金融商品に気を付けよう

 朝日などの一般紙をしっかり読む教養と時間があれば間違って契約することは無かろう。しかしたいていお金持ちというのは、新聞など読む時間がないものだ。
 新聞を読んでいるとじつにさまざまな金融商品を見ることができる。先日、朝日に書いてあったけれども、新生銀行のパワード・ワン・プラスというのがすごい。「元本保証の円定期、金利1.1%」をうたっている。これだけみると非常に魅力的だ。というのもいくら定期とはいえ、1.1パーセントというのは突出して高い。ところが、である。この定期預金には次のような「ルール」がある。
・途中解約が一切できない5年物定期である
・新生銀行が5年後にもう5年期間を延長できる(笑)
・固定金利である
 あのう。今後5年で金利がもし5%とかになったらどうなるんでしょうか。大損である。しかもそうした事態にあって、「当行の判断で」期限がもう5年延長される。延長された場合の金利は「なんと」1.25%。まわりがもし5%台だとして、この1.25%。納得できるものではない。コンだけの意味不明なりスクに資金を拘束されるくらいなら、いっそのこと株を買ったほうがよほどいい。株なら手数料はなんと20万円未満なら無料の時代なのだ。
 ほかにもいろんな金融商品がいまは世の中にあふれているので、せいぜい銀行には近づかないことだ。銀行よりも本屋に近づこう。こんなを読んで目を醒ます必要のある人は大勢いると思う。
本職はマネーライター、市川哲也
Alt-fetish.com
info@alt-fetish.com

お父さんはラバーフェチ

 ラバーフェチのお父さん。超レアなお父さんだと思う。たいてい、妻は無関心を決め込むだろう。子供は引いて恐ろしがる。
 しかしラバーフェチのお父さんにいわせれば、BMWじゃないけど、ラバーには「駆け抜ける歓び」もとい、「抜ける歓び」というのが確かに存在する。周りがどうこういおうと、それを楽しむ権利くらいは主張させてもらいたい。何しろお父さんは昼間は「まともな社会人」として一生懸命無理をしつつもがんばっているのだ。たまにガス抜きをしないととてもじゃないがこんなまともじゃない世の中でやってられない。
 黒いラバー。決して安いシロモノではない。何万円もして買ったものだ。それを身に着ければ自分のへなへなの身体が、みるみるうつくしく鋼鉄のボディをまとったマッシーンに変身する。
 そしてそれを着てしばし至福の時を過ごすのだ。なんども訪れる人生に対する賛歌。歓び、充実感。汗とともに体内の老廃物はあらかた排出され、終わったあとの心地よさといったらない。ラバーフェチでよかったと思う瞬間だ。
 最近、どっかの元小学校教頭(男)が、16歳の少年に金を払ってわいせつな行為をしたとして逮捕された。人間どこかに変態の芽を必ず持っていると思っている。その萌芽に対してどれだけ真摯になれるか。向き合って受け入れることができるか。
 その欲望の萌芽が変態性のみならず、児童ポルノ法違反のような犯罪性をおびるとなるともちろん話は別だが、ラバーフェチ程度であればどんどんやるべきだろう。そうしたことをしたいという欲望から目をそらしてはいけないと思う。
お知らせ 今日はみなさんの投稿に感謝の意を表して自分もやってみました。タイトルは思い浮かばなかったので「ある日」ということで、2つの画像をアップしています。ぜひご覧ください。なお、着ているものですが、Alt-fetish.comが協力している国産ラバーウェアブランドの試作品のキャットスーツ、ドイツのエクストラヴァガンザ社のブーツ、BLACKSTYLEのラバーリストグローブMサイズ、デマスクのデラックストラディショナルコルセット、BLACKSTYLEの首輪、Rubber’s Finestのラバーマスクでございます。うわー10万越えているわ。こわ……。
市川哲也
Alt-fetish.com
info@alt-fetish.com

