年金、もう払わん!と言いたいが……

あー払いたくない。公的年金、得するのはだれか?
木村剛さんが年金はネズミ講だといっている
これを読むととりあえず得をするのはいま50代くらいの公務員や国会議員の人たちのようである。サラリーマンや自営業者などとくらべて、同じ期間加入し、同じ保険料負担でも、彼らがいちばんたくさん年金をもらえるようになっているらしい。
そもそも公的年金にこのような差別があるというのに筆者は違和感を覚える。特に拠出した額が同じなのにもらえる額が違うというのではまるで不公平だ。
なるほどだから筆者(30代前半)のまわりの、公務員を親に持つすべての子供がやはり公務員になったんだ。彼らは、公務員は得だっていうことを、親からきっと吹き込まれてきたに違いない。
木村さんのコラムを読んでも、なにも解決しないところが寂しい。ちなみに、損をするのはサラリーマン(特に独身)や自営業者、学生など。
賦課方式とかいって、いま、年金をもらっている人たちの分は、いまあなたが払っている保険料でまかなわれている。だから、お年寄りを大切にとかいって、うやうやしく席を譲ろうとしている、若いサラリーマンを見ると、偉いというか、?と思ってしまう。
年寄りは基本的にわがままで、頑固で、人の話を聞かない。付き合っても楽しくない。特に、頭の悪い年寄りはその傾向が強い。そんなヤツラのために、いくら払っているのかもよく分からないままに、サラリーマンは彼らの生活費を給与から天引きで支払わされている。
FPとしてこれは、本当に驚き、あきれる話である。
プロのFPや社会保険労務士は、年金問題についてどう考えているのか? 筆者が受講したリスクと保健の授業の先生は、社会保険労務士だった。やはり、「おかしいですよね」とはいうものの、「払っておいたほうがあとあともらえる。払わなければもらえない」と言っていた。
木村剛とか、頭の切れる人たちは別に蓄財に不自由しないから年金なんて払わなくてもいいんだけれども、うちら一般人は、やっぱり年金に頼らざるを得ない、というのが実状ではないか? もちろんその年金制度がひどい制度で、損もいっぱいしてしまう(お上や金融機関に労働のあがりの一部をかすめ取られてしまう)にしても、だ。
30代の諸君、あきらめよう。

少女ビデオやDVD

3/11群馬県で26歳のロリコン男(部屋に多数の少女ビデオやDVDが発見された)が隣に住む7歳の女の子にイタズラしようとして騒がれ、首を絞めて殺害した事件について。
こういう事件は最近非常に増えていると思う。この背景には、社会に子供を題材とするアニメ、ゲームなどのビジュアル商品があふれていることがまずあげられる。
ロリコン市場にターゲットを絞ったゲームや雑誌、ビデオやその他の商品は、近年になく多い。これはコミックマーケットの隆盛と不可分のトレンドだと思う。エロゲーの世界もすさまじい。
子供向けのアニメ自体は、子供時代なら誰でも見る機会があり、それ自体自然な行為である。普通は成長するに従い、アニメを見るのをやめて、普通は別のコンテンツや、実生活に関心を振り向けるようになる。
ところがそれに失敗すると、こっちのほうのお客さんになってしまう(ロリコン商品を買うようになる)。失敗する理由はさまざまだろうけれども、いちばん大きいのはメディアの中の出来事と現実の世界の区別が難しくなってしまうことである。
現実世界にはモラルとか、法律があって、大人は相互にさまざまな衝動を抑制しあって生活している。でもメディア世界でしか生きていないオタクはそういう衝動抑制の機構が発達しにくいんじゃないか。
メディアはメディア、現実は現実だとし、現実世界にきちんとコミットできるように助けるような教育が必要だと考える。
まそれはこれからの話で、ではいま、ロリコン的な世界にどっぷり浸かっているオタク向けの対策はどうするか。
そこでフェチの出番だ。Alt-fetish.comのフェチはSMと不可分である。基本的には衝動は他者に向かうのではなく、自分に向かう。だから間違って死んじゃうことはあれ、人を殺すことはない。
子供っぽい雰囲気の女王様ばかりいるSMクラブで、ロリコンをマゾ化して無害化するというのは?

