ホームレスが雑誌を売る

ビッグ・イシュー・日本語版の挑戦
国際的な編集組織をもつビッグイシューの日本語版がホームレスによってターミナル駅などで発売されている。
もちろん数百円で情報が欲しければ、キオスクで買うまでである。しかし、この雑誌は、売り手に半分近いお金が入る。販売価額は200円。1冊売れると110円が彼らのものとなる。
筆者は幸いホームがあるので、販売しなくてもたとえば六本木ヒルズのライブラリーの体験ツアーに1000円払うことができる。ホームレスが同じことをビッグイシューを売ってする場合は、雑誌を10冊売らなければならない。
で、この雑誌の内容だけれども、ニューズウィーク日本版をもっとカジュアルに、ストリートよりにした感じ?
つまらないのである。
ホームレスが売るという「アドバンテージ」があるんだから、それを生かすべきだ。
筆者がビックイシューに提案するコンセプトは、ズバリ「金持ちになる方法」「金持ち、成功者インタビュー」「人生哲学」などをテーマにすること。こうした、ホームレスとは対極にいる金持ちにフォーカスすることで、売り手とコンテンツのコントラストが、買い手の消費衝動を刺激する。
そもそも「金持ち父さん、貧乏父さん」のロバート・キヨサキさんだって、ホームレス同然の状況に至ったことがあるのである。金持ちは、一度丸裸になって、そこで培ったとてつもないハングリー精神で挽回していくケースも多い。
つまり、売り手であるホームレスの人たちは、将来の大金持ちである。イヤ、間違いなくそうだ。筆者は、ホームレスになるくらいならば、今のままのやや貧乏な小金持ちで十分だから。とてもそんなハングリー魂はごめん被りたい。
そして、これから金持ちになってやるんだという、熱いハングリー精神を持っているホームレスの人たちを応援したい。そのためには、やはり金持ち本を売って欲しいな。
どうだろう、河出書房新社さん、「貧乏父さん」をビックイシュー方式で、彼らに売らせてみては? ついでに、例の芥川賞受賞作『蹴りたい背中』も売らせる。インストールの綿矢りさは、印税で一億円超える収入を稼いだんだ(税金で4千万くらい持って行かれるはず)。イヤ意味不明だけど。ははは。。。

地図ソフトと六本木ヒルズライブラリー雑感

地図ソフトMapfanの試用版をダウンロードして試してみた。結論からいうとすごくいいと思う。
欠点は地下鉄の出口番号が表示されていないことだけれども、それはYahooの路線などで分かる話。
この地図のすごいところは首都圏では1/781倍率まで拡大できるところ。意外に適用範囲が広いことに驚く。
あと、たとえば車で、自宅から、とんでもなく遠く、大阪とか、博多まで、車や電車でどう行けばいいかが分単位、メートル単位で分かるルート作成機能。家の前の通りを右折して、云々からはじまって、遠い地まで、道順が表示される。これは旅心をくすぐる。
筆者は、昔毎日のように通った大学周辺や、会社周辺を表示して楽しんだ。
次に、今日、六本木ヒルズに行って来た。新刊が2000冊あって、すばらしい眺めのフロアで、豪華なイスやソファに腰掛けて、ゆっくり読書を楽しむことができる。これで月々たったの6000円。
今日平日金曜日の夕方は、ガラガラだった。さすがに日が暮れてくると、なんといえばいいのか、若いIT系企業、外資系企業などに勤めているとおぼしきサラリーマン(なぜかカジュアルウェア)とか、ヒゲを生やした建築家、デザイナー風貌のオッサンが集まりだして、そこそこ入っているが、席の多くは空席である。
便所はもちろんウォシュレット。自習室も完備。館内は無線LAN環境。朝8時から夜11時まで。
一緒に行った友人は即申し込むと鼻息も荒かったが、筆者は六本木に行くのに往復1000円かかるのでためらっているところである。
それに、家では筆者はやることがある。筆者が六本木ヒルズに行っていちばん共感したのが、ぴかぴかのトイレで、洗面台を一心不乱に磨いていた掃除係の女性。掃除「担当」の彼女は掃除のスペシャリストとして、ずっとここで働いているに違いない。筆者が家でやらねばならないことは、まさにこれ。筆者は家の掃除係担当なのである(奥さんと家事分担のため)。
六本木ヒルズなんかでうつつを抜かしている暇があるのなら、家で「担当」の掃除しろと。
ところで、帰りの大江戸線で誰かがゲロを吐いた。社内は一気に甘酸っぱいにおいに満たされた。一緒に行った友人に告ぐ。吐瀉物が蒸発するときに、ウィルスが一緒に空中に飛散する。もしそのゲロにウィルス性の病原菌(たとえば風邪の一種の嘔吐下痢症など)が混じっていたら、確実に「それ」感染するから、今日はうがいと手洗いをしっかりね。