ゴミにかける熱い思い

 私は家の家事のうち、料理を作る、洗濯物をたたんでしまう、以外のすべてをやっている。汚れ物を洗う、掃除する、洗濯して干す、ゴミを捨てる、電球交換、消耗品調達、エアコンフィルター清掃、風呂沸かしなどである。かれこれ10年くらいやっている(なんだか偉そうだな)。
 家の秩序と生活の質を高く維持する家事における最大のポイントはなにか? ズバリ、それはゴミの処分だ。
 突然だが、人間はウンコをするイキモノだ。快適な排便があってこその健康、幸せ、そして美である。人間が集まって暮らす家もまた、ウンコをする。それがゴミだ。ゴミがきちんとでない家は不健康だ。美しくゴミを出すことが、人生の成功のカギといってもいいすぎではない。
 みなさんゴミってすごいめんどうくさいと思っていやしませんか? 私も死ぬほど面倒くさい。いやです。やりたくありません。しかし、ゴミを捨てないとどんどん荒廃する。何しろ子供もいるし、なにやら実家から大量のゴミおっと失礼、子供が喜びそうなプラスチック製のおもちゃ類やら、食べきれないほどの果物などが業務用の段ボール箱で定期的に送られてくる(妻の実家が小売業経営のため)。段ボールはでかいし、毎回2個以上である。毎週のように宅急便でゴミが基、妻の実家から贈り物が届く。開けてちょっと使って子が飽きたおもちゃ、食べきれず腐らせたりする果物はすなわちゴミとなる。放っておけば家庭環境はたちまち荒廃。家事担当としては喫緊の、ミッションとなる。
 東京は地価が高い。居住面積を少しでも広く取りたかったら、床をふさぐもの(収納家具=ゴミの集積場とかいろんなごちゃごちゃしたもの)をゴミとしてまるごと排出するほかはない。ゴミを出す=土地を買うということと、こうなったらもはや同義だ。さらにゴミがでるということは、掃除をした結果である。掃除をしたということは家が綺麗になったということ。ゴミを出せば、土地も増えて家もきれいになるし、広々する。土地を買うというのは人の一生でもっとも高い買い物。それがゴミを出すだけで実現できるとなるとやらないわけにはいかないし、非常に重要性をおびてくる。劇的ビフォーアフター、毎週観ているリフォーム番組だが、一番劇的なのはリフォームではなく、あらかじめ「問題を抱えていた家族」が持っていた大量のゴミ、これまた失礼、家財道具や思い出の品々が消えることだ。
 ゴミ出しはもはや私の「ミッション」だ。もし私が起業すれば、まずオフィスの美化清掃はどうするか、またその結果でるゴミはどうするかを考えるだろう。そのコストをいかに削減して効率よく美化を実施していくか。これを考える作業こそじつにクリエイティブで、まさに社長冥利に尽きる作業だ。
 最近筆者の自治体は、もえるゴミともえないゴミが有料となった。45リットルのゴミ袋は一枚80円もする。燃えるゴミと燃えないゴミを減らすためには、無料で持っていってもらえる資源ゴミを増やしたり、またゴミ処理機を買ってゴミの容量を減らすようにしている。最近、ゴミを燃やそうと思って焼却炉を買ったのだが、条例で家庭でのたき火が禁じられていることが分かり、3回使用しただけでヤフオクで処分する「事件」があった。これは残念だった。断裁はゴミのスペシャリストにとって最近の関心事である。DMは個人情報の宝庫だし、銀行などからも重要なものが印刷されてとどく。すべて断裁するのだが、驚くべきことに、断裁片は資源ゴミにならない。嵩もあって悩ましく、これを燃やして一挙に解決しようとしていただけに、つくづく焼却炉の件は残念であった。
 生来の怠け者にとってゴミ仕事はすぐにイヤになるが、これは生きている限り続けなければならない。それだったら楽しくしようと、数万円する巨大ゴミボックスを買った。また、ダストペールも6個も買ってしまった。ナショナルの生ゴミ処理機を含めれば、ゴミの秩序のために、10万を越える出費である。すごい。これだけ金をかければ、イヤなゴミ仕事もまだ頑張れそうな気がしてきた。トラック運転手が自分のトラックをゴテゴテ飾り立てる心境だ。
 最近捨てたユニークなゴミ、それは父が所属していた文藝家協会の会費の請求書だ。もう死んだ父の著作権を管理するために、そんな金を払うなんてもったいないのである。父は生前、文藝家協会員であることを誇りにしていた。私もまあそんな父がうれしかった。そうした思い出も請求書と一緒にゴミとなった。文藝年鑑に父の名前が載るとせっかくのたいそうな年鑑もゴミになる。ゴミのスペシャリストとしてはゴミを減らすことも忘れるわけにはいかない。
家庭ゴミのスペシャリスト市川哲也
Alt-fetish.com
info@alt-fetish.com

