年金未払いと文明対野蛮

 日曜日の朝日新聞は、ネット全盛の時代にあってもぜひチェックしておきたい情報ソースのひとつといえる。今日の注目記事から2点ピックアップする。
(1)年金未払いだとどうなるか……国民年金は払わないと結局未納者自身が損をする。国民年金が将来破たんするということはあり得ない。いま金がなくて払えない人でも免除申請さえすれば障害年金がもらえたり、また税負担部分からの受給も得られる。35歳から払いはじめても平均余命の79歳まで生きれば収支はプラスになる。年金を払わない人が将来頼るのは生活保護。生活保護は全額税金で賄われるため、払わない人と払う人の不公平感が大きくなる。国民年金の財源は半分が税金になる予定なので、払わない人は税金だけ払ってもらうモノは受け取れないから、それだけみても大損だ。税金ばかりは年金や受信料みたいに逃れることはできない。
【解説】筆者は親しい人で国民年金を未払いの人には口を酸っぱくして払うように説いている。国民年金については、意外と若い人に多いパターンだが、自分は払っているのかどうなのかも分かっていない人がいる。まずは親に訊くべきだ。その場合、扶養の健康保険とは話が違うので、確実に国民年金についてはどうなっているかを確認しよう。そしてそれでも要領を得ないのならば自分が住んでいる自治体(市町村)の役所の国民年金課へ行って確認するべきだ。
(2)今度のサミット……地球温暖化対策とアフリカの貧困撲滅をテーマとし、一定の成果を残した。テロについては英首相が「野蛮」と非難。サミットというとなんだか金持ちで武力も持っている強い国、先進国の仲良しお金持ちクラブといったイメージがあった。しかし今度のサミットはそうしたイメージをだいぶ払拭した。何しろ地球温暖化とか、途上国の貧困対策など、これまでメインテーマになりにくいものがテーマとなっている。テロについての解釈も意味深い。これまでテロというとイスラム対キリスト教先進国というイメージだったが、英首相はそうしたイメージを持ち出さず、あくまで野蛮対文明とした。イスラム諸国もテロを非難しており、一連のテロ活動はもはやイスラムだから、イスラムの連中による、ということではなくなっている。むしろ、宗教対立を乗り越えて地球全体の持続可能な発展をめざす文明国と、そうした人類の進化の段階に未到達な「野蛮」「未文明」な人たちとの戦いという構図である。しかもそうしうた野蛮、テロは、貧困がその温床となっているから、世界の貧困国、とりわけアフリカに多額の経済支援をして、これまでの借金も帳消しにして、がんばって立ち直ってもらおう、貧困を緩和し世界隅々まで文明化を進めようというのがサミットの狙いとなった。
【解説】人類が着実に進歩していることが実感できる、感動的なサミットだったと私は思う。
出品中! キャットスーツ3点(BLACKSTYLEのS、XS、マスク、ストッキング、グローブ付きのS)、ブーツ3点、ドルフィードリーム(キャットスーツ2本付き、今度こそラストだ)をヤフオクへ大出品中
ビデオ全品大幅値下げ処分→販売終了タイトルが続出
学生時代は年金シカトしていたAFP、市川哲也
Alt-fetish.com
info@alt-fetish.com