イトーヨーカ堂に入社

「大手スーパー、イトーヨーカ堂とグループの計6社は18日、大手企業の先陣を切り、都内のホテルで入社式を開いた。新入社員は計776人で、昨年(779人)とほぼ同数。約40倍の難関をくぐり抜けての入社となった。」(共同通信04/03/19)
それで、大手スーパーの社員になって、ひとしきり消費生活をして、ナンの個性もなく結婚退社するそんな人生を思い描いているのかも知れないが。
そこら辺のスーパーの従業員より、イトーヨーカ堂のほうがいいに決まっていることは分かっている。しかし、それでもイトーヨーカ堂の社員である。
筆者にはどうしてもなじめない。では仮に娘がそうなったらどうだろう。うーん、悩む。けどきっと、うれしいと思う。どこに入ったにせよ、就職活動を闘ったんだから偉い。
そうだ、彼女たちだって同じだ。偉いんだ。きっとものすごく。これほど偉いんだから、そのあとのこともきちんと考えているに違いない。
おめでとう、がんばって。

FOMAデータ通信定額3900円!

これは安い。安すぎる。FOMAデータ通信定額3900円!
PHSのアットフリードでも4000円なのに。それよりもスピードが速くて100円安とは。
ついこの前に、ドコモのデータ定額制についてでま情報が出回ったけれども、火のないところに噂は立たずというわけか……。今回の情報の信憑性は高いと思う。共同通信が発表した情報だから。
この価格だと、いよいよ携帯チャネルという新しいメディア対策をしていかざるを得なくなってきた。あー忙しい。

FPって、どうよ

資格を取ってみたんだけれども(ただしAFP、二級FP技能士)、なにも変化がない。
じつは筆者は、マーケティング本、それも二流のコンサルタント、ライターが書いたうさんくさい本が大好き。
だって、元気がもらえるんだもん。なんか、これさえやれば、もう気絶するほど大金持ちになったり、一千万円が簡単に振り込まれたりしそうな気分になってきて、もうハッピーったらこの上ない。しかもイヤな客は断ってもいい
来た。
これらの本に叱咤激励されながら、楽しい世の中になってきたと思ってる。
で、肝心の筆者自身の問題だけれども、FP、それもそこら辺の保険屋なら片手間でサクッと取って持っている、ショーもない資格、AFPを持っているが、ナンにも儲からない。
でも平気。だって、マーケティング本が言うとおりのことを、まだやっていないから。そう。それらの対策とか、技、プロジェクトを、使えば簡単に実現できるんだから。やればできるんだから。
やれば、できる。と、やる。すっごい違う。

年金、なくなったらどうなる

年金はホットな話題である。今日も国会中継を見ていたら、民主党・緑風会の議員が国民年金未納分の穴埋めに、厚生年金や各種共済の保険料が流用されている問題を指摘していた。
サラリーマンや公務員など、給料から保険料を天引きされている人たちが、それ以外の人たちの保険料を一部支払わされているというわけである。
しかしだからといって、年金を払わないとか、払いたくない、というのは早計だ。前々から筆者が指摘し続けているとおり、いくらボロい制度だからと言ってこれだけの補償を民間の商品に求めるとしたら、とんでもない保険料を支払わねばならないことになる。
つまりほかに選択肢がないのである。公的年金は老後のためだけでなく、障害状態になった時や、夫が亡くなった場合の保障も兼ねている、という点を見過ごすわけにはいかない。仮に年金制度が急になくなったとしたら、あなたの親の年金(つまり定年退職後の彼らの収入)は、あなたが負担しなければならなくなる(道義上、それを拒否するのは困難)。
いま、30歳くらいのあなた、親があと5年で65歳になるとする。親の生涯にわたる平均報酬月額を36万とすると、その5割は18万。5年後から、あなた、親のために18万円支払えますか? ちなみに、配偶者の老齢基礎年金の分も含めると、もうプラス6万、合計24万円、支払えますか?
合計24万円もあなたの親に毎月支払ってくれる年金、それが公的年金なんです。
どうでしょう?

