辞さない在庫への投資)
3.キャットスーツで比較すれば日本で最も安い価格優位性
 グーグルやヤフーで上位に出るからといって、そこの商品やサービスが優れている
とは限りません。そのことは皆さんなら当然ご承知と思います。
—————————————————————————
Copyright(C) 2012,ファティーグ合資会社 掲載記事の無断転載を禁じます。
—————————————————————————