短期と長期のちがい

 短期と長期では何が違うのだろうか? 一番の違いは、そのリスクの大きさにあると思っている。短期でエイヤッとものごとに取り組んでうまくいけば、結果としてうまくいけばうれしいし、失敗するとカナシイ。感情のブレが、短期ではより大きい。それに対し、長期だと、やってもまあ刺激は少ない。達成されたことへの感興もそうだ。「これだけやってきたんだから当然」と冷静な心境で終わる。
 ここでのリスクは、達成されたこと自体から得られるプロフィットではなく、感情のブレの大きさの話だ。そのプロフィットでいえば、短期は長期よりも自ずと小さいものにならざるを得ない。
 ニートや工場の請負が問題になっている。シャープ亀山工場謹製の液晶パネルを搭載した薄型テレビが家電量販店の店頭に並んでいる。「シャープ亀山工場」と記してあるシールがパネルの前面に貼ってあるところをみるとどうもメーカーとしては誇らしげなものであるようだ。国内製だということをうたって品質の高さをアピールしたいのだろう。
 亀山工場ではシャープの正社員のほかに、請負から派遣された派遣労働者も働いている。彼らは時給で社会保険はない。シャープは、派遣労働者への時給として請負業者へ1500円払う。請負業者が500円取り、労働者は1000円程度もらう。労働者は健康保険と年金は自分で何とかしなければならない。つまり、国保・国民年金にはいるのである。
 シャープはもし、派遣労働者を社員として雇うならば、厚生年金や健康保険料として支払う賃金のおよそ10%を負担する必要がある。雇用保険と労災保険料も負担することになる。それがイヤだから、割安な労働力として請負を使う。
 そうやって安い労働力を酷使してやっと「シャープ亀山工場製」と偉そうなシールを製品に貼れる。そういう製品を作る人たちの将来はあったものではない。
 もちろんそういう製品を作る人たちは、一インチ一万円といわれる薄型テレビなど望むべくもない。薄型テレビはおろか生きる希望さえどうなんだろう?そんな雇用環境のなかで、結婚して子供を産んで、という絵をどうやったら描けるのだろうか?
 描けないだろう。
 高齢化社会で、あれこれ統計もでてきていてどんな人生ならどれだけの金が要るかとか、どれだけ幸せになるか、というのが見えてきた時代。人生を長期で考えなければならない時代なのに、企業はこぞってヒトを短期短期で働かせようとする。
 アエラ20050606の記事によるとアマゾンの市川の倉庫では、100万冊のなかから時給900円のアルバイトのヒトが1分3冊くらいのペースで本をピッキングするように、コンピュータでウォッチされている。一分1.5冊、などとノルマに達しない場合、警告される。なおアマゾンであるジャーナリストが潜入取材をして書いたルポはアマゾンで買えます
 ニートはある意味賢い。ちいさく区切られた時間で人間がもののように使われるシステムに組み込まれる前に、長期的視野に立ってこれからの人生をどうしようか考えているかも知れないから。何も考えていなかったり、考えかたを知らない人もいるかも知れないが、なにかのきっかけで短期のシステムに組み込まれれば、自ずから何らかの考えが浮かぶだろう。
 わたしは当時一流とされていた早稲田大を卒業して(そこしか内定もらえなかったので入社した)とある無名企業の工場に配属になってはじめて、猛烈に頭を働かして考えた。こりゃやばいこんなはずじゃなかったと。
 一番思ったのは、自分の人生が短期でどんどん消耗されていると言うこと。なにか長期的な視野にたつこと、長期的な投資がしたかった。たとえば大学院で勉強とか、資格を取るとか。工場とかで一日中過ごすと、マジで強烈にそう思うものだ。実行に移していないところをみるとどうも現実逃避にすぎなかったようだ。いやーしかしあのときほど心底「勉強してー」と思ったことはなかったな。はははー。
※お知らせ
Demaskお取り寄せしますよ。サイズチャートも載っけました
※訂正
先日ウィルコムのメールは広告メールが付くと書きましたが、オンラインサインアップ時の設定で「お知らせを付ける」をonにすると広告が付く、の誤りでした。offにすれば付かないということです。また、auは速度が速いというようなことも別の日のブログで書きましたが、DDIポケット(現ウィルコム)の実証実験では、必ずしもそうならないようです。つまり一定の範囲内でどのくらいの人が使っているかによって実効速度が変わるようです。windfolaさんのご指摘で分かりました。windfolaさん、ありがとうございました。
勉強嫌いの市川哲也
Alt-fetish.com
info@alt-fetish.com