ある日突然お疲れさんと整理される人生

 石川次郎(元ポパイ編集長、元トゥナイト司会者)がラジオで言ってた言葉で気になったモノ。
1)雑誌編集で忙しく仕事していて、もうちょっとおいしいモノ食べたっていいじゃないか、もうちょっといい暮らしができてもバチはアタランだろうと思った。
【解説】結局忙しいばかりで消耗する一方だという嘆きである。おいしいモノ食べたりいい暮らしをしているのは、忙しく働いている自分ではなく、会社の上層部の人たちである。サラリーマン編集者の限界と自嘲がにじみ出た味わい深い言葉。
2)ある日突然人からはいお疲れさんと整理されるなんて、そんなにバカげた人生ってないと思う。
【解説】「お疲れさんと整理」は定年退職やリストラを意味する。石川次郎も60を過ぎたジジイ。まわりの人間もドンドン「整理され」ていて、気になる年頃だ。クビになるとか言わず、「整理される」という表現を使うところが彼の言葉に対するこだわりが感じられる。同じ年代のたくさんのサラリーマンの人たちを十把一絡げに「バカげた人生」とするところが潔い。
 石川は、サラリーマンをやっていて、会社幹部だけがぬくぬくいい思いをしていたり、そのまま勤め上げても最後は虚しく定年となどといったことが見えてしまうたちなのだろう。私もそうだった。見えてくるとほんとやんなっちゃう。死にたくはならんが辞めたくなる。再起動したくなる。
 石川次郎はサラリーマンを辞してフリーとなり、それなりの金を稼いだ。立派。奔放な彼を支えた妻たる女性(がいるとするならば)、彼女も同様にエライ。
 やはりタイミングが重要だと思う。できるだけ若いうちにそういうのはチャレンジしたほうがいいだろう。もちろん経済的事情が許せばタイミングなんて関係ないが。う、ら、や、ま!
※今週末、キャットスーツ3点(BLACKSTYLEのS、XS、マスク、ストッキング、グローブ付きのS)、ブーツ3点、人形(今度こそ最期だ)、DVD(普通の洋画)3点を一挙にヤフオクへ大出品します。
ビデオ全品大幅値下げ処分
再起動しました、数限りなく。市川哲也
Alt-fetish.com
info@alt-fetish.com

ブーツの個人輸入での注意事項とおすすめサイト

 ラバーリストのみなさん、お元気ですか。今日は私たちの同胞、マスクんから届いた撮れたての大興奮フォトをお送りします。マスクんさん、ありがとうございました。
 先日私も撮ったのをアップしたわけですが、なかなかこれが、ラバーの興奮を抑えながら写真を撮るというのは難しい。そもそもアイテム(キャットスーツとか、グローブ、マスクといったひとつひとつのアイテム)をひとつ着ていくごとに興奮は高まって、ついイッちゃいそうになってしまうんです。あ、イッたら最期です!気をつけて、もうイッちゃったら撮影どころじゃなくなってしまいます。みなさんとともにこのラバーのインプレッションを共有してもらおうと思って撮るわけですから。
 なんとか我慢して撮るのですが、最近のデジカメ、高機能な割に操作系のボタンが小さい小さい。グローブをはめた手で、マスクにゴーグルをつけていたりするともう何も見られないし、さわれない。
 先日撮ったときも気が付いたらオートパワーオフ機能が働いて、リモコンシャッターモードが解除されていました。通常撮影からリモコンシャッターモードに切り替えるのが大変。わざわざそのために手袋脱いで、頭につけてたものも取って、設定し直してまたはめて、なーんてやってるうちにまたパワーオフ、キー!
 そういう、とんでもない苦労の末にやっとこういう写真は撮れるんです。だから感謝してみてくださいね。
 ところで、イギリスでコワイですね、テロが起こったみたいで。ほんと、世界ではいまもなお、戦争やテロ、内戦で苦しむ国や地域がたくさんあるんです。まあ私たちは幸いそうしたのとは無縁の平和を享受しているわけです。しかしこの平和も歴史から見るとほんのつかの間、な気がします。だとしたら、平和ないまのうちに、ラバープレイを思いっきりエンジョイしたいと思いませんか。
 というわけでマスクんさんが今度ブーツを買いたいのでどこかオススメの商品を、ということでしたので、以下にオススメの、ブーツが買える海外サイトをふたつ紹介します。クレジットカードで買えます。これらのサイトではテロの影響は今のところなさそうです。
オススメサイト1 エクストラヴァガンザ ユーロ建て
http://www.extravaganza.de/
オススメサイト2 ペナンギャラン ポンド建て
http://www.pennangalan.co.uk/
 レザーブーツ(動物の皮を使ったブーツ)は輸入するときに関税で、送料を含めた商品代金の30%または、4300円の高い方を取られますから十分ご注意ください(関税の支払いは商品を届けてくれる郵便局の人に支払う)。なお、商品・送料・関税の合計にさらに5%の消費税がかかりますので、海外サイトで革のブーツが安いといったところで意外と金がかかります。ただこのシーズンにサイズの大きなブーツを売っているのは海外くらいなモノでしょうからねえ。革製じゃなく、ラバーやビニール製の靴には関税はかかりません(消費税はかかる)。でもやっぱり、ブーツといえばレザーですよね。なお、関税・消費税は通関時に見落とされてまったくかからないこともあります(運がいい場合)。
ビデオ全品大幅値下げ処分
撮影日の翌日は朝起きられない……市川哲也
Alt-fetish.com
info@alt-fetish.com

