久米宏のニュースステーション終わる

この番組は朝日系で左派だから筆者とは馬が合う。しかし残念ながらあらゆる意味で軽かった。
きょう最後に、久米はまずなによりスポンサーに謝辞を述べていた。スポンサーが莫大な金を出してくれたから民放は成り立っている、その民放を愛している、なぜなら民放はこれまでに、一度も国民を戦争へとミスリードしたことはなかったから。まあそれはそれで一理ある。民放は民間企業すなわち競争にさらされた営利企業のことであり、その利潤の一部を宣伝費として番組制作に拠出している。そうしたかたちで民意を反映したメディアが、戦争へ導くようなバカなまねをしなかったことをまずはおおいに祝福したい。今後もそうであって欲しい。
彼は一貫して戦争は嫌いだったようだ。イラク戦争にも反対ですと言っていた。筆者も戦争は大っ嫌いだ。戦争なんて本当に、最悪だ。ひどい。やめてもらいたい。
戦争がどれほどひどいかは、有楽町のビッグカメラへ行けば簡単に分かる。いまブレイク中の大画面薄型テレビが何台も展示してあり、ホームシアターシステムのリアルな重低音で、戦争映画を放映している。巨大画面とリアルな音響で戦争シーンを10分も見ていれば、ウワー戦争だけはやっちゃダメだと思うはずだ。
いま戦争がイラクとかで起こっているけれども、きれい事じゃなくて、話し合いで何とか解決してもらいたい。職人肌の頑固親父とロック好きなドラ息子のあいだには間違いなくコミュニケーション障害があるだろうが、アルカイダとか、イラクの一部のテロリストの方たちと、ブッシュや国連に、コミュニケーション障害があってはまずいだろう。
人類はもう5000年くらいの歴史があるんであって、言葉だってだいぶ洗練してきたはず。筆者ですら英会話学校に行って遠い国から来た外人講師と週2回も話をしている。もちろん通信テクノロジーだってすごいところに来ている。火星にいるロボットを通信で遠隔制御できるんだから、アルカイダと話くらいできないのかと言いたい。
話を戻すが、ニュースステーションは昨今、所得格差や二世議員の増加によってますます進む為政者と官僚とその他大勢の国民の距離を埋めるのにはまるで役に立たなかった。むしろ広げたんじゃないか?
まあそういうだめな、つまり政治を変えるほどの力を国民のあいだに醸成できないのが、この番組の軽さの原因だ。
ヤツ、最後にビールを震えながら飲んでいたのがなんだか妙に寂しく映った。それもこれも、彼は国民が軽薄になり、落ち着きのない飽きっぽい性格を加速させていくうちに、気がつけばすごい思いこみの深い権力者によってさっさと戦争へと放り込まれてしまう事態を危惧していたからか?
戦争反対の久米宏はニュースショーという枠組みのなかで信義を貫いていて偉い。本当に偉い人だ。立派だ。ニュースショーは残念ながら国を変えるのにはなんの役にも立たなかった。久米は身をもってそれを暴露した。
それにくらべ、あの小泉総理と来たら……。官と来たら……。いっそ久米が国政にいって首相になってみるのがいいんじゃないの? 筆者は久米が嫌うフジ産経グループや、創価学会、戦争、自民党を、もうペラペラと皮肉に満ちた早口で攻撃する人がいなくなってしまったことに、深い悲しみと寂しさをおぼえた。久米さん、帰ってきて欲しい。

テロに備えてガスマスク

テロに備えて、というのは冗談です。うちのマスクは肝心の空気フィルターが付いていません。テロにはナンの役にも立ちません。
ガスマスクをわたしたちが好むのは、顔面に対するフィット感が心地いいから。デザインがかっこいいから。
人になんと言われようと、ガスマスクがクールなんです。それを装着して、ガラス越しに世界をのぞく。ハッとするほど大きな自分の呼吸音に、意識を覚醒させられる。快感で満たされる。
2サイズ在庫しています。ぜひサイトへお越しください。

『白い巨塔』の作者のテーマ

ドラマ『白い巨塔』の原作者山崎豊子さんは、どういう人か関心をもってググッたら、国公労のウェブサイトで山崎さんをインタビューしているこのページを見つけた。
山崎豊子さんは1924年生まれでことし80歳。過去の仕事を見ると一貫して国家権力や組織と闘う個人にスポットを当てた、人間ドラマの力作が並ぶ。
『白い巨塔』も大学病院という組織自体がもつ腐敗、権力欲にまみれた人間のゆがみがテーマだったように思う。
社会派作家として正義感にあふれた彼女がもつ、もっと大きなテーマ。それは「勇気」ではないか。彼女が座右の銘にしているというゲーテの次の言葉を紹介しよう。
「金銭を失うこと。それはまた働いて蓄えればよい。
 名誉を失うこと。名誉を挽回すれば、世の人は見直してくれるであろう。
 勇気を失うこと。それはこの世に生まれてこなかった方がよかったであろう」
(国公労新聞のサイトから)

30代の選択的消費術

日経流通新聞によれば、昭和40年代生まれのいまの30代の人たちの消費が旺盛になってきているという。
筆者は昭和47年生まれなのでまさに該当する。新築分譲マンションを買う人の半分はこの世代だというから驚きだ。そしてこの人たちはマンションを買うついでに、結構高級な家電製品を買い求める。
じつは筆者もそうだけれども、安くて済むもの、安く買えるもの(日用品や家電など)はできるだけ合理的に金を使うけれども、こだわりたいものには惜しみなく金を注ぎ込む習性がある。
たとえばボロアパートを仲間数人と借りて改築し、イームズのイスを置くとか、アーロンチェアを置くとか、ローンでBMWを買うとか。
このような、こだわり商品に趣味的にお金を使う消費を選択的消費というらしい。Alt-fetish.comのこんなボンデージアイテムも、ちょっとしたこだわりをもって、ライフスタイルを自分なりのものにしたい人たちに支持されている。

就職できなくて自殺したい……

厳しい就職事情を苦にしたと見られる大学生の自殺が増えていることが、全国大学生活協同組合連合会(東京)などの調査で明らかになった。(読売新聞)
親しかった知人友人が自殺した経験を何度か持つ筆者は、この新聞記事は他人事じゃないと思った。
筆者も就職活動には本当に苦労した。96年卒業だから、就職活動をしたのは95年である。早稲田大学第一文学部という、当時マスコミには最強といわれていた学部だったというだけの理由でマスコミを受けて全敗。
そもそも筆者は大学に入った理由も、実際に取り組んだこともただ一つ、いい嫁さんを見つけることであった。一文だけで1000人くらいが就職活動を展開するなか、すでにはじまっていた就職氷河期を勝ち抜くには、これではあまりにも弱い。
志望動機などまともに書けるはずもなく、それでもなにか運が作用したのか某大手出版社の最終面接(6000人→21人にまで選ばれた)までこぎ着けて撃沈。内定通知電話の鳴らなかった日以降数日間は家に閉じこもったあの夏───。ふらふらと就職課を訪れてつらい心境を語った(キャンパスでスーツを着ている人はもうほとんどいなくなっていたがこれまたつらい)。「受からないんですけど」。担当の職員はこういった。
「エントリーを続けるほかはない」
エー悩んでつらい学生にこんな簡単な捨てぜりふだけ吐けば仕事になるなんて、ウワー早稲田の職員て、超ラクそう!これはいい!こう思って早速、大学職員にもエントリーしたが聞いてないよー状態のクレペリンテストとか死ぬほど難しい一般教養でこれまたあっさり敗退。
幸い筆者は無神経でバカなB型、変態妄想と睡眠でどんな辛苦にも立ち直る図太さがありいまこうして生きているけれども、まあとにかくジョブハンティングは過酷である。
よく英会話学校で、同じレッスンを受けている女の子が「ジョブハンティングで忙しい、今日も面接を受けてきた」とかいっているのを聞いてすげえと思う。待ち時間にはSPI対策本などをせっせとやっている。筆者はまずもってそういうのに乗れない。つらいでしょそういうの。
就職活動でお悩みのあなた、ぜひAlt-fetish.comを経験してみてください。ビデオ、キャットスーツ。現実を忘れて、ふかふかなベッドでひとり至福の時を味わう。明日の活力につながりますよ。それでも悩んだら───
フェティシストいのちのメール:info@alt-fetish.com

団塊の世代はFPを知らない

今日は所用で、出版社の社長と本のデザインをする人と会食をした。社長はたぶん60歳前後、デザイナーは50歳前後である。
彼らはすでに年金を60歳からもらうこともできない。そして、江角マキコを参考人招致する民主党にあきれてみせるなど、社会的な知識はありそうだ。少なくともスポーツ新聞じゃない新聞に毎日目を通していそう。
しかし、ふたりともFPがなにをする人なのか、どんな仕事なのか、まったく知らなかった。とほほ。
日本FP協会はFPから巻き上げた会費(年間1万2千円だったかな?確かそのくらい)をなにに使っているんだろうか。江角でも使って宣伝したほうがいいんじゃないの?
で、FPをよく知らなかった彼らが私に口々に質問したのは、
「FPって、いったいなにをしてくれるの?なにをして、誰からお金をもらうの?相談料ならば、弁護士みたいに、時間単位いくらなの?それとも税理士みたいに月極の顧問料なの?」
私の答え。
「FPは、人のライフコースにしたがっていついくらお金がかかるから、いまからこれくらいの貯金をしなさいとか、足りなければこんな借り入れが有利ですよとか、アドバイスします。(家族を抱えた場合や老後において変化するいろんなリスクへの備え方も提案します)。金融商品や預貯金の方法などを、わかりやすい図表を盛り込んだ「提案書」というかたちにまとめて、プレゼンします。相談料は提案書作成料込みで一回3万円から10万円くらいです」
社長の感想「へー。これからはそういう仕事は伸びると思うよ」(他人事かい!?)
デザイナーの感想「それでお金もらうのお? それは厳しいなあ」(本音だなー。筆者も禿同)
私の答え「ハイ、これで独立して食っている人はほとんどいません。私も単に個人的な興味関心からこの資格を取得してみたまでで、これで食っていくつもりはありません」
今日のほかの所見としては、食事をした銀座アスターのウエイトレスがみんな美しい人ばかりで、死ぬほど高い料理もこれなら癖になると思った。客は高齢者と国または会社の金で食っている土建屋の打ち合わせのようなサラリーマン集団と金持ちそうな家族連れといったセクターが、ぽつぽつと入っている感じだった。
団塊の世代の社長とブックデザイナーは語りたがりストで、自分の子供くらいに若い筆者にひたすら話し続けていた。筆者は『プロカウンセラーの聞く技術』を読んでいたので、彼らが心地よく話を続けられるよう機転を効かせ沈黙したり頷いたりして興味を持って話を聞いた。最後に彼らは「楽しかった」といって食事代はもってくれた。
あと、今日は亡くなった父の遺稿集の出版の打ち合わせで、長男の私が遺族代表としてブックデザインが完成したのでそれを見せてもらったのである。
父だったらこの本を見た瞬間饒舌にあれこれしゃべり出すに違いないと思った。本のすばらしさに見とれたために発生したわたしたちの沈黙が、父の不在感を私の中で際だたせ、不意に涙があふれた。こんな本ができたんだよと、いちばん見せたい人はもうこの世にいない。
ただ人生の徒労感、刹那さばかりが残った一日だった。ほんと、すべてがむなしくなるわ。

いのちの呼びかけ

フェティッシュ・ヴォイスでは何度か紹介してきたが、この日記サイトはとにかく壮絶である。なぜなら本人が死んでしまったからである。
「最後のお知らせ
二階堂奥歯は、2003年4月26日、まだ朝が来る前に、自分の意志に基づき飛び降り自殺しました。
このお知らせも私二階堂奥歯が書いています。これまでご覧くださってありがとうございました。」
若い、20代の女性。早大第一文学部哲学科を卒業し、出版社を経て大手新聞社の書籍編集部に勤務していた。筆者は身内の縁で彼女と知り合ったのだけれども、じつは彼女はフェティシストというか、もっともうすごい変態、マゾだった。
こんなひどいことを言えるのも、彼女は生前よく筆者にこう語っていたからだ。
「私は、知り合う人すべてに、私は変態なんです!って公言しているんです。もし知り合った相手の人が変態だったら、とっても素敵なことじゃないですか」
筆者は変態だったので、とても素敵な出会いとなった。忘れられない出会いである。その出会いの半年後に彼女はこのブログを残して自分で死んでしまったのだから、それを知った筆者の衝撃は中学時代にヤンキーにボコボコにされたときに次ぐ強大なものとなった。
せっかく変態ということで仲良くなったのに、彼女を失ってしまった。変態として、これはとんでもない怠慢をおかしたのではないか。彼女はわざわざ、恥も外聞もなく、自分は変態ですと、変態ではない普通の人にも公言していたのである。それほどまでに彼女は、寂しかったのだろう。
筆者と彼女はもちろん恋人とかそんなんじゃなくて、すごーく浅い、2回しか会ってしゃべったことのない完全に知り合いレベルなんだけれども、互いに変態だったためにすごく分かり合えた気がするし、喜ばしい友人だった。まもなく一周忌なのでご冥福を改めて祈りたい。
男性のフェティシストにくらべ、女性の場合はその病理が深刻なケースが多いような気がする。筆者が出会った真性フェティシストの女性全員が、過去に自殺を試みたことがあった。
最近ここで紹介した晃子さんのケースも、そういうことがあったと知って、もうこれは経験的に、女性のフェティシストは要注意だと確信した。
女性のフェティシストのみなさんに呼びかけます。市川哲也は変態のフェティシストですが、あなたの気持ちが分かる数少ない友人です。
ぜひ、今度自殺を試みる前に、メールください。いや冗談じゃなく、本気です。Alt-fetish.comを3年やってみて、この私が、経験的に分かったことなんです。これは。本を読んだり、聞きかじったことじゃなく、実体験に基づいているんです。だから、今夜、呼びかけます。命の呼びかけ───
女性フェティシスト命のメール info@alt-fetish.com
どんな悩みでも結構です。もちろん、FPなのでお金の悩みも(笑)。

ヴィトンのバックや高級外車

筆者はある事情があって、さる高尚な運動系お稽古ごとの現場に立ち会うことがある。
そこにはわが娘を、将来のプリマドンナにしようと思っているのかどうだか知らないけれども、いそいそと通わせにきている「お母さんたち」を大勢目にすることができる。
単なる娘のお稽古ごとの送り迎えにもかかわらず、ヴィトンのバックを持ち、ブランドものの服を着て、もちろん娘もブランドもので固め(それもラルフローレンとかが多い)、中には外車で来ているのもいる。
いいんですよ。それはそれで。ブランドものはいいものだから高いんであって、それだけ長持ちするから結局は安いとかね。外車は安全性を買っている、見えを買っているわけではないとかさあ。
筆者は貧乏だからというよりも、もっと別の理由でそういうものにお金を使うことに反対である。
まず服やバッグについては、いくら何でもバカ高い。必要な水準を超えていると思う。つまりそれは、無駄な出費になっているということだ。また、ヴィトンはある種の不名誉なレッテル(つまり、バカの印)になっているのも気になる。車は、国産車だっていいのがたくさん出ている。
FPの常識のひとつに、いわゆる老後(通常60歳以降、平均寿命まで)、1億円かかるというのがある。あと30年やそこらでそんなに貯まるはずがないから、もう一円単位で節約している次第である。
だからどんなに金持ちであったとしても、老後のことを考えると、ブランド消費といった「無駄な」消費はしづらくなるし、オススメできない。
むしろ、高いもので見栄を張りたい、自分を着飾って豪華に見せたいという欲求が起こる根本原因を考えてみる必要がある。内面の、本当の声に耳を傾けて、書店などにたまには行ってみてはどうかと思う。2千円もしない安い単行本一冊も読めば、バカげた無駄な出費を反省し、それまで以上に豊かな人生が送れるのではないか。

外貨預金キャンペーン金利の正体

外貨預金キャンペーン金利!
米ドル建て 定期預金1カ月もの 5.0%(税引き前年率)
これを見て、普通の日本人の発想はこうだ。えっ、5パーセント?すごい、いまの日本の「雀の涙ほどの」(超陳腐な言葉)金利にくらべると、目がくらみそうだ。ヨシ、すぐに申し込もうとなる。
いやちょっと待って欲しい。外貨預金には、高金利に糊塗(こと)されて看過されがちな、しかしとんでもなく巨大なリスク、為替リスクがある。
円高、円安とか言う言葉はいま、どうか忘れていただきたい。これから、世界一わかりやすい為替リスクの説明をするから。
あなたが、とにかくひとつ110円で買ったものがあるとする。それを数日後に他人に売ろうと思ったら、その人は105円ならそれを買ってやるという。
しかも、そいつは、あなたからそのものを買うにあたり条件を付けてきた。その取引にあたり、その人にさらに2円、手数料として支払わなければならないという。そうすると、あなたが現金として持っていればそのまま110円のままで済んだ、その110円は、いまや110-5-2=103円。元の価値より6パーセントも減ってしまった。
ところで、そのものを持っていた1ヶ月間のあいだに、そのものの価値の5パーセントの利子がもらえることになっていた。雀の涙の国内の普通預金金利にくらべてとんでもなく高く見えた5パーセント。
これを計算すれば、損した7円も返ってくるのでは?
ではやってみよう。まず利子というのはもちろん年利。一ヶ月ならばその12分の1だ。5パーセント÷12=0.41パーセント。しかもこの額の2割は税金として国が持っていってしまう。すると残りは0.33パーセント。
110×0.33=0.36円
あなたの7円という損失を埋め合わせるのに、0.36円じゃあまりにも足りない。
冒頭で、キャンペーン金利と騒がれていた「5%」の正体は、この0.36円のことである。元の110円の、なんと0.32%。
ていうか、細かすぎ。とにかく金がへっちまってるじゃんとあなたは怒ると思う。怒る矛先は私じゃなく、アメリカ合衆国である。
蛇足だけれども、値動きが安定した高配当の国内株式を買っていた方が、全然よかったのでは?だってこれだと、手数料はネット証券ならとても安いし。税金だって2割じゃなく1割。

広告費約6億2000万円は国民年金保険料から賄われた

国民年金払いなさいという、この広告に起用された江角マキコは未納だったそうだ……。
「納めないと、もらえない。国民年金。」
というのがそのコピーだそうだけれども、二号被保険者から1号被保険者への変更については、自分で市区町村の役所へ行って、手続きしないといけない。
「手続きしないと、忘れます。国民年金。」
それにしても、国民年金が三百億円以上赤字で、不足分を備蓄金からまかなったというとんでもない財政状況の中で、いったいなんだろうこの6億円という広告費の額は……。
ギャラ返上しろよ、江角!というか、(たぶん)電通!

写真を変えてみました

キャットスーツの赤バージョン、発売を開始したわけですが、写真があまりにもひどかったため、早速変更してみました。
まずはご覧ください
古い方の写真はもうありません。どういう写真だったかというと、股の部分が思いっきりモッコリと写っていたし、またカメラアングルも高かったので短足に見えてました。
みなさん! 本当は女性モデルを使いたいんです。しかし、モデルを募集しても募集しても来ない……。仕方がなく男性スタッフの写真です。
お客さんの97パーセントくらいが男性です。

急にテレビに出ろといわれる

突然電話がかかってきて、「○○(←筆者の本名)さんですか? ○○テレビの○○と申しますが、先生にぜひ番組に出演していただきたく……」
それも、来週、生放送で数分間出ろという。あるテーマ(以前筆者が執筆したことがあるジャンル)についてわかりやすく説明&コメントしろというものだった。即断った。
テレビに出たこともない私が急に出ろといわれて、それも生である。まったく自信がない。何しろ筆者は(本当は)ご覧の通りとてつもない変態で、世間様に身をさらすなどもってのほかの卑しい身分である。生放送で(それもキー局)しゃべらされたら、もうきっとドロドロに溶けてアメーバみたいな何か知らない分泌物とかが穴から出てきそうで……。
それもこの業界はもっと偉い先生とかが大量に存在していて、筆者がもし出演して下手なことをすれば、この業界で生きていくことは100パーセントあり得なくなる。
代わりの「先生」を紹介して電話を切った。
でもほんの少し、思った。筆者がもっと度胸があって、きちんと知識も自信もついて、本当に「先生」になれたらいいなあと。そのためにも何か一貫性を持ってがんばりたいと決意した次第である。

LECの行政書士資格講座説明会に行ってきた

昨日、渋谷の渋東シネタワー13階にあるLEC、東京リーガルマインドの行政書士講座のガイダンスにいってみた。
AFPに合格した筆者が次に狙う資格はCFP。しかしそれとは別に、行政書士も取ろうと思っている。会社設立やら、内容証明やら、著作権関係の登記やら契約やら、これまでの短い(?)サラリーマン人生で経験してきた仕事の多くが、行政書士の仕事に関連するものばかりであったから。CFPとの相性も顧客を中小企業の社長などにターゲットを絞ることで適度に発揮されると思う。
ガイダンスでは合格した人2名が出席していた。ひとりは社労士の男性。なんとたった半年の勉強期間で合格した。この人はLECの講義がある日はその二時間半の講義に出席したあと家に帰って飯食べて風呂なども入ったあと、夜10時から夜中の2時までの4時間、勉強したという。
土曜日は7時間くらいみっちりやる。そして日曜日は家族サービスで昼間は家族と過ごし、夜10時からまた深夜2時まで勉強。これを半年やって受かったという。いやはや立派である。子供もいて、仕事も抱えながら、これだけの勉強をこなして合格するというのは本当に素晴らしいことだと思った。
直前期は、自宅のある駅と自宅のあいだの喫茶店に入り浸って、家には帰らなかったという。家に帰るとどうしても勉強時間を確保できないことも多かったから。
チェックペンでテキストやらサブノートやらの暗記すべきキーワードを塗りたくって、緑のシートで隠して覚えたとか、過去問は5回繰り返したなど、勉強法の王道を突き進んで合格した彼。くじけそうになったとき、モティベーションを維持する方法を訊かれて、「この資格を取るために新しい仕事の境地を開ける。またそれまでやってきた勉強を無駄にしたくないからがんばった」「勉強を習慣にしてしまう。当初決めたスケジュール、計画を淡々とこなすだけ」
合格者の生の声に非常に筆者にはポジティブなパワーをもらった気がした。

出た!アンナ1号

アンナ1号。ついに念願の発売にこぎ着けることができた。
昨年夏に構想を得て、半年間もかかってしまった。それもこれもボークスがドルフィードリームをなかなか供給してくれなかったからだ。
このアンナ1号は力作である。SDなどにくらべとても安価な素体(人形の本体とメークをしていないヘッド)に、Alt-fetish.comの専門技術者、それも美大生というハイクォリティーな人材が、惜しげもなく金と労力を投入して仕上げた、一点もの。
これがたったの4万2千円というから驚きだ。もちろん、写真のようにキャットスーツも着ている。
ボークスのスーパードルフィー、ドルフィードリームファンのみなさんは、ぜひサイトをチェックしてみてください。

ALT-FETISH刊行のWeb ジーン。ALT-FETISHはラバーを愛するLGBTQのみんなの権利をひろげるために日本国憲法をまもる訴えを続けるオンリーワンのライフスタイルブランドです