やっぱりLOHAS

今年を締めくくるテレビのニュースでやっぱり出ていたこの言葉、LOHAS。Lifestyles of Health and Sustainability、の略なわけだがこの「Lifestyles of Health and Sustainability」をいえる人はそう多くはないだろう。特に最後のSustainabilityがポイントなのだが覚えにくいかもしれない。
 サステナビリティーは持続可能性ということで、何もLOHASに限って登場したのではなく、それ自体として近年注目されてきた言葉だ。LOHASのなかでも核となるタームである。
 さてラバーフェティシストは、はたしてLOHASかどうか。間違いなくLOHASといえそうだ。LOHAS人間はどんな特徴を持つかというと、健康食品など身体によいものは多少高くても採っている、好きなことはする、環境負荷が高くない、地域社会でボランティアをする、自然由来の食品や自然になるべく近いもの(太陽光発電など)を好む、など。
 私の卑近な例でいうとまったくLOHAS通りのことになっている気がする(もちろんあざとい商業主義の小手先テクにアホみたいにはまってるだけという見方もあるが)。まず青汁を飲んでいる。ラバーは自然由来(ゴムの木)。セックスせずオナニーだけなので環境負荷は低い(そうなのか?)。地域社会でボランディアとまではいかないが会社人間ではない分地域にいる時間が長く、自治体コンシャスだ。ゴミの量をなるべく減らすよう毎日工夫している。その結果、まあ健康で地球環境に負荷をかけない、持続可能な人生を生きている気がする(自分で言っててプププ)。
 ラバーキャットスーツ着るのもLOHASといえば、何となく聞こえがよくなりますな。
 さて話が大きく変わるが年末年始帰省のポイントを。
1)インフルエンザ予防接種(@3000円)は帰省関係者全員必須
2)ウーロン茶、お茶はカフェイン含有のため子供がぐずる原因になる(寝たいのに眠れず機嫌が悪くなる)→水分補給は水か麦茶を
3)万が一誰かが体調を崩した場合は地獄となるが、その原因を帰省のせいにすると必ず政局となる(政局とは離婚など人間関係に大きな変動を生じる事態)ため、地獄と帰省の関連性については一切触れてはいけない
4)30歳前半で妻子持ちの場合、混雑する帰省のばからしさに嫌気が差すが、それを人生を考え直すよい契機としたい(が年明けになると忘れるので何かよい習慣をはじめよう、たとえば目標を紙に書くとか)。ばからしさを感じない人は結構。
5)地方から乗り入れる駅から自宅まではふだん使う電車じゃなく、タクシーを奮発して自分にご褒美。でも渋滞を避けるルートを自分で把握し運転手に指示できない人は渋滞にはまるおそれあり 今日はこれまで。
ヤフオク出品中です。ご入札をお待ちしております。
市川哲也
Alt-fetish.com
info@alt-fetish.com

ヤフオクにラバーマスク他を出品中

 今日はいちばんの冷え込みということでみなさん風邪などひいていないだろうか? 今日は寒い季節とは裏腹に、好景気やボーナスなどで懐の暖かいみなさんへ向けて(いやそうじゃなく、その逆の人に、むしろ向けて)、お買い得品をオークションへ出品中
 今回出したもののなかに、すごいのがある。妖しさここに極まれり───それは、この全頭ラバー「TV」マスク(立体成形)だ。TVとはtransvestiteの略だろう。すなわち、異性の服装をする人、服装倒錯者のためのマスク。ラバーフェチも漢字で表せば服装倒錯者なのだろうか? そういわれればそうだと言うほかないが。
 このマスクはまだ試作の域を出ていないと思われる。目とかの塗りが拙く、おおざっぱな感じだ。それでもかぶれば一応アニメのなかの主人公になれる。人格を完全に抹消したい(させたい)そんなあなたにピッタリの逸品である。目と鼻の穴に小さな点が開いているだけ。すごいヤバイ。キてる。
ヤフオク出品中です。ご入札をお待ちしております。
市川哲也
Alt-fetish.com
info@alt-fetish.com

