「LGBTQ」カテゴリーアーカイブ

ALT-FETISH.comラバ活「ラバー女装分科会」編

世の中では通常女装する男子といえば変態と相場が決まっています。しかし、変態とそれを評価する視座があまりにも短期的で、辟易してしまいます。何でそんな短いスパンでばかり物事を評価したがるのか。

人類が猿から分かれて200万年。狩猟採集から農耕型になって、ストックの管理が必要になったことから法を作り始めたのが1万年前。それ以来人間は、むしろそのときからはじめて、変態になったと思います。普通と変でいったら、199万年の歴史がある方が普通だと考えるのが合理的ではないかと思っています。

いいたいことは、もちろん人類はほとんどの歴史上、女装をしていたというのではありません。そうではなくて、なにかを変だとか区別するのは、尺度によってまるっきり違うっていう話です。

今男らしさを規定している諸諸の世の中の枠組み、法、イデオロギー、これらが全部、狩猟採集時代の人類のほとんどから見て奇怪で変なんです。だから、今の変な世のばかげた前提条件において、女装が変というのは、変なやつが変と言っていることになり、それゆえ変じゃないんです。うふ!

さて、変な人類である今の人間のうち、特に男は、出産をしない身体メカニズムの影響もあり、オキシトシンホルモンが出にくい。その代わり、やたら攻撃的でイライラが募る原因となるテストステロンのようなものばかり分泌して、その苦痛を正当化するために、男とはかくあるべし!みたいなジェンダー規範にすがる。本当に息が詰まるし、科学的にも幸せには慣れないですね(オキシトシンが幸福感をもたらすことから)。

それで、大阪には「変身体験専門店 女装紳士」という店があって、数時間、プロのメークアップアーティストが、男性を女装するサービスに、月20人くらいお客が入っているようです。
体験者が口々に言うことは、女装をすることによって男に課された重荷のようなものから解放されて、気持ちがすっきりしたとか、女性を思いやるようになったとか。お金を払って受けるサービスとして成り立っているのですから、ポジティブな効果はある程度の普遍性を持っていると思います。

さて私たちラバーフェチのあいだでも、非常に少数ではありますが私を筆頭に女装する人がいます。女装をすると、しないのにくらべて、変身度が高まり、いよいよ普段の自分の面影はなくなります。そして、女性ですから、不思議な解放感、規範からの自由な感じがやはり体から脳に、「情動」として迫ってきます。鏡を見た瞬間は、まったく違う自分に驚いて言葉を失うんですが、しっかり記憶に残って忘れないほどのインパクトです。その後しばらくすると、「自分はもう女だ、男じゃない」という喜びに包まれます。

男は、対象をコントロールして、なにより規律や秩序を求める傾向が強いのに対し、女性というのは、すぐにトランス状態に入ることができます。理由はたぶん、ホルモンのバランスとのととか、体のいろいろな器質的由来があるとは思いますが、不思議なのは、ラバー女装をすると、本当にそういうふうな女性ならではの柔軟性が男の体にもわき起こってくるのです。

ラバー女装と普通の女装は、中の人がラバーフェチかそうでないかの違いであって、女装で得られる効果は変わらないでしょう。
ラバーフェチの方で、「最近、もう男としての稼業に疲れ果てた」「社会的肩書きがうざい。本当の自分との差が開く一方だ」「恋人もできなければ、友達もできない。一人でいると妄想が膨らんでやばい感じになり、危うくネトウヨになるところだ」などと思っている方。は、ぜひとも、ALT-FETISH.comの「ラバー部」においでいただき、このえもいわれぬ解放感を体験してもらいたいと思っています。

というか、そもそもラバーフェチである時点で、すでによほどラバーを着た変身願望が強いという感じです。メーク絶対おすすめです!