auもネット定額

 以前自分の携帯をPHSのウィルコムに替えたという話題を披露した。趣旨は安いというのと、京セラのAH-K3001Vを使うとオペラブラウザが搭載されていて、月々4000円程度で(割引サービスなどをすべて含む)ネット(PC向けサイト)、メールをヤリ放題で、なおかつおなじウイルコムの定額プランに入っているひととは、無料で話せるという点が優れていた。
 実際使い始めて一月もたっていないのだが、サイトがどうにも見づらいのである。何しろ画面が小さいし、やはり今どき32Kでは遅い。90年代にタイムスリップしたかのようだ。
 写真の画像は10万画素と低レベル、メモリもたちまちいっぱいになってしまう。無料のメールも広告がつく。
 同じものをもたせている妻と無料で話せる(家の内線電話状態、藁)、電磁波が少ない、料金が安いといったPHSならではのメリットは捨てがたいのだが、もっと快適に使いたいという欲望が出てきた。
 こんな私のわがままをかなえてくれるものはあるのだろうかと探してみると、あった! キャリアはau。カシオのこの機種を使うことで、PC向けのサイトを見ることが出きる。気になる料金だが、プランSSという、まずはwinを使いたいひと向けの(つまりほとんど通話しないひと向けの)基本料金プランの年割に、ダブル定額ライトを組み合わせると、月々、最大支払額9465円で「受信最大2.4Mbps高速パケット通信でサクサク快適」の回線スピードの携帯インターネットを楽しむことができる。最大支払額というのは、いくら見てもその金額以上は越えないという意味。もちろん、一定のパケットに達しなければ、もっと安く済むのである。
 具体的には、ダブル定額ライトというのが基本料金1000円なので、5千円台でこのネット見放題の携帯が持てるということだ(見れば見ただけ支払額が増え、最大で5985円。PCサイトビューアー、EZweb、Eメール上限額)。
 しかもこのカシオの端末、カメラは2メガピクセル。私のウィルコムの20倍の画素数である。一体この端末、実勢でいくら位するのか調べてみた。するとだいたい2万円弱のようだ。なるほど、デジカメやシリコンオーディオ代わりに買い求めるひとがでてくるのも頷ける。
 価格だけみれば、ウイルコムのが7000円もしないところからみるとかなり高い。しかし比較にならないほどのこの高機能。あーほしい。前回の結論は、ケータイユーザは金持ちにはなれない、という負け犬の遠吠えものだったが、金持ちになってケータイ使いたい……(泣き言)。金持ちになって、両方もちたい。ふだんの通話はPHSを、ネットはauをやるんだーい。
※お知らせ
Demaskお取り寄せしますよ。サイズチャートも載っけました
それにつけてもかけてくるのは妻だけの市川哲也
Alt-fetish.com
info@alt-fetish.com

宮崎駿は現代のモーツアルト!?