ヴィヴィアン・ウエストウッドという恒星

 ヴィヴィアン・ウエストウッドは年間140億円を売り上げるイギリスのファッションブランド。パンクバンド「セックスピストルズ」の結成を促して衣装を担当し、パンクファッションの元祖になったことで、フェチ界にもその名をとどろかせた。
 パンクバンドの衣装はフェティッシュだ。革やPVCといったツルツルした光沢のある素材を身体に密着させて着るスタイル。これらがハードなのは、パンクは何かと戦うためのスタイルであることを彼女はメッセージとしてこめているはずだ。
 最近の発言でそれはパンクファッションのみならずビビアンの衣装全体を貫くテーマであることが分かる。
「プロパガンダに抵抗するすべは文化、教養だけだ。本を読み、映画を観たりしながら、自分の頭で考え、個性を持つことが大事だ」
 プロパガンダは前回の小泉衆院選を思い出せばわかりやすい。それにコカコーラやマクドナルドといった、身体を蝕む毒性外食産業のコマーシャルメッセージもまた、消費社会のプロパガンダだ。これらに対抗しなければならない。それには「本を読む」「映画を観る」ことで自らの個性を磨く必要がまずあるということだ。
 プロパガンダはとてもしぶとい。テレビが弱体化すればネットに移る。ヤフーでは、創業当初は考えられないような汚い広告(たとえば消費者金融)を目にすることができる。
 無料のメディアで得られるのは身体と精神を蝕む悪しきプロパガンダである。それらに対抗するべきものとして私たちが選んだ戦闘服、それがラバースーツなのだ。
市川哲也
Alt-fetish.com
info@alt-fetish.com

イスラム社会ではゲイは犯罪

 このほどアラブ首長国連邦で結婚式を挙げようとしていたゲイの男性26人が警察によって逮捕された。この人たちは「違法な性的志向を治療するため、ホルモン投与を含む医学的、心理的治療を」受けることになるらしい。これに反応したのが米国務省のM報道官。「国際的な基準と法に従うべきだ」と。弱。
 じゃあ何かね。イスラム圏では私らラバーのアナルファッカーは「逮捕」されて「ホルモン治療」の対象となるわけだ。こりゃひどい。そもそも同性愛はおろかラバーアナルファックも病気じゃない。ぜんぜん病気じゃない。世界保健機関の国際疾病分類を見てみるがいい。同性愛なんて一言も書いていない(93年までは書いてあったらしいが)。
 しかしここんところ激増する幼児への犯罪を見る限り、イスラム社会並みのキビシク理不尽とも思われる法秩序がここ日本でも必要なんじゃないかという見方が台頭するのではないか? 欧米などでは、性犯罪者に対して地域で監視したり、薬物で一定のホルモンを制御したりする取り組みがなされている。日本では性犯罪を犯しても刑務所で数年過ごせばまた社会に出されてしまうし、刑務所では性犯罪者の更正のために何らの手だてもなされていないのが現状である。
 子供を守るための立法にあたっては、立法府には厳格な変態のセグメンテーションが求められる(性犯罪者とほかの変態を区別する必要がある)。
市川哲也
Alt-fetish.com
info@alt-fetish.com