ALT-FETISH.com ラバー女装のすすめ
メークが下手でもしっかり女に変わっていれば成功

メークは素人ですが、私がお手伝いできます(下手です)。ラバーズファイネストまたは、リビデックスのラバーマスクで小さめのをかぶると、目のまわりのたるみを微妙にコントロールできます。一番きれいに見えるようにラバーに皮膚を引っ張らせて、その後メークしていきます。一応道具はおいてあります。しかしお客様の方も、ネットでいくらでもメーク動画がありますので、事前に勉強してできるようになって下さい。

以下の動画が参考になります。ラバーマスクをかぶるので目のまわりだけで十分です。目のまわりをどうしているのか、どんなツールで、どういう順番でどう塗っているのか、しっかり勉強してきてください。

千葉の高速道路にバットマンライダー

この夏、ラバーフェチの注目を集めるニュースがネット上に出ました。なんと、高速道路にバットマンのコスプレを着たライダーが現れたというのです。写真はこちら。

バットマンのコスプレライダー
日本の高速道路を疾走するバットマン。高速道路インフラは今や世界に輸出されている(関係ないだろ)。

夏休みに行楽地へ向かう子供も多く目にしたと思います。ラバーフェチに開眼するきっかけになったに違いありません。

バットマンというと、この男性は物語設定上、大金持ちの独身で、老執事と暮らします。妻帯せずに社会悪を私刑してまわる、超かっこいいゲイの夜回りおじさんなのです。ゲイかどうかは分かりませんが、もちろん。しかし、ゲイと解釈するのが私の立場です。

コスプレというと、次のような画像もTumblrで見つけました。こういうものを目にする機会が、一生物のラバーフェチを涵養するんですね。

誰がアップしたのかは分かりません。Tumblrから。
誰がアップしたのかは分かりません。Tumblrから。
ナマダさんのコスプレ。身体にぴったり張りついたラバーが妖しい光沢を帯びて目を引きます。
ナマダさんのコスプレ。身体にぴったり張りついたラバーが妖しい光沢を帯びて目を引きます。

LGBTQの人生プラン

140430LGBTQとラバーフェチは親戚のようなもので、ショールームにやってくる男性の半分近くはゲイである。

私は、人間どこかしらそもそもおかしいに決まっているんだから、まっとうに男性らしくしていたとしても、実のところは分かったものではないと思っている。万人について、そう思う。万が一、まっとうで自他共に普通であったとしても、酒を夜に飲み過ぎていたり、人生にむなしさを覚えていたり、女性を馬鹿にしていたり、自民党に投票していたりと、どっかしら合理性を欠く側面はあるに違いない。

私はラバーを着てオナニーすることに無上の喜びと興奮を覚え、視覚ではつねに、ラバーフェチを満足させるものを探している。そういうふうなわけで、自分の中に異常性を持っていることを自覚し、それと向き合う毎日だ。自分は、LGBTQのうちQ(クイアー)当事者であるという認識を持っている。

LGBTの人たちには、悩みがあるという。たとえば子供を持ちたいと思ったとしよう。レズのカップルが子供を産んだとして、産んだ方ではないパートナーは子供と何の法的関係も持てない。もし万が一、産んだほうが子が未成年のうちに亡くなったらどうするのか。男女の配偶者の場合は自然に残った方が親なので親権があり引き続き扶養するが、レズのカップルの場合は産まなかったほうは親でも何でもない。赤の他人である。これは大問題となる。

日本の社会保障は、家族制度にだいぶ、甘えているところがある。反面、家族がいないひとにとって、社会保障サービスは限られたものになるし、情報も届きにくいようになっている。法的に家族として認められていない、同性婚カップルが老後を迎えたときに、そうした日本社会固有の問題のしわ寄せが津波のごとく押し寄せる。

LGBTの老後を考えることは、社会の中で無視されていたり、放置されている人たちの人権の救済に直結する、意義のある活動だと私は思っている。だから、私はALT-FETISHのショールームに来てくれるゲイの方たちの話を丁寧に聞くために、セラピストが読むような専門書を読んで日夜研鑽を欠かさない。

アメリカにはLGBTセンターがあって、定期的にいろいろな集会が開かれている。詩の朗読会や各種勉強会、コンサート、講演会、パレードなど。こうした活動には、政府は補助金を出すという。こうしたセンターの催しにやってきて、まずはLGBTの人たちは社会に受容されていることを知り、自己肯定感を取り戻すことができる。そして、最終的に、社会がLGBTもそれ以外も区別なく、人権のまっとうを担保できるようになったとき、このセンターの役割は成就したことになる。

この週末に、鶯谷で開かれるデパートメントHは日本のLGBTセンターのような役割を果たしうる、重要な活動だと思う。