グリーン革命、ラバーキャットスーツからの実践

 毎日新聞に寄せられた読者からの投書です。
「私は、原発事故にかんして国民全体に責任があるという考え方には反対です。電気の無駄使いについては責任があるかもしれません。でも、私たちは(原発の)危険性についてどれだけ知らされていたでしょうか? 学校で習ってきたでしょうか? むしろ、学校の掲示板に、原発はクリーンなエネルギーで、安全で不可欠なものだというポスターがはってありました。そうしたポスターや作文の募集もありました。それをしたのは、東京電力と国です。そんな教育をうけた私たちが、原発はあぶない! つくらないほうがいい! という意見をもつことができたでしょうか。これからみんなで話し合って、大人が何を間違えたのか、を考えていく必要があると思います。(神奈川県鎌倉市・小5)」
 まったくその通りだと思います。私たちが変態だということに関し、私たちや私たちの家族、そして国民全体に責任があるのでしょうか? ないと思います。学校では精子が卵子と出会って子供が生まれると習いますが、黒くてテカテカしたぴっちりした服を着たモノに生じる固有の性欲については、「河原に落ちていたエロ本」に運よく出会った人だけがそれがなんであるかおぼろげに了解できるのです。学校は教えてくれないからね。
 そしてさらに時を経て、私はこのラバーフェチの欲求がどうやら、自分の脳の病的な異質性から生じているらしいことを、ネットとか本を読んで、推測できるようになりました。私は、変態であるだけでなく、じつはほかにも細かく狂っています。たとえば、物心ついた頃から指の爪は爪切りで切ったことがありません。伸びたところはむしり食べてしまうんです。気持ちわるー。そして、何かに拘束圧迫された状態にとても恍惚感をおぼえてもっぱらそれでオナニーします。これって自閉症の人がよくせまい場所にこもったり、何かに圧迫されて安心するらしいことを本で読んで、ああ同じだと思ってます。つまり自分は自閉症なんだろうと。もちろん自閉症という病気は、レベルがあって、またいろんな症状も様々にあり、どういう症状が出れば自閉症ですといった感じではなく、それらしい症状(というか、エピソードや習慣、物の感じ方など)の積み重ねや傾向の度合いで、自閉症らしいかそうでないかが決まる病気です。だから私が今自閉症ですといったところで、すぐ病院行って治療して、場合によっては薬飲んで入院しなければならない、たとえば癌のようなものとはまったく違う点に気をつけてください。自閉症は、それを治したりすることは原則できません。病気というと治癒という短絡はやめましょう。病気=共生なんです。
 私のようなマイナーな変態も、周りを見渡すとどうも最近ではそうでもないみたいです。
 関係ないかもしれませんが、今は家族四人で暮らしている世帯は少数派です。そして、ひとり暮らしの世帯が多数派です。最近のなんかの調査で、世帯動向調査で、ひとり暮らし世帯が半数を超えたそうです。この日本。小さな六畳とかのアパートにみんな、ひとり暮らして、人とも話さずネットやテレビ見て、そしてたまに押し入れから(あるいは堂々と壁に吊した)ラバースーツをおもむろに引っ張り出し、「変態」的行為にふける。それがもはや、お父さん、お母さん、子供ふたりという「普通の」「正常な」世帯よりも多いんです。もちろん!ひとり暮らし=変態で、四人世帯=健全というようなことはまったくいえないんですけれども、少なくとも変態が変態的生を全うするのに、四人暮らし世帯よりもひとり暮らし世帯のほうがやりやすいに決まっています。
 そして今読んでいるグリーン革命によると、やっぱり地球を救う最大の功績は女性の少産です。途上国では女性は労働力としての必要性から、子供をバンバン産んで、水を運ばせたり、ゴミを拾わせたり、食料を取ってこさせたり、働かせたりして家計を維持します。まるでもう動物。それに対し先進国ではもう女性は子供を、生活のための必要から産む理由はありません。むしろ子供は邪魔。自分の好きなこと(もっぱら消費)をしたいのに、子供がいたらできません。ですから猛烈なスピードで先進国で少子化が進む。
 もっと、進めたい。グリーン革命のために。男が、ラバースーツを着てよがってたら、子供なんてできるはずもありません。シースの中に精子がドバッと出て捨てられるだけ。そのオナニー1回で、どんだけCO2が排出されずに済んだか。まさにエコ! 驚いた、僕たちラバーフェチは、エゴでオナニーしてたつもりがエコだった!