ついにある種の到達点に達した

 中学校後半からこの途に目覚めて早十数年。ついにラバービザールフェティシズムの頂点に達した気がした。
 それがこの写真である。思えば遠くへ来たものだ。
 私はそもそも性的興奮というのは何も女の裸や、裸になって行うセックスに限られるモノではないと思ってきた。しかしそうした枠の外の興奮は「変態」として疎外され退けられている。日本はメディアを中心に非常に保守的なカルチャーが根強い。たとえばビールのCMなどで、いまだに一家の大黒柱たるお父さんが、お母さん(おそらく専業主婦)にうちわで扇いでもらいながら一杯傾ける、みたいな(私に言わせれば)非現実的な映像がこれでもかと流される。まるでなにかに抗するべく杭を穿つように。
 たしか専業主婦(いわゆる第三号被保険者)というのは言うほど多くない。実際には500万人程度しかいない……あれ? 話を元に戻そう。
 さて、性的興奮を、とにかく女の裸以外からいかに得るべきか、かっこよく言えば、オルタナティブな対象をいかに、開発・開拓・追究するか、その理念がAlt-fetish.comには貫かれている。たまたま好きだったので、ラバーフェチという方向に至った。別のフェチの人はこの時点で退場していただきたいし、別のフェチに拡げたり、方向を転換したりする気は更々ない。あくまでAlt-fetish.comはこのラバーフェチ、ラバー、レザー、PVCフェチというカテゴリーに属している。
 この写真を見てもらえれば明らかなとおり、全身にはラバーがピッチリと寸分のすきまなく張り付いている。顔面もラバーで覆われ、口はガスマスクで厳重に呼気をコントロールされている。
 ここには、私たちにとっての最高のエロティシズム、性的興奮がある。
 長年の研究によって、そして世界的なフェティシズムの潮流などを見るにつけても、私たちのフェティッシュな願望を叶えてくれる「マストアイテム」は次第に定番化しつつある。それは、ブーツ、キャットスーツ、グローブ、マスクである。まずはここをおさえるべきだろう。
 これ以外の衣装としては、ベルトや、ウィッグ、ディルドーなど身体へアクセスするもの、などが考えられる。しかしマストアイテムが完全に揃うまでは、手を出すべきではない。
 着ただけでいってしまうような服を手にした私たちのビザールの歴史は、まだ始まったばかりだ。まずは前人の智恵に敬意を表しつつ、自分だけのオリジナルを発見してもらいたいと願っている。
ビデオ全品大幅値下げ処分
昨日に引きつづき……市川哲也
Alt-fetish.com
info@alt-fetish.com