ボークスの少女人形

隣に住む小学生にイタズラしようとして抵抗され、首を絞めて殺したロリコン犯罪者は、ボークスの「のの」を持っていたとテレビのワイドショーで報じられていた。子供を持つ親として、この犯罪者の倒錯には震撼せざるを得ないけれども、各種ロリコン商売がロリコンの性衝動を刺激してやまない社会の一面も無視できない、と前に指摘した。
ボークスは60センチくらいの、関節が動く、子供の人形を京都で作って、信じられないほど高額な値段で売っている玩具メーカーである。「のの」とは、ボークスが販売している人形のキャラクターのひとつである。
「のの」含め、ボークスの人形の最高価額帯を占めるスーパードルフィーシリーズの多くは、9歳の女の子をモデルに作っている。これを、普通の成人男性サラリーマンなどが所有する。たぶん彼らの多くは独身だろう。
あ、ハイチとかじゃなくて、日本の、いまの話です。
Alt-fetish.comも、スーパードルフィー用のキャットスーツを作って販売しているが、それはこのキャットスーツを着れば少し大人っぽい雰囲気が出せると思ったので。そうすれば、彼らの関心が、未成年ではなく、成人女性へと向かうのではないかと、少し期待している。
ボークスの経営者もモラルがうずいたのかどうだかしらんが、昨年夏から、モデルを、より年上の18歳くらいにした、体型も大人っぽく成長した人形のシリーズ、「ドルフィードリーム」を発売している。
これは値段も安く、その代わり素体だけで、洋服やらなにやらは自分でやらないといけない。プラモ感覚で、洋服を着せたりカツラをつけたり、色を塗ったりして女の子を完成していく。しかも値段はスーパードルフィートくらべてるかに安い。
Alt-fetish.comはドルフィードリーム用のキャットスーツも販売する予定である。じつはすでに商品はできているので、これを見たドルフィードリームオーナーは連絡ください。info@alt-fetish.com

家事労働

家事労働を無報酬の労働と思っている人がいると思う。筆者もそうである。
子供ひとり、夫婦2人で、一戸建てに住んでいる人ならば、分かると思うけれども、家事労働をしないと、家は短期間で最低限度の人間らしい暮らしをするのに支障が出るくらいに、荒れてしまう。
皿洗い、掃除、洗濯、家のまわりの掃除、ゴミ捨て、ものの片づけ、風呂のカビ落とし。
筆者は、朝起きるとご飯を食べて、これらの家事労働に一時間かける。昼も後かたづけなどに30分。夜もまた一時間。風呂なども入れると、2時間半くらいかかる。
つまりデスクを離れなければならない時間は一日四時間。
すると、一日七時間寝るとして(この時間がいちばん長生きするらしい)、13時間は仕事できる。
わー、騒ぐほどでもないな。

ひきこもり、特効薬は

欲望だと思う。
○○したい、という。ひきこもりのひとのそれは、たぶん欲望が弱いと思う。いやもちろん、いろいろ彼らには欲望はあると思う。わかって欲しいとか、人と交わりたい、働きたい、ふつうになりたい。
しかしそれじゃまずい。その先がなさすぎだ。
ただ、こういう筆者も欲望の挫折の先にはひきこもりがあるのではないかと危惧している。しかしそのときも、筆者はすぐに原初の欲望の社会化のプロセスを思い描きながら、がんばっていくと思う。
それは引きこもっていなかった時代のいろんな経験が助けになるだろう。
あー、ちなみに、欲望とは言っても、子供向けの性欲のことでは間違ってもないからね。この間、少女ビデオとDVDというタイトルで投稿したら、過去最高のビジットがあったのには辟易した。
ブログ好きはロリコンなのか?
さてそれはさておき、どうしてひきこもりを書こうと思ったのかというと、NHKスペシャルでひきこもりを特集していたから。一人のひきこもりの人をべっとりと取材していて、非常におもしろかった。彼の部屋、整形前の中山美穂のサイン入りの時計とかかかってて。すべてが15年前のままなんだよ(彼は15年引きこもってる)。
親父にわかって欲しいというのが彼のテーマ。その親父というのがまたひどい。タクシーの運転手か何かなんだけど、まるで沼地のカエルのようにしゃべらない。無視されている気がすると、そのガマガエルに言うひきこもりの男性。
まったく表現力も教養も希望もなにもない。親父のキャラがとにかくひどかった。ちなみにこのひきこもりの男性は、時折リストカットなどをしてサインを発したけれども、親父は対応できるはずがない。

