日経平均とフェチ

日々、変態的オナニーのためにどうお金を工面するか頭を悩ましているみなさん。私も、そうです。そしてFP(ファイナンシャルプランナー、ただしA)でもあります。
 昨年末頃、金のないところでいかに相場で儲けるか、考えに考え抜きました。そして私の結論はいちばん効率的なのは手数料の安いFX(外国為替証拠金取引)であるはずだと思い、ちょビットやってみて、実際儲かったのでした。しかし、短期チャートに神経をずたずたにされ、心身ともに疲弊し、家庭は荒廃。もううんざりとばかりに、パソコンから関係ソフトをすべて一掃したのでもありました。
 しかし、事実として、FXは資金効率がよい、もっとも効率的な相場への投資(投機)である、というのは揺るぎないものがありました。年を越え、ふたたび一掃したソフトをインストールし直し、相場に向かう日々を再開しました。一目均衡表、ボリンジャーバンド。新井師の名著『投資の王道』片手に、買い場を探していたのです。
 朝日新聞の新春インタビューで、森永さん(「年収300万円」のあの人)が、そして伝説のディーラー、藤巻さんが、口々に「日経平均は2万円までいく」「株を買っておかないとたいへんな差が出る」といっているではありませんか。この言葉が、ダイヤモンドザイとか、煽り系のメルマガだったらシカトしたでしょう。しかし朝日新聞のこの二人が言うのです。私は心を動かされました。
 そして、口座を持っているKabu.comのスーパーチャートで、ETFのチャートを見てみましたあーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーうそ。すごい。すごすぎる。このチャート。為替では考えられない、きれいな、あまりにきれいな、そして力強い上昇トレンドが描かれているではありませんか(2006年1月8日現在)(笑)。
 そうだ、ETFがあった───。(ここからはきみまろトランス風で)あれからあれからあれからあれからよんじゅうねん四十年四十年。あれあれあれあれあれあれあれから、4年。そう、私がマネージャンルでライターデビューした4年前には、自分の書いたものの中でETFを推薦したこともあったのです。ETFこそ素晴らしいと。しかしあれから4年。
 すっかりETFを忘れ、ETFとした誓い、そうあの誓い! お金が貯まったら、きっと君を買うよといったその誓い。その誓いを、すっかり忘れ、あれから4年! 貯まったのは、脂肪とゴム製品ばかり。あれから4年───。
 変態FPは強く訴えたい。ラバーを買うお金は結局、オナニーをするため。私もそうだし、みんなもそうでしょ。だったら。だったらあぶく銭で作りなさい。お金はあぶくで貯めなさい。そう、相場で、ETFで。簡単に。
 ちなみに。もっとも大事なことを。チャートの見方が分からない人。損切り出来ない人。何も考えず勢いで買う人。(相場につぎ込むのはあくまで余裕資金が鉄則だが)自分の金融資産のうち余裕資金がいくらか把握できていない人。相場に手を出してはいけません。
※ここ2日間ほどこの本が立て続けに売れています。しかも買ったのは全員女性です。この本は決して上述したように「オ○ニー」のためではありません。部屋に一冊置くだけで、かなりクールな「個性」を演出できる逸品なのです。まあそういうものも扱っているということをここでフォローし、本日の講釈を終えたいと思います。お休みなさい。よい週末を。
市川哲也
ALT-FETISH.com
info@alt-fetish.com

「日経平均とフェチ」への1件のフィードバック

  1. 私の知り合いに、外貨FXでひと月二百万もうけた人がいます。
    私も…と心を動かされましたが
    「相場につぎ込むのは余裕資金が鉄則」
    との言葉に断念しました。
    日吉 優香理【「将来の夢は女子アナになって、有名スポーツ選手と結婚することです」という小学生】

コメントは停止中です。