キャットスーツ着たままオフィスワーク?!の巻

 デマスクのコルセットやら、ブーツの主力商品が入荷したのでさっそく身に着けてセルフポートレート撮影をしようと準備していた。
 ところがそこへ仕事仲間から突然電話が。兼業の私は裏では(どっちが表かわからんが)畑を耕す兼業農家じゃない、兼業ライターである。ライターも農家もコツコツ骨の折れる低賃金な、専業にはなりずらい仕事という点では変わらない。
 電話の内容は、私に、今すぐさる公的機関に電話で連絡するようにというミッションのお達しであった。今すぐ、それもキャットスーツを着たまま、ラバピカをぬるぬるに塗りまくったその姿のままである。
 撮影現場からオフィスまでは10メートルと離れていないが、近所の目もあるため、上下にトレーニングウェアを着込んでオフィスへ異動する。トレーニングウェア一枚の下には、余人の想像を絶するビザールなコスチュームで身を固めた私の身体があると思うと、ゾクゾクする。ピチピチムキュウキュッという、あのラバーが擦れる独特の音をさせながら歩く。
 電話の受話器を手に取り、一挙に仕事モードへ頭のチャンネルを切り替える。「お世話になっております、私○○の○○と申しますが(中略)ありがとうございました、失礼します(カチャ)」
 ───キャットスーツを着ているくせに、まともに仕事なんかしているはじめてのこんな自分に異様に興奮してきた。たまらない。
 トレーニングウエアの上から身体をまさぐるともうドーパミンというんでしょうか?脳の興奮に火を点けるあのガソリンのような液体がどっぴゅーと。脳内で点火されました。
 あーもうたまりません。パンツを脱ぐとそこには! ラバーに身を固めた変態な自分の股間が丸見え。ラフなトレーニングウェアと、デマスクのコルセットやら、ラバーの下で怒張した股間の、あまりにも詩的なコントラストが視覚から突き刺さってくる。
 あとはもう省略するがとにかく有意義な夏の夕方のひとときであることよ。
ビデオ全品大幅値下げ処分
撮影は翌日に延期となりましたから。市川哲也
Alt-fetish.com
info@alt-fetish.com

新刊雑誌と写真集をアップ

 今日、MARQUIS No.33号と、巨乳&ラバー美女満載の写真集「メガブーブス写真集」の二点をアップした。
 じつは数日前にMARQUIS No.34をアップしている。本来、発売号順に掲載するのが鉄則なのだが、どういうワケか33号の入荷が大幅に送れ、突然届いたかと思ったらそれは34号だったのだ。
 クレームとともに33号をすぐ送らせたらなんと5日でドイツから届いて、そんなにはやく発送できるならなぜもっと早く送らないのかという怒りがおさまらない。
 新入社員が、とくに大卒の若者が、企業に入って「ほうれんそう」(報告・連絡・相談)というのを聞いて、「ケッ」とか思うことはよくある。じつは私もそうだった。「ほうれんそう? いい年した大人が恥ずかしい。虫ずが走るわ」なーんて思ったモノだ(もちろんいまだにときと場合によっては思うだろう)。
 しかしMARQUISにはこの日本の素晴らしいルール、「ほうれんそう」というのをあえて伝えたい。
 話題を変えて郵政民営化について。
 公務員にやらせなければならない仕事だろうか?民間にもできるのでは?だから民営化だという小泉。それは分かるのだが、公務員をいつまでに何人減らすという数値目標すら出せない政府が、税調ではドンドンサラリーマンから税金を搾り取ろうとしている。公務員削減については具体的な数字は一切ない。なのに、サラリーマンへの増税については一秒で具体的な数字がドンドン出てくる。
 許せない。郵便局なんてどうでもいい、民営化なんてすればいいじゃん。それは。それよりも肝心の公務員を一体何人減らすのか、いつまでに何人減らしてどれだけ人件費を抑制するのか!!!!! それを明らかにしないでもうキーッ許せない。議員年金もあれだけ騒がれて一向に減らさないし。やっぱり政治家・公務員はねー。せいぜい買ってくださいよ、Alt-fetish.comでラバー製品を!
ビデオ全品大幅値下げ処分
ホウレン草は好きです、特におみそ汁が……市川哲也
Alt-fetish.com