年金、もう払わん!と言いたいが……

あー払いたくない。公的年金、得するのはだれか?
木村剛さんが年金はネズミ講だといっている
これを読むととりあえず得をするのはいま50代くらいの公務員や国会議員の人たちのようである。サラリーマンや自営業者などとくらべて、同じ期間加入し、同じ保険料負担でも、彼らがいちばんたくさん年金をもらえるようになっているらしい。
そもそも公的年金にこのような差別があるというのに筆者は違和感を覚える。特に拠出した額が同じなのにもらえる額が違うというのではまるで不公平だ。
なるほどだから筆者(30代前半)のまわりの、公務員を親に持つすべての子供がやはり公務員になったんだ。彼らは、公務員は得だっていうことを、親からきっと吹き込まれてきたに違いない。
木村さんのコラムを読んでも、なにも解決しないところが寂しい。ちなみに、損をするのはサラリーマン(特に独身)や自営業者、学生など。
賦課方式とかいって、いま、年金をもらっている人たちの分は、いまあなたが払っている保険料でまかなわれている。だから、お年寄りを大切にとかいって、うやうやしく席を譲ろうとしている、若いサラリーマンを見ると、偉いというか、?と思ってしまう。
年寄りは基本的にわがままで、頑固で、人の話を聞かない。付き合っても楽しくない。特に、頭の悪い年寄りはその傾向が強い。そんなヤツラのために、いくら払っているのかもよく分からないままに、サラリーマンは彼らの生活費を給与から天引きで支払わされている。
FPとしてこれは、本当に驚き、あきれる話である。
プロのFPや社会保険労務士は、年金問題についてどう考えているのか? 筆者が受講したリスクと保健の授業の先生は、社会保険労務士だった。やはり、「おかしいですよね」とはいうものの、「払っておいたほうがあとあともらえる。払わなければもらえない」と言っていた。
木村剛とか、頭の切れる人たちは別に蓄財に不自由しないから年金なんて払わなくてもいいんだけれども、うちら一般人は、やっぱり年金に頼らざるを得ない、というのが実状ではないか? もちろんその年金制度がひどい制度で、損もいっぱいしてしまう(お上や金融機関に労働のあがりの一部をかすめ取られてしまう)にしても、だ。
30代の諸君、あきらめよう。

少女ビデオやDVD

3/11群馬県で26歳のロリコン男(部屋に多数の少女ビデオやDVDが発見された)が隣に住む7歳の女の子にイタズラしようとして騒がれ、首を絞めて殺害した事件について。
こういう事件は最近非常に増えていると思う。この背景には、社会に子供を題材とするアニメ、ゲームなどのビジュアル商品があふれていることがまずあげられる。
ロリコン市場にターゲットを絞ったゲームや雑誌、ビデオやその他の商品は、近年になく多い。これはコミックマーケットの隆盛と不可分のトレンドだと思う。エロゲーの世界もすさまじい。
子供向けのアニメ自体は、子供時代なら誰でも見る機会があり、それ自体自然な行為である。普通は成長するに従い、アニメを見るのをやめて、普通は別のコンテンツや、実生活に関心を振り向けるようになる。
ところがそれに失敗すると、こっちのほうのお客さんになってしまう(ロリコン商品を買うようになる)。失敗する理由はさまざまだろうけれども、いちばん大きいのはメディアの中の出来事と現実の世界の区別が難しくなってしまうことである。
現実世界にはモラルとか、法律があって、大人は相互にさまざまな衝動を抑制しあって生活している。でもメディア世界でしか生きていないオタクはそういう衝動抑制の機構が発達しにくいんじゃないか。
メディアはメディア、現実は現実だとし、現実世界にきちんとコミットできるように助けるような教育が必要だと考える。
まそれはこれからの話で、ではいま、ロリコン的な世界にどっぷり浸かっているオタク向けの対策はどうするか。
そこでフェチの出番だ。Alt-fetish.comのフェチはSMと不可分である。基本的には衝動は他者に向かうのではなく、自分に向かう。だから間違って死んじゃうことはあれ、人を殺すことはない。
子供っぽい雰囲気の女王様ばかりいるSMクラブで、ロリコンをマゾ化して無害化するというのは?