迫害される喫煙者

NYの市長がとんでもなくたばこ嫌いなせいもあって、今やNYでは、公共の場所はもちろんのこと、民間の施設でもレストランはおろかバーでも禁煙だという。
酒を飲みながらたばこをくゆらす、それすらももはや当たり前の光景ではなくなってしまったのである。喫煙者にはいやはや大変な受難の時代だ。
ところで、NYのバーの売り上げは落ちたのかというと、そうではない。これまで、受動喫煙を嫌気して、バーによりつかなかった非喫煙者が、バーに来るようになり、売り上げの下落はないという。
なるほど、たばこを吸わない筆者としても、確かに、禁煙のバーなら行ってもいいかという気分になる。
たばこはみんな体に悪いと言うことがわかっている。また、たばこには大変な税金が課せられており、お金もまた煙とともに消えていく。筆者の住む小金井市は、法人税よりもたばこ税の収入のほうが多いくらいだ。
ところで、ここ数年、日本では喫煙女性が増えている。
筆者は女性心理は苦手である。専門が変態なだけに、女性心理はもちろん、男性心理だってよくわからないのが正直な感想だ。
女性の不可解なのは、喫煙もそうだけれども、何万円も出して、バックを買うことだ。プラダ、エルメス、ルイ・ヴィトン。何でもないバックが、それこそ軽く十万円を超える。
そんな金があるのならば、キャットスーツの一着でも買ってみてはどうか? あるいは、ヴィトンのキャットスーツがあったら、みんな着るのかな?

ビョーキに備えたい

筆者はAFP、二級FP技能士である。何しろ2月の試験に合格した。で、どうなったか。
金の面で言うと、まったくなにも変化がない。まあ当たり前である。
Alt-fetish.comのほうは、会社の収入になるので筆者は金銭面においてはまったく関係がないのだが、これまたひどいユーロ高が続いている。130円を超えると本当に儲からない。
国内のひどいデフレ、とんでもないユーロ高。Alt-fetish.comは逆風の前に、風前の灯火だ。
AFPの知識は、こういうのにはまったく無力である。役に立たない。強いていえば、もしもの場合に補償は万全かをチェックすること。そういう点では、いま、私はビョーキに備えたい。
筆者は高圧送電線のほぼ真下で暮らしており、父親は、白血病で死亡した。白血病の罹患率と、高圧送電線から出る電磁波の関係については、いろいろ議論が続いている。電磁波は「シロ」とはっきりしない証拠である。
だからいつでもガンに備えられるような、金銭的な補償=医療保険に入ろうかと思っている。
ちなみに白血病というと、『世界の中心で、愛をさけぶ
』という本が、白血病をうまくネタにしていてなんだか複雑な気分である。はっきり言って身内を白血病で失っている立場からすると、もうけのネタにされた気分でイヤである。とかいって、すごく泣いてしまったんだけれど。
このココログの読者の方へ。税込み10000円であなたのライフプラン診断をいたします。
ライフプランを作ると、あなたがほしいもの、実現したい夢について、これからどうやって実現のために金をやりくりすればいいのかが分かります。え?そんなのしりたくない? なぜって、それは夢だから楽しいんであって、そんな計算したらつまらんじゃないかって? うーんそんなあなたに、筆者も禿同。
話変わるけど、英会話のイーオンに通っています。うふ、ちょっと優越感。だって、英会話学校に来ている人たちって、筆者とは違って、時間やお金に余裕のある人たちばかりナンですもの。
でもそんな幸せなときも、まもなく終わろうとしている。金策尽き果てたのである。筆者のコンセプトは、生涯学習、生涯資格受験者。次の資格は、CFP(一級FP技能士)&行政書士です。金をこっちに回したいから、もう英会話とはさようなら。というか、英会話、無駄だったわ。筆者には。

不動産投資

交通の便がよく、管理がしっかりしていて、借りてくれる人に困らない優良な物件なら投資用として買ってもいいだろう。ただし条件がある。手持ちの現金で買えと言うこと。借金するなら買っちゃだめ。
あと、住宅ローンを組んでいる人へ。民間のローン会社の団信は、ローン会社が破綻したときに引き継がれるだろうか? あくまで民間だから、任意だよ。外資とかがあなたの債権を買った日には、たぶん引き継がれない。
そうすると借金は奥さんにも残ります。
その点、住公なら安心。破綻はあり得ない。

ユーロが高い

ユーロが高い。1ユーロ=138円とか言って。
フェティッシュカルチャーの本場はなんと言ってもヨーロッパ、ユーロ圏。そこの通貨に対して、円が弱い。
フェティシストにとってこんなに不利なことってない。
そもそもAlt-fetish.comを始めた頃は独マルクだったし。ユーロももっと全然安かった。
為替予約とかできないので、ヒイヒイ言いながら外貨預金でしのいでいます。

2級FP試験合格!

