ヤバイ、ブーツの季節がやってきた

車を運転していると、近所の大学生のブーツ姿が目立つようになってきた。危険なことこの上ない。ブーツ見で何度追突しそうになったか分からない。
 神様、どうか私をブーツから自由にしてください。携帯で運転中は「公共モード」というのが今度から登場するらしいが、ブーツについても公共モードというのはないんだろうか?
 茶髪の今どきの娘がブーツをはいているのを見ると、もう私の心は千々に乱れる。変態、市川哲也の業であり、血であり、非経済合理性でもある。わが娘がブーツをはくまでに一体何年かかるのか。それまでにかかる教育費とかいろいろ、払えるんだろうか? 不安になってきた。
 彼女たちのはくブーツは近年ヒラキなどの超激安業者の参入もあり、下落の一途をたどっている。このページは楽天市場に入っているホンコンマダムという業者。ブーツというビザールアイテムを売っているにもかかわらず、ビザールとは最も遠いターゲットに訴求しているのが何ともやるせないぞ。たとえばモデルをどんどん使うとか。うちは新しい女性用キャットスーツを販売しようにもモデルひとり集められないというのに。ぐすん。
 ブーツを見てそわそわする変態のみなさん、一緒に励まし合いましょう。
SALOのキャットスーツ(男性用)30975円での特価販売はあと1着で終了します。
市川哲也
Alt-fetish.com
info@alt-fetish.com

「ヤバイ、ブーツの季節がやってきた」への1件のフィードバック

  1. 皆様のおかげでよい時代になったと思っております
    蒸れムレブーツで萌え燃えなこの頃です

コメントは停止中です。