迫害される喫煙者

NYの市長がとんでもなくたばこ嫌いなせいもあって、今やNYでは、公共の場所はもちろんのこと、民間の施設でもレストランはおろかバーでも禁煙だという。
酒を飲みながらたばこをくゆらす、それすらももはや当たり前の光景ではなくなってしまったのである。喫煙者にはいやはや大変な受難の時代だ。
ところで、NYのバーの売り上げは落ちたのかというと、そうではない。これまで、受動喫煙を嫌気して、バーによりつかなかった非喫煙者が、バーに来るようになり、売り上げの下落はないという。
なるほど、たばこを吸わない筆者としても、確かに、禁煙のバーなら行ってもいいかという気分になる。
たばこはみんな体に悪いと言うことがわかっている。また、たばこには大変な税金が課せられており、お金もまた煙とともに消えていく。筆者の住む小金井市は、法人税よりもたばこ税の収入のほうが多いくらいだ。
ところで、ここ数年、日本では喫煙女性が増えている。
筆者は女性心理は苦手である。専門が変態なだけに、女性心理はもちろん、男性心理だってよくわからないのが正直な感想だ。
女性の不可解なのは、喫煙もそうだけれども、何万円も出して、バックを買うことだ。プラダ、エルメス、ルイ・ヴィトン。何でもないバックが、それこそ軽く十万円を超える。
そんな金があるのならば、キャットスーツの一着でも買ってみてはどうか? あるいは、ヴィトンのキャットスーツがあったら、みんな着るのかな?

ビョーキに備えたい

筆者はAFP、二級FP技能士である。何しろ2月の試験に合格した。で、どうなったか。
金の面で言うと、まったくなにも変化がない。まあ当たり前である。
Alt-fetish.comのほうは、会社の収入になるので筆者は金銭面においてはまったく関係がないのだが、これまたひどいユーロ高が続いている。130円を超えると本当に儲からない。
国内のひどいデフレ、とんでもないユーロ高。Alt-fetish.comは逆風の前に、風前の灯火だ。
AFPの知識は、こういうのにはまったく無力である。役に立たない。強いていえば、もしもの場合に補償は万全かをチェックすること。そういう点では、いま、私はビョーキに備えたい。
筆者は高圧送電線のほぼ真下で暮らしており、父親は、白血病で死亡した。白血病の罹患率と、高圧送電線から出る電磁波の関係については、いろいろ議論が続いている。電磁波は「シロ」とはっきりしない証拠である。
だからいつでもガンに備えられるような、金銭的な補償=医療保険に入ろうかと思っている。
ちなみに白血病というと、『世界の中心で、愛をさけぶ
』という本が、白血病をうまくネタにしていてなんだか複雑な気分である。はっきり言って身内を白血病で失っている立場からすると、もうけのネタにされた気分でイヤである。とかいって、すごく泣いてしまったんだけれど。
このココログの読者の方へ。税込み10000円であなたのライフプラン診断をいたします。
ライフプランを作ると、あなたがほしいもの、実現したい夢について、これからどうやって実現のために金をやりくりすればいいのかが分かります。え?そんなのしりたくない? なぜって、それは夢だから楽しいんであって、そんな計算したらつまらんじゃないかって? うーんそんなあなたに、筆者も禿同。
話変わるけど、英会話のイーオンに通っています。うふ、ちょっと優越感。だって、英会話学校に来ている人たちって、筆者とは違って、時間やお金に余裕のある人たちばかりナンですもの。
でもそんな幸せなときも、まもなく終わろうとしている。金策尽き果てたのである。筆者のコンセプトは、生涯学習、生涯資格受験者。次の資格は、CFP(一級FP技能士)&行政書士です。金をこっちに回したいから、もう英会話とはさようなら。というか、英会話、無駄だったわ。筆者には。

不動産投資

交通の便がよく、管理がしっかりしていて、借りてくれる人に困らない優良な物件なら投資用として買ってもいいだろう。ただし条件がある。手持ちの現金で買えと言うこと。借金するなら買っちゃだめ。
あと、住宅ローンを組んでいる人へ。民間のローン会社の団信は、ローン会社が破綻したときに引き継がれるだろうか? あくまで民間だから、任意だよ。外資とかがあなたの債権を買った日には、たぶん引き継がれない。
そうすると借金は奥さんにも残ります。
その点、住公なら安心。破綻はあり得ない。

ALT-FETISH刊行のWeb ジーン。ALT-FETISHはラバーを愛するLGBTQのみんなの権利をひろげるために日本国憲法をまもる訴えを続けるオンリーワンのライフスタイルブランドです