 我らが自閉症者、アスペルガー症候群のような者も含めて、ですが、こうした傾向をもつ人たちは今とても増えています。地球が自分の生態系を維持するために、きっと必要としているんじゃないかとすら思えてきます。ヒトという種族が増えすぎれば、地球はもうもたないんです。ゴールデンビリオンという、アメリカの中流層や日本人、OECDなどの主要先進国で、今の文明を謳歌している人口は、地球60億のうち10億人です。あとは貧しくて食うや食わずです。それでもこのゴールデンビリオンが毎日、何十億リットルも石油をどか食い消費している。そのために地球がバンバン暖かくなってきている。ゴアによれば、いやよらなくてももう科学者たちの共通認識として、地球はやばいと。もちろん、地球温暖化説に反対する広瀬隆が言うように、数十万年後にはまた氷河期がやってきて、とりあえずいったん、全部の生命が死滅することはあるかもしれない(原子力ももちろんハイ消えただし)。でも問題はそんなあとじゃなく、向こう十年とか、そういうスパンでの地球です。長期ではもちろんやばいが、短期でもかなりやばい。人が増えすぎて。そこに、人口を抑制する驚くべき救世主が降り立っている、この地球に。それが、私たち、ラバーフェティシストにほかなりません。私たちで止めよう、ストップ子孫。精子はこのラバーシースのなかに。
 皆さんこれを読んで、自閉症の気がある人ならラバーで安心できるのなら、どんどんラバーを着てほしいと思う。そして普通の女性に性欲が湧かず自分のラバー女装でしかチンコたたないんだよという私みたいなヒトも、正正堂堂とこれからは、信念に基づいて、ガンガン、オナニーしたい。1回1回の射精が地球に優しい。残酷な精子のように、少年たちは神話になるんです! ありがとう、ぼくの自閉症、ありがとう、ラバー。そして地球、大好きです。
「あんたたち、バカァ?!」

「自分のエロスを、突き詰めてください。幸せにはなれないかもしれないけれど、すっごいすっきりすると思う。今のあるがままの自分を受け止めてあげて下さい。それが自分へのギフトです」
代官山「M’s Bar and Cafe」で開催された「smile! this is talk show 」でのトーク、モーリー・ロバートソン 2011.7.12
【フェティッシュジャーナル】[ラバーフェティシストのためのメルマガ・ブログ]
文・市川哲也
—————————————————————————
ラバーフェティシスト専業企業ファティーグ合資会社のドメイン
◆2001年創業。信頼のラバーコンテンツサイト| ALT-FETISH.com |
http://www.alt-fetish.com/
◆動画サイト| QUEERSUIT.com |
http://www.queersuit.com/
◆ラバー販売に特化した高機能ECサイト| ALT-FETISH.jp |
http://www.alt-fetish.jp/
◆携帯電話からのご利用
http://www.alt-fetish.jp/m/
◆商談ルーム 東京都小金井市
http://www.alt-fetish.com/service/shop/index.htm
◆ツィッター
http://twitter.com/ALTFETISH
◆mixi
ニックネームはALT-FETISH IDは17789314
◎ALT-FETISHは規約により高速インターネット回線につながったPCをお持ちでメール
やインターネット閲覧をできる環境をお持ちであることがご利用条件となり、商談ルーム
ももちろん例外ではございません。
◎ALT-FETISH.comと他社の違い
1.マジでラバーフェチの市川が満足するものしか売らない、ラバーフェティッシュ
経験の質の高さ、これを裏付ける10年の実績
2.競合他社が手を出しにくい、回転の悪い海外雑誌や高額ラバーマスクを豊富に品
揃え(出血も辞さない在庫への投資)
3.キャットスーツで比較すれば日本で最も安い価格優位性
 グーグルやヤフーで上位に出るからといって、そこの商品やサービスが優れている
とは限りません。そのことは皆さんなら当然ご承知と思います。