民放つまみ食い

 日頃テレビをバカにして止まない私ではあるが、じつはふとした拍子に面白い番組を見つけたり、朝、テレビ番組表をチェックしておいてちょくちょくみたいものは見ているのである。
 私が観たいのは、人の人生というか、成功者のリアルな人生のドキュメンタリーとか。あとはおうち番組ね。劇的ビフォーアフター、渡辺篤志の建物探訪。竹中直人の「ソロモンの王宮」は結構たまに竹中直人の壊れぶりが面白い。でてくる人の人生も見応え十分だ。先日は元X-Japanのヨシキをやっていた。いまはなんでも、ロサンジェルスの白亜の豪邸住まいだという。
 その「お宅」を拝見したのだがまあ素晴らしいことこの上ない。ロスとかいって、高級住宅街なんだけれども、彼の家は緑に満ちあふれている。建物は真っ白で、家具は黒に統一されモノトーンにまとまっている。アンナお宅に住めるのなら、私はホント、裸になってもいいと思いましたねー(別に彼が裸になっただけでそうなったということではないが)。
 数億円の豪邸というのを拝むと、日頃観ているおうち番組にでてくるちんまりした家々が本当にさもしく感じられてくる。もちろん筆者の住んでいる家や、番組・雑誌にでてこないような日本の大多数のウサギ小屋など目も当てられない。そこで営まれているのは、もちろん人々の暮らし、生活である。
 ヨシキのようなセレブもまた、暮らしは営んでいるんであろうが、どうもというか、当然のことというか、一般人とは生活の質が違う気がする。
 ヨシキのモノトーンの、チリひとつ落ちていなさそうな家を見て、当然これは外注のハウスキーパーが入っているんだろうけれども、じつにうらやましい。なんといってもハウスキーピングから解放されているのがうらやましい。
 ヨシキはひとりもんだから、自由だ。時間を自由に使っている。ほかのセレブと交流したり、レコーディングしたり、自宅ジムで汗を流したりパーティーをしたりして過ごせる。
 筆者は起きている時間の大部分、半分くらいは、家のゴミを拾ったり、クルマの中で掃除機をかけていたり、明日回収日となっているゴミを選別して出したり、風呂掃除したりして消耗している。
 そんな私にはこの番組で竹中直人が、Xジャパンにかけて、「X西国分寺」とかいっていたのに大笑いしたり、夜寝静まったときに独りラバーに身を包んだりすることが人生の滋養となる。
ビデオ全品大幅値下げ処分
オークションが終わってグッタリ疲労の市川哲也
Alt-fetish.com
info@alt-fetish.com

表現的人間

 大阪市立大学の近勝彦先生のこの文章を読むと、私たち人類、とりわけ豊かに発展したこの日本でいまを生きる私たち日本人の多くは、原始的欲求が充足され、今度は自分をより表現したいという自己実現の欲求にもっぱら関心が向いている段階にあるということが分かる。
 私は実感として、そう思っている。
 そうした欲求をかなえる手段としてブログを上げている。これまで、個人はおもに経済的な理由からメディアを手にすることは稀だった。自分の考えや表現を発表するメディアは、ごく限られた作家やメディア企業の従業員、専門家などにもっぱら寡占されてきた。しかしインターネットの普及により、いまや誰もがブログを通じて自由にインターネット上に自分の表現を発表することができる。私はブログを書く時間が何ともいえず好きだが、この時間の居心地のよさはちょうど、コミケやデザインフェスタ、ワンフェス、ドルパといった、個人の展示即売会に出店したときに私がいつも感じている居心地のよさと同じタイプの感じだ。
 コミケ、デザインフェスタなどを総称して展示会イベントと言うことにしたい。
 私は常日頃いろいろな社会組織に属している。近所づきあい、仕事関係、家族、友達関係などだ。そうした社会関係の中では決して得ることができない出会いが展示会イベントではある。これは貴重な出会いである。展示会イベントでは、フェティシズムについて「一家言」持っている人たちが私に話しかけてきてとても有益な情報をもたらしてくれる。彼とはそれっきりになるケースがほとんどだが、そうした情報は少なくとも展示会イベント以外の関係、近所づきあいや仕事、家族関係からは得ることができない。
 仕事、家族、地域社会とのつながりが生きていくうえで欠かせないのと同じように、展示会イベントで得られる関係(情報)もまた、私にとって不可欠なものである。
 Alt-fetish.comは創業してすでに4年が過ぎたが、そろそろそうした新しい関係を提供できる場の構築というサービスをスタートさせてもよいのではないかと思っている。その形が展示会のようなモノなのか、クラブイベントのようなモノなのか、はたまた映画アイズワイドシャットにでてくるようなヤバイ秘密結社のようなモノなのかわからんが、考えただけでも楽しい。
ヤフオク出品中
ビデオ全品大幅値下げ処分
私は、ひとりではない、たぶんたくさんいる→市川哲也
Alt-fetish.com
info@alt-fetish.com