 今日は三鷹のジブリ美術館へ行ってみた。ジブリワールドというか、完全に宮崎駿美術館とでもいうべきファンタスティックな施設である。 もちろん美術館ということでアニメ映画の仕組みや歴史、現代アニメが作られるプロセスなどがわかりやすく展示してあり、知的好奇心もバッチリ満たしてくれる。
 私がもっとも感動したのは、宮崎氏による歴代作品の絵コンテであった。
 絵コンテとは、シーンごとに代表的なカットが描かれ、ひとつひとつのそのコマの脇に台詞や音の効果、そして秒数などが指示された、まさに映画の設計書ともいうべきものだ。シーンは一本の映画で千を越える。したがって絵コンテを本にしたものも数百ページと分厚い。その絵コンテのコピーの一冊を手に取ってみた。風邪の谷のナウシカの、Dパート(最後のパート)の最後の方のページをパラパラみていたら、久石譲の例の音楽がわーっと頭の中で鳴り出し、たちまち筆者は言いしれぬ感動の波に押し流され(もっていかれ)、危うく涙を落とすところだった。
 そう、中学校時代に何度も何度も観たあのナウシカの最後のシーンが、見事に再現されているのである。というか、本来は逆である。絵コンテが最初で、絵コンテに基づいてあの感動的なシーンの数々が生み出された。私は映画を最初に見て、その十年以上あとになって絵コンテを見たことになる。今日。
 絵コンテとはなにか、それは、監督が頭の中で想起・イメージしたものを映画化する最初の具現化されたものである。つまり、あの映画は、宮崎氏が頭の中で考えて、絵コンテに落としてはじめて誕生した。無から有が生み出された最初の瞬間が絵コンテなのだ。え?しつこい?もうちょっと。
 数千コマの絵コンテをひとつひとつ考えて描いて、それが映画になって億の売上を上げる、宮崎駿。彼はまさしく現代のモーツアルトなのではないかと思った。
 絵コンテをみて、来場者の多くは圧巻され、そこかしこから「天才だ」「すごい」「信じられない」といった驚嘆のため息が聞こえてくる。私も、本当にすごいものを見せられたときの自分の貧弱な語彙にあきれるばかり、ただただすごい、天才だという言葉しかでてこない。
 このブログではジブリのことにはたびたび触れている。私が心配しているのは、彼がいなくなったあと誰がやるのか、ということだ。
 絵コンテをみる限り、こんな希有壮大な仕事をやってのける駿級の人物などおそらく100年にひとり、それも全世界で数人しか出てこられないと思う。彼は世界的な評価を確立しているが、これほどの絵コンテを描くのだからそのくらいは当然だと思った。逆に言うと、世界でもこれだけのことが出来る人は滅多にいないことを、彼に寄せられる世界的な名声は証明している。したがって、彼の「後継者」などというのはあり得ない。あれはもう誰も後継できない業だ。それくらい宮崎は個性的で突出したある種の天才なのだ。ジブリはもう彼亡き後は終わりに違いない。これは間違いない。絵コンテをみて私はそう、確信せざるを得なかった。
 ああいう、最初こそ儲かるかどうか分からないアニメ作家に莫大な金を投資した徳間康快さん(個人)てホントエライ。しかしそういう人物というのが近年のけちくさいグローバルスタンダードとかいう資本主義でいなくなりつつあるんじゃないのか? 現に徳間だって消えちゃったし。
 これ、と思った才能にお金を投じるという点では、キャットスーツづくりに果敢に挑戦を続けるデザイナー君を支援するAlt-fetish.comはエライですよ、これだって。
 さて、宮崎氏から若干フォーカスを移し、ジブリ美術館とそれを抱く武蔵野について述べてみたい。三鷹駅からジブリ美術館に向かうコミュニティーバスに乗ると、武蔵野の風情が堪能できる。玉川上水は鬱蒼とした木々に覆われている。バスは細い道を通るのだが、とおりに面した家々は瀟洒ながら落ち着いた、それでいてひとつひとつが品のよい主張をしている(都内の戸建てというと最近では超狭い土地にプラモデルのような住宅メーカー製のダサダサの「小屋」がペンシルのように立ち並ぶイメージだがまさにその正反対なのだ)。三鷹に戸建てを構えるのはなかなかの富裕層である。しかし、さすが中央線沿線だけはある。そうしたリッチな門構えの建物のすき間からときおり、ヤバイ廃墟同然の超古いアパートなどが顔をのぞかせて筆者のアドレナリンの分泌を促す。バスはほどなくして住宅街を抜け、吉祥寺通りにでる。五月ということもあり、井の頭公園の緑はまさに萌えていた。
 読者のみなさんにぜひお勧めしたい、ジブリ美術館。チケットはローソンであらかじめ買っておく必要がある。混雑を避けるため、できれば予報が雨の日を狙いたい。夕方になるとひとも減って、さらに堪能できる。客層は平日の場合、カップルが多い。もちろん子供を連れた家族連れがメインではある。
※お知らせ
Demaskお取り寄せしますよ。サイズチャートも載っけました
ナウシカをこよなく愛する市川哲也
Alt-fetish.com
info@alt-fetish.com