LGBTQの人生プラン

140430LGBTQとラバーフェチは親戚のようなもので、ショールームにやってくる男性の半分近くはゲイである。

私は、人間どこかしらそもそもおかしいに決まっているんだから、まっとうに男性らしくしていたとしても、実のところは分かったものではないと思っている。万人について、そう思う。万が一、まっとうで自他共に普通であったとしても、酒を夜に飲み過ぎていたり、人生にむなしさを覚えていたり、女性を馬鹿にしていたり、自民党に投票していたりと、どっかしら合理性を欠く側面はあるに違いない。

私はラバーを着てオナニーすることに無上の喜びと興奮を覚え、視覚ではつねに、ラバーフェチを満足させるものを探している。そういうふうなわけで、自分の中に異常性を持っていることを自覚し、それと向き合う毎日だ。自分は、LGBTQのうちQ(クイアー)当事者であるという認識を持っている。

LGBTの人たちには、悩みがあるという。たとえば子供を持ちたいと思ったとしよう。レズのカップルが子供を産んだとして、産んだ方ではないパートナーは子供と何の法的関係も持てない。もし万が一、産んだほうが子が未成年のうちに亡くなったらどうするのか。男女の配偶者の場合は自然に残った方が親なので親権があり引き続き扶養するが、レズのカップルの場合は産まなかったほうは親でも何でもない。赤の他人である。これは大問題となる。

日本の社会保障は、家族制度にだいぶ、甘えているところがある。反面、家族がいないひとにとって、社会保障サービスは限られたものになるし、情報も届きにくいようになっている。法的に家族として認められていない、同性婚カップルが老後を迎えたときに、そうした日本社会固有の問題のしわ寄せが津波のごとく押し寄せる。

LGBTの老後を考えることは、社会の中で無視されていたり、放置されている人たちの人権の救済に直結する、意義のある活動だと私は思っている。だから、私はALT-FETISHのショールームに来てくれるゲイの方たちの話を丁寧に聞くために、セラピストが読むような専門書を読んで日夜研鑽を欠かさない。

アメリカにはLGBTセンターがあって、定期的にいろいろな集会が開かれている。詩の朗読会や各種勉強会、コンサート、講演会、パレードなど。こうした活動には、政府は補助金を出すという。こうしたセンターの催しにやってきて、まずはLGBTの人たちは社会に受容されていることを知り、自己肯定感を取り戻すことができる。そして、最終的に、社会がLGBTもそれ以外も区別なく、人権のまっとうを担保できるようになったとき、このセンターの役割は成就したことになる。

この週末に、鶯谷で開かれるデパートメントHは日本のLGBTセンターのような役割を果たしうる、重要な活動だと思う。

労働フェティッシュ

amazon

同じネット通販事業者としてAmazonの動向をいつも気にかけています。Amazonは巨大な倉庫に、大量の商品を陳列し、廉価で使い捨ての、社会保険も無しの労働者に端末を持たせてピッキングしています。在庫があるということはその商品が完全にコモディティー化している、ありふれていて、どこでも手に入る。購入者の意志決定は、価格か、スピード(納期)ということになるでしょう。
巨大倉庫内で働く人たちに遅刻のようなシステム想定外のミスは許されません。遅刻は記録され、ポイントが一定の数まで減ずればクビになります。倉庫内の労働環境は劣悪とはいわないまでも、非人間的で快適ではありません。夏は非常に暑く、会社は倉庫の外に救急車と医師を待機させています(休憩を増やしたり、水分補給をするといったことではなく、ダメになったら取り替える発想なのです)。冬は非常に寒いのはいうまでもないのですが、端末が示す、次にピックアップする商品の位置までの許容時間が秒単位で表示されるので、走らないとならず、すぐに汗だくになります。そして、極端に乾燥しているため、スチール製の棚に触れると、日常生活ではおよそ未体験の静電気が容赦なく労働者を痺れさせます。まともな神経の持ち主であればすぐに辞めてしまうのでしょうけれども、辞めても、仕事を求める労働者が列をなして待っているので会社は何とも思いません。訴訟のリスクにおびえながら、限られた少数のジャーナリストがたびたびこの巨大企業の倉庫に潜入し、文章で告発しているのは、この企業が、従業員として関わった人間の暮らしや尊厳を破壊するシステムであるという疑いようのない事実です。
この宇宙が、世界が、黒か白かの二択に収斂していくプロセスであるならば、Amazonみたいな哲学が世界を覆うことに異論の余地はありません。しかし、残念ながら世界はそのようには出来ていないのです。宇宙が、137億年前のビッグバンから始まって今もってなお、拡散・膨張を続けていることからも明らかなように、世界もまた複雑さの一途をたどっています。
ALT-FETISH.comも倉庫のようなショールームに商品があって、そこに、端末が示す商品をピックアップし、梱包発送するという仕事がメインという点ではAmazonと変わりありません。しかし、すぐに品切になる。棚は秒数を問われるほど離れていない。走れるほど広くなく、エアコンは完備されている。品切が多いので、そもそも棚に行く頻度も少ない。このようなかんじで、合理的に考えるとAmazonとは似ても似つかないグダグダなダメ小売り事業者です。
しかし、Amazonよりも優れているというか、誇れることがあります。それは、私らALT-FETISH.comは従業員を使い捨てにしません。従業員=事業創始者だからです。そして、経営者は現場で、この13年間、創業当時とおなじことを繰り返しています。発注して、検品して、受注処理をして、ピッキングして、発送する。変わったことといったら、取引先が増えたりした程度でしょう。
13年間、誰にも注目されることなく、ひたすら同じことを続けられる環境を持つこと。仕事は暮らしのためであって、暮らしを破壊するようなものであってはならないでしょう。

Angela Bermudez

海外のコスプレイヤーで私が見つけたのがこのAngela Bermudez。

ラバーフェチとは関係ないが、ヘルメットフェチだったらこの画像はピンとくるだろう。

装着前:http://www.deviantart.com/art/R-E-S-C-U-E-396599360

装着するぞ!:http://www.deviantart.com/art/You-complete-me-396718398

装着後:http://www.deviantart.com/art/This-is-Pepper-Potts-can-you-hear-me-397874956

この人はあっけらかんとした南米の一素人女性だが、イラストも書ける才女。こうしたコスプレイヤーが幸せそうにコスプレしている地球が愛おしくなる(もちろん、いろいろ解決すべき課題は多いのだろうが、まずはこの美しき滋養を!)

【Facebook】https://www.facebook.com/TenshinoSekaifanpage

【Youtube】http://www.youtube.com/user/TenshiCR

【Deviant Art】http://angelabermudez.deviantart.com/

こういう顔の女に、私も生まれたかった。そうしたらラバーを着まくってナルシスティックに思う存分溺れるだろうな。