やっぱり紙に書くと成功する

 心構えは形がないから忘れるけれども、行動は形として記憶に残り、忘れない。私がじつは密かに愛読するサクセスなにわの田中さんのメルマガ「成功への道しるべ」には毎号ハッとさせられる意義深いフレーズが書かれている。素晴らしいことを当たり前にするのではなく当たり前のことを素晴らしくこなすとか、ちょっとの違いが大きな違いを生むとか、そういう、まあ人類史のプロセスで蓄積されてきた叡智にちょっとしたエピソードを付けて短くまとめて配信している(無料)。
 私が一番気になるのはやはりなんといっても、夢や目標を紙に書くということだ。もちろん田中さんはそうすることを薦めている。田中さんだけではなく多くの人生啓発本でも目標を紙に書くというのは基本中の基本「技術」だろう。
 私は2004年の5月から行政書士の試験勉強をはじめてその月の10月に受験したが失敗。翌年、つまり2005年に再起をかけたがまったく勉強できずに受験すらせず。そうこうしているうちに試験科目まで変わってしまった(興味ある人はこちら)。行政書士試験の失敗の原因は、せっかく紙に書いた「目標」をも見せず本棚につっこんだままにしたからだと思う。ちなみに行政書士試験はけっこう難しい試験の割には受かってもそんなに仕事はないといわれている(まあ士稼業は一部超難関をのぞいては全部そうだけれども。まあ受験は趣味みたいなもの)。
 さて、試験合格という目標を紙に書いたのはいいけれども、ある時からそれが怖くて見ることから逃げるようになった。かなえられない目標を書いた紙を見るのは何となくイヤな気分になるものだ。おかげさまで試験には受かっていない。その紙も「2005年10月絶対合格」などと書いてあって、日付が古いままで非常につらいシロモノとなった。
 このイヤな気分はこの紙の「のろい」ではなかろうか(笑)。
 もう一つ、外国為替証拠金取引でも奇妙な体験をした。紙(実際はエクセルのシート)に、ある程度のスパンを持って、長期チャートから自分なりに決めた買い場とロスカットを書いておき、その通りにした取引はうまくいった。しかし、短期チャートを見ながら手に汗握る狼狽売りの繰り返しではすべて失敗。いくらで売り買いしたかも分からないほどの情けない、感情的な取引である。
 ずいぶん前に紙に書く成功法をバカにしたようなブログを私は書いた。しかし、短期間で紙に書くことの威力をこういうふうに何度も体験したいまとなると、それは取り消さざるを得ない。紙に書いたら最後、それを見続けて忘れず、小さな成功体験を地道に積み重ねていくことで確実にある一定の成果を上げられる───これは間違いない。この方法であるならば、当初かなり無理だと思うような大事業でも、きっとうまくできる。紙に書くという最初の一歩は、それだけ重いものになるだろうが、あとはできるだけ細かく刻んでこなしていけば、惰性で何とかなるはずだ。
 さて日々の仕事では私はマイクロソフトのアウトルックを愛用している。とりわけこのソフトの「仕事」が優れている気がする。もうこの「仕事」機能を使い始めて数年たつが、これまでに「終了」した仕事をたまに眺めて満悦するのである。もっともこの仕事にはあまり大きな目標は書かない。毎月一定の時期に繰り返される決まり切った仕事とか(定期的な仕事という非常に便利な機能がある)、細かくこれ以上は刻めないくらいに小さくしたタスクを書くようにしている。たったひとりで仕事をしている私にとって、アウトルックは上司であり、秘書であり、コーチである。
 成功体験はアルコール依存と同じだと、田中さんは書いていた。一度美酒を味わってしまうと二度とやめられない。成功体験の素晴らしい高揚感もまた、美酒と同じように、やめられない。
chikaさん、即レスありがとうございます! 読んでいてくれているんですね。うれしいです。
市川哲也
Alt-fetish.com
info@alt-fetish.com