2級FP試験に合格した。
平成16年2月実施 2級FP技能検定試験 試験結果速報
受検番号:14151******
学科試験 合格
実技試験(資産設計提案業務) 合格
※この試験結果は速報です。詳細については、3月8日に発送される結果通知書にてご確認ください。
3月15日時点で結果通知書が未着の場合には、試験事務局までご連絡ください。合格者には結果通知書に合格証書が、一部合格・不合格・欠席者には結果通知書に次回試験要綱及び受検申請書が同封されます。
って確かにしょぼくて食えない資格ではあるけれども、こうして結果を出せたのはうれしい。
あーでも、勉強した内容は結構忘れてます。
次は行政書士を狙いたい。

六本木ヒルズの会員制図書館

たまりませんなー。こういうの
「オフィス・メンバー」というのがいい。月6万円で24時間365日、六本木ヒルズ内の個室「ライブラリーオフィス」が使える。
月々6万円というと、都心から20分くらい電車で下ったところにワンルームアパートを借りる程度の金額と言うことになる。コレって激安じゃないのか?
今度、見に行ってこよう。

遺産相続と年金

朝日新聞のbeネタで恐縮ですが、大切な話です。
まず、親が死んだときに突如「親族だ」という人間が現れた場合。もし戸籍に彼の名前が掲載されているのであれば、彼も法定相続人になります。親が、自分が知らぬ間に、第三者を養子にしていたとか、そういうケースです。
残念ながら、親が遺言書を残していない限り、彼にも遺産を受け取る権利があります。どうしてもイヤなら裁判で争うほかないと言うことです。親が、とにかく誰かを養子にした以上は、彼にも受け取る権利がある、コレばっかりは「イヤ」でもしょうがないんです。
ですから、一度は自分の戸籍謄本は見ておきましょう。兄弟姉妹の名前が出ていたら、彼らは平等に親の遺産をもらう権利がある。つまり親の遺産が10で、配偶者(親の配偶者)が亡くなっている場合、兄弟が2人なら、5ずつもらえるんです。
どうしても遺産を多めにもらう必要があるのなら、遺言書を用意してもらう、あと、親に生命保険をかけて受取人は自分にしておくのは必須でしょう。コレは、遺留分対策です。
もう一つ、年金ですが、海外勤務の人は、その国の年金保険料と、我が国の保険料と二重払いになるケースが国によってあるようです。しかしその問題は早晩国家間の協定によって解消される見通しだそうです。海外赴任が控えている人は社会保険事務所に確認してみましょう。

レザーマスクの開発

都内にある某レザーショップの協力のもと、Alt-fetish.comオリジナルレザーマスクの開発に取りかかって早4ヶ月が過ぎた。
見本品を二つ作ってみたものの、細部においていまだに製品化に踏み切れない。問題点はいくつかあるのだけれども、最大の問題は、鼻、頬、口にレザーをピッタリをさせることができないことである。これらの部分については、皮膚とレザーのあいだに著しいすき間ができ、しわになってしまう。
外から大きめのアタッチメント(取り付け・取り外し可能な)マスクをベルトで固定してやっと密着感が得られる。しかし、鼻とか、目の下のしわが気になるのだ。
レザー製品でしかもワンサイズという、かなりリスキーな商品である。しかも極めつけは値段の高さ。5万円を切るのは困難な情勢となっている。
こまったなー。

家計簿ソフトはコレ

プラトのマスターマネー家計版4を使っている。3980円(税別)と格安な上に、キャッシュフロー分析や収支分析ができる。年間、半期、四半期、月間、日毎と細かい集計タームがあらかじめ用意されていて、期間ごとの比較も簡単。
簿記で言う資産・負債はアカウント、収入支出(売り上げと費用)はカテゴリーという。しかしそれぞれに細かく好きな勘定科目を設定することができる。
クレジットカード払いの設定や、毎月一定額引き落とされるものの一括入力、データバックアップなどもできる。
もちろんグラフや表などいろいろなテーマでの作成がクリック数回でできる。
筆者がコレを選んだのは、シンプルで使いやすく、しかも安かったので。使い始めて4月で一年を迎えるが、その判断は間違っていなかった。
ちなみに、銀行とのデータのやりとり機能は付いていないので、通帳記入をしたら、それをこのソフトに入力し直す必要がある。

ALT-FETISH刊行のWeb ジーン。ALT-FETISHはラバーを愛するLGBTQのみんなの権利をひろげるために日本国憲法をまもる訴えを続けるオンリーワンのライフスタイルブランドです