ラバー総入れ歯(くち全部付き)

「ばあさん、私の入れ歯どこへ行ったかね?」「ここにあるよ、ほら」

昔はよくこんな入れ歯のコントをドリフターズで見ましたが、今日ご紹介するのはなんと、くちびるから舌ベロまで、歯も口の中の皮膚もぜんぶまるごと入れられる、ラバー総入れ口です。

140729_rf1

皆さんは、こんなことで悩んだことはありませんか?

  • キスするときに口臭が気になる
  • タバコのヤニやコーヒーで歯が黒い
  • 舌ベロにこけが生えていて真っ白
  • クチビルのかたちが気に入らない
  • 歯並びが悪い、歯茎が黒い

せっかくの「夜のお楽しみ」も、これでは盛り上がりませんよね。

そこで!!

140729_rf600600

このラバー製総入れ歯(唇、口腔、舌ベロ付き)です。これさえ口にガッポリはめ込んでしまえば、外観の悩みはすべて解決。もちろん、口で息が出来ませんから、いやな臭いもシャットアウト(鼻で息をしてください、死にますよ)。

もちろん、ビザールなあなたの願望もぜんぶお任せ。たとえば──、

  • ラバーマスクをかぶったときの口元が寂しい
  • 口枷を咥えてよりハードな拘束感を愉しみたい
  • 息苦しい方がいい
  • マスクの中がヨダレでバッシャバシャになって溺れるくらいがいい
  • 鏡でナルシスオナニーの時に、ドールっぽく化けたい
  • より変態になるために、とにかく普段の自分を徹底的に変えたい

口元というのは、じつは人間の印象に甚大な影響を及ぼします。もちろん、目がいちばんモノを言いますが、その次は口でしょう。口があるなしで(マスク)まったく印象が変わりますし、その口がこんなんだったらまさに有無をいわさず変わります。

驚くことに、このラバー総入れ歯は舌ベロの中に自分の舌ベロを入れて、内側から上下に可動制御できます。口も少しは開けたり閉じたりは出来ますので、これで相手とキスも出来るのです。

140729_rf3

とにかく着用感覚は、これまで未体験のものすごさ。まずはこれまで出したことがないほどのヨダレの量にびっくり。自分で自分の身体を制御できない興奮は、この商品で最高潮に達します。

140729_rf2sunpou

いまこの商品はサイトではカートで買えるページをご用意しておりません。一度メールをいただければ、価格と納期をご案内します。Rubber’s Finestの全頭マスクに最初から付属させる(あとからは取り付け不可)か、またはシステムマスクのアタッチメント(取り外し可能な付属物)としても注文できます。システムマスクはこのページの中程に出てきます。

140729_rf

将来的には在庫販売にトライしたいですが、たぶん作るのはたいへんでしょうから、原則当面は、取り寄せオンリーでしょう。

この商売を続けてきて、この商品ほど驚いたものはないです。二重に驚きます。まずは、これが消費財として販売されているということに。もう一つは、実際に着用したときのあまりのことに翻弄される自分に。

さて、気になるお値段と納期ですが、パラパラお問い合わせが入るので、公開しておくことにしました。

立体成型ラバーマスク黒1.2ミリ厚(各サイズ、後ろが編み上げになっているRubber’s Finestの看板商品)に付けた場合(本体と接着されているビルトイン)

商品の金額:38,000円 (税抜。マスク込み)

納期:3ヶ月

お申し込みはメールで。

ラバーガール撮影スタジオ

ALT-FETISH.comはラバーキャットスーツに身を包んだ美しい女性の写真を撮影する無料サービスを展開中です。

ラバースーツは着てみたいけど、服の値段が高いしカメラマンも場所も分からない。そんなあなたのご要望にジャストフィット。

なんとあなたが女性でしかも若くて(35歳くらいまで)ALT-FETISH.comのギャラリーへの掲載に承諾いただけるのなら、衣装、スタジオ代、カメラマンフィー一切無料で、撮影してデータをお持ち帰りになれます。

ラバースーツを着るのは最初はひとりでは無理です。その点、創業以来十余年にわたり、数百人にラバースーツのフィッティングを手伝ってきた市川哲也がサポートしますので安心。

なんと市川は妻帯でほかに仕事を持っているなどきわめて真面目な小市民のため、ストーカーに化けたり変な行為に及ぶことはあり得ません。従業員やスタッフもいないので画像を流出されてしまったりといったことも一切なし。

きわめて安心してご利用いただけます。ご利用申込は写真を添付して、メールでお送りください。

なおあなたが画像を公開したくない、あるいは男性の場合は、こちらから有料でご利用申込が可能です。

主な設備を以下のとおりご案内します。

140729

ラバーフェティシズムの魅力と新しさについて

ラバーキャットスーツ、ガスマスク
ラバースーツ、ガスマスク。外界との境界にラバーを置いてみる。

真夏がやってきた。ラバーキャットスーツを着た女が、尻をカメラに向けて、全身の筋肉を緊張させながらポーズを取っている。カメラと機材だけは揃えたものの、撮影はずぶの素人の私が懸命にシャッターを切る。
自分が見たい映像を、ひとりでも多くの仲間に見てもらいたい一心でこうした作品造りをもう何年も続けてきた。
この作品造りでもっとも興が湧くのが、まったく新しい撮影依頼の申込である。同じ人物は二度撮らない。なぜなら、着せた衣服はまったく変わらないからだ。予算も限られ、ラバースーツで外に出かけるわけにも行かないので、結局人、場所、衣装が同じ写真しか撮れないからだ。
私たちのフェティシズムの対象は、あくまでもラバーキャットスーツであるが、それ故、ラバースーツに関心を抱く異性が現れたときに、どういうところがいいのか、にも興味が湧く。裁判官の審問のように、真実の答えを求めて質問を矢継ぎ早にしてしまう。
結局、ものごとの魅力は、1つには変わらない美しさが醸し出すのだが、見たこともない新しさも重要なファクターに違いない。前者はフェティシズム特有の拘りであり、後者は、人間という生き物一般が持つ、環境適応や進化の遺伝的運動の影響だろう。

Rubber’s Finestのラバーマスク

ドイツのRubber’s Finestという工房で作るラバー全頭マスクは格別。男女それぞれの標準的な立体の型からラバーマスクを鋳造するから、貼り合わせ部分がなく、ぴったりフィットして顔かたちの輪郭も少し変わる。まさにラバー整形。

1個1個、世界中から注文を受けて手作りしている。だから、まとめて注文しても届くのが二ヶ月三ヶ月経ってから。申し訳なくて、国内に在庫を大量にストックするほどの量を頼めない。

そして入荷したらあっという間に売り切れてしまう。いま、そのマスクが入荷している。

いかに変身するか

ラバーフェチのコスチューム体験は、逃避です。何かと息苦しい世の中で、皮膚を薄いゴムで隙間なく覆い、呼吸もガスマスク越しにすれば、身体の息苦しさと引き換えに、心の開放感を得られます。

何とも逆説的ですが、これが人間の奇妙に倒錯した本性というものでしょう。

いかに変身することが出来たか、で、逃避としてのラバーフェチプレイの効果はより大きくなります。男なら女に。女なら、男に。あるいは、人間ならロボットに。

あなたの変身をお手伝いできる唯一のアイテム、それがラバーキャットスーツです。

シリコンバストを入れられるラバーキャットスーツ、コルセット。ガスマスク。
男でも女になれる。もっと変態を突き抜けろ。

Tumblrにスポイルされる気力

140725

ネットのダラ見という言葉がありますが、皆さんお気づきですか。パソコンを使う仕事を、ひとりでしているとふと、ネット(とりわけSNS)を見たくなってブラウザを立ち上げる。気がついたら、20分とか、30分があっという間に過ぎちゃってる、なんてこと、ありますよね?
私が必ず毎日チェックするようになって久しいSNSにTumblrがあります。ALT-FETISH.comがリブログする秀逸な、世界のラバー美女たちの画像をまずはご覧下さい。なお最新のリブログ画像は当ブログ右側に10個表示されています。
http://alt-fetish.tumblr.com/
Tumblrをやり始めてからと言うもの、新規に雑誌を仕入れようという気力は失せました。手元にある、美しいタブレットの画面に、無料で数分おきに見たい画像が流れてきますから、もう昔みたいに、たとえばアズロでは、中を見たいヘビーラバーマガジンとか、スキン・ツーをレジに持っていって、ビニール袋を開けてもらわないと見られなかったものです──店で紙の印刷物に何千円も払ってみてみようという気持ちは戻ってこないでしょう。
ところが先日、驚くべきお客さんが現れました。大量のマーキスをネットショップのカートから注文してきたので、中を見せて好きに選んでしかも値引もするとオファーしたところ、そのお客さんはわざわざショールームへおいでになりました。この東小金井の駅から徒歩7分もかかる僻地にです。いや、僻地というほどではないんですが、中央線沿線に住まいがない方にとっては、自宅のある中央線以外の最寄り駅からいったんターミナル駅に出て、さらに中央線に入ってたとえば新宿から30分ともなれば立派に小旅行です。
それほどの労力をかけてもわざわざ見たいというのは、並々ならぬ情熱をお持ちの御仁です。非常に興味があり、ご来店当日は朝から興奮していました。紙媒体に、この時代に、そんなに意欲を持っているということだけでも、知り合いになりたいし、尊敬してしまうのです。
そしておいでになってその人は、一時間以上にわたってじっくりと、当店にあるすべてのバックナンバーに目を通し、何十冊も買っていかれました。私はまるで骨董屋の老主人になったかのような気分でした。
試しに、「ご自分でもそういう服を着てみたいのでは?」と訊くと、もちろん、ラバーキャットスーツを着てみたいとの返事。雑誌をたくさん買っていただいたので、無料でご試着いただきました。そしてとても気に入って、スマホでうれしそうに自画撮りしていきました。
この人は、本当にラバーのキャットスーツをこよなく愛しているんだと感じ入りました。こういう人がいる以上、私はこの商売をこれからも続けていこうと固く決意したのです。そして、マーキスの仕入れを復活しようと思いました。すべての人が、Tumblrに好みの画像を流せるようにリテラシーを持っているとは限らないし、ネットと紙では、もちろん、すべてが違います。
テクノロジーが進化しても、紙に印刷された物を見たり、実際に服を着たり、パートナーとプレイに興じたりしてみましょう。パソコンだけでは決して出来ない体験を見直してみることで、かけがえのない価値を再発見できます。

最後に、Tumblrでわりと印象に残った画像を2つ選んでみました。

誰がアップしたのかは分かりません。Tumblrから。
誰がアップしたのかは分かりません。Tumblrから。
顔と身体のアンバランスぶりがいい。リブログされてオリジナルソースは不明。
顔と身体のアンバランスぶりがいい。リブログされてオリジナルソースは不明。