変態女に変わった自分の顔と身体に発情

 私の場合は、ラバースーツを着ることができない環境におかれると、それが触媒となってラバー欲求本質が結晶になって前頭葉の前頭前野にこびりついて離れなくなる。前頭葉の前頭前野は人間の感情や理性、やる気や記憶、理解などを司る部分として知られている。帰省などで絶対にラバー着ることなどあり得ない状況が続くと、ラバー着たい、やりたいという欲求がずっと滞留し続ける。
 そうしたなかで家に帰ってきてひさびさに着るラバーというのはもう本当に興奮する。どのように興奮するかというと、今回のタイトルにあるとおり、自分が変態女になったように思えて興奮するのだ。実際、ラバーマスクをかぶって、後日開陳する予定だがデマスクで買ったシリコンバストをラバーキャットスーツの下に入れ、コルセットを締めれば、やせ形の私はどう見ても女にしか見えない。それが猛烈なチン○をいきり立たせながら興奮している様子が鏡のなかに映るのだからたまらない。あーこれこれ、これだったんだと、分かるわけだ。帰省してもそこにあるのはふるさとではない。真のふるさとは、この心の中にあったんだと。
 女装、それがラバーオナニーの欠くべからざる重要なファクターのようだ。私の経験では。なぜ女にならないといけないのかはよく分からないが、仮説としてはこうだ。私は男なので、基本的には女性に欲情するようになっている。そこにラバーフェチという後天的な変態性欲が結合されたために、ラバー+女という対象が出てくるんだ。
 chikaさんのこのブログに興味深い一文があって気になった。それは、chikaさんというのはどんな人間かというと、「性欲にまみれた男が女の身体に入れ替わって考える事はたった一つしかない(笑)。かって、女に変わった自分の顔と身体に発情しオナニーしまくっていた人間」だということ。もちろんこの部分は全体の文脈のなかの一部なので、いいたいこととして主ではない。だが事実として、そう、この地球上にいまいきる同世代の人間の男において、「女に変わった自分の顔と身体に発情しオナニーしまくった」というのがあるということ、そしてそれはまさしく私自身にも起こっている事態だということ、これが驚きであり、発見だ。みなさんはどうなんですか。
 一体この興奮はどこから来るのだろう? 本当に不思議だし、楽しいことである。それに引き替え、ロリコンの人はたいへんお気の毒だ。対象が対象だけに立件され、親には殺されるほど恨まれる。ひとりでも多くのロリコンの人が、ラバーフェチ化して、対象をいち早く子供ではなくラバーをまとった自分自身へと切り替えるよう訴えたい。ラバーさえ着れば、あとは妄想でいかようにでも化けられるはずだ。自分に対してなら何しようと自由ですから。
市川哲也
Alt-fetish.com
info@alt-fetish.com

世界エイズデー

 今日は世界エイズデーらしく、マスメディアで一部取り上げているようだ。ポイントとしてはこうだ。
・欧米先進各国がエイズ感染者横ばい状態なのに、日本だけは増え続けている
・HIV保持者とエイズが発症した状態は違うし、HIVの段階ならば薬でエイズ発症を遅くすることが可能なのだが、日本の患者はエイズが発症してはじめてエイズと気がつく
・無自覚なHIV保持者が多いということで日本人のエイズリテラシーがきわめて低く問題になっている
 私がエイズに対する関心を持ったのは、最初はアフリカ人が動物とやって人間に発症し、それ以後セックスを通じて世界中に広まった不治の病、という理解を高校時代に持ったときにさかのぼる。これは正確ではなく私の思い込みかもしれないが、なんだか面白そうな病気、エッチとは縁遠かったコンプレックスまみれの私をどこか癒す密の味する他人の不幸だった。
 エイズをめぐる状況は十年前とは様変わりした。しかし意外だったのはこの先進国の日本で、エイズが情けない状態で広がっていることである。
 エイズに対する無関心が最大の原因だと思われる。マスコミも最近ではあまりエイズを話題にしないし、もう終わったんじゃないの、てなもんだろう。しかし終わっているどころか、ますます盛んなのがいまの日本のエイズなのだ。
 コンドームなしで不特定多数者と交際する人たちと私たちラバーフェティシスト、じつは一部で重なっている。私のような妻帯の、オナニー専業ラバーフェティシストはエイズにかかる機会から遠いので問題ないのだが、ゲイの人たちのあいだのエイズリテラシーはどうなっているのか気になるところだ。確かエイズウィルスは精液を通じて粘膜から移るらしいので、コンドームさえしていれば大丈夫なもの。それに仮にHIV保持になっても前述の通り、保険適用の薬が処方され、死に至ることはなくなっている。
 ぜひ心当たりある方はエイズのことに思いをいたしてほしいと思う。エイズの拡がり方を数字で見る限り、日本はまだまだ発展途上国のような有り様である。
 ラバーを着ると、理性は吹っ飛んで「身体が勝手に動く」みたいな感じに襲われるし、それがまた醍醐味である。それだけに、ラバーキャットスーツを着る前にコンドームをはめるのが私流だ。スーツの内側にぶちまけずに済むから、いちいちスーツを洗わないでいい。これが助かる。
※臨時休業を1日前倒しで終了し本日から営業開始しました。年末年始も休みなく発送しますのでどうぞ今年最後のAlt-fetish.comにご期待ください。
市川哲也
Alt-fetish.com
info@